ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題25」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題25 事例問題

Bさんは,要介護3であり,軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし,「妻の認知症の症状が急に重くなり,Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。介護支援専門員の当面の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 サービス担当者会議を開催し,対応を協議した。

2 地域包括支援センターに相談した。

3 妻の医療保護入院の手続きをした。

4 妻の成年後見について家庭裁判所に相談した。

5 状況を把握するために速やかに訪問した。

正解は1、2、5

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題25」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

この記事を読むと分かること

  • ケアマネ試験「介護支援分野」の過去問が分かる
  • ケアマネ試験「介護支援分野」の頻出問題が分かる
  • ケアマネ試験「介護支援分野」の勉強方法が分かる
  • 平成28年問題25 事例問題

    大地震があり、自分が担当する認知症の利用者及びその家族と避難所で面接した。利用者は興奮気味であり、歩き回ったり、大声を出したりして、他の避難者から迷惑がられているように見えた。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

    1 避難者の迷惑を考え、利用者本人だけ外の車の中で生活するよう勧めた。

    2 家族も大変なので、避難所のリーダーの監視下に置いてもらった。

    3 外の混乱している様子が分からないよう、段ボールの小部屋に隔離した。

    4 福祉避難所に移れないか、地域包括支援センターの職員に相談した。

    5 周りの避難者に理解と協力を求めた。

    正解は4と5

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題25」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成29年問題25 事例問題

    飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から,保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は,利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。介護支援専門員の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

    1 利用者の意見を尊重し,当面,飼い犬の世話を行うことを認める。

    2 飼い犬の世話を依頼できるボランティアを探す。

    3 利用者に対し,訪問介護事業所を変更するよう指示する。

    4 保険給付としては不適切である旨の説明をする。

    5 地域ケア会議に提案し,必要な社会資源の開発・充足を促す。

    正解は2、4、5

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題24」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成27年問題24 事例問題

    一人暮らしのAさん(80歳女性)は,身寄りがなく,要介護1で訪問介護を利用している。最近,訪問介護員に対して怒りっぽくなり,以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど,認知症が疑われる状況となってきた。介護支援専門員の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

    1 訪問介護事業所に担当の訪問介護員の交代を依頼した。

    2 市に措置入所を依頼した。

    3 精神科の受診について主治医に相談した。

    4 近隣住民も含めた支援体制などについて地域包括支援センターに相談した。

    5 認知症初期集中支援チームの支援を依頼した。

    正解は3、4、5


    カウントダウンタイマー

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題24」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成28年問題24 居宅介護支援

    居宅介護支援の開始について適切なものはどれか。3つ選べ。

    1 時期は、要介護認定後である。

    2 利用申込者の同意を得なければならない。

    3 あらかじめ、苦情処理の体制について説明しなければならない。

    4 障害者施策の相談支援専門員を介して依頼が来る場合がある。

    5 入院患者については、退院後でなければならない。

    正解は2、3、4

    居宅介護支援の制度とは?

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題24」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成29年問題24 介護認定審査会

    介護認定審査会について正しいものはどれか。2つ選べ。

    1 審査対象者を担当する介護支援専門員が参加しなければならない。

    2 地域包括支援センター職員が参加しなければならない。

    3 原則として,保険者である市町村の職員は委員となることができない。

    4 審査対象者の主治医の意見を聞くことはできない。

    5 必要に応じて,審査対象者の家族の意見を聞くことができる。

    正解は3と5

    介護認定審査会とは?

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題23」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成27年問題23 モニタリング

    居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について正しいものはどれか。2つ選べ。

    1 同居家族がいる場合は,家族との面接を実施しなければならない。

    2 定期的にサービス提供者との面接を実施しなければならない。

    3 モニタリングの結果は,少なくとも1月に1回記録しなければならない。

    4 モニタリング標準項目は,厚生労働省から提示されている。

    5 モニタリングを行い,必要に応じて居宅サービス計画を変更するものとする。

    正解は3と5

    居宅サービス計画の作成とモニタリング


    カウントダウンタイマー

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題23」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成28年問題23 アセスメント

    居宅介護支援のアセスメントについて正しいものはどれか。2つ選べ。

    1 認定調査員に委託できる。

    2 指定市町村事務受託法人に委託できる。

    3 居宅サービス計画原案を示しながら行う。

    4 利用者の有する能力を評価する。

    5 利用者の置かれている環境等を評価する。

    正解は4と5

    アセスメント(事前評価・課題分析)は、ご高齢者の生活状況や心身状態、ご要望などを把握するために欠かせない重要な過程です。 アセスメントシートは様々な様式があり、ケアプラン(居宅サービス計画)の作成にあたるケアマネジャー(介護支援専門員)の他、実際に介護サービスを提供する介護事業所でも利用します。

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題23」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成29年問題23 認定

    要介護認定について正しいものはどれか。2つ選べ。

    1 要介護認定等基準時間には,「じょく瘡の処置」が含まれる。

    2 要介護認定等基準時間には,「家族の介護負担」が含まれる。

    3 主治医意見書の項目には,「短期記憶」の問題の有無が含まれる。

    4 主治医意見書の項目には,「社会参加」の状況が含まれる。

    5 主治医意見書の項目には,「対人交流」の状況が含まれる。

    正解は1と3

    要介護認定等基準時間とは?


    カウントダウンタイマー

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題22」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成27年問題22 介護予防支援事業

    介護予防支援事業について正しいものはどれか。2つ選べ。

    1 事業所の管理者は,主任介護支援専門員でなければならない。

    2 介護予防サービス計画は,主任介護支援専門員が作成しなければならない。

    3 経験ある介護福祉士を配置しなければならない。

    4 業務の一部を指定居宅介護支援事業者に委託できる。

    5 介護予防サービス計画には,地域住民による自発的なサービスも位置付けるよう努めなければならない。

    正解は4と5

    介護予防支援事業とは?


    カウントダウンタイマー

    PAGE TOP