介護福祉士 「人間関係とコミュニケーション」独学で一発合格勉強方法第29回(H28年度)過去問3~4無料解説


第29回 人間関係とコミュニケーション

「人間関係とコミュニケーション」については、

「人間関係の形成」
「コミュニケーションの基礎」に関する問題が2問出題されます。

出題基準
1:人間関係の形成
1)人間関係と心理
→自己覚知,他者理解,ラポール,その他
2:コミュニケーションの基礎
1)対人関係とコミュニケーション
→対人関係・コミュニケーションの意義,コミュニケーションの概要
2)コミュニケーションを促す環境
3)コミュニケーションの技法
→対人距離
4)道具を用いた言語的コミュニケーション
→機器を用いたコミュニケーション,記述によるコミュニケーション

問題3  自己開示

自己開示に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 相手に自分のことを良く思ってもらうために行う。
2 初対面の人には,できるだけ多くの情報を開示しながら行う。
3 相手の情報を強制的に引き出すために行う。
4 良好な人間関係を築くために行う。
5 ジョハリの窓の「開放された部分」を狭くするために行う。

問題4  自己開示

Bさん(60 歳,男性)は,先天的に耳が聞こえないろう者である。ろう学校入学以後,同じ障害のある仲間とのコミュニケーションが心の支えになってきた。数年前に緑内障を発症して視覚障害が残り,両眼とも外界の明暗が分かる程度の視力となった。Bさんと円滑なコミュニケーションをとるときの手段として,最も適切なものを1 つ選びなさい。

1 触手話
2 筆談
3 点字
4 透明文字盤
5 携帯用会話補助装置

正答

問題3 4
問題4 1

“介護福祉士 「人間関係とコミュニケーション」独学で一発合格勉強方法第29回(H28年度)過去問3~4無料解説” への1件の返信

  1. ピンバック: 介護福祉士国家試験の過去問題 第30回受験対策用 | 介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です