ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題56」~過去問セミナー~


平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問56

小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 小規模多機能型居宅介護を提供することを目的とした建物は、新築することが義務付けられている。
2 宿泊専用の個室を設置することが、義務付けられている。
3 利用者や利用者の家族、市町村職員、地域住民の代表者等からなる運営推進会議を設置し、おおむね2月に1回以上、活動状況を報告し、評価を受けなければならない。
4 宿泊のために必要な費用を、利用者から徴収することができる。
5 宿泊サービスは、利用者1人につき週2回までと決められている。

解答

正解は…3・4
1 ✖ 記述のような義務付けはなく、
既存の建物を活用して実施している事業所も多い。
2 ✖ 宿泊専用の個室を設置することが望ましいが、
規定の面積が確保されていれば、
個室以外の宿泊室を設けることができることとされている。
3 〇 認知症対応型共同生活介護、
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護などにも
同様の規定が設けられている。
4 〇 宿泊費やおむつ代等は利用者から徴収することができる。
5 ✖ サービス利用においては、特に回数制限は設けられていない。
利用者の状況に合わせて適宜、通い、宿泊、訪問サービスを
組み合わせて提供するものとされている。

参考

単語

小規模多機能型居宅介護とは?

利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて、施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。

小規模多機能型居宅介護には利用定員が定められていて、
1つの事業所あたり25人以下の登録制となっています。
1日に利用できる通所サービスの定員は15人以下、
泊まりは9人以下となっています。

問57へ

“ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題56」~過去問セミナー~” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です