介護福祉士とは何か?ヘルパーとの仕事内容の違いは?給料は?

実際に介護現場でお仕事をしている人は、介護福祉士とヘルパーの仕事内容にどんな違いがあるのか?と感じている人が多いと思います。実際には、介護職員として同じ仕事内容をこなさなければなりません。

そこで、介護福祉士とは何か?について詳しくご紹介します。

介護福祉士とは?

ヘルパーの資格と違い、介護福祉士は1年に1回実施される国家試験に合格しなければなりません。ヘルパーは、研修機関で研修を受講すれば、国家試験などはなく、卒業と同時にヘルパーの資格を取得することができます。

平成29年度の介護福祉士国家試験は、平成30年1月28日(日)に実施される予定になっています。受験するには、介護現場での実務経験が必要になり、さらに筆記試験にも合格しなければなりません。

介護福祉士の国家試験の合格率は、50%前後と国家試験としては、そんなに難しい部類には入りません。しっかりと筆記試験の科目ごとに勉強をすれば、合格し介護福祉士の資格を取得することができます。

介護福祉士の国試合格率が過去最高72.1% その理由は?

介護福祉士国家試験とは?

介護福祉士国家試験の筆記は、全125問出題されます。科目も細部に分かれています。

領域:人間と社会 16問
・人間の尊厳と自立
・人間関係とコミュニケーション
・社会の理解

領域:介護 52問
・介護の基本
・コミュニケーション技術
・生活支援技術
・介護過程

領域:こころとからだのしくみ 40問
・発達と老化の理解
・認知症の理解
・障害の理解
・こころとからだのしくみ

領域:医療的ケア 5問
・医療的ケア

総合問題 12問
・総合問題

これらの科目をこなして、合格すると介護福祉士になれます。

介護福祉士とヘルパーの仕事内容の違い?

介護福祉士とヘルパーの仕事内容は、正直言って何も変わりませんが、介護福祉士とヘルパーが同じ職場にいれば、介護福祉士はヘルパーを教育する立場になります。

また、訪問介護サービスでは、人員基準にあるサービス提供責任者はヘルパー資格ではなることが出来ず、介護福祉士の資格を持った人しかなれません。

そのため、事業所にもよりますが、資格手当としてヘルパーよりも介護福祉士の資格を持っている人の方が、お給料が高くなっている傾向にはあります。

しかし、介護福祉士は業務独占ではなく名称独占の資格なので、介護という仕事を介護福祉士が行おうがヘルパーが行おうがなんら問題のないことなのです。

終わりに

介護福祉士とは何か?ヘルパーとの仕事内容の違いは?給料は?というテーマでお話をしましたが、仕事内容は別段違っていることはありません。介護福祉士の資格を持っていれば、資格手当でお給料が少し多くもらえるようになります。

介護職のお給料が安いというイメージがあり、なかなか介護職として働きたいと思う人が少ないのも現状ですが、ヘルパー資格だけで仕事をするのもつまらないことです。

1年に1回しか介護福祉士国家試験は実施されませんが、逆を言えば、1年間の勉強期間があり仕事をやりながら、家事・育児をやりながらでも長期計画を立てて勉強すれば、介護福祉士に合格することは、そんなに難しいことではないのです。

スポンサーリンク



介護福祉士筆記試験に合格するための勉強方法その1「得意科目を確実に」

人それぞれ得意・不得意分野があると思いますが、介護福祉士国家試験の科目にとっても得意科目・不得意科目があるはずです。介護福祉士国家試験の全科目を得意と言う人は、絶対にと言ってよいと思いますが、いないでしょう。

介護福祉士国家試験は、正答率60%以上あれば合格できる試験で、実際に過去の合格率を見ても50%以上と意外と優しい方の国家試験ではあると思いますので、苦手科目は捨てて、得意科目で確実に点数を稼いで、正答率60%以上(75点以上)になるように勉強しましょう。

得意科目を知る方法は?

介護福祉士の筆記試験はさまざまな分野から出題されます。法令だったり歴史だったり、また、実際の訪問介護の現場での事例だったり、認知症高齢者の事例だったり。

実際に介護現場で仕事をしていれば、向き合ってきたであろう事例が頭に浮かぶはずです。介護現場での仕事しかしてこなかった人には、精神障害の事例は、どう頑張ってみても想像もできません。

それなので、得意科目を知る方法として、今まであなたが従事してきたお仕事が、あなたの「得意科目」となるはずです。実際に、過去問題などを解いてみてください。おのずと分かってくるはずです。

介護職として高齢者と関わってきた人が、精神疾患のことは理解しにくいし、精神障害や知的障碍者などの仕事をしていた人にとっては、高齢者の状況など、想像にも出てきません。

得意科目を知ったらどうする?

ちょっと極端な話にはなりますが、得意科目で合格点が取れるのであれば、「苦手科目」は捨てる。勉強しないという方法もありますが、そんなことをしていたら、不安が増大していくだけです。

苦手科目を勉強しないということではなく、苦手科目で点数が取れない分、得意科目で点数を稼いで合格をゲットするということです。

実際に、2016年度に行われた過去問を科目ごとにご紹介しますので、挑戦して、得意科目と苦手科目を判別してみましょう。そうすることで、得意科目で点数を稼ぐという手法の準備ができます。

領域:人間と社会 16問
・人間の尊厳と自立
・人間関係とコミュニケーション
・社会の理解

領域:介護 52問
・介護の基本
・コミュニケーション技術
・生活支援技術
介護過程

領域:こころとからだのしくみ 40問
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ

領域:医療的ケア 5問
医療的ケア

総合問題 12問
総合問題

まとめ

介護福祉士試験に受かる勉強方法・合格するコツ その2「己を知る」でもご紹介しましたが、得意科目と苦手科目を自分自身で判別しましょう。

科目ごとの過去問を自分なりに整理して、ノートにまとめるなりして「自覚」しましょう。

介護福祉士試験に受かる勉強方法・合格するコツ その2「己を知る」

その1「相手を知る」

介護福祉士試験は国家試験です。そう簡単な試験ではありません。合格率は50%前後で推移していますが、初めて受験される方はどんな内容の試験なのかも分からない状態で受験するようなので、介護福祉士試験に合格するコツと受かるための勉強方法についてまとめてみました。

己を知る、自分の実力は?

介護福祉士の国家試験に立ち向かうために、己(自分)の実力がどれ位なのか?知っていますか。己を知る方法として、一番手っ取り早いのが「過去問」を解いてみることです。

2016年度に行われた過去問を第1問~第125問を解いてみましょう。時間も実際の試験と同じ時間を設定(目覚ましアラーム等)してチャレンジしてみましょう。

そして、答え合わせをしてみると、今現在のあなたの実力を知ることになります。何も勉強せずに過去問にチャレンジしたら、きっと半分も取れないでしょう。

しかし、日々職場で意欲的に知識を吸収している人なら、ひょっとしたら勉強もしないで合格点を取ることができるかもしれません。このようにして、己の実力を確認しましょう。

介護福祉士 過去問(筆記試験)

前年に行われた過去問を解いてみましたか?今の己の実力を知ることができたでしょう。そこで、全5回分の過去問を同じように解いてみてください。そうすると、得意分野・苦手分野が見えてきます。

この分野は得意だなとか、苦手だなという、実力判定になります。ここからが戦(試験勉強)の始まりです。

人間の尊厳と自立

人間関係とコミュニケーション

社会の理解

介護の基本

コミュニケーション技術

生活支援技術

介護過程

発達と老化の理解

認知症の理解

障害の理解

こころとからだのしくみ

医療的ケア

総合問題

まとめ

介護福祉士試験に受かる勉強方法・合格するコツ その2「己を知る」

戦うためには、己の戦力を分析する必要があります。今の実力はどれ位で、どこの部分を補強すれば戦いに勝つことができるのか。自己分析をして、己を知りましょう。

介護福祉士試験に受かる勉強方法・合格するコツ その1「相手を知る」

介護福祉士試験は国家試験です。そう簡単な試験ではありません。合格率は50%前後で推移していますが、初めて受験される方はどんな内容の試験なのかも分からない状態で受験するようなので、介護福祉士試験に合格するコツと受かるための勉強方法についてまとめてみました。

介護福祉士試験日を知る

2017年度(第30回)の筆記試験は平成30年1月28日(日曜日)に、実技試験は平成30年3月4日(日曜日)に行われます。介護福祉士国家試験を受験するあなたは、このことは知っていますよね?

戦う相手の情報を何も知っていないと、戦う前に敗れてしまいますので、最低限というか介護福祉士国家試験の試験日はしっかりと覚えておいてください。そして、今日が試験日まで「あと〇〇日」ということも自覚しましょう。

例えば、今日が2017年10月9日ですが、介護福祉士国家(筆記)試験日まで「あと、111日」です。これは、あなたが勉強している場所の見える場所に貼っておくことです。緊迫感がありますよ。

こんな感じもものを自分で書いて、貼っておきましょう。プレッシャーにもなりますし、モチベーションの維持にも役に立ちますので、是非やって下さい。

介護福祉士試験の内容を知る

介護福祉士国家試験の筆記試験の問題数、そして科目は知っていますか?これも戦う相手を知らないでは、戦に勝てません。そこで、介護福祉士国家試験の筆記問題について、詳しくお話をしましょう。

介護福祉士試験の試験科目・問題数を知る

介護福祉士国家試験の筆記は、全125問出題されます。詳細の科目については以下の通りです。(科目をクリックすると、第29回過去問がご覧になれます)

領域:人間と社会 16問
・人間の尊厳と自立
・人間関係とコミュニケーション
・社会の理解

領域:介護 52問
・介護の基本
・コミュニケーション技術
・生活支援技術
介護過程

領域:こころとからだのしくみ 40問
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ

領域:医療的ケア 5問
医療的ケア

総合問題 12問
総合問題

詳しくは、こちら!

介護福祉士試験の合格基準を知る

筆記試験の合格基準

次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。

ア 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
イ アを満たした者のうち、以下の試験科目11科目群すべてにおいて得点があった者。
[1] 人間の尊厳と自立、介護の基本
[2] 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
[3] 社会の理解
[4] 生活支援技術
[5] 介護過程
[6] 発達と老化の理解
[7] 認知症の理解
[8] 障害の理解
[9] こころとからだのしくみ
[10] 医療的ケア
[11] 総合問題
(注意)配点は、1問1点の125点満点である。
参考:社会福祉振興・試験センターHP

細かく科目群が記されていますが、そんなのは覚えなくても良いです。しかし、それぞれの科目で「0点」を取らないようにしておけば最低限のハードルは超えられます。

まとめ

介護福祉士試験に受かる勉強方法・合格するコツ その1「相手を知る」についてお話をしました。

1問目と2問目に出題される「人間の尊厳と自立」などは、たった2問しか出題されませんので、どちらかでも正答できるように勉強はしておきましょう。とは言え、科目群で「介護の基本」がペアになっているので正直に言ってしまえば、1問目と2問目の「人間の尊厳と自立」に関しては、正答できなくでも、大丈夫なのです。

科目群は気にしなくても良いと言いましたが、このペアになっている科目群を利用・活用することで、勉強をしなくても良い科目と言うのが見えてきますよね。お気づきですか?

ケアマネ試験2017年度の合格ラインを大胆予想!15点/25点

2017年10月8日(日)第20回のケアマネ試験が実施されます。そこで合格ラインを大胆予想してみました。

ケアマネ試験2016年度の合格ライン

第19回 (2016年10月2日)
介護支援分野:13点
保健医療福祉サービス分野:22点

ケアマネ試験2015年度の合格ライン

第18回 (2015年10月11日)
介護支援分野:13点
保健医療福祉サービス分野:25点

ケアマネ試験2014年度の合格ライン

第17回 (2014年10月26日)
介護支援分野:14点
保健医療福祉サービス分野:25点

ケアマネ試験2013年度の合格ライン

第16回 (2013年10月13日)
介護支援分野:15点
保健医療福祉サービス分野:26点

ケアマネ試験2012年度の合格ライン

第15回 (2012年10月28日)
介護支援分野:15点
保健医療福祉サービス分野:22点

終わりに

ケアマネ試験2017年度の合格ラインを大胆予想!をやってみましょう。

介護支援分野は、15点。
保健医療福祉サービス分野:25点。

これは私の私感です。結果としての保証ではありませんが、大体こんなもんだと思ってください。

ケアマネ試験解答速報サイト(2017年)の正答率を比べてみたら・・・?

ケアマネ試験解答速報サイト(2017年)の正答率を比べてみたら・・・?確定!

2017年10月8日(日)
ケアマネ試験が行われました。

試験が終わってすぐに気になるのが、解答速報です。
色々な所(サイト)で解答速報を流しているので
私なりに比べてみました。

10月8日(日)時点で発表になっている解答速報は、
どこも同じ解答になっていましたので、
解答速報は「確定」として良いと思います。

第20回2017ケアマネ試験解答速報・予想合格ライン

ユーキャンの解答速報

けあサポ

資格の大原

ケアマネジメントオンライン

A社 B社 C社 D社 E社 F社
問1 1.3.5 1.3.5 1.3.5
問2 3.5 3.5 3.5
問3 2.3.5 2.3.5 2.3.5
問4 4.5  4.5  4.5
問5 1.3.5  1.3.5  1.3.5
問6 1.3 1.3  1.3
問7 4.5  4.5  4.5
問8 3.5  3.5  3.5
問9 1.3  1.3  1.3
問10 4.5  4.5  4.5
問11 2.3.4  2.3.4  2.3.4
問12 1.5  1.5  1.5
問13 1.3.4  1.3.4  1.3.4
問14 1.5  1.5  1.5
問15 1.3.4  1.3.4  1.3.4
問16 2.4.5  2.4.5  2.4.5
問17 2.3.5 2.3.5 2.3.5
問18 4.5  4.5  4.5
問19 1.2.4  1.2.4  1.2.4
問20 1.2.5  1.2.5  1.2.5
問21 1.5  1.5  1.5
問22 1.3  1.3  1.3
問23 1.3  1.3  1.3
問24 3.5  3.5  3.5
問25 2.4.5  2.4.5  2.4.5
問26 1.2.3  1.2.3  1.2.3
問27 1.3.4  1.3.4  1.3.4
問28 2.3.4  2.3.4  2.3.4
問29 2.3.4  2.3.4  2.3.4
問30 1.4.5  1.4.5  1.4.5
問31 2.3.4  2.3.4  2.3.4
問32 2.3.5  2.3.5  2.3.5
問33 1.3.5  1.3.5  1.3.5
問34 2.4.5  2.4.5  2.4.5
問35 2.3.5  2.3.5  2.3.5
問36 1.2.4  1.2.4  1.2.4
問37 4.5  4.5  4.5
問38 1.3.5  1.3.5  1.3.5
問39 1.4.5  1.4.5  1.4.5
問40 3.4.5  3.4.5  3.4.5
問41 1.4.5  1.4.5  1.4.5
問42 2.5  2.5  2.5
問43 3.4.5  3.4.5  3.4.5
問44 2.4.5  2.4.5  2.4.5
問45 2.4.5  2.4.5  2.4.5
問46  1.3.4  1.3.4  1.3.4
問47 4.5  4.5  4.5
問48 1.3.4  1.3.4  1.3.4
問49 1.4.5  1.4.5  1.4.5
問50 1.2  1.2  1.2
問51 1.4  1.4  1.4
問52 4.5  4.5  4.5
問53  2.3.5  2.3.5  2.3.5
問54 1.3.4  1.3.4  1.3.4
問55 1.3.5  1.3.5  1.3.5
問56 1.4.5  1.4.5  1.4.5
問57 1.2.5  1.2.5  1.2.5
問58 1.3.5  1.3.5  1.3.5
問59 2.4  2.4  2.4
問60 1.3.4  1.3.4 1.3.4

まとめ

やっと、試験が終わりましたね。お疲れさまでした。
試験が終わってほっとしたい所でしょうが、気になるのが解答速報。

3つのサイトで解答速報を発表していますが、
全サイトで同じ解答になっていますので、これで自己採点しましょう。
まずは、速報だということを認識して、しかと構えておきましょう。

結果発表があるまでは、本当の正答は試験センターしかわかりません。
合格発表が届くことをお祈りしております。

ケアマネ試験2017年度の合格ラインを大胆予想!

スポンサーリンク



PAGE TOP