介護福祉士 「発達と老化の理解」独学で一発合格勉強方法第30回(H29年度)過去問69~76無料解説


独学で一発合格する方法

「発達と老化の理解」は、よく出題されるのが「発達段階説」です。エリクソンがその代表的な人物ですが、誰がどんな発達段階を区別したのか、という問題です。さらに、高齢者介護にとって老化という課題についても問われています。

介護現場でお仕事をしているだけだとなかなか理解できにくいかもしれませんが、人物像を想像していると何となく理解できてくるものです。

「発達と老化の理解」は、全8問でここは少し難しい部分であるとは思いますが、介護ではとても大切な部分になりますので、ここで点数を稼げるように勉強し、理解しておきましょう。

「発達と老化の理解」については、

「人間の成長と発達の基礎的理解」
「老年期の発達と成熟」
「老化に伴うこころとからだの変化と日常生活」
「高齢者と健康」より8問出題されます。

出題基準

1:人間の成長と発達の基礎的理解
  1)人間の成長と発達
2:老年期の発達と成熟
  1)老年期の定義
  2)老年期の発達課題
3:老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
  1)老化に伴う心身の変化の特徴
  2)老化に伴う心身の機能の変化と日常生活への影響
  3)高齢者の心理
4:高齢者と健康
  1)高齢者の疾病と生活上の留意点
  2)高齢者に多い病気とその日常生活上の留意点

発達と老化の理解

問題 69 生理的老化の学説に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 エラー破局説では,加齢によって臓器や器官が機能低下することで老化が生じると考える。

2 消耗説では,活性酸素による細胞の損傷で老化が生じると考える。

3 フリーラジカル説では,加齢による臓器や器官の萎縮や縮小に対して,それを補う再生機能が低下することで老化が生じると考える。

4 機能衰退説では,細胞内のDNAが損傷することで老化が生じると考える。

5 老化プログラム説では,人の細胞分裂の回数があらかじめ決まっていることで老化が生じると考える。

正答:5

問題 70 キューブラー・ロス(Kübler-Ross, E.)が提唱した死の受容過程における「取り引き」に該当するものとして,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 死ぬのがなぜ自分なのかと怒る。

2 自分が死ぬことはないと思う。

3 つらい治療を我慢して受けるので助けてほしいと願う。4

 安らかな気持ちで死を受け入れる。

5 もう助からないと思って絶望する。

正答:3

問題 71 老化に伴う身体の変化に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 骨密度が上昇する。

2 唾液の分泌量が増加する。

3 肺活量が増加する。

4 貧血になりやすい。

5 皮膚の表面が湿潤化する。

正答:4

問題 72 老化に伴う感覚や知覚の変化に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 「1時(いちじ)」と「7時(しちじ)」のような似た音を聞き取ることが難しくなる。

2 暗さに目が慣れる能力よりも,まぶしさに目が慣れる能力が低下する。

3 味覚の低下は個人差が少ない。

4 高音域よりも,低音域の音が聞こえにくくなる。

5 通常の明るさよりも,薄暗い方がよく物が見える。

正答:1

問題 73  Aさん(86 歳,男性)は,介護老人福祉施設に入所している。 2 か月前に転倒骨折で入院し,歩行訓練を経て施設に戻ってきたばかりである。施設では,転倒の危険性に配慮して,車いすを使用している。Aさんが車いすから立ち上がろうとするたびに,介護福祉職が,「危ないから座っていてくださいね」と声をかけるようにした。その結果,Aさんは,入院以前よりも口数が少なくなり,元気がなくなった。Aさんは,家族や施設の職員,他の入所者との関係は良好である。Aさんの現在の心理的状態をマズロー(Maslow, A.H.)の欲求階層説に基づいて説明した次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 生理的欲求が充足されていない状態である。

2 安全欲求が充足されていない状態である。

3 承認欲求が充足されていない状態である。

4 所属・愛情欲求が充足されていない状態である。

5 自己実現欲求が充足されている状態である。

正答:3

問題 74 嚥下障害に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 歩く時に胸が痛くなる。

2 食事の時にむせる。

3 食後に上腹部痛が生じる。

4 立ち上がった時に目の前が暗くなる。

5 咳せきをした時に痰たんに血が混じる。

正答:2

問題 75 パーキンソン病(Parkinson disease)の症状として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 後屈した姿勢

2 大股な歩行

3 血圧の上昇

4 頻回な下痢

5 無表情

正答:5

問題 76  Bさん(75 歳,男性)は半年前から尿が出にくくなり,時間がかかるようになった。 2 日前から風邪気味で,昨夜,飲酒後に市販の風邪薬を服用したところ尿が出なくなった。そのため,今朝になって病院を受診して導尿してもらった。Bさんの日常生活上の注意点として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 下半身の保温を心がける。

2 毎日,飲酒をする。

3 いすに座る時間を長くする。

4 排尿の回数を減らす。

5 飲水を控えるようにする

正答:1

終わりに

「発達と老化の理解」は、過去問を繰り返し解いてもなかなか理解できない科目です。正直に言うとあまり深くまで勉強すると混乱してしまうので、時間がなければ「過去問」だけで大体理解する位でいい科目ですので、何度も何度も繰り返して過去問を解いていきましょう。そして、全8問をしっかりと取りに行きましょう。

試験日までまだ日数がありますので、仕事をしながらご利用者様などと照らし合わせて理解すると脳に定着する知識になりますので、是非頑張ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です