介護福祉士とケアマネ試験受験対策「訪問リハビリテーションとは(介護保険法第8条5)」解説動画



訪問リハビリテーションポイント

1 訪問リハビリテーションは、主治医の指示書により理学療法士等が自宅に訪問して行う。

2 訪問リハビリテーション事業所の人員基準は、相当数となっている。

訪問リハビリテーション事業所の人員基準

理学療法士
作業療法士
言語聴覚士 を相当数

訪問リハビリテーションで提供されるサービス

身体機能
  関節拘縮の予防、筋力・体力の維持、褥瘡の予防、自主トレーニングの指導
日常生活
  歩行練習(屋内、屋外)、基本動作訓練(寝返り、起き上がり、移乗動作など)
  日常生活動作訓練(食事や更衣、入浴、トイレ動作など)
家族支援
  歩行練習(屋内、屋外での介助方法の検討、指導)、福祉用具・自助具の提案、住宅改修に関する助言

訪問リハビリテーションとは(介護保険法第8条5)

第八条5  この法律において「訪問リハビリテーション」とは、居宅要介護者(主治の医師がその治療の必要の程度につき厚生労働省令で定める基準に適合していると認めたものに限る。)について、その者の居宅において、その心身の機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるために行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションをいう。




“介護福祉士とケアマネ試験受験対策「訪問リハビリテーションとは(介護保険法第8条5)」解説動画” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です