ケアマネ試験 独学で合格するための福祉分野第19回過去問-59

The following two tabs change content below.
アバター
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

福祉サービス分野 一問一答

平成28年度(第19回)問59

成年後見制度について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 成年後見人が成年被後見人の居住用の不動産を処分する場合には、
家庭裁判所の許可が必要である。
2 家庭裁判所は、本人の同意がなくても、四親等内の親族の請求により、
補助開始の審判をすることができる。
3 市町村は、後見、補佐及び補助の業務を適正に行うことができる人材の育成を図るために
必要な研修を実施するよう努めなければならない。
4 市町村は、後見、補佐及び補助の業務を適正に行うことができる者を
家庭裁判所に推薦するよう努めなければならない。
5 任意後見人は、本人からの依頼により、市長村長が任命する。

正解は…1、3、4

参考

成年後見制度とは?

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、
不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話のために
介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、
遺産分割の協議をしたりする必要があっても、
自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。

また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、
悪徳商法の被害にあうおそれもあります。

このような判断能力の不十分な方々を
保護し、支援するのが成年後見制度です。

成年後見制度は、大きく分けると,法定後見制度と任意後見制度があります。
また、法定後見制度は,「後見」「保佐」「補助」に分類されており、
判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選べるようになっています。

単語

成年後見制度
法定後見制度
任意後見制度
後見
保佐
補助

考察

成年後見制度は、頻出問題です。法定後見制度と任意後見制度の違い、そして、「後見」、「補佐」、「補助」の3分類で法定代理人(後見人、保佐人、補助人)ができる行為についても覚えておかなければなりません。
成年後見制度については、過去問で出題されている問題と解答およびその解説などを使って勉強するようにしましょう。あまり広げすぎると、深くなり理解が難しくなります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です