ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題15」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題15 社会保険診療報酬支払基金

社会保険診療報酬支払基金の介護保険関係業務として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 苦情処理の業務

2 医療保険者に対する報告徴収

3 第三者行為求償事務

4 介護給付費交付金の交付

5 地域支援事業支援交付金の交付

正解は2、4、5

社会保険診療報酬支払基金とは?


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題15」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題15 認定

要介護認定の広域的実施の目的として適切なものはどれか。3つ選べ。

1 第2号被保険者の保険料の統一

2 介護認定審査会委員の確保

3 市町村間の要介護状態区分ごとの分布の統一

4 近隣市町村での公平な判定

5 認定事務の効率化

正解は2、4、5

要介護認定・要支援認定の概要

 

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題15」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題15 居宅サービス計画

居宅サービス計画原案の作成について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 利用者の家族の希望も勘案する。

2 利用者が入院中であっても,必ず居宅を訪問して行う。

3 身体機能だけでなく,置かれている環境についても検討する。

4 地域における指定居宅サービスが提供される体制を勘案する。

5 初回の面接で利用者の状況をすべて把握しなければならない。

正解は1、3、4

居宅サービス計画の作成とモニタリング


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題14」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題14 地域支援事業

包括的支援事業の事業として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 地域包括ケアシステム活動支援

2 在宅医療・介護連携推進

3 地域介護予防活動支援

4 認知症総合支援

5 生活支援体制整備

正解は2、4、5

地域支援事業とは?


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題14」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題14 認定

要介護認定、要支援認定の有効期間について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 区分変更申請の場合は、6月間が原則である。

2 区分変更申請の場合は、24月間の設定が可能である。

3 新規申請の場合は、24月間の設定が可能である。

4 新規申請の場合は、12月間の設定が可能である。

5 新規申請の場合は、3月間の設定が可能である。

正解は1、4、5

要介護認定・要支援認定の手続き

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題14」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題14 審査請求

介護保険審査会への審査請求が認められるものとして正しいものはどれか。2つ選べ。

1 要介護認定又は要支援認定に関する処分

2 二親等以内の扶養義務者への資産調達に関する処分

3 成年後見制度に係る市町村長申立て

4 生活保護受給者に係る市町村長申立て

5 介護保険料に関する処分

正解は1と5

「審査請求」が出題された問題


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題13」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題13 利用者負担

介護保険制度の利用者負担について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護給付は,1割負担である。

2 高額介護サービス費は,世帯単位で算定する。

3 短期入所系サービスの滞在費は,1割負担である。

4 食費は,社会福祉法人による利用者負担額軽減制度の対象となる。

5 地域支援事業の第1号訪問事業については,利用料を請求できない。

正解は2と4

利用者負担


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題13」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題13 指定地域密着型サービス事業者

指定地域密着型サービス事業者について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 認知症対応型共同生活介護計画は、介護支援専門員でなくても作成できる。

2 小規模多機能型居宅介護の管理者は、介護の職務に従事してはならない。

3 公募指定をするときは、市町村の条例で定める基準に従って選考する。

4 事業の設備及び運営に関する基準は、市町村の条例で定める。

5 認知症対応型通所介護事業者には、定期的な避難訓練が義務付けられている。

正解は1、4、5

地域密着型サービス及び地域密着型介護予防サービスの種類

夜間対応型訪問介護
認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護
小規模多機能型居宅介護・介護予防小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護・介護予防認知症対応型共同生活介護
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題13」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題13 保険料

第1号被保険者のうち,特別の事情があると認められない保険料滞納者への措置として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 保険給付の支払い方法の変更

2 訪問看護等医療系サービスの医療保険制度への移行

3 保険給付の額の減額

4 保険給付の全部又は一部の支払いの一時停止

5 区分支給限度基準額の減額

正解は1、3、4

保険料の算定と徴収


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題12」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題12 保険給付通則

介護保険給付が優先するものについて正しいものはどれか。2つ選べ。

1 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律による自立支援給付

2 証人等の被害についての給付に関する法律による介護給付

3 健康保険法による療養の給付

4 労働者災害補償保険法による療養補償給付

5 戦傷病者特別援護法による療養の給付

正解は1と3

サービスの概要と介護給付

PAGE TOP