ケアマネ試験の過去問で「在宅医療管理」が出題された問題をまとめてみました。

在宅医療管理

28-問32

在宅医療管理について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 悪性腫瘍の疼痛管理のために麻薬を使う場合は、便秘になることが多いので、排便コントロールに留意する。
2 腹膜透析は、在宅で行うことができるため、血液透析に比べて通院回数は少ない。
3 インスリンを自己注射している場合に、冷や汗、動悸、震えがみられたら、高血糖を疑う。
4 在宅酸素療法や人工呼吸療法を実施している場合は、パルスオキシメーター購入費用の補助を受けられることがある。
5 胃ろうに栄養剤を注入する際には、水平仰臥位で実施する。

在宅医療管理

在宅医療管理では、通院が困難な在宅の要介護者に対して行われるものです。

まとめ

在宅医療管理では、がんを含み数多くの医療管理の種類がある。それぞれの特徴たっだり、注意点などを理解し、しっかりと覚える必要があります。

ケアマネ2017~在宅医療管理~独学で一発合格

PAGE TOP