ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題12」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題12 被保険者

介護保険の被保険者について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 65歳未満の生活保護受給者は、医療保険加入者であっても資格がない。

2 65歳以上の生活保護受給者は、住所がなくても第1号被保険者となる。

3 65歳以上の生活保護受給者は、医療保険加入者であっても第1号被保険者となる。

4 年齢到達による資格取得時期は、誕生日の前日となる。

5 児童福祉法上の医療型障害児入所施設の入所者は、被保険者とならない。

正解は3、4、5

被保険者とは?

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題12」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題12 市町村介護保険事業計画

介護保険法上,市町村介護保険事業計画に定める事項として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 地域支援事業の量の見込み

2 介護保険施設相互間の連携の確保に関する事業

3 介護専用型特定施設入居者生活介護の必要利用定員総数

4 混合型特定施設入居者生活介護の必要利用定員総数

5 認知症対応型共同生活介護の必要利用定員総数

正解は1と5

介護保険事業計画


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題11」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題11 市町村の事務

介護保険に関する市町村の事務として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 保険事業勘定及び介護サービス事業勘定の管理

2 指定情報公表センターの指定

3 財政安定化基金拠出金の納付

4 保険料滞納者に対する保険給付の支払の一時差止

5 医療保険者からの介護給付費・地域支援事業支援納付金の徴収

正解は1、3、4

市町村の事務とは?


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題11」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題11 地域ケア会議

地域ケア会議の機能として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 個別課題の解決

2 措置入所の判定

3 地域課題の発見

4 成年後見の申立て

5 政策の形成

正解は1と3と5

地域包括ケアと地域包括支援センター

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題11」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題11 介護予防支援

指定介護予防支援について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 運動機能及び口腔機能の改善に特化して行う。

2 利用者の生活の質の向上を目指す。

3 地域支援事業と連続性及び一貫性を持って行う。

4 モニタリングをしなければならない。

5 要介護状態の改善を図る。

正解は2、3、4

介護予防支援


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題10」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題10 条例

介護保険法において市町村の条例で定めるものはどれか。2つ選べ。

1 介護保険審査会の委員の定数

2 普通徴収に係る保険料の納期

3 第1号被保険者の保険料率

4 指定介護老人福祉施設の設備及び運営に関する基準

5 区分支給限度基準額を上回る額の種類支給限度基準額の設定

正解は2と3

市町村の条例


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題10」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題10 介護保険施設

介護保険施設について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 地方公共団体は、介護老人保健施設を開設できる。

2 都道府県知事は、開設許可に当たっては、都道府県議会の意見を求めなければならない。

3 指定介護老人福祉施設の管理者は、原則として、医師でなければならない。

4 第三者評価の結果を公表することが義務付けられている。

5 都道府県の条例で定める員数の介護支援専門員を有しなければならない。

正解は1と5

介護保険施設

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題10」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題10 介護予防支援事業者

指定介護予防支援事業者について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 管理者は他の職務に従事することはできない。

2 指定介護予防支援事業ごとに主任介護支援専門員を置かなければならない。

3 管理者は,介護支援専門員にアセスメントを担当させなければならない。

4 サービス担当者会議に対応する適切なスペースを確保する。

5 担当職員の身分を証する証書には,写真を貼付することが望ましい。

正解は4と5

介護予防支援事業者


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題9」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題9 消滅時効

介護保険法における消滅時効について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 サービス事業者の介護報酬の請求権は,5年である。

2 償還払い方式による介護給付費の請求権は,2年である。

3 法定代理受領方式による介護給付費の請求権は,2年である。

4 償還払い方式の場合の起算日は,利用者が介護サービスの費用を支払った日である。

5 介護保険料の督促は,時効中断の効力を生ずる。

正解は2、3、5

消滅時効


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題9」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題9 居宅サービス

居宅サービスについて正しいものはどれか。2つ選べ。

1 指定訪問介護事業者は、要介護認定の申請の援助はできない。

2 指定通所介護事業者は、要介護認定の申請の援助はできない。

3 居宅サービス事業者の指定は、6年ごとに更新を受けなければ効力を失う。

4 特定福祉用具販売は、含まれない。

5 福祉用具貸与は、含まれる。

正解は3と5

居宅サービス

PAGE TOP