ケアマネ受験資格が変更されます~2018年度~

2017年度のケアマネ試験の申込みが終了しましたが、申込みは済みましたか?無資格やヘルパー資格で介護業務だけをしてきた人が来年度の試験が受けられないことをご存知でしょうか?

ケアマネ資格を取りたいと思っている方は、今一度、受験資格を確認してくださいね。

2017年度までのケアマネ受験資格

法定資格

保健・医療・福祉に関する以下の法定資格に基づく業務に従事した期間が5年以上

医師・歯科医師・薬剤師・助産師・看護師・准看護師・保健士・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語聴覚士・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士(管理栄養士含む)・精神保健福祉士

以下の施設等において、要介護者等の日常生活の自立に関する相談対応や、助言・指導等の援助を行う業務に従事した期間が5年以上

老人福祉施設・障害者自立支援法に基づく障害者支援施設、老人デイサービス事業、障害者自立支援法に基づく共同生活介護施設、福祉事務所(ケースワーカー)、医療機関における医療社会事業(MSW) など

以下の施設等において、要介護者等の介護・介護者に対する介護に関する指導を行う期間が、
⓵社会福祉主事任用資格や訪問介護2級研修修了者であれば5年以上
⓶それ以外であれば、10年以上

介護保険施設、障害者自立支援法に基づく障害者支援施設、老人居宅介護等事業、障害者自立支援法に基づく居宅介護 など

2018年度からのケアマネ受験資格(変更)

以下のいずれかの要件を満たす者

法定資格保有者

保健・医療・福祉に関する以下の法定資格に基づく業務に従事した期間が5年以上

医師・歯科医師・薬剤師・助産師・看護師・准看護師・保健士・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語聴覚士・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士(管理栄養士含む)・精神保健福祉士

生活相談員

生活相談員として、(地域密着型)介護老人福祉施設、(地域密着型)特定施設入居者生活介護(介護予防を含む)において、要介護者等の日常生活の自立に関する相談援助業務に従事した期間が通算して5年以上

支援相談員

支援相談員として、介護老人保健施設において、要介護者等の日常生活の自立に関する相談援助業務に従事した期間が通算して5年以上

相談支援専門員

障害者総合支援法第5条第16項及び児童福祉法第6条の2第6項に規定する事業の従事者として従事した期間が通算して5年以上

主任相談支援員

生活困窮者自立支援法第2条第2項に規定する事業の従事者として従事した期間が通算して5年以上

参考資料

終わりに

ケアマネの資質向上のために、2018年度から受験資格が厳しくなります。ここをしっかりと確認してあなたに受験資格があるのかどうか?を知りましょう。

受験資格がなければ、スタートラインにもつくことができません。スタートラインに付けなければケアマネ資格取得もできませんので、絵に描いた餅になってしまいますので、2017年度受験で不合格の人も要確認です。

今年はケアマネ試験を受験できるが、来年度はケアマネ試験を受験できないという対象の方は、今年、しっかりと合格することを目指した勉強しましょう。

スポンサーリンク



ケアマネ試験2017年度の申込みが終了しました。来年から変更になる受験資格

ケアマネ試験は、5年間の実務経験が必要です。そのため、何年も前からケアマネ試験を受けるんだと思いながらその日が来るのを待っていました。

しかし、試験の申込みには期限がありますよね。
2017年度の場合は、6月末日で申し込みが終わってしまいました。

東京都の場合

第20回ケアマネジャー試験は2017年10月8日(日)に実施されます。

【受験要項・受験申込書の配布】
平成29年6月1日(木)~6月30日(金)内の平日のみ

【申込期日】
平成29年6月1日(木)~6月30日(金) ※当日消印有効

従って、6月30日をもって受験申し込みは終わりました。

受験資格の変更

2017年の受験申込を済ませた方は、合格を目指して勉強に励んでください。しかし、申し込みを忘れてしまったという方は、来年2018年度のケアマネ試験を受験しなければならなくなります。

2018年度からは、受験資格に大きな変更があります。今までは無資格の人でも実務経験10年で受験資格を得ることが出来ました。また、ヘルパー資格などでの実務経験3年で受験できましたが、次回からは、基となるのが国家資格になります。

介護の世界で仕事をしてきていれば、介護福祉士になると思いますが、介護福祉士の資格を取ってから、というよりも試験に合格して登録した日から、3年が必要になります。

介護福祉士の試験は、毎年1月に行われ合格発表が3月末。合格通知は4月になったら届きますので、届いたらすぐに登録をするようにしましょう。もたもたしていると受験資格のための実務経験日数が足りなくて、また1年無駄にしてしまうことになります。

終わりに

ケアマネ試験の受験資格が、来年から厳しくなりますね。これも現ケアマネの資質の低下なのかもしれません。介護の世界で仕事をしていれば、介護支援専門員は、直結している資格にはなると思いますが、介護の現場での介護技術だけでは、支援はできません。

やはり、相談援助という課題が出てきます。私の知っているケアマネの管理者さんは、社会福祉士の養成校で1年半勉強して受験資格を得て見事合格をしました。

社会福祉士としての仕事はあまり現実的ではありませんが、やはりケアマネ業務には、社会福祉士の勉強が必要だと重い腰を上げたようです。ちなみに、私は、10年位前に社会福祉士の資格を取りました。

スポンサーリンク



ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療福祉サービス分野過去問対策-問26

ケアマネ 独学で合格問26

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野

問26

次の記述について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 CRP(C反応性たんぱく質)は、感染症などによる炎症の程度を示す。
2 胸部X線検査は、結核などの呼吸器疾患だけでなく、
   うっ血性心不全などの心疾患の診断にも有用である。
3 ノロウイルス感染症では、下痢などの症状がなくなれば、感染力はない。
4 ウイルス感染では、白血球数が上昇する。
5 尿検査は、糖尿病や腎臓病だけでなく、尿路感染症の診断にも有用である。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

解答

正解は…1・2・5

1 〇 
2 〇 高齢者では、結核や肺炎などの感染症も多く、
    感染拡大や重篤化を防ぐため、
    年に1回は検査を受けることが望ましいとされている。
3 ✖ ノロウイルス感染症では、症状がなくなっても
    ウイルスが排泄物等に残っていることがあるため注意を要する。
4 ✖ ウイルス感染では、白血球数は正常か減少傾向を示す。
5 〇 

参考

ノロウィルスとは?

ノロウイルスとは人の小腸粘膜で増殖するウイルスです。
主に11月から3月にかけて胃腸炎を起こします。
少量のウイルス(100個以下)でも発症し感染力のとても強いウイルスで保育園や高齢者施設など集団生活の場では、
感染がひろがり集団発生を引き起こしやすいといえます。

問27へ

スポンサーリンク