ケアマネ試験2021年 一発合格ノート「訪問看護とは?」

訪問看護の内容と特徴

訪問看護の内容

・症状の観察と情報収集
・療養上の世話
・診療の補助
・精神的支援
・リハビリテーション
・家族支援
・療養指導

訪問看護 過去問

● 訪問看護は、看護師等が居宅を訪問して療養上の世話又は必要な診療の補助を行うサービスである。

● 訪問看護の業務に、食事介助や排泄介助が含まれる。

● 訪問看護の役割は、①病状の観察・情報収集、②療養上の世話、③診療の補助、④精神的ケア、⑤リハビリテーション、⑥家族支援、⑦療養指導などがある。

● 訪問看護師が行う残存機能を活かした入浴介助や排泄介助などの生活支援もリハビリテーションに含まれる。

● 訪問看護では、必要に応じて家族関係の調整等を行う家族支援もサービスの一つである。

訪問看護の特徴

・療養上の世話を基本に必要な医療処置を行う。
・予防的なかかわりをする。
・家族もケアの対象者としてケアする。
・対象者の生活の仕方、生き方、価値観を尊重したケアを行う。
・訪問看護は、24時間365日いつでも提供される。

訪問看護 過去問

● 訪問看護の役割には、在宅療養者が気持ちよく生活ができるよう、食事・排泄・清潔などの基本的な生活を整えるケアが含まれる。

● 緊急訪問看護(加算)をケアプランに入れれば、24時間いつでも訪問看護によるサービスは受けられる。

訪問看護の介護報酬

以下のサービスを受けている間は、訪問看護を算定できない。
・短期入所生活介護
・短期入所療養介護
・特定施設入居者生活介護
・認知症対応型共同生活介護
・地域密着型特定施設入居者生活介護
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

訪問看護ステーションによる訪問看護サービス
病院・診療所による訪問看護サービス

准看護師は、訪問看護計画を作成できない。
准看護師が訪問介護を行った場合、減算となる(90/100)

緊急時訪問看護加算
特別管理加算
ターミナルケア加算
・死亡前24時間否にターミナルケアを行った場合
・ターミナルケアを行ったあと、24時間以内に在宅以外で死亡した場合
※介護予防本門看護では、ターミナルケア加算が設定されていない。

訪問看護 過去問

● 特別管理加算とは、指定訪問看護に関し特別な管理を必要とする利用者(別に厚生労働大臣が定める状態にある者に限る)に対して、指定訪問看護師事業所が指定訪問看護の実施に関する計画的な管理を行った場合に加算される。

● 緊急時訪問看護加算を含めて居宅サービス計画を作成すれば、在宅で療養している要介護者は、24時間いつでもサービスを受けることができる。

● 緊急憎悪時に主治医から特別訪問看護指示書の交付を受けた場合、訪問看護事業者は、その指示の日から2週間に限って介護保険の訪問看護日の支給を受けることができない。

● 訪問看護の特別管理加算の対象者は、人工呼吸器を装着している患者に対して、看護師が医師の指示に基づき日常生活指導を行っている。

訪問看護の実施

訪問看護開始時には、主治医の指示書が必要。
訪問看護サービス提供時には、訪問看護計画、訪問看護報告書を作成する。

・アセスメント
・看護診断
・看護計画立案
・訪問看護の実施
・訪問看護に評価

訪問看護と医師の指示書

訪問看護は、医師の指示によってサービスが提供される。
訪問看護指示書の有効期間は、1~6か月である

訪問看護師は、実施した訪問看護の結果について、医師に報告することが義務付けられている。

訪問看護の制度

人員基準
訪問看護ステーションは、看護職員等を常勤換算で、2.5人以上置くこと。
※看護職員等(保健師・看護師・准看護師)
また、PT・OT・STは、訪問看護ステーションの実情に応じて相当数置くこと。
原則として、保健師か看護師である常勤の管理者を置く必要がある。
設備基準
事務所は、必要最小限の広さでよい。
備品は、サービス提供に「必要な設備及び備品等を備えなければならない」となっている。

介護福祉士とケアマネ試験受験対策「訪問看護とは(介護保険法第8条4)」解説動画

訪問看護 ユーチューブ解説動画をノートにまとめてみたら分かりやすい!

訪問看護 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

● 訪問看護は、看護師等が居宅を訪問して療養上の世話又は必要な診療の補助を行うサービスである。

● 訪問看護の業務に、食事介助や排泄介助が含まれる。

● 訪問看護の役割は、①病状の観察・情報収集、②療養上の世話、③診療の補助、④精神的ケア、⑤リハビリテーション、⑥家族支援、⑦療養指導などがある。

● 訪問看護師が行う残存機能を活かした入浴介助や排泄介助などの生活支援もリハビリテーションに含まれる。

● 訪問看護では、必要に応じて家族関係の調整等を行う家族支援もサービスの一つである。

● 訪問看護の役割には、在宅療養者が気持ちよく生活ができるよう、食事・排泄・清潔などの基本的な生活を整えるケアが含まれる。

緊急訪問看護(加算)をケアプランに入れれば、24時間いつでも訪問看護によるサービスは受けられる。

● 特別管理加算とは、指定訪問看護に関し特別な管理を必要とする利用者(別に厚生労働大臣が定める状態にある者に限る)に対して、指定訪問看護師事業所が指定訪問看護の実施に関する計画的な管理を行った場合に加算される。

● 緊急時訪問看護加算を含めて居宅サービス計画を作成すれば、在宅で療養している要介護者は、24時間いつでもサービスを受けることができる。

● 緊急憎悪時に主治医から特別訪問看護指示書の交付を受けた場合、訪問看護事業者は、その指示の日から2週間に限って介護保険の訪問看護日の支給を受けることができない。

● 訪問看護の特別管理加算の対象者は、人工呼吸器を装着している患者に対して、看護師が医師の指示に基づき日常生活指導を行っている。

介護支援分野 26-問10-答10  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

第17回 介護支援分野 問10

第17回 問10

介護給付の種類として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 特例居宅介護福祉用具購入費の支給
2 特例居宅介護住宅改修費の支給
3 特例地域密着型介護サービス費の支給
4 特例特定施設入居者生活介護サービス費の支給
5 特例居宅介護サービス計画費の支給

スポンサーリンク



単語

介護給付
居宅介護サービス費
特例居宅介護サービス費
地域密着型介護サービス費
特例地域密着型介護サービス費
居宅介護福祉用具購入費
居宅介護住宅改修費
居宅介護サービス計画費
特例居宅介護サービス計画費
施設介護サービス費
特例施設介護サービス費
高額介護サービス費
高額医療合算介護サービス費
特定入所者介護サービス費
特例特定入所者介護サービス費

ポイント:介護給付の種類

正答

正解は…3・5

1 ✖
2 ✖
3 〇
4 ✖
5 〇

介護保険法に定められる介護給付の種類(14種類)
①居宅介護サービス費
②特例居宅介護サービス費
③地域密着型介護サービス費
④特例地域密着型介護サービス費
⑤居宅介護福祉用具購入費
⑥居宅介護住宅改修費
⑦居宅介護サービス計画費
⑧特例居宅介護サービス計画費
⑨施設介護サービス費
⑩特例施設介護サービス費
⑪高額介護サービス費
⑫高額医療合算介護サービス費
⑬特定入所者介護サービス費
⑭特例特定入所者介護サービス費

スポンサーリンク



介護支援分野 26-問9-答9  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

第17回 介護支援分野 問9

第17回 問9

介護保険の利用者負担に係る低所得者対策について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 生活保護受給者は、高額介護サービス費の支給の対象とはならない。
2 特定入所者介護サービス費の対象者には、申請により「介護保険負担限度額認定証」が交付される。
3 特定入所者介護サービス費支給後の利用者負担額については、社会福祉法人による利用者負担額軽減制度は適用されない。
4 社会福祉法人による利用者負担額軽減制度の対象には、食費が含まれない。
5 社会福祉法人による利用者負担額軽減制度の対象には、居住費が含まれる。

スポンサーリンク



単語

利用者負担
低所得者対策
生活保護受給者
高額介護サービス費
特定入所者介護サービス費
介護保険負担限度額認定証
社会福祉法人
利用者負担額軽減制度
食費
居住費

ポイント:低所得者対策

正答

正解は…2・5

1 ✖ 生活保護受給者は、高額介護サービス費の支給対象となる。
2 〇 市町村は、特定入所者の認定を行った場合には、有効期間を定めて介護保険負担限度額認定証を交付しなければならない。
3 ✖ 社会福祉法人による利用者負担額軽減制度は、特定入所者介護サービス費等の支給後の利用者負担額について適用される。
4 ✖ 軽減対象となる費用には、訪問介護等の法に基づく一定のサービス利用に係る利用者負担額並びに食費、居住費(滞在費)及び宿泊費が含まれる。
5 〇

スポンサーリンク



介護支援分野 26-問8-答8  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

第17回 介護支援分野 問8

第17回 問8

基準該当サービスについて正しいものはどれか。3つ選べ。

1 居宅介護支援は、基準該当サービスとして認められる。
2 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は、基準該当サービスとして認められる。
3 介護予防通所介護は、基準該当サービスとして認められる。
4 事業者が法人格を有していなくても、基準該当サービスとして認められる。
5 サービスに関する基準は、厚生労働省令では定められていない。

スポンサーリンク



単語

基準該当サービス
居宅介護支援
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
介護予防通所介護
法人格

ポイント:基準該当サービス

正答

正解は…1・3・4

1 〇
2 ✖ 地域密着型サービスにおいては、基準該当サービスは認められない。
3 〇 
4 〇 基準該当サービスにおける基準は、指定基準を緩和したものとなっている。
5 ✖ サービスに関する基準は、厚生労働省令において定められている。

スポンサーリンク



介護支援分野 26-問7-答7  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

第17回 介護支援分野 問7

第17回 問7

指定居宅サービス事業の基準について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 指定訪問介護事業者は、要介護認定を申請していない者については、申請代行を行わなければならない。
2 指定訪問介護事業者は、利用者からの苦情に関して市町村が実施する事業に協力するよう努めなければならない。
3 指定訪問介護事業所の職員は、介護福祉士の資格を有しなければならない。
4 指定通所リハビリテーションには、利用定員が定められている。
5 指定通所リハビリテーションは、非常災害時の計画を立てなくてよい。

スポンサーリンク



単語

指定居宅サービス事業
基準
申請代行
苦情
介護福祉士
指定通所リハビリテーション
利用定員
非常災害時の計画

ポイント:指定居宅サービス事業

正答

正解は…2・4

1 ✖ 指定訪問介護事業者は、利用申込者の要介護認定申請が行われてない場合には、その者の意思を踏まえて、速やかに申請が行われるよう必要な援助を行わなければならない。
2 〇 指定訪問介護事業者は、利用者からの苦情に関し、市町村からの文書の提出の求め又は質問や照会に応じるとともに、市町村が行う調査に協力しなければならない。
3 ✖ 訪問介護員については、養成研修修了者等も含まれ、必ずしも介護福祉士の資格を有している必要はない。
4 〇 通所リハビリテーションには、設備や人員基準に即した利用定員が定められており、定員順守の規定が設けられている。
5 ✖ 通所リハビリテーション事業者は、非常災害対策について運営規定に定めておかなければならない。

スポンサーリンク



介護支援分野 26-問6-答6  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

第17回 介護支援分野 問6

第17回 問6

地域密着型介護予防サービスについて正しいものはどれか。3つ選べ。

1 市町村は、事業の設備及び運営に関する独自の基準を設定することができない。
2 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は、含まれない。
3 「市町村の条例で定める者」でなければ、事業者の指定を受けることができない。
4 複合型サービスは、含まれない。
5 事業者に対する立入検査の権限を持つのは、都道府県知事である。

スポンサーリンク



単語

地域密着型介護予防サービス
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
市町村の条例
事業者の指定
立入検査の権限
複合型サービス

ポイント:地域密着型介護サービス

正答

正解は…2・3・4

1 ✖ 地域密着型介護予防サービス事業者の設備及び運営に関する基準は、市町村の条例で定める。
2 〇 地域密着型介護予防サービスとは、介護予防認知症対応型通所介護、介護予防小規模多機能型居宅介護及び介護予防認知症対応型共同生活介護をいうと規定されている。
3 〇 
4 〇
5 ✖ 地域密着型介護予防サービス事業者に対する立入検査権限を有するのは、市町村長である。

スポンサーリンク



介護支援分野 26-問5-答5  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

第17回 介護支援分野 問5

第17回 問5

介護保険財政について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 調整交付金は、各市町村の第1号被保険者の所得の分布状況等を勘案して交付される。
2 共済年金は、第1号被保険者の保険料に係る特別徴収の対象とならない。
3 市町村特別給付に要する費用には、第2号被保険者の保険料も充当される。
4 第2号被保険者の保険料の一部は、地域支援事業支援納付金の納付に充てられる。
5 第1号被保険者の保険料率は、年度ごとに算定する。

スポンサーリンク



単語

介護保険財政
調整交付金
共済年金
市町村特別給付
保険料率
地域支援事業支援納付金

ポイント:介護保険財政

正答

正解は…1・4

1 〇 調整交付金は、各市町村の第1号被保険者の所得分布状況及び後期高齢者の割合を勘案して国が交付する。
2 ✖ 共済年金は、特別徴収の対象となる。
3 ✖ 社会保険診療報酬支払基金が交付する介護給付費交付金は、介護給付及び予防給付に要する費用に充当されるものであり、市町村特別給付に要する費用には充当されない。よって、第2号被保険者の保険料は、市町村特別給付には充当されない。
4 〇 医療保険者から社会保険診療報酬支払基金に納められる地域支援事業支援納付金は、第2号被保険者の保険料によって賄われる。
5 ✖ 第1号被保険者の保険料率は、3年ごとに算定する。

スポンサーリンク



介護支援分野 26-問3-答3  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

第17回 介護支援分野 問3

第17回 問3

財政安定化基金について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 財源は、国、都道府県及び市町村がそれぞれ3分の1ずつ負担する。
2 財源には、第2号被保険者の保険料も充当する。
3 給付費増大により市町村の介護保険財政に不足が見込まれる場合に、必要な額を貸し付ける。
4 保険料未納による収入不足が見込まれる場合に、その2分の1を基準として交付金を交付する。
5 資金の貸付けを受けた市町村は、貸付けを受けた計画期間の終了年度末に一括して返済しなければならない。

スポンサーリンク



単語

財政安定化基金
財源
第2号被保険者
給付費
介護保険財政
保険料未納

ポイント:ケアマネ試験「財政安定化基金」 一発で合格したノート公開!

正答

正解は…1・3・4

1 〇 財政安定化基金の財源は、国、都道府県及び市町村がそれぞれ3分の1ずつ負担する。
2 ✖ 財政安定化基金の財源における市町村負担分(財政安定化基金拠出金)は、第1号保険料で賄われる。
3 〇 給付費の増大により介護保険財政に不足が見込まれる場合には、財政安定化基金からの貸付けを受けることができる。
4 〇 保険料未納による収入不足が見込まれる場合には、財政安定化基金から必要額の2分の1を基準として交付金を受けることができる。
5 ✖ 資金の貸付けを受けた市町村は、市町村介護保険事業計画の計画期間である3年を通じて返済しなければならない。

スポンサーリンク



介護支援分野 26-問2-答2  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

第17回 介護支援分野 問2

第17回 問2

介護サービス情報の公表制度について正しいものはどれか。2つ選べ

1 公表は、市町村長が行う。
2 報告内容の調査事務は、都道府県の附属調査機関が行わなければならない。
3 居宅介護支援は、公表の対象から除かれる。
4 運営情報には、職員研修の実施状況が含まれる。
5 都道府県知事は、任意報告情報について公表を行うよう配慮する。

スポンサーリンク



単語

介護サービス情報の公表
都道府県の附属調査機関
居宅介護支援
運営情報

ポイント:ケアマネ試験「介護サービス情報の公表」 一発で合格したノート公開!
ポイント:介護サービス情報の公表制度とは?/ケアマネ試験に合格するための勉強方法

正答

正解は…4・5

1 ✖ 介護サービス情報の公表は、都道府県知事が行わなければならない。
2 ✖ 都道府県知事は、指定調査機関に調査事務を行わせることができる。
3 ✖ 指定居宅介護支援事業者は、その提供する介護サービスに係る介護サービス情報を当該事業所の所在地を管轄する都道府県知事に報告しなければならない。
4 〇 運営状況に関する事項における「介護サービスの質の確保のために総合的に講じている措置」の共通事項に含まれる。
5 〇 都道府県知事は、要介護者等が適切かつ円滑に介護サービスを利用する機会の確保に資するよう、任意報告情報について公表を行うよう配慮することとされている。

スポンサーリンク



介護支援分野 26-問1-答1  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

第17回 介護支援分野 問1

第17回 問1

市町村介護保険事業計画について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 市町村地域福祉計画と一体のものとして作成する。
2 市町村老人福祉計画と連携をとって作成する。
3 地域支援事業の量の見込みを定める。
4 介護保険施設の必要入所定員の見込みを定める。
5 認知症対応型共同生活介護の必要利用定員の見込みを定める。

スポンサーリンク



単語

市町村介護保険事業計画
市町村地域福祉計画
市町村老人福祉計画
地域支援事業
介護保険施設
認知症対応型共同生活介護

ポイント:ケアマネ試験に一発で合格したノート公開!「介護保険事業計画」

正答

正解は…3・5

1 ✖ 市町村介護保険事業計画は、市町村地域福祉計画と調和が保たれたものでなければならない。
2 ✖ 市町村介護保険事業計画は、市町村老人福祉計画と一体のものとして作成しなければならない。
3 〇 各年度における地域支援事業の量の見込みは、市町村介護保険事業計画において定めるものとされている。
4 ✖ 介護保険施設の種類ごとの必要入所定員総数は、都道府県介護保険事業支援計画に定めることとされている。
5 〇 認知症対応型共同生活介護の必要利用定員総数は、市町村介護保険事業計画において定めるものとされている。

PAGE TOP