ケアマネ2017~介護保険施設の基準~独学で一発合格

私がケアマネ試験の勉強をしたのは、もう8年も前のことになりますが、勉強のスケジュールを立てる時には必ず、ゴール(試験日)から「あと何日」ということをしっかりと頭に入れて勉強するようにしました。

一発合格を目指しての独学での勉強で、一人よがりになってしまわないように、勉強している机の目の前に「あと何日」とよく見える場所に貼り、自分を鼓舞していました。




あと70日です。

今日は、2017年7月30日(日)です。
ケアマネ試験が行われるのは、10月8日(日)。

あと、70日です。

私の勉強スケジュール

介 護 支 援 分 野 保健医療サービス分野 福祉サービス分野
7月上旬 インプット学習
7月下旬 インプット学習
8月上旬 インプット学習
8月下旬 インプット学習
9月上旬 インプット学習
9月下旬 アウトプット学習 アウトプット学習 アウトプット学習
10月上旬 総まとめ 総まとめ 総まとめ

介護支援分野

今日は、介護保険施設の基準について、勉強します。

介護保険施設の基本方針

①施設サービス計画に基づき、
②可能な限り在宅生活への復帰を念頭において、
③その人のもつ能力に応じて自立した生活ができるようにすることを目指す。

介護保険施設の人員基準

介護支援専門員:常勤で1人以上(100人を増すごとに1人)
介護・看護職員:原則として、3人に対して1人以上
栄養士:必要数配置
理学療法士・作業療法士:必要数配置

運営に関する基準

介護老人保健施設は、次に掲げる施設の運営についての重要事項に関する規程(以下「運営規程」という。)を定めておかなければならない。

一  施設の目的及び運営の方針
二  従業者の職種、員数及び職務の内容
三  入所定員
四  入所者に対する介護保健施設サービスの内容及び利用料その他の費用の額
五  施設の利用に当たっての留意事項
六  非常災害対策
七  その他施設の運営に関する重要事項

保健医療サービス分野

まだ、勉強しません。

福祉サービス分野

まだ、勉強しません。

終わりに

ケアマネ2017 独学で一発合格~7月30日(70日前)にやる事は?~介護保険施設の基準~

今日は、介護支援分野の「介護保険施設の基準」について勉強しました。介護保険施設については、介護老人福祉施設と介護老人保健施設については、共通の部分とそうでない部分があります。そこらの区別はしっかりと付け、個々に理解を深めておきましょう。

これらは、そのまま覚えるしかありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

「 ケアマネ過去問 介護支援分野」 一覧

スポンサーリンク



ケアマネ試験2019年~介護予防ケアマネジメント~独学で一発合格

私がケアマネ試験の勉強をしたのは、もう8年も前のことになりますが、勉強のスケジュールを立てる時には必ず、ゴール(試験日)から「あと何日」ということをしっかりと頭に入れて勉強するようにしました。

一発合格を目指しての独学での勉強で、一人よがりになってしまわないように、勉強している机の目の前に「あと何日」とよく見える場所に貼り、自分を鼓舞していました。

私の勉強スケジュール

介 護 支 援 分 野 保健医療サービス分野 福祉サービス分野
7月上旬 インプット学習
7月下旬 インプット学習
8月上旬 インプット学習
8月下旬 インプット学習
9月上旬 インプット学習
9月下旬 アウトプット学習 アウトプット学習 アウトプット学習
10月上旬 総まとめ 総まとめ 総まとめ

介護支援分野

今日は、介護予防ケアマネジメントについて、勉強します。

介護予防ケアマネジメントの目的

要介護状態となることの予防や、要介護状態等になっても重症化を予防し、維持・改善すること。

目標指向型の介護予防ケアプランをサクッ制する。

介護予防ケアマネジメントの対象者

・要支援者
・介護予防・生活支援サービス事業対象者(基本チェックリストに該当した第1号被保険者)

地域包括支援センターが一括して担当する。

保健医療サービス分野

まだ、勉強しません。

福祉サービス分野

まだ、勉強しません。

終わりに

今日は、介護支援分野の「介護予防ケアマネジメント」について勉強しました。基本チェックリストと総合事業対象者等、細かな部分も重要となりますので、個々に理解を深めておきましょう。

これらは、そのまま覚えるしかありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

介護予防支援事業とは?/ケアマネ独学で一発合格するための勉強方法

一般介護予防事業とは?/ケアマネ独学で一発合格するための勉強方法

介護予防・日常生活支援総合事業とは?/ケアマネ独学で一発合格するための勉強方法

「 ケアマネ過去問 介護支援分野」 一覧

介護福祉士国試 受験書類の受け付けは8月9日スタート(筆記は来年1月28日)

介護福祉士国試、筆記は来年1月28日に 

介護福祉士国家試験の受験書類の受付が来月9日より始まりますが、

9月8日で終了となりますので、忘れないようにしましょう。

実務経験証明書を入手しなければならず、

これには、時間がかかります。

早めに準備して、職場の総務の人などにお願いしておきましょう。

さて、今年度から受験料が値上げされます。

その大きな理由は、試験センターの財政にあるようです。

受験生の激減による収入の半減です。

一昨年は、約16万人の受験生だったのに比べ

昨年は、約9万人。

何故、受験生が半減したのかというと、

受験資格の変更(改正)にあります。

実務者研修の義務化です。

あるサイトでこんな記事が載っていました。

淑徳大学の結城康博教授は、「高邁な理想を優先して現場の実情を考慮しなかった結果。
介護福祉士を志す人が減ってしまっては、サービスの質の向上にもつながっていかない。
まさに本末転倒で完全な失敗だ」と指摘。

いかにせよ、介護福祉士の国家資格を取りたいと勉強しているのですから

受験申し込みは忘れないようにしましょうね。

そして、こちらを使ってしっかりと「合格」できるよう頑張りましょう。

私も応援します。

「 介護福祉士試験 第30回(平成29年)試験対策」 一覧

スポンサーリンク



ケアマネ試験2019年~介護予防支援事業の基準~独学で一発合格

私がケアマネ試験の勉強をしたのは、もう8年も前のことになりますが、勉強のスケジュールを立てる時には必ず、ゴール(試験日)から「あと何日」ということをしっかりと頭に入れて勉強するようにしました。

一発合格を目指しての独学での勉強で、一人よがりになってしまわないように、勉強している机の目の前に「あと何日」とよく見える場所に貼り、自分を鼓舞していました。

私の勉強スケジュール

介 護 支 援 分 野 保健医療サービス分野 福祉サービス分野
7月上旬 インプット学習
7月下旬 インプット学習
8月上旬 インプット学習
8月下旬 インプット学習
9月上旬 インプット学習
9月下旬 アウトプット学習 アウトプット学習 アウトプット学習
10月上旬 総まとめ 総まとめ 総まとめ

介護支援分野

今日は、介護予防支援事業の基準について、勉強します。

<介護予防支援事業の人員基準>

管理者:常勤(兼務可)。
担当職員:保健師その他の指定介護予防支援に関する知識を有する職員1名。
保健師、介護支援専門員、社会福祉士、経験ある看護師、
高齢者保健福祉に関する相談業務などに3年以上従事した社会福祉主事の

<介護予防支援事業の運営基準>

居宅介護支援事業と基本的に同様。
ただし、「提供拒否の禁止」における拒否できる理由に、
「その事業所の現員では利用申込に応じきれない」は含まれない。

参考:「居宅介護支援の制度とは?」ケアマネ試験に一発で合格したノート公開!

指定介護予防支援事業者(地域包括支援センター)は、指定介護予防支援の業務の一部を指定居宅介護支援事業者に委託することができる。

地域包括ケアと地域包括支援センター

保健医療サービス分野

まだ、勉強しません。

福祉サービス分野

まだ、勉強しません。

終わりに

今日は、介護支援分野の「介護予防支援事業の基準」について勉強しました。介護予防支援事業者の人員基準と委託できるという内容については、それぞれが重要な項目になりますので、個々に理解を深めておきましょう。

これらは、そのまま覚えるしかありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

介護予防支援事業とは?/ケアマネ独学で一発合格するための勉強方法

ケアマネ2017~居宅サービス計画の作成とモニタリング~独学で一発合格

私がケアマネ試験の勉強をしたのは、もう8年も前のことになりますが、勉強のスケジュールを立てる時には必ず、ゴール(試験日)から「あと何日」ということをしっかりと頭に入れて勉強するようにしました。

一発合格を目指しての独学での勉強で、一人よがりになってしまわないように、勉強している机の目の前に「あと何日」とよく見える場所に貼り、自分を鼓舞していました。




あと73日です。

今日は、2017年7月27日(木)です。
ケアマネ試験が行われるのは、10月8日(日)。

あと、73日です。

私の勉強スケジュール

介 護 支 援 分 野 保健医療サービス分野 福祉サービス分野
7月上旬 インプット学習
7月下旬 インプット学習
8月上旬 インプット学習
8月下旬 インプット学習
9月上旬 インプット学習
9月下旬 アウトプット学習 アウトプット学習 アウトプット学習
10月上旬 総まとめ 総まとめ 総まとめ

介護支援分野

今日は、居宅サービス計画の作成とモニタリングについて、勉強します。

居宅サービス計画の作成

居宅サービス計画書の様式

第1表:居宅サービス計画書(1)
支援目標、計画の大きな方向性を設定する。

第2表:居宅サービス計画書(2)
具体的な居宅サービス計画を作成する。

第3表:週間サービス計画表
1週間を単位に時間帯ごとのサービス内容などを記入する。

第4表:サービス担当者会議の要点

第5表:居宅介護支援経過

第6表:サービス利用票
居宅サービス計画書の内容をもとに、月単位のスケジュールを記入する。

第7表:サービス利用票別表
支給限度基準額、保険給付額、利用者負担分などを記入する。

居宅サービス計画書.pdf 

ケース目標とは、利用者である要介護者が最終的に到達すべき状況・方向性を示す。
利用者の自立や価値観、生活の質の向上を考慮したものでなければならない。

ポイント:どこで生活したいか。どのような在宅生活を送りたいか。

総合的な援助方針をまとめる。

課題分析
 ⇩
生活ニーズ(優先順位の高い生活ニーズから記入する)
 ⇩
生活ニーズを解決する方法(目標)を設定する。
 短期目標、長期目標
 ⇩
援助内容を設定する。(原案)
 サービス内容、サービスの種類、頻度(回数)、期間
 ⇩
サービス担当者会議の開催
 ⇩
援助内容を確定し、サービス計画書を作成する。
 ⇩
サービス計画書の同意と交付(原則として本人)

モニタリング

実際にサービス計画に沿ってサービス等を利用したら、実施状況を把握してモニタリングを行い、必要に応じてサービス計画の変更を行う。

モニタリングで確認すべき事項
 ①居宅サービス計画が適切に実施されているか。
 ②居宅サービス計画の目標が達成されているか。
 ③新しい生活ニーズが生じていないか。

モニタリングは、少なくとも1か月に1回は利用者宅を訪問して面接して行い、
1か月に1回は、モニタリングの結果を記録しなければならない。

モニタリングとは?/ケアマネ試験に独学で合格するための勉強方法

保健医療サービス分野

まだ、勉強しません。

福祉サービス分野

まだ、勉強しません。

終わりに

ケアマネ2017 独学で一発合格~7月27日(73日前)にやる事は?~居宅サービス計画の作成とモニタリング~

今日は、介護支援分野の「居宅サービス計画の作成とモニタリング」について勉強しました。居宅サービス計画書の細かな第1表~第7表までは大まかに覚えておけば良いないようここでは、居宅介護支援の大まかな流れと、課題分析(アセスメント)、サービス担当者会議、そしてモニタリングについては、それぞれが重要な項目になりますので、個々に理解を深めておきましょう。

これらは、そのまま覚えるしかありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

モニタリングとは?/ケアマネ試験に独学で合格するための勉強方法

スポンサーリンク



ケアマネ2017~居宅介護支援の過程と課題分析~独学で一発合格

私がケアマネ試験の勉強をしたのは、もう8年も前のことになりますが、勉強のスケジュールを立てる時には必ず、ゴール(試験日)から「あと何日」ということをしっかりと頭に入れて勉強するようにしました。

一発合格を目指しての独学での勉強で、一人よがりになってしまわないように、勉強している机の目の前に「あと何日」とよく見える場所に貼り、自分を鼓舞していました。




あと74日です。

今日は、2017年7月26日(水)です。
ケアマネ試験が行われるのは、10月8日(日)。

あと、74日です。

私の勉強スケジュール

介 護 支 援 分 野 保健医療サービス分野 福祉サービス分野
7月上旬 インプット学習
7月下旬 インプット学習
8月上旬 インプット学習
8月下旬 インプット学習
9月上旬 インプット学習
9月下旬 アウトプット学習 アウトプット学習 アウトプット学習
10月上旬 総まとめ 総まとめ 総まとめ

介護支援分野

今日は、居宅介護支援の過程と課題分析について、勉強します。

居宅介護支援とは?
居宅介護支援とは、居宅におけるケアマネジメントである。

利用者とその家族が持つ、生活全般の「解決すべき課題」と
社会資源を結びつけることで、在宅生活を支援する。

※社会資源の例
家政婦紹介所
ヘルパー支援サービス
お弁当宅配サービス
介護タクシー・移送サービス
買物お届けサービス
ネットスーパー
傾聴ボランティア
高齢者相談窓口

居宅介護支援の流れ
1 課題分析・生活ニーズの把握
 ⇩
2 居宅サービス計画原案の作成
 ⇩
3 サービス担当者会議
 ⇩
4 居宅サービス計画の修正・確定
 ⇩
5 居宅サービス計画の交付
 ⇩
6 継続的なモニタリングと再課題分析(1へ戻る)

課題分析標準項目
1 基本情報(受付、利用者等基本情報)
2 生活状況
3 利用者の被保険者情報
4 現在利用しているサービスの状況
5 障害老人の日常生活自立度
6 痴呆性老人の日常生活自立度
7 主訴
8 認定情報
9 課題分析(アセスメント)理由

10 健康状態
11 ADL
12 IADL
13 認知
14 コミュニケーション能力
15 社会との関わり
16 排尿・排便
17 褥瘡・皮膚の問題
18 口腔衛生
19 食事摂取
20 問題行動
21 介護力
22 居住環境
23 特別な状況

「介護サービス計画書の様式及び課題分析標準項目の提示について」の別紙4の別添.pdf

保健医療サービス分野

まだ、勉強しません。

福祉サービス分野

まだ、勉強しません。

終わりに

ケアマネ2017 独学で一発合格~7月26日(74日前)にやる事は?~居宅介護支援の過程と課題分析~

今日は、介護支援分野の「居宅介護支援の過程と課題分析」について勉強しました。ここでは、居宅介護支援の大まかな流れと、課題分析(アセスメント)の重要性を言っています。そして、課題分析標準項目の内容が過去に出題されていますので、しっかりと理解する必要があります。

これらは、そのまま覚えるしかありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

ケアマネ2017~居宅サービス計画の作成とモニタリング~独学で一発合格

スポンサーリンク



第30回(平成29年度)介護福祉士国家試験「受験の手引き」届きました。

いよいよスタート

1週間前に試験センターに申し込みをいていた受験の手引き

今日、郵便ポストに入っていました。

封筒の実物が、上の写真です。

受験の手引きの中身

それでは、送られてきた封筒を開封してみましょう。

受験の手引きの本です。

————————————————————
筆記試験受験票:平成29年12月8日(金)発送

筆記試験日:平成30年1月28日(日)

筆記試験結果通知:平成30年2月16日(金)発送
及び実技試験受験票

実技試験日:平成30年3月4日(日)

合格発表:平成30年3月28日(水)14時
————————————————————

もう少し詳しく書いている私の別のサイトをご覧になってください。

介護福祉士受験の手引きが届いた!いざ本番スタート!

「 介護福祉士試験 第30回(平成29年)試験対策」 一覧

ケアマネ2017~居宅介護支援事業の基準~独学で一発合格

私がケアマネ試験の勉強をしたのは、もう8年も前のことになりますが、勉強のスケジュールを立てる時には必ず、ゴール(試験日)から「あと何日」ということをしっかりと頭に入れて勉強するようにしました。

一発合格を目指しての独学での勉強で、一人よがりになってしまわないように、勉強している机の目の前に「あと何日」とよく見える場所に貼り、自分を鼓舞していました。




あと75日です。

今日は、2017年7月25日(火)です。
ケアマネ試験が行われるのは、10月8日(日)。

あと、75日です。

私の勉強スケジュール

介 護 支 援 分 野 保健医療サービス分野 福祉サービス分野
7月上旬 インプット学習
7月下旬 インプット学習
8月上旬 インプット学習
8月下旬 インプット学習
9月上旬 インプット学習
9月下旬 アウトプット学習 アウトプット学習 アウトプット学習
10月上旬 総まとめ 総まとめ 総まとめ

介護支援分野

今日は、居宅介護支援事業の基準について、勉強します。

居宅介護支援事業の基準
都道府県条例で定められている。
⇒2018(平成30)年度からは、市町村条例に定められるようになる。
設備基準はない。

居宅介護支援事業の人員基準
管理者は、常勤で介護支援専門員でなければならない。
1人以上の常勤の介護支援専門員を置かなければならない。
利用者35人またはその端数を増すごとに1人を基準(増員は、非常勤でも可)

居宅介護支援事業の運営基準
居宅介護支援の開始に当たっては、あらかじめ、
重要事項を記した文書を交付して説明を行い、
利用申込者の同意を得なければならない。

正答な理由なく、サービス提供を拒んではならない。

利用者に対して適切なサービス提供が困難な時は、
他の居宅介護支援事業者の紹介その他の措置をとる。

被保険者証で、利用者の受給資格を確認する。

要介護認定の申請代行を行うことができる。

介護支援専門員は、身分を証明する書類を携行し、
求めがあった場合には、これを提示する。

事業所ごとに運営規程を定める。

偉業を行うために十分な広さの区画と、
必要な設備、備品を備えること。

介護支援専門員の清潔の保持と健康管理を行う。

事業者の見やすい場所に、重要事項等を提示する。

正当な理由なく、業務上知りえた利用者の秘密を漏らしてはならない。
利用者等の個人情報を開示する必要がある場合は、
本人にあらかじめ文書により同意を得る。

居宅介護支援の加算
初回加算
特定事業所加算
入院時情報連携加算
退院・退所加算
小規模多機能型居宅介護事業所連携加算
看護小規模多機能型居宅介護事業所連携加算
緊急時等居宅カンファレンス加算
その他

居宅介護支援の減算
運営基準減算
特定事業所集中減算

保健医療サービス分野

まだ、勉強しません。

福祉サービス分野

まだ、勉強しません。

終わりに

ケアマネ2017 独学で一発合格~7月25日(75日前)にやる事は?~居宅介護支援事業の基準~

今日は、介護支援分野の「居宅介護支援事業の基準」について勉強しました。居宅介護支援事業では、設備基準は定められていないこと、人員基準で管理者及び介護支援専門員の利用者数などが出題されます。しっかりと理解する必要があります。

これらは、そのまま覚えるしかありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

「 ケアマネ過去問 介護支援分野」 一覧

スポンサーリンク



ケアマネ試験2019年~介護支援専門員のもつべき視点と役割~独学で一発合格

私がケアマネ試験の勉強をしたのは、もう8年も前のことになりますが、勉強のスケジュールを立てる時には必ず、ゴール(試験日)から「あと何日」ということをしっかりと頭に入れて勉強するようにしました。

一発合格を目指しての独学での勉強で、一人よがりになってしまわないように、勉強している机の目の前に「あと何日」とよく見える場所に貼り、自分を鼓舞していました。

私の勉強スケジュール

介 護 支 援 分 野 保健医療サービス分野 福祉サービス分野
7月上旬 インプット学習
7月下旬 インプット学習
8月上旬 インプット学習
8月下旬 インプット学習
9月上旬 インプット学習
9月下旬 アウトプット学習 アウトプット学習 アウトプット学習
10月上旬 総まとめ 総まとめ 総まとめ

介護支援分野

今日は、介護支援専門員のもつべき視点と役割について、勉強します。

<ケアマネジャーの4つの視点>

1 自己決定の支援
2 自立支援
3 家族介護者への支援
4 生活の継続性の支援

自立の最終的な目標は、人格的自立にある。

<ケアマネジャーの基本倫理・基本姿勢>

1 人権の尊重・・・利用者の代弁者として、その人権を積極的に擁護する。
2 公平性・・・感情をコントロールし、自己覚知が大切。
3 中立性・・・利用者と家族の間で中立性を保つ。
4 個人情報の保護
5 社会的責任の自覚
6 ノーマライゼーション
7 生活の質
8 生涯発達

保健医療サービス分野

まだ、勉強しません。

福祉サービス分野

まだ、勉強しません。

終わりに

今日は、介護支援分野の「介護支援専門員のもつべき視点と役割」について勉強しました。ここで重要なのことは「自立支援」です。自己決定をすることで自立支援を援助するという立場であるケアマネジャーの視点について理解することが必要です。

これらは、そのまま覚えるしかありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

ケアマネ試験一発合格ノート「介護支援専門員の基本姿勢とは?」

介護支援専門員の対応とは?/ケアマネ独学で一発合格するための勉強方法

介護福祉士・ケアマネ試験 覚える用語集「た行」/独学合格勉強方法

ケアマネ試験の過去問より厳選!用語集「た行」

ターミナルケア終末期の医療・看護・介護。治療の見込みがなく、死期が近づいた患者に対し、延命治療中心でなく、患者の人格を尊重した看護(ケア)中心の包括的援助を行うこと。
体位変換寝たきり状態の同一体位の継続による苦痛や疲労を予防するため、介護者の助力によって、定期的に体位を変換させることをいう。
たちあっぷレンタル用(据え置き型)手すり
短期入所ショートステイ
端座位ベット等の横に足を下ろした体位。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)
ダウン症候群
短期入所療養介護
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)
大胸筋
短下肢装具
大転子部

ターミナルケア

タール便

第1号介護予防支援事業

第一号被保険者
市町村に住所を有する65歳以上のもの。

第一号保険料の算定
保険料の額は各市町村が3年ごとに条例で定める保険料率に基づき算定される。所得水準に応じて標準9段階に区分されている。

体位変換器(福祉用具貸与対象品)
空気パッドなどを身体の下に挿入することにより体位を容易に変換できる機能を持つものに限る(体位の保持のみを目的とするものを除く)

唾液

体温

体格

大血管症

第三者行為への損害賠償請求権

帯状疱疹

大腿骨頸部骨折

大都市特例

第二号被保険者
市町村に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者。生活保護受給者は40歳以上65歳未満でも第二号被保険者には該当しない。

第2号被保険者の保険料

第2号被保険者負担率

滞納者に対する措置

大脳皮質基底核変性症

代理権

多系統萎縮症

脱水症状

多発性硬化症

多発がん

胆管炎

胆管結石

短期入所生活介護
施設に短期間入所させ、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うサービスの事。提供にあたっては、利用者の心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るものでなければならない。

短期入所生活介護の利用定員
原則20人以上。
併設型(特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・病院・診療所・介護老人保健施設等の指定を受けている施設に併設されているもの)、
空床利用型(特別養護老人ホームの空きベットを利用する)

短期入所生活介護計画
おおむね4日以上にわたる利用の場合に、居宅サービス計画に沿って短期入所者生活介護計画を作成しなければならない。食事・入浴・排泄・その他の日常生活の援助、機能訓練等、利用者の趣味や文化活動についての援助について、手順やサービス提供の場所、担当者について具体的に。

短期入所療養介護
施設に短期間入所させ、看護、医学的管理のもとにおける介護、及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行うサービスの事。

短期保険

胆石症

胆嚢炎

胆嚢結石

痰の吸引

段差の解消(住宅改修の給付対象)
屋内の各客間や玄関から道路までの通路の段差を解消する工事(敷居を低くしたり撤去したりする工事、スロープを設置する工事、床のかさ上げなど)、通路などの傾斜の解消。

タンパク質・エネルギー低栄養状態(PEM)

地域リハビリテーション障害者が生活している地域において、必要なときに適切なサービスが受けられるよう、地域における総合的な各施設・機関の連携が行われ、一貫したリハビリテーションの推進を図ろうというもの。
地域包括支援センター地域包括支援センターとは、平成18年4月1日(2006年)から介護保険法の改正に伴い創設された機関で、地域住民の心身の健康維持や生活の安定、保健・福祉・医療の向上、財産管理、虐待防止など様々な課題に対して、地域における総合的なマネジメントを担い、課題解決に向けた取り組みを実施していくことをその主な業務としています。
①「総合的な相談窓口機能」
地域の高齢者の実態把握や、虐待への対応など権利擁護を含む
②「介護予防マネジメント」
新・予防給付の予防プラン作成を含む
③「包括的・継続的なマネジメント」
介護サービス以外の様々な生活支援も含む
中核症状脳の神経細胞が破壊され、減少することで生じる症状で、認知症に共通する症状としてみられる。おもに記憶障害を中心として、時間や日付、場所、人物などがわからなくなる見当識障害、道筋を立てて考え真偽、善悪、可否などを決められなくなる判断力の障害、計画を立てたり、手順を考えて状況を把握して行動できなくなる実行機能障害などがある。
直腸性便秘便意のある時に様々な事情で我慢する機会が多いと、それに慣れてしまい便意を感じなくなってしまう状態のこと。

地域移行支援
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
知的障害
中途覚醒
肘関節部(ちゅうかんせつぶ)
腸骨部
腸管出血性大腸菌
地域包括支援センター
腸炎ビブリオ菌
 ・魚介類とその調理品から感染する食中毒で、7月から9月に多くみられる。
 ・10時間以上の潜伏期間があり、37~38度の発熱や腹痛、嘔吐、下痢などの症状が見られる。
 チアノーゼ
 ・血中の酸素濃度が低下した為に唇・皮膚・爪等が紫色になる症状の事。
 ・高齢者は誤嚥から呼吸困難となって生じる場合が多い。

チアノーゼ

地域援助技術

地域ケア会議

地域支援事業
第1号被保険者を対象とした要支援認定や要介護認定のついていない介護予防サービス事業。地域支援事業には「介護予防事業」「包括的支援事業」「任意事業」があり、市町村が実施する。

地域支援事業の財源

地域支援事業の利用

地域支援事業支援交付金

地域生活支援事業

地域包括ケアシステム
地域の実情に応じて、高齢者が可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるよう、医療・介護・介護予防・住まい及び自立した日常生活の支援が包括的に確保される体制の事。

地域包括ケアシステム

地域包括支援センター運営協議会

地域保険

地域密着型サービスの種類
「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」
「夜間対応型訪問介護」
「地域密着型通所介護」
「認知症対応型通所介護」
「小規模多機能型介護」
「認知症対応型共同生活介護」
「地域密着型特定施設入居者生活介護」
「地域密着型介護老人福祉施設入所者介護」
「複合型サービス」の9種類

地域密着型サービス事業者の指定
市町村長に申請して指定を受ける。6年ごとに更新を受けなければいけない。

地域密着型介護老人福祉施設
入所定員が29人以下の特別養護老人ホームの事。地域とのかかわりが重要とされ、運営推進会議の設置が義務付けられている。

地域密着型介護サービス費

地域密着型介護予防サービス費

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

地域密着型サービス事業

地域密着型通所介護

地域密着型特定施設入居者生活介護

チームアプローチ

チェーンストークス呼吸

窒息

地方自治体

中核症状

中間評価項目

中性脂肪

中立性

長期保険

調整交付金

調整保険料料率

治療的リハビリテーション

治療内容

通所介護(デイサービス)

通院などのための乗車または降車の介助

通所介護の人員基準

通所介護
介護が必要な状態となっても、可能な限り居宅において生活するために、施設へ通い日常生活上の世話及び機能訓練を行うサービスの事。

通所介護の内容
一般的に送迎、機能訓練、リハビリテーション、レクリエーション、食事・入浴等の提供及び介助がある。

通所介護計画

通所リハビリテーション

デイ・ケア介護老人保健施設や病院・診療所などで、日帰りで受ける心身機能の回復を目的としたサービスのこと。
デイサービス在宅のお年寄り等に施設に通ってもらい、入浴、食事の提供、機能訓練介護方法の指導など各種の便宜を日帰りで提供するサービス。
T字型杖体重をかけやすく、杖を振り出しやすいように握る部分が床面(地面)に対してほぼ平行に支柱に取り付けられた、T字の形をした杖のこと。
デイホスピタ在宅で介護されている患者に、昼間の間だけ治療やリハビリテーションを行う医療施設。
摘便指を肛門から入れて便を取り出すこと。
点字器一般的な点字器は点字板と定規、点筆からなっており、携帯向けにコンパクトなタイプの点字器もある。素材、行、マスの数、大きさにいくつか種類がある。

てんかん
伝音性難聴

TPPV

低栄養

定期巡回・随時対応型訪問介護看護
重度者をはじめとした要介護高齢者の在宅生活を支えるため、日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護を一体的または密接に連携しながら定期巡回と随時の対応を行うサービスの事。地域密着型サービスのひとつ。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス内容
定期巡回サービス(訪問介護員等が定期的に利用者宅を訪問する)
随時対応サービス(利用者等からの通報を受け、その内容を基に、相談援助、訪問等を行う対応の要否を判断する)
随時訪問サービス(訪問が必要と判断された場合に、訪問介護員等が訪問する)

低血糖症状

低体温

低率負担の減免

適用除外施設

手すり(福祉用具貸与対象品)
取り付け際し、工事を伴わないものに限る。

手すりの取り付け(住宅改修の給付対象)
廊下・便所・浴室・玄関などの室内、玄関から道路までの通路などに、転倒予防や移動・移乗のために取り付けるもの。

電解質

転倒

糖尿病網膜症糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで糖尿病の3大合併症と言われている。眼の網膜に障害を生じるもので、進行すると眼底に出血が生じたり、網膜剥離が起きたり、極端な視力低下を招いて、最悪失明する場合もある。
特殊浴槽自力で入浴する事が難しい方が、寝たままなどで入浴できるように設計された入浴装置。
特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)老人福祉法に規定する老人福祉施設の一種。65歳以上の者であって身体上又は精神上著しい障害があるため常時の介護を必要とし、かつ住宅においてこれを受けることが困難な者を入所させて、養護することを目的とする施設。
特養(とくよう)特別養護老人ホーム
特浴(とくよく)特殊浴槽を使った入浴のこと。
床ずれ縟瘡
トランスファー移乗動作のこと。ベッド⇔車いす、車いす⇔便器等の乗り移りの動作。移動前と移動後の平面が変わるときに用いる。
トランスファーシートベッドの上で、寝ている人の身体を上下や左右の方向に寄せたり、起こして車いすへ移乗させるなどの介護動作は、回数が多くなるほど介助者にとって負担は大きくなります。これらの動作を容易に行う用具に、トランスファーシートがあります。
これは、内側が滑りやすく特殊加工された布性の筒型シートでその上に介護される人の身体を載せて移動させます。シートは、縦・横・斜めと自由自在に動くので、あらゆる方向への移動が身体を持ち上げずに楽にでき、介護者の介護負担の軽減や腰痛予防になります。

同行援護
特別支援学校
瞳孔
道路交通法
糖尿病

同意権

糖化ヘモグロビン

統合失調症
幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患である。以前は精神分裂病と呼ばれていた。

統制された情緒的関与

都道府県介護保険事業支援計画

糖尿病
・1型糖尿病
・2型糖尿病

糖尿病(2型)
インスリンの分泌が減少したりすることで起こる。症状として口渇・多飲・多尿・体重減少がある。中高年以降に見られる。

糖尿病の3大合併症
血糖値が高い状態が長く続くと「神経症」「網膜症」「腎症」が起こる可能性がある。

糖尿病性ケトアシドーシス

動脈硬化

登録の移転

登録の欠格事由

登録の消除

特殊寝台(福祉用具貸与対象品)
サイドレールが取り付けてあるもの、または取り付けることが可能なものであって、次の機能のいずれかがあるもの。
・背部または脚部の傾斜角度が調整できる機能
・床板の高さが無段階に調整できる機能

特殊寝台付属品(福祉用具貸与対象品)
マットレス、サイドレール、介助用ベルト(入浴介助用ベルト以外)など、特殊寝台と一体的に使用されるものに限る。

特定介護予防福祉用具販売

特定施設

特定施設サービス計画

特定施設入居者生活介護
特定施設とは「有料老人ホーム」「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」の施設の事。介護のサービス内容は生活介護全般にわたる。内部のサービスだけでは補えない場合は外部サービスの利用が必要になる。

特定疾病
加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病で政令で定めるもの。第2号被保険者は特定疾病の者が介護給付を受けることができる。

特定疾病(16疾病)
・がん≪がん末期≫(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
・関節リウマチ
・筋萎縮性側索硬化症
・後縦靭帯骨化症
・骨折を伴う骨粗鬆症
・初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症等)
・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
・脊髄小脳変性症
・脊柱管狭窄症
・早老症(ウェルナー症候群)
・多系統萎縮症
・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
・脳血管疾患(脳梗塞、脳出血等)
・閉塞性動脈硬化症
・慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎等)
・ 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

特定短期入所療養介護

特定入所者介護サービス費

特定入所者介護予防サービス費

特定福祉用具販売
入浴や排泄に関連するもの等貸与に向かないものは購入して使用することとなる。特定福祉用具の購入については、居宅介護福祉用具購入費として保険給付が行われる。

特定福祉用具の種目
・腰掛便座
・自動排泄処理装置の交換可能部品
・入浴用補助用具
・簡易浴槽
・移動用リフトのつり具の部品

特定福祉用具販売計画

特定福祉用具販売の種目

特別会計

特別区

特別徴収
第1号被保険者が年18万円以上の年金を受給している場合は、年金保険者が年金を支給する際に保険料を天引きし、市町村に納める仕組みの事。

特別調整交付金

特別訪問看護指示書

特例介護予防サービス計画費

特例居宅介護予防サービス費

特例居宅介護サービス計画費

特例居宅介護サービス費

特例施設介護サービス費

特例地域密着型介護サービス費

特例地域密着型介護予防サービス費

特例特定入所者介護サービス費

吐血

床ずれ防止用具(福祉用具貸与対象品)
次のいずれかに該当するものに限る。
・送風装置または空気圧調整装置を備えた空気マット
・水等によって減圧による体圧分散効果をもつ全身用のマット

都道府県

都道府県地域福祉支援計画

都道府県知事による命令

都道府県老人福祉計画

取消権

終わりに

介護福祉士・ケアマネ試験 覚える用語集「た行」/独学合格勉強方法