ケアマネ試験2019年~高齢者の精神障害~独学で一発合格


私がケアマネ試験の勉強をしたのは、もう8年も前のことになりますが、勉強のスケジュールを立てる時には必ず、ゴール(試験日)から「あと何日」ということをしっかりと頭に入れて勉強するようにしました。

一発合格を目指しての独学での勉強で、一人よがりになってしまわないように、勉強している机の目の前に「あと何日」とよく見える場所に貼り、自分を鼓舞していました。

私の勉強スケジュール

介 護 支 援 分 野 保健医療サービス分野 福祉サービス分野
7月上旬 インプット学習
7月下旬 インプット学習
8月上旬 インプット学習
8月下旬 インプット学習
9月上旬 インプット学習
9月下旬 アウトプット学習 アウトプット学習 アウトプット学習
10月上旬 総まとめ 総まとめ 総まとめ

介護支援分野

もう、勉強しました。

保健医療サービス分野

今日は、高齢者の精神障害について、勉強します。

高齢者に認められる精神症状

高齢期の精神疾患
1 うつ状態
(原因)
脳や身体の疾患によるもの
脳の器質的な障害(脳梗塞など)
老人性痴呆疾患の初期
パーキンソン病
甲状腺機能障害など。
心理的なきっかけによるもの
近親者の死
離別
災害
転居など。

2 幻覚・妄想状態
(原因)
身体的病因としては,高血圧・糖尿病などの身体疾患やアルコール依存症,脳出血や脳梗塞などの脳器質性障害があげられます。
非器質性病因としては心因反応,精神分裂病,うつ病,妄想性障害などがあげられます。

3 神経症性障害
(原因:心因や環境要因,経過など)
青年期・壮年期に発病し,高齢期に至った群
本来,神経症的性格傾向の持ち主であるが,高齢期のストレスを引き金として発病する
性格の偏りがなくても,高齢期特有のストレス状況が強く影響して発病する
(原因:高齢期特有の環境要因)
身体的要因:身体の衰退,身体疾患の合併など
社会経済的要因:退職,社会的役割の喪失など
人間関係要因:家庭内葛藤,配偶者の死,孤独など

4 せん妄
(原因)
治療薬によるもの:利尿薬,鎮痛薬,抗パーキンソン病薬,抗うつ薬,ジギタリス,H2ブロッカーなど
感染症:肺炎,尿路感染症など
脱水・栄養障害
脳血管性障害:一過性脳虚血発作,脳梗塞,慢性硬膜下血腫など
心血管系の障害:心不全,高血圧,心筋梗塞など
外傷:頭部外傷,骨折

5 アルコール依存症

参考:高齢者に認められる精神症状について.pdf

福祉サービス分野

まだ、勉強しません。

終わりに

今日は、保健医療サービス分野の「高齢者の精神障害」について勉強しました。保健医療サービス分野は、なかなか過去問対策だけでは足りないという現状があります。そのためには、看護師の国家試験の問題を勉強することをお勧めします。

高齢者の精神障害とケアについては、老年期のうつ病の特徴や統合失調症のケア方法などが出題されています。また精神障害と併発する認知機能の低下についても理解することが必要ですので、それぞれに理解を深めておきましょう。これらは、そのまま覚えるしかありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

ケアマネ試験一発合格ノート「精神に障害がある場合の介護とは?」

“ケアマネ試験2019年~高齢者の精神障害~独学で一発合格” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です