介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

ケアマネ試験一発合格ノート

ケアマネ試験2019年一発合格ノート「長寿・高齢化の進展とは?」

投稿日:2017年6月21日 更新日:

The following two tabs change content below.
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

長寿・高齢化の進展

日本の将来推計人口

(2006年12月公表)

65歳以上高齢者
2005(平成17)年:2576万人(総人口の20.2%)
2015(平成27)年:3378万人(総人口の26.9%)
2025(平成37)年:3635万人(総人口の30.5%)

その中でも、要介護状態となる危険性の高い75歳以上の
後期高齢者の増加が著しいのが特徴。

長寿・高齢化の進展の過去問

● 2015(平成27)年には、「団塊の世代」と呼ばれる人たちが65歳以上に達する。

● 寝たきりの原因は、第1位が脳血管障害、次いで老衰、第3位が骨折である。

● 2025(平成37)年には、支援を必要とする認知症高齢者の数は、
2002(平成14)年の2倍となる300万人を超えると推計されている。

● 2020年を境に前期高齢者が減少し、2050年には後期高齢者が増加する。

要支援・要介護認定を受けた高齢者

2006年10月現在:431万人(高齢者人口の16.2%)

※要介護高齢者の発生率は、加齢に伴い上昇する。
・65~70歳未満(要支援・要介護認定者割合:2.9%)
・70~75歳未満(要支援・要介護認定者割合:6.8%)
・75~80歳未満(要支援・要介護認定者割合:14.7%)
・80~85歳未満(要支援・要介護認定者割合:29.2%)
・85歳以上(要支援・要介護認定者割合:56.9%) ⇐「2人に1人」

長寿・高齢化の進展の過去問

● 85歳以上にんあると、2人に1人が日常生活で何らかの支援を必要とする状態となる。

● 85歳以上では、要介護度の重い人が増加する。

● 要介護者の発生率は、一般的に年齢層が高くなるにつれて上昇する。

介護の長期化・重度化

2004年の「国民生活基礎調査」によると、
3年以上要介護状態にある者:49.8%(ほぼ半数)
1年以上(3年以上を含む)続く者:約80.0%

長寿・高齢化の進展の過去問

● 寝たきりの高齢者と同居している主な介護者の約半数は、60歳以上である。

家族の介護機能の低下

65歳以上の高齢者の子との同居率
1980(昭和55)年:69.0% ⇒ 2005(平成17)年:45.0%
65歳以上の者のいる世帯
単独世帯(22.0%)
夫婦のみ世帯(29.2%)
三世代世帯(21.3%)

長寿・高齢化の進展の過去問

● 65歳以上の高齢者と子どもが同居している割合は、2005年に45%に低下し、
今後、さらに急速に低下すると推計されている。

● 高齢者世帯のうち、夫婦のみ世帯が全体の1/4を超えている。

日常生活の不安

・とても不安を感じている:14.1%
・多少不安を感じている:53.8%  ⇒「将来に不安を感じている」=6割を超えている。
・不安を感じていない:32.1%

(不安の内容)

・自分や配偶者の健康や病気のこと(71.7%)
・自分や配偶者が寝たきりや身体が不自由になり介護が必要になること(51.8%)
・生活のための収入(31.3%)
・頼れる人がいなくなり一人きりの暮らしになること(19.1%)

長寿・高齢化の進展の過去問

● 高齢者世帯の所得の第1位は「公的年金・恩給」、
第2位は「稼働所得」第3位は「財産所得」である。

● 健康や病気など高齢者の6割が将来の不安を感じている。

● 高齢期の生活に関する最大の不安は、病気や介護の問題である。

家族にとっての介護問題

(介護者の状況)
5割以上が60歳以上の高齢者(70歳以上でも3割近い)。
・配偶者:24.7%
・子の配偶者:20.3%
・子:16.8%
・父母その他:2.3%   同居家族:66.1%(内75%が女性)

(介護者の介護時間)
介護度が重いほど介護時間が長い。
要介護3以上では、「ほとんど終日」介護時間に当てている介護者が最も多い。

(介護者の健康に対する意識)
「ほとんど終日」介護にあたっている者では、
男性:41.2%、女性:42.2%となっている。

(在宅介護での家族の悩み)
・介護者の精神的負担が大きい:64.4% ⇐ 最も多い。
・いつまで介護が続くかわからない:52.6%
・介護者の肉体的負担が大きい:4039%

(要介護者に対する「憎しみ」)
3人に1人は感じている。
虐待経験も「よくある」「時々ある」で2割弱いる。

長寿・高齢化の進展の過去問

● 男性の介護者の場合、配偶者を介護する者が最も多い。

● 3/4は、家庭にいる女性が介護を担っている。

● 介護者の約5割が60歳以上の高齢者である。

● 介護者が要介護者に憎しみをいだく人も全体の1/3以上いる。

長寿・高齢化の進展 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

● 2015(平成27)年には、「団塊の世代」と呼ばれる人たちが65歳以上に達する。

● 寝たきりの原因は、第1位が脳血管障害、次いで老衰、第3位が骨折である。

● 2025(平成37)年には、支援を必要とする認知症高齢者の数は、
2002(平成14)年の2倍となる300万人を超えると推計されている。

● 2020年を境に前期高齢者が減少し、2050年には後期高齢者が増加する。

● 85歳以上にんあると、2人に1人が日常生活で何らかの支援を必要とする状態となる。

● 85歳以上では、要介護度の重い人が増加する。

● 要介護者の発生率は、一般的に年齢層が高くなるにつれて上昇する。

● 寝たきりの高齢者と同居している主な介護者の約半数は、60歳以上である。

● 高齢者世帯の所得の第1位は「公的年金・恩給」、
第2位は「稼働所得」第3位は「財産所得」である。

● 健康や病気など高齢者の6割が将来の不安を感じている。

● 高齢期の生活に関する最大の不安は、病気や介護の問題である。

● 男性の介護者の場合、配偶者を介護する者が最も多い。

● 3/4は、家庭にいる女性が介護を担っている。

● 介護者の約5割が60歳以上の高齢者である。

● 介護者が要介護者に憎しみをいだく人も全体の1/3以上いる。

-ケアマネ試験一発合格ノート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケアマネ試験2019年 介護保険事業計画 ユーチューブ動画をノートにまとめてみた!

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 介護保険事業計画 ユーチューブ解説動画まとめ2 終わりに The following two tabs …

ケアマネジャーの義務とは?/ケアマネ試験2019年独学で一発合格するための勉強方法

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 平成29年度(第20回) 介護支援分野1.1 ケアマネジャーの義務とは? The follow …

ケアマネ試験2019年 被保険者 ユーチューブ解説動画をノートにまとめてみたら分かりやすい!

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 被保険者 ユーチューブ解説動画まとめ2 終わりに The following two tabs cha …

ケアマネ試験2019年~認知症の特徴と病態~独学で一発合格

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 私の勉強スケジュール1.0.1 介護支援分野1.0.2 保健医療サービス分野1.0.3 福祉サービス分 …

ケアマネ試験2019年~急変時の対応~独学で一発合格

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 私の勉強スケジュール1.0.1 介護支援分野1.0.2 保健医療サービス分野1.0.3 福祉サービス分 …

管理人のおススメ

管理人のおススメ

ケアマネ試験-(第21回~第17回)
過去問全掲載

介護支援分野

保健医療サービス分野

福祉サービス分野

タイマー


カウントダウンタイマー

管理人おススメの参考書&過去問題集




このブログをメールで購読

あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

2,541人の購読者に加わりましょう

介護福祉士試験2019年度「これだけノート」

ケアマネ試験2019年度「これだけノート」

Twitter でフォロー



カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。