ケアマネ試験対策2016年度 保健医療サービス分野 「平成28年問題26」~過去問セミナー~

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成28年問題26 高齢者に多い症状・疾患

高齢者に多い症状・疾患について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者の難聴では、伝音性難聴が多い。

2 服用する薬剤数が多くなると、副作用のリスクは増大する。

3 心房細動では、心内で形成された血栓により、脳梗塞をきたすことが多い。

4 高齢者のめまいは、内耳の障害のほか、血圧のコントロール不良、脳腫瘍などが原因となることがある。

5 加齢黄斑変性では、進行しても視力が失われることはない。

正解は2、3、4

ケアマネ試験一発合格ノート「高齢者に多い疾病/脱水とは?」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題45」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題45 医療系サービス

次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 介護予防訪問看護は,介護予防・日常生活支援総合事業の介護予防・生活支援サービス事業に含まれる。

2 居宅療養管理指導は,管理栄養士や歯科衛生士も行うことができる。

3 30日以上継続して短期入所療養介護を利用することについてやむを得ない理由がある場合には,30日を超えて短期入所療養介護費を算定できる。

4 看護小規模多機能型居宅介護の運営推進会議は,利用者の家族や地域住民の代表者も構成員となる。

5 介護予防訪問リハビリテーションを介護予防サービスに位置付ける場合には,主治医の指示があることを確認する。

正解は2、4、5

居宅療養管理指導~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題44」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題44 訪問看護

訪問看護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護保険の訪問看護費は,看護小規模多機能型居宅介護と併用して算定できる。

2 看護師は,臨時応急の手当てを行うことができる。

3 訪問看護事業所の開設者は,医療法人及び社会福祉法人に限られる。

4 急性増悪時に主治医が交付する特別指示書の有効期間は,14日間である。

5 看護体制強化加算は,緊急時訪問看護加算,特別管理加算,ターミナルケア加算の各々について一定の要件を満たした場合に認められる。

正解は2、4、5

訪問看護~独学で一発合格~


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題43」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題43 服薬管理

服薬管理について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者の服薬管理能力の把握には,ADLや生活環境の評価は必要ない。

2 高齢者が服薬中の薬の副作用の不安を訴えた場合,その意思を尊重し,すべての服薬の中止を勧める。

3 認知機能低下は,用法や薬効に対する理解不足を生じさせ,適切な服薬管理を困難にする。

4 「お薬手帳」により,処方情報を共有する。

5 居宅療養管理指導では,薬剤師は,医師や歯科医師の指示をうけ,利用者を訪問して薬学的管理指導を行う。

正解は、3、4、5

薬剤の作用と服薬管理~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題42」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題42 がん、ターミナルケア

高齢者のがんとターミナルケアについて,より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 若年者と比較して,高齢者ではがんによる痛みの訴えが多くなる。

2 BPSD(認知症の行動・心理症状)には,がん性疼痛が原因のこともある。

3 小規模多機能型居宅介護では,ターミナルケアは提供できない。

4 介護老人保健施設入所者に対するがんの治療は,医療保険の適用について制限を受けない。

5 死後のケアであるエンゼルケアは,遺族のグリーフケアとしても意味がある。

正解は2と5

ターミナルケア~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題41」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題41 高齢者に多い疾患

高齢者の疾患について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 症状は,しばしば非定型的である。

2 複数の疾患を有することが多いため,積極的に多くの薬剤を併用する。

3 環境の変化により,病状が変動することはない。

4 老年症候群には,認知症,うつなど精神疾患・精神症状も含まれる。

5 高齢者のQOLや予後は,療養環境,家庭や地域社会の対応などの社会的要因によって影響される。

正解は1、4、5

ケアマネ試験一発合格ノート「高齢者に多い疾患/神経内科とは?」


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題40」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題40 介護老人保健施設

介護老人保健施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 施設内で入所者に対して行なった緊急な医療処置については,医療保険から給付される。

2 看取りなどを行う際のターミナルケア加算は,算定できない。

3 入所者の居宅における外泊時には,介護保険施設サービス費は算定できないが,外泊時費用を月に6回まで算定できる。

4 医師の指示に基づき必要と認められた場合は,経口移行加算は180日を超えても算定できる。

5 一定の基準を満たす施設において,若年性認知症入所者に対して介護保健施設サービスを行なった場合には受入加算を算定できる。

正解は3、4、5

ケアマネ試験の過去問で「介護老人保健施設」が出題された問題㊙まとめ


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題39」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題39 短期入所療養介護

短期入所療養介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 検査,投薬等は,利用者の病状に照らして妥当適切に行う。

2 送迎加算は算定できない。

3 介護老人保健施設の短期入所療養介護では,看護職員又は介護職員の員数の合計は,常勤換算方法で利用者の数に対し6:1以上である。

4 短期入所療養介護をおおむね4日以上利用する場合は,居宅サービス計画に沿って短期入所療養介護計画を算定する。

5 緊急短期入所受入加算は,利用開始日から起算して7日を限度として算定できる。

正解は1、4、5

短期入所療養介護 ユーチューブ解説動画をノートにまとめてみたら分かりやすい!


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題38」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題38 リハビリテーション

高齢者のリハビリテーションについて,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 安静臥床が続くと心肺機能が低下するため,早期離床を図る。

2 左側半側空間失認では,右半分に注意を向けるようなリハビリテーションの工夫をする。

3 リハビリテーションでは,低血糖発作の出現,痛みの増悪,転倒リスクの増大などに対する注意が必要である。

4 福祉用具の給付は,障害者総合支援法が介護保険法に優先する。

5 回復期リハビリテーションでは,機能回復,ADLの向上及び早期の社会復帰を目指す。

正解は1、3、5

ケアマネ試験の過去問で「リハビリテーション」が出題された問題㊙まとめ


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題37」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題37 在宅酸素療法

在宅酸素療法について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 酸素ボンベの使用に慣れれば,医師の指示がなくても,酸素吸入量は自由に設定してよい。

2 酸素消費量が多くなるため,入浴は行わない。

3 電磁調理器の使用時には,酸素吸入は行わない。

4 鼻腔カニューレの使用中であっても,食事や会話が可能である。

5 呼吸同調型酸素供給装置を使用することで,酸素ボンベの消費を減らすことができる。

正解は4と5

ケアマネ試験一発合格ノート「在宅での医療管理とは?」


カウントダウンタイマー

PAGE TOP