ケアマネ試験独学で合格するための過去問 福祉分野問47(第19回)


福祉サービス分野 一問一答

平成28年度(第19回)問47

相談援助者の職業倫理について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 クライエントに対する個人的な興味に基づいて質問するべきではない。
2 事例検討の内容があまりにもつらいものであったため、自宅でその具体的な内容を家族に話した。
3 クライエントの表情や家族の様子については、守秘義務の範囲ではない。
4 退職後は、クライエントから相談があったことについて守秘義務はない。
5 職業倫理の違反を予防するためにも、スーパービジョンは有効である。

正解は…1・5

参考

バイスティックの7原則

1. 個別化の原則
2. 意図的な感情表現の原則
3. 統制された情緒関与の原則
4. 受容の原則
5. 非審判的態度の原則
6. 自己決定の原則
7. 秘密保持の原則

相談援助者の職業倫理とは?

1.専門職の啓発
2.信用失墜行為の禁止
3.社会的信用の保持
4.専門職の擁護
5.専門性の向上
6.教育・訓練・管理における責務
7.調査・研究
出典:日本社会福祉士会倫理綱領

単語

相談援助者
職業倫理
クライエント
事例検討
守秘義務
スーパービジョン

考察

専門職の職業倫理は、時々出題されていますが、実際に現場で仕事をしている方にとっては普段の行動で理解することができ正答を導き出すことが容易な問題だと思います。バイスティックの7原則も含めてソーシャルワーカーの職業倫理をしっかりと理解して覚えておきましょう。

“ケアマネ試験独学で合格するための過去問 福祉分野問47(第19回)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です