ケアマネ試験2017年度 保健医療サービス分野 第27問「高齢者に多い疾病」

ケアマネ試験2017年度 医療分野

第27問

高齢者に多い疾病について正しいものはどれか。
3つ選べ。

1 関節リウマチでは、朝の起床時に指の関節がこわばり、屈曲しにくくなる

2 脊柱管狭窄症では、腰痛、下肢痛、しびれはみられない

3 大腿骨頸部骨折の受傷原因として最も多いのは、転倒である

4 加齢黄斑変性症は、高齢者の重篤な視力障害の原因の一つである

5 ノルウェー疥癬(角化型疥癬)は、ダニの数が少ないので、感染力が弱い

正答:1.2.3

高齢者に多い疾病

終わりに

「高齢者に多い疾病」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

ケアマネ試験2017年度 保健医療サービス分野 第26問「検査」

ケアマネ試験2017年度 医療分野

第26問

検査について正しいものはどれか。
3つ選べ。

1 低栄養指標には、BMI(Body Mass Index)が18.5未満、血清アルブミン値が3.5g/dL以下などがある

2 ヘモグロビンA1cの値は、過去1〜2か月の血糖レベルを反映している

3 大動脈疾患や進行した動脈硬化の場合は、左右の上肢で血圧に差がみられることがある

4 狭心症は、症状がなくても心電図により必ず診断できる

5 赤血球数や血色素の基準値は、性別で異ならない

正答:1.3.4

検査

終わりに

「検査」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

介護福祉士 「人間関係とコミュニケーション」独学で一発合格勉強方法 第27回(平成26年)~第26回(平成25年)過去問3~4無料解説

介護福祉士の「科目:人間関係とコミュニケーション」過去問(第27回(平成26年)~第26回(平成25年))を集めてみました。

第29回(平成28年)の過去問はコチラ!

科目:人間関係とコミュニケーション

第27回(平成26年) 人間関係とコミュニケーション

問題3 ラポール形成の初期段階のかかわりとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者の感情に関心を持つ。
2 利用者の家族環境を詳しく聞く。
3 介護福祉職が詳しく自己紹介する。
4 黙って聴くことに徹する。
5 「なぜ」で始まる質問を繰り返す。

正答:1

問題4 Aさん(83歳、男性)は介護予防通所介護(デイサービス)を利用し始めた。重度の加齢性難聴(presbycusis)がある。これまで補聴器を使った経験はない。コミュニケーション意欲は高く、介護福祉職とやり取りすることを好む。認知症(dementia)はない。
介護福祉職がAさんと日常のやり取りを始めるときの、コミュニケーション方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 Aさんはイラストを多用したコミュニケーションノートを使う。
2 Aさんは挿耳型補聴器を一日じゅう使う。
3 Aさんも介護福祉職も五十音表の文字盤を使う。
4 Aさんは話し、介護福祉職は筆談と併せて発語も行う。
5 Aさんは携帯用会話補助装置を使い、介護福祉職は話す。

正答:4

第26回(平成25年) 人間関係とコミュニケーション

問題3 自己覚知のために、最も重視するものを1つ選びなさい。

1 自分の感情の動きとその背景を洞察する。
2 自分の将来の目標を設定する。
3 自分中心でなく、他者中心に考える。
4 自分を肯定的にとらえる。
5 自分の価値観に基づいて行動する。

正答:1

問題4 Bさん(85歳、女性)は、認知症がある。ショートステイを1週間利用することになった。1日目の夕方、介護職員が忙しい時間帯に、Bさんは何回も、「私はここにいていいの」と繰り返し尋ねた。
介護職の最初の言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 「どこに行きたいのですか」
2 「後からゆっくり聞きますね」
3 「同じことを何回も聞かないでください」
4 「ここにいてくださっていいですよ」
5 「ここにじっとしていてください」

正答:4

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第25問「介護支援専門員の対応」

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野

第25問

飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から、保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は、利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。
3つ選べ。

1 利用者の意思を尊重し、当面、飼い犬の世話を行うことを認める

2 飼い犬の世話を依頼できるボランティアを探す

3 利用者に対し、訪問介護事業所を変更するよう指示する

4 保険給付としては不適切である旨の説明をする

5 地域ケア会議に提案し、必要な社会資源の開発・充足を促す

正答:2.4.5

介護支援専門員の対応

終わりに

「介護支援専門員の対応」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第24問「介護認定審査会」

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野

第24問

介護認定審査会について正しいものはどれ。
2つ選べ。

1 審査対象者を担当する介護支援専門員が参加しなければならない

2 地域包括支援センター職員が参加しなければならない

3 原則として、保険者である市町村の職員は委員となることができない

4 審査対象者の主治医の意見を聞くことはできない

5 必要に応じて、審査対象者の家族の意見を聞くことができる

正答:3,5

介護認定審査会

終わりに

「介護認定審査会」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第23問「要介護認定」

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野

第23問

要介護認定について正しいものはどれか。
2つ選べ。

1 要介護認定等基準時間には、「じょく瘡の処置」が含まれる

2 要介護認定等基準時間には、「家族の介護負担」が含まれる

3 主治医意見書の項目には、「短期記憶」の問題の有無が含まれる

4 主治医意見書の項目には、「社会参加」の状況が含まれる

5 主治医意見書の項目には、「対人交流」の状況が含まれる

正答:1,3

要介護認定

終わりに

「要介護認定」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第22問「指定介護老人福祉施設」

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野

第22問

指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。
2つ選べ。

1 入所者の退所に際しては、居宅介護支援事業者に対する情報の提供に努めなければならない

2 施設サービス計画は、介護支援専門員以外の者に作成させることができる

3 サービス担当者会議の開催は、計画担当介護支援専門員が行う

4 常時2人以上の常勤の介護職員を従事させなければならない

5 1週間に1回、入所者を入浴させなければならない

正答:1,5

指定介護老人福祉施設

終わりに

「指定介護老人福祉施設」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第21問「地域ケア会議」

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野

第21問

指定居宅介護支援事業者に対し地域ケア会議から求めがあったときの協力について、指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年厚生省令第38号)に規定されている事項として正しいものはどれか。
3つ選べ。1 必要な支援体制に関する意見の開陳

2 地域密着型通所介護の開設

3 認知症カフェの企画・運営

4 介護支援専門員と生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)との兼務

5 支援対象被保険者への適切な支援の検討に必要な資料の提供

正答:1,5

地域ケア会議

終わりに

「地域ケア会議」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第20問「生活支援コーディネーター」

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野

第20問

生活支援体制整備事業において生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の機能として規定されている内容について正しいものはどれか。
3つ選べ。

1 地域のニーズと資産の状況の見える化、問題提起

2 生活支援の担い手の養成やサービスの開発

3 要支援認定に係る認定調査の状況のチェック

4 地域支え合いの観点からのケアプランの点検

5 地縁組織等多様な主体への協力依頼等の働きかけ

正答:1,2,5

生活支援コーディネーター

終わりに

「生活支援コーディネーター」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第19問「基本方針」

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野

第19問

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年厚生省令第38号)で定める基本方針に示されている内容として正しいものはどれか。
3つ選べ。

1 居宅における自立した日常生活への配慮

2 利用者自身によるサービスの選択

3 保険給付の重点的な実施

4 公正中立

5 高齢者虐待の通報

正答:1,2,4

基本方針

終わりに

「基本方針」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

PAGE TOP