介護福祉士 「人間関係とコミュニケーション」独学で一発合格勉強方法第30回(H29年度)過去問3~4無料解説


人間関係とコミュニケーション

問題 3 利用者との関係を構築するためのコミュニケーションの基本として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 聞き手に徹する。

2 声の高低や抑揚を一定に保つ。

3 身振りや手振りは最小限にする。

4 介護福祉職の主観を基準にする。

5 利用者の生活史を尊重する。

正答:5

問題 4  Cさん(87 歳,女性)は,介護老人保健施設に入所している。最近,Cさんがレクリエーション活動を休むことが多くなったので,担当のD介護福祉職はCさんに話を聞いた。Cさんは,「参加したい気持ちはあるので,次回は参加します」と言いながらも,浮かない表情をしていた。D介護福祉職は,「自分の気持ちを我慢しなくてもいいですよ」とCさんに言った。この時のD介護福祉職の言葉かけに該当するバイステック(Biestek, F.)の7原則の内容として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 秘密保持

2 自己決定

3 非審判的態度

4 意図的な感情表出

5 個別化

正答:4

独学で一発合格する方法

「人間関係とコミュニケーション」については、極端な話をすると、勉強しなくても良いと考えています。と言うのは、一般的な社会生活の中ですでに身についている人間関係について考えれば、解ける問題ばかりなのです。

「人間関係とコミュニケーション」は、「コミュニケーション技術」と一緒の科目群名なるので、どちらにしてもコミュニケーション術なので普段のあなたが行っていることを思い起こせば大丈夫な科目で、実は点数が稼げる科目なのです。

「人間関係とコミュニケーション」については、

「人間関係の形成」
「コミュニケーションの基礎」に関する問題が2問出題されます。

出題基準

1:人間関係の形成
     1)人間関係と心理
        →自己覚知,他者理解,ラポール,その他
2:コミュニケーションの基礎
     1)対人関係とコミュニケーション
        →対人関係・コミュニケーションの意義,コミュニケーションの概要
     2)コミュニケーションを促す環境
     3)コミュニケーションの技法
        →対人距離
     4)道具を用いた言語的コミュニケーション
        →機器を用いたコミュニケーション,記述によるコミュニケーション

終わりに

「人間関係とコミュニケーション」は、普段のあなたのコミュニケーション術が問われる問題ですが、普段行っていることなのでそんなに難しく考える科目ではありません。

また、同じ科目群に「コミュニケーション技術」があり、「人間関係とコミュニケーション」が2問と「コミュニケーション技術」が8問で、合計10点は、普段のあなたのコミュニケーション法で答えることができる科目群になっていますので、点数を稼げる科目であることをお伝えしておきます。

介護福祉士 「人間の尊厳と自立」独学で一発合格勉強方法第30回(H29年度)過去問1~2無料解説

人間の尊厳と自立

問題 1 1960 年代後半からアメリカで展開した自立生活運動に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 障害者自身の選択による自己決定の尊重を主張している。

2 障害者の自立生活は,施設や病院で実現されるとしている。

3 「ゆりかごから墓場まで」の実現に向けた制度設計を目指している。

4 障害者が機能回復を図ることを「自立」としている。

5 介護者を生活の主体者として捉えている。

正答:1

問題 2  Aさん(65 歳,男性,要介護 2 )は,昨年,アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimerʼs type)と診断された。妻は既に亡くなり,娘のBさん(35 歳)は遠方に嫁いでいる。Aさんは,現在,認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で生活している。Aさんは介護福祉職に対して,「Bは頭もいいし,かわいいし,きっと妻に似たんだな」とよく話していた。Bさんが面会に来た時,「誰だい。ご親切にありがとうございます」というAさんの声と,「私はあなたの娘のBよ,忘れちゃったの」「お父さん,しっかりしてよ」と怒鳴るBさんの声が部屋から聞こえた。介護福祉職がAさんへのアドボカシー(advocacy)の視点からBさんに行う対応として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 Aさんへの行動は間違っていると話す。

2 Bさんに対するAさんの思いを話す。

3 Aさんの成年後見制度の利用を勧める。

4 Aさんとはしばらく面会しないように話す。

5 Bさんの思いをAさんに伝えると話す。

正答:2

介護福祉士の資格を取るためには、国家試験を受験して合格しなければなりません。あなたが一番悩むのが「筆記試験」だと思います。そこで介護福祉士の受験対策の一つの手段、「過去問」を使っての勉強方法を科目ごとにお伝えしましょう。

介護福祉士国家試験とは?

毎年1月の日曜日に「介護福祉士国家試験(筆記試験)」が実施されます。筆記試験の科目は以下の通りです。

人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニケーション
社会の理解
介護の基本
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ
医療的ケア
総合問題

<筆記試験の合格基準(第29回(平成28年度))>
次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。
ア 総得点125点に対し、得点75点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。
イ アを満たした者のうち、以下の「11科目群」すべてにおいて得点があった者。
①人間の尊厳と自立、介護の基本
②人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
③社会の理解
④生活支援技術
⑤介護過程
⑥発達と老化の理解
⑦認知症の理解 ⑧障害の理解
⑨こころとからだのしくみ
⑩医療的ケア ⑪総合問題

介護福祉士受験対策は?

毎年10万人を超える受験者がいる中、合格率が50%前後とそれほど難しい試験ではありません。過去問を中心に勉強することを推奨している人が多くいます。そこで、試験年度ごと、科目ごとに過去問を勉強するための情報を提供します。

第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験-平成31年1月27日(日曜日)-

「 介護福祉士試験 人間の尊厳と自立 」 一覧

「 介護福祉士試験 人間関係とコミュニケーション 」 一覧

「 介護福祉士試験 社会の理解 」 一覧

「 介護福祉士試験 介護の基本 」 一覧

「 介護福祉士試験 コミュニケーション技術 」 一覧

「 介護福祉士試験 生活支援技術 」 一覧

「 介護福祉士試験 介護過程 」 一覧

「 介護福祉士試験 発達と老化の理解 」 一覧

「 介護福祉士試験 認知症の理解 」 一覧

「 介護福祉士試験 障害の理解 」 一覧

「 介護福祉士試験 こころとからだのしくみ 」 一覧

「 介護福祉士試験 医療的ケア 」 一覧

「 介護福祉士試験 総合問題 」 一覧

終わりに

今回は、来年1月に行われる介護福祉士国家試験の勉強に役立つ学習方法などを科目別に分け、分かりやすいようにしたつもりです。
が、初めての受験を控えてどうやって勉強をやってよいかと、迷っている人にはより混乱を招いてしまうかもしれません。
分からないことがあれば、遠慮なく質問してください。できる限りお答えしたいと思います。

第21回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況

第21回ケアマネ試験 実施状況

試験期日

平成30年10月14日(日)

合格者数等

受験者数:49,333人
合格者数:4,990人
合格率:10.1%

これまでの試験の合格率

第1回(平成10年度): 44.1 %
第2回(平成11年度): 41.2 %
第3回(平成12年度): 34.2 %
第4回(平成13年度): 35.1 %
第5回(平成14年度): 30.7 %
第6回(平成15年度): 30.7 %
第7回(平成16年度): 30.3 %
第8回(平成17年度): 25.6 %
第9回(平成18年度): 20.5 %
第10回(平成19年度): 22.8 %
第11回(平成20年度): 21.8 %
第12回(平成21年度): 23.6 %
第13回(平成22年度): 20.5 %
第14回(平成23年度): 15.3 %
第15回(平成24年度): 19.0 %
第16回(平成25年度): 15.5 %
第17回(平成26年度): 19.2 %
第18回(平成27年度): 15.6 %
第19回(平成28年度): 13.1 %
第20回(平成29年度): 21.5 %
第21回(平成30年度): 10.1 %

これまでの試験の受験者数

第1回(平成10年度): 207,080 人
第2回(平成11年度): 165,117 人
第3回(平成12年度): 128,153 人
第4回(平成13年度): 92,735 人
第5回(平成14年度): 96,207 人
第6回(平成15年度): 112,961 人
第7回(平成16年度): 124,791 人
第8回(平成17年度): 136,030 人
第9回(平成18年度): 138,262 人
第10回(平成19年度): 139,006 人
第11回(平成20年度): 133,072 人
第12回(平成21年度): 140,277 人
第13回(平成22年度): 139,959 人
第14回(平成23年度): 145,529 人
第15回(平成24年度): 146,586 人
第16回(平成25年度): 144,397 人
第17回(平成26年度): 174,974 人
第18回(平成27年度): 134,539 人
第19回(平成28年度): 124,585 人
第20回(平成29年度): 131,560 人
第21回(平成30年度): 49,333人

第21回職種別合格者数 ベスト5

第1位:介護福祉士(2,452 人、49.1 %)
第2位:看護師、准看護師(935 人、18.7 %)
第3位:社会福祉士(519 人、10.4 %)
第4位:理学療法士(361 人、7.2 %)
第5位:作業療法士(194 人、3.9 %)

終わりに

「ケアマネ試験、合格率は過去最低の10.1% 合格者数は超大幅減」というニュース記事を読んで、上記の通りになっていました。
受験者数は、受験資格の変更に伴い、例年は10万~15万人いたのに、第21回に関しては、5万人を切る有様、わずか49,333人でした。
合格者数も4,990人で合格率が、わずか10.1%と過去最低になってしまいました。

第22回のケアマネ試験に挑戦する受験生は、以上のような実際があることを念頭において、勉強に励んでください。

ケアマネ試験 受験者数激減&合格率低減の現実問題

ケアマネ試験 受験者数推移

大都市圏(東京都、大阪府、愛知県、福岡県など)の受験者数が1000人以上の都道府県、17でデータをまとめたものが発表されました。

その結果、受験者が大都市圏に集中していることと、合格率が10.5%と下がっていることが現実化した。

昨年のケアマネ試験の合格率は21.5%だったのに比べ、今回の合格率、10.5%と過去最低だった2016年度の13.1%までも下回ることが分かった。

ケアマネ試験 合格率推移

今回のデータによると、合格率が最も高かったのは、埼玉県の14.1%で、最低だったのは青森県の6.0%という。。

今回の受験者数は、全体で49312人で年々減少しているのは周知のことだ。受験資格の要件がキブシくなったのもあるが、先日のニュースでもありましたが、介護福祉士と給与が逆転現象になり、ケアマネ資格の優位性がなくなったのだろう。

まとめ

今後も人口減や求人難ともあり、さらにはAIを使ってのケアプラン作成などが現実化が見えているので、ケアマネ資格を無理をして取ったとしても仕事での優位性が見つけられないのではという、将来性がなくなったのも現実だ。

介護福祉士 「医療的ケア」独学で一発合格勉強方法第29回(H28年度)過去問109~113無料解説

第29回 医療的ケア

「医療的ケア」については、

「医療的ケア実施の基礎」
「喀痰吸引(基礎的知識・実施手順)」
「経管栄養(基礎的知識・実施手順)」より5問出題されます。

出題基準

1: 医療的ケア実施の基礎
1)人間と社会
2)保健医療制度とチーム医療
3)安全な療養生活
4)清潔保持と感染予防
5)健康状態の把握
2:喀痰吸引(基礎的知識・実施手順)
1)高齢者及び障害児・者の喀痰吸引の基礎的知識
2)高齢者及び障害児・者の喀痰吸引の実施手順
3:経管栄養(基礎的知識・実施手順)
1)高齢者及び障害児・者の経管栄養の基礎的知識
2)高齢者及び障害児・者の経管栄養の実施手順

問題109 喀痰吸引等を規定した法律

介護福祉士の業であって,医師の指示の下に行われる喀痰吸引等を規定した法律として,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 社会福祉士及び介護福祉士法
2 社会福祉法
3 介護保険法
4 医師法
5 保健師助産師看護師法

問題110 痰の吸引

Hさん(90 歳,男性)は,介護老人福祉施設に入所中である。呼吸困難はない。ある日,Hさんがベッドに臥床しているときに,痰
が口腔内にたまってきたので,介護福祉士は医師の指示どおりに痰の吸引を行うことにした。このときのHさんの姿勢として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 頭部を肺よりも低くした姿勢
2 仰臥位で顎を引いた姿勢
3 腹臥位で頭部を横にした姿勢
4 ベッドに腰かけた姿勢
5 上半身を 10~30 度挙上した姿勢

問題111 痰の吸引

介護福祉士が鼻腔内の吸引を行うときに,吸引チューブを挿入できる範囲の限度として,正しいものを 1 つ選びなさい。


1 A
2 B
3 C
4 D
5 E

問題112 経管栄養

経管栄養に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 栄養剤の栄養素は,胃から吸収される。
2 栄養剤の注入速度が速いと,下痢を起こすことがある。
3 経管栄養によって,口腔内の細菌は減少する。
4 経管栄養で,誤嚥を起こすことはない。
5 食道への栄養剤の逆流が生じることはない。

問題113 経鼻経管栄養

経鼻経管栄養を行っている利用者に対して,栄養剤を流す前に経鼻経管栄養チューブの確認をすると,固定テープがはずれて,鼻腔の入口付近でチューブが10 cm 抜けていた。このときの介護福祉士の対応として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 抜けた部分を元に戻す。
2 チューブを鼻から抜く。
3 胃内に挿入されているかどうかを,気泡音で確認する。
4 そのまま注入を開始する。
5 注入は行わずに,看護職に状況を報告する。

正答

問題109 1
問題110 5
問題111 1
問題112 2
問題113 5

PAGE TOP