ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題25」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題25 事例問題

Bさんは,要介護3であり,軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし,「妻の認知症の症状が急に重くなり,Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。介護支援専門員の当面の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 サービス担当者会議を開催し,対応を協議した。

2 地域包括支援センターに相談した。

3 妻の医療保護入院の手続きをした。

4 妻の成年後見について家庭裁判所に相談した。

5 状況を把握するために速やかに訪問した。

正解は1、2、5

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題25」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

この記事を読むと分かること

  • ケアマネ試験「介護支援分野」の過去問が分かる
  • ケアマネ試験「介護支援分野」の頻出問題が分かる
  • ケアマネ試験「介護支援分野」の勉強方法が分かる
  • 平成28年問題25 事例問題

    大地震があり、自分が担当する認知症の利用者及びその家族と避難所で面接した。利用者は興奮気味であり、歩き回ったり、大声を出したりして、他の避難者から迷惑がられているように見えた。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

    1 避難者の迷惑を考え、利用者本人だけ外の車の中で生活するよう勧めた。

    2 家族も大変なので、避難所のリーダーの監視下に置いてもらった。

    3 外の混乱している様子が分からないよう、段ボールの小部屋に隔離した。

    4 福祉避難所に移れないか、地域包括支援センターの職員に相談した。

    5 周りの避難者に理解と協力を求めた。

    正解は4と5