介護福祉士 「介護の基本」~これで合格!科目解説~

介護福祉士を取り巻く状況

介護の歴史

古来~老人福祉法制定(昭和38年)頃
「家族介護」や「篤志家等による介護」を中心とし、
国の制度における救済はそれを補完するものであった。

老人福祉法制定(昭和38年)~社会福祉士及び介護福祉士法制定前(昭和61年)
家族以外の「非専門職による介護」の時期であった。
昭和38年に制定された老人福祉法において、特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・
軽費老人ホームの設置や家庭奉仕員の派遣事業が法定化され、
介護を主な業とする職種(介護職)が登場した。
特別養護老人ホームが、「収容する場」から昭和50年以降は、「生活の場」へ。

社会福祉士及び介護福祉士法制定~介護保険法施行前(平成11年)
「専門職による介護」が確立した時期であった。
昭和62年に社会福祉士及び介護福祉士法が制定され、
福祉の専門職としての社会福祉士と介護福祉士が誕生した。

介護保険法施行~現在(平成25年)
「自立支援としての介護」の時期である。

平成23(2011)年6月に、社会福祉士及び介護福祉士法の一部改正が行われ、
介護福祉士がその業務として喀痰吸引等を行うことが可能となった。
このため、2015(平成27)年度以降の国家試験受験者は、
介護福祉士養成課程および実務者研修において、
医療的ケア(喀痰吸引等)の教育が必須となった。

介護福祉士の役割と機能

介護福祉士の定義
1 介護福祉士登録簿に登録
2 名称独占の資格
3 業務内容は、a.心身の状況に応じた介護、b.介護に関する指導

介護福祉士になれない人
1 成年被後見人まはた被保佐人
2 禁固以上の刑に処せられ、執行を終わり、
または執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない人
3 介護福祉士の登録を取り消され、その取消しの日から2年を経過しない人

介護福祉士の義務
秘密保持義務
正当な理由がなく、その業務に関して知り得た人の秘密を漏らしてはならない。
介護福祉士でなくなった後においても、同様とする。
(罰則)1年以下の懲役または30万円以下の罰金
登録の取り消し、または期間を定めて介護福祉士の名称使用制限

名称の使用制限
介護福祉士でない者は、介護福祉士という名称を使用してはならない。
(罰則)30万円以下の罰金

信用失墜行為の禁止
介護福祉士の信用を傷つけるような行為をしたはならない。
(罰則)登録の取り消し、または期間を定めて介護福祉士の名称使用制限

誠実義務
個人の尊厳を保持し、自立した日常生活を営むことができるよう、
常にその者の立場に立って、誠実にその業務を行わなければならない。

資質向上の責務
介護を取り巻く環境の変化による業務の内容の変化に適応するため、
介護等に関する知識及び技術の向上に努めなければならない。

連携
認知症であることなどの心身の状況その他の状況に応じて、
福祉サービスなどが総合的かつ適切に提供されるよう、
「福祉サービスを提供する者」
または「医師その他の保健医療サービスを提供する者」
「その他の関係者」と連携を保たなければならない。

日本介護福祉士会倫理綱領

1 利用者本位、自立支援
2 専門的サービスの提供
3 プライバシーの保護
4 総合的サービスの提供と積極的な連携、協力
5 利用者ニーズの代弁
6 地域福祉の推進
7 後継者の育成

尊厳を支える介護

日本国憲法では、第11条で基本的人権を尊重することが根本的な原理として定められている。
また、第13条で幸福追求権、第25条で生存権を規定している。

介護従事者は、利用者の人権擁護に努めなければならない。

2000(平成12)年に改正された社会福祉法では、
「福祉サービスは、個人の尊厳の保持を旨とし」と明記され、
2005(平成17)年に改正された介護福祉法においても、
その目的に要介護状態となった高齢者等の「尊厳の保持」が明記された。

<尊厳をさせるために行うべきケア>
1 利用者のそれまでの生き方を尊重したケア
2 心豊かで、自立・自律した暮らしを実現するケア
3 穏やかな終末期を支えるケア

介護福祉士第31回合格点予想と歴代合格点数

介護福祉士筆記の合格基準

ア 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。

イ アを満たした者のうち、以下の試験科目11科目群すべてにおいて得点があった者。
[1] 人間の尊厳と自立、介護の基本
[2] 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
[3] 社会の理解
[4] 生活支援技術
[5] 介護過程
[6] 発達と老化の理解
[7] 認知症の理解
[8] 障害の理解
[9] こころとからだのしくみ
[10] 医療的ケア
[11] 総合問題
(注意)配点は、1問1点の125点満点である。

分野別 合格基準点

実施時期     筆記
 合格基準点 / 総得点
    実技
 合格基準点 / 総得点
第31回 平成30年度
(2019年1月27日)
  - 点 / 125点  - 点 / 100点
第30回 平成29年度
(2018年1月28日)
  77点 / 125点  60.00点 / 100点
第29回 平成28年度
(2017年1月29日)
  75点 / 125点  53.33点 / 100点
第28回 平成27年度
(2016年1月24日)
  71点 / 120点  46.67点 / 100点
第27回 平成26年度
(2015年1月25日)
  68点 / 120点  46.67点 / 100点
第26回 平成25年度
(2014年1月26日)
  68点 / 120点  46.67点 / 100点

第31回合格点予想

介護福祉士国家試験は1月27日(日)に行われました。試験当日や翌日には早速「解答速報」も出され、それを見ながら答え合わせをしてご自分の点数がどれだけだったか調べた人も多いと思います。

合格点予想は今現在ではできませんが、色々なサイトを見る限りでは、今回の試験は午後が難しかったという感想が多く聞かれました。

今年は70点代だとは思いますが、あくまでも予想なのでご了承ください。

歴代合格点数 歴代1位

高得点の第1位:第16回:84/120点

低得点の第1位:第26回・第27回:68/120点

終わりに

介護福祉士第31回合格点予想と歴代合格点数を書いてみましたが、まだまだ正式な合格発表まで2か月近くあります。それまで一喜一憂するのもあり、やることはやったんだからのんびりと合格発表が届くのを待つか?

どちらでもよいですが、あまり気にし過ぎると仕事に支障をきたしてしまうかもしれませんので、悪しからず。

第31回介護福祉士試験(午後)解答速報のまとめ

2019(平成31)年1月27日(日)筆記試験 (午後)

2019(平成31)年1月27日(日)筆記試験 (午後)

問694
問705
問71 3
問72 2
問731
問745
問753
問76 4
問774
問783
問791
問80 2
問81 3
問82 1
問834
問842
問853
問865
問871
問88 2
問892
問901
問912
問92 3
問934
問94 3
問955
問965
問972
問981
問994
問1001
問1015
問1023
問1034
問1043
問105 5
問106 1
問107 2
問108 2
問1092
問1102
問111 5
問1124
問113 4
問114 2
問115 1
問116 2
問117 3
問118 1
問119 4
問120 5
問121 3
問122 1
問123 5
問124 5
問125 3

引用: http://goodfriend.xsrv.jp/kf/31pmkaifuku/

注意:上記解答は解答速報をもとに掲示しておりますので、確定した解答ではありません。

第31回介護福祉士試験(午前)解答速報のまとめ

2019(平成31)年1月27日(日)筆記試験 (午前)

問13
問22
問31
問4 5
問5 5
問6 2
問7 4
問8 5
問9 3
問10 1
問11 1
問12 5
問13 2
問14 4
問15 3
問16 3
問17 3
問18 4
問19 5
問20 2
問21 2
問22 2
問23 4
問24 1
問25 5
問26 3
問27 2
問28 1
問295
問30 2
問31 4
問32 3
問335
問344
問35 4
問362
問373
問38 1
問39 3
問403
問41 4
問42 5
問43 2
問443
問455
問462
問47 4
問48 4
問492
問50 1
問514
問52 1
問53 5
問54 5
問554
問561
問57 2
問58 1
問59 4
問60 1
問61 1
問62 2
問63 4
問645
問654
問66 3
問672
問68 5

引用:http://goodfriendkf.xsrv.jp/31amkaifuku/

注意:上記解答は解答速報をもとに掲示しておりますので、確定した解答ではありません。

介護福祉士試験の合格ラインの点数が一定では無いので要注意

合格ラインの変動

同じく、模擬試験でも、70点取れず、
勉強不足で、実務者研修を修了する事がせいっぱいで、やる事遅いおばさんなんですが、27日、頑張って、東京ビッグサイトまで、行き頑張らねばと思う次第です!
皆さん、体調崩さない様に、頑張りましょう!

介護福祉士試験の合格基準点はその年によって異なり・・・

自分が最初受けた29回の時は、75点

自分は、73点で不合格

二回目の第30回は、77点

この時は、80点で合格でした。

要するにその年によって、合格ラインの点数が一定では無いので要注意

模擬試験では、聞いた話では、85点以上取らないと本試験では合格は難しいと聞いた。

終わりに

試験が終わって解答速報をみて何点とれたと一喜一憂するのは今日だけにしましょう。あとは、合格通知が郵送されるのを待つしかないのです。

上記にもかきましたが、毎年の合格ラインは一定だはなく、変動するのです。

60点代の時もありましたし、80点台の時もありました。それなので合格発表があるまで、誰も分からないのです。

介護福祉士のサイトなどでは、今年の合格ラインなんて予想をしていますが、予想です。確かな点数(合格ライン)は誰も分からないのです。

介護福祉士試験直前過去問対策~医療的ケア~第31回(平成30年度)

医療的ケア

問題 109 医療行為としての喀痰吸引等を行うための指示書に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 医師が作成する。

2 介護支援専門員(ケアマネジャー)が作成する。

3 看護師が作成する。

4 有効期限は 3 年である。

5 指示内容の実施は,介護福祉士に限定される。

正答:1

問題 110 パルスオキシメータ(pulse oximeter)での測定に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 呼吸回数を測定できる。

2 体温を測定できる。

3 静脈血の酸素飽和度を反映している。

4  末梢 の血液循環が悪くても正確な値が出る。

5 健康な人の基準値は 95~100%である。

正答:5

問題 111 喀痰吸引を必要とする利用者に対する生活支援として,適切なものを 1つ選びなさい。

1 口腔内の乾燥を保つ。

2 室内の空気を清浄に保つ。

3 室内の湿度を 30%以下に保つ。

4 水分摂取を控える。

5 仰臥位から側そくがい臥位への体位変換を控える。

正答:2

問題 112 介護福祉士が喀痰吸引を指示に従って実施したが, 1 回の吸引で痰が取り切れなかった。再度,吸引を行うときの対応として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 呼吸が落ち着いたことを確認する。

2 吸引時間を延長する。

3 吸引圧を高くする。

4 太い吸引チューブに変更する。

5 痰がたまっていそうな部位にしばらく吸引チューブをとどめる。

正答:1

問題 113  Aさん(85 歳)は,胃ろうを造設している。介護福祉士は,栄養剤を注入する前にAさんの排尿を促して,排尿があったのを確認した後に注入を開始した。注入する栄養剤は体温に近い温度で用意して,注入中の体位は角度 10 度の仰ぎょうがい臥位で行った。栄養剤の量と注入の速度は,指示のとおりに行った。注入中に,Aさんが嘔おうと吐した。嘔おうと吐の原因として,最も可能性の高いものを 1 つ選びなさい。

1 注入前の排尿

2 栄養剤の温度

3 注入中の体位

4 栄養剤の量

5 注入の速度

正答:3

第31回 試験問題

第30回 試験問題

終わりに

介護福祉士試験直前過去問対策~医療的ケア~第31回(平成30年度)

解答速報はどこが良い?-第31回介護福祉士筆記試験 2019年1月27日(日)

介護福祉士試験直前過去問対策~総合問題~第31回(平成30年度)

総合問題

(総合問題 1 )次の事例を読んで,問題 114 から問題 116 までについて答えなさい。

〔事 例〕Bさん(72 歳,女性)は 1 か月前に脳出血(cerebral hemorrhage)で倒れて,不全麻ひ痺は残ったが,自力でベッドから車いすに移乗できるまでに回復した。食事や排はいせつ泄はベッドから離れて行えるようになり,在宅で生活することになった。Bさんは長女と同居しているが,長女は働いていて日中不在なので,介護保険の訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用することになった。Bさんは日中はベッド上での生活が主体である。車いすの左側のブレーキをかけ忘れることや,左側の物に気づかずに衝突してしまうことがある。また,食事の時にお膳の左側の食べ残しが目立ち,屋内の生活にも何らかの介助が必要である。

問題 114  Bさんの症状として,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 全般性注意障害

2 失行

3 見当識障害

4 実行機能障害

5 左半側空間無視

正答:5

問題 115  Bさんの状態に該当する障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の判定として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 ランクA 1

2 ランクA 2

3 ランクB 1

4 ランクB 2

5 ランクC 1

正答:3

問題 116 ある朝,訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問すると,Bさんが寝室の床に倒れていた。訪問介護員(ホームヘルパー)が最初に取るべき行動として,最も適切なものを 1つ選びなさい。

1 床から抱き起こす。

2 家族に連絡をする。

3 救急車を呼ぶ。

4 意識を確認する。

5 主治医に連絡する。

正答:4

(総合問題 2 )次の事例を読んで,問題 117 から問題 119 までについて答えなさい。

〔事 例〕Cさん(87 歳,女性)は,「財布がなくなった,誰かに盗とられた」と訴えるようになった。夫が盗とられていないことを説明しても受け入れなかった。心配した夫に連れられて受診すると,アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimerʼs type)と診断された。その後,認知症(dementia)の進行に伴って夫の介護負担が増えたので,通所介護(デイサービス)を利用することになった。ある日,介護福祉職が入浴介助をしている時,Cさんの体に複数のあざを見つけたため,介護支援専門員(ケアマネジャー)に報告した。介護支援専門員(ケアマネジャー)から連絡を受けた地域包括支援センターの職員がCさんと夫に確認したところ,夫による暴力が原因であることがわかった。夫の介護負担が軽くなるように,短期入所生活介護(ショートステイ)の利用を勧めたが,夫は拒否した。その後も,虐待は改善されなかった。そこで,市町村のやむを得ない事由による措置により施設に入所することになった。入所後まもなく,夜間に施設内を歩き回るCさんの様子が見られた。介護福祉職が声をかけると,「トイレの場所がわからない」と話した。日中はトイレで排はいせつ泄を行い,下着を汚すことはなかった。

問題 117 通所介護(デイサービス)を利用する前のCさんにみられた認知症(dementia)の症状として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 幻覚

2 抑うつ

3 見当識障害

4 失認

5 妄想

正答:5

問題 118  Cさんが施設に入所する根拠となっている法律として,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 介護保険法

2 生活保護法

3 老人福祉法

4 社会福祉法

5 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律

正答:3

問題 119  Cさんに対する夜間の排泄の支援として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 定時にトイレ誘導を行う。

2 トイレの入口を明るくする。

3 水分を控えるように話をする。

4 紙おむつの使用を勧める。

5 ポータブルトイレを居室に置く。

正答:2

(総合問題 3 )次の事例を読んで,問題 120 から問題 122 までについて答えなさい。

〔事 例〕N市に住んでいるDさん(64 歳,男性)は 38 歳の時にバイクで事故を起こして,第6 頸髄節まで機能残存の頸髄損傷(cervical cord injury)となった。上肢の筋力向上と可動域の確保のためにリハビリテーションを行ったが,手関節は拘縮して,スプーンを握ることはできなかった。また,夏になると障害の特性から体調が悪くなることを自覚していた。施設への入所も考えたが,家族と共に暮らすことを選んで,N市の居宅介護,重度訪問介護,地域生活支援事業の移動支援等の障害福祉のサービスを利用して生活していた。最近,Dさんは元気がなく沈んだ様子である。心配したE介護福祉職が,「最近,元気がないようですが,何か心配事でもあるのですか」とDさんに聞いた。Dさんは,「65 歳になると介護保険のサービスに移行して,障害福祉のサービスが利用できなくなるのではないか」,特に,「趣味の映画を映画館で見るための移動支援のサービスを利用できなくなるのではないか」と心配していた。

問題 120  Dさんの夏の体調悪化を予防する対応として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 冷房設備のある部屋で過ごすように勧める。

2 清潔な空気を入れるように,時々換気することを勧める。

3 気温が上昇したら,なるべくベッドで休息することを勧める。

4 日中仮眠をとることを勧める。

5 食べやすいものを食べることを勧める。

正答:1

問題 121 入浴時にかけ湯をする際,Dさんがお湯の温度を感じられる部位として,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 A

2 B

3 C

4 D

5 E

正答:1

問題 122  E介護福祉職は相談支援専門員にDさんの移動支援の利用について相談した。相談支援専門員がDさんに伝える内容として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 利用している居宅介護事業所の管理者の判断で利用できる。

2 相談支援専門員の判断で利用できる。

3 医師の判断で利用できる。

4 N市の判断で利用できる。

5 介護支援専門員(ケアマネジャー)の判断で利用できる。

正答:4

(総合問題 4 )次の事例を読んで,問題 123 から問題 125 までについて答えなさい。

〔事 例〕Fさん(21 歳,男性,身体障害者手帳 1 級)は,大学 1 年生(18 歳)の時に通学中の交通事故により両大腿切断術を受けた。その後,Fさんは 19 歳の時に大学を中退して,就労の社会経験がないまま,20 歳の時に障害者支援施設に入所した。現在,訓練中は両足に義足を装着し, 2 本の伺つえを使用して歩行できる状態である。また,自動車の運転免許取得に向けて取り組み,社会復帰を目指している。訓練以外では車いすを使用しており,日常生活は自立している。

問題 123  Fさんが,所得保障のために利用している制度として,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 傷病補償年金

2 障害基礎年金

3 障害厚生年金

4 特別児童扶養手当

5 特別障害給付金

正答:2

問題 124  Fさんは,運転免許を取得して自家用車を購入することにした。全国一律に利用できる制度で,Fさんが自家用車利用に関して経済的負担を軽減できるものとして,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 ドライブレコーダーの購入費

2 ガソリンの代金

3 自動ブレーキ装置の購入費

4 有料道路(高速自動車国道)の通行料金

5 ガソリンスタンドでの洗車料金

正答:4

問題 125  Fさんは,車いすに長時間乗ったままで過ごさないように留意している。その理由として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 関節の拘縮予防

2 骨の変形予防

3 神経麻痺の予防

4 伳けんの断裂予防

5 筋組織の壊死予防

正答:1

第31回 試験問題

第30回 試験問題

終わりに

介護福祉士試験直前過去問対策~総合問題~第31回(平成30年度)

解答速報はどこが良い?-第31回介護福祉士筆記試験 2019年1月27日(日)

介護福祉士試験直前過去問対策~こころとからだのしくみ~第31回(平成30年度)

こころとからだのしくみ

問題 97 記憶と学習に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 短期記憶とは,数日保持される記憶である。

2 記銘とは,情報を覚えることである。

3 意味記憶とは,自分に起こった出来事の記憶である。

4 道具的条件づけの代表例に「パブロフの犬」がある。

5 観察学習とは,自分の行動を反省することによる学習である。

正答:2

問題 98  Kさん(91 歳,男性,要介護 1 )は,65 歳の娘と二人暮らしである。訪問介護員(ホームヘルパー)が週 2 回通っている。もともと頑固で怒りやすい性格だが,ある日,訪問介護員(ホームヘルパー)が茶碗を割ったのをきっかけに怒りを爆発させて,この訪問介護員(ホームヘルパー)を代えるように娘に主張した。それは難しいと娘が説明したところ,「もういい,他人には自分の気持ちを理解できるはずがないから,どうせ代わっても今と変わりはない」と話を打ち切ってしまった。この会話でKさんにみられた適応機制として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 抑圧

2 合理化

3 反動形成

4 昇華

5 投影

正答:2

問題 99 血管系に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 リンパ管には血液が流れている。

2  末梢動脈 には逆流を予防するための弁がある。

3 左心室から出た血液は大静脈へ流れる。

4 肺動脈には静脈血が流れている。

5 下肢の静脈は体表から拍動を触れる。

正答:4

問題 100 眼の症状とそれに関連が強い疾患の組合せとして,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 眼球が痛くなる ----- 加齢黄斑変性症(age-related macular degeneration)

2 近いところが見えにくい ----- 緑内障(glaucoma)

3 結膜が充血する ----- 流行性角結膜炎(epidemic keratoconjunctivitis)

4 硝子体が白くなる ----- 白内障(cataract)

5 目やにが増える -----  糖尿病性網膜症(diabetic retinopathy)

正答:3

問題 101 生体で生じる化学反応について,酵素は重要な役割を担っている。酵素を構成する主要成分として,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 タンパク質

2 糖質

3 脂質

4 ビタミン類

5 無機質(ミネラル(mineral))

正答:1

問題 102  Lさん(84 歳,男性,要介護 4 )は,自宅で妻と暮らしている。数日前から妻が体調を崩しているため,短期入所生活介護(ショートステイ)を利用することになった。利用初日に,介護福祉職が身体の確認をするために着替えを行ったところ,Lさんの腋窩と腹部に赤い 丘疹 が見られ,一部に小水疱を伴っていた。強いかゆみを訴えており,手指間には灰白色の線が見られる。Lさんに考えられる皮膚疾患について,集団生活を送る上で最も注意すべき優先度の高いものを 1 つ選びなさい。

1 皮脂欠乏性湿疹(asteatotic eczema)

2 疥癬(scabies)

3 白癬(tinea)

4 蕁麻疹(urticaria)

5 帯状疱疹(herpes zoster)

正答:2

問題 103 排便に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 寝たきりになると下痢になりやすい。

2 麻薬性鎮痛剤の使用中は便秘になりやすい。

3 うつ病(depression)では下痢になりやすい。

4 ウイルス感染では便秘になりやすい。

5 腸閉塞(intestinal obstruction)では下痢になりやすい。

正答:2

問題 104 次の症状のうち,膀胱炎(cystitis)で最も起こりやすいものを 1 つ選びなさい。

1 発熱

2 乏尿

3 残尿

4 腰痛

5 排尿時痛

正答:5

問題 105 体内時計を 1 日 24 時間の周期に修正する最も強力な因子として,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 日光

2 食事

3 運動

4 仕事

5 入浴

正答:1

問題 106 「睡眠の時間は十分にとれているが,ぐっすり眠れた感じがしない状態」に当てはまる不眠症(insomnia)として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 入眠障害

2 中途覚醒

3 熟眠障害

4 早朝覚醒

5 時差症候群(jet lag syndrome)

正答:3

問題 107  Mさん(85 歳,女性)は,認知症(dementia)と診断されている。数日前に介護老人保健施設に入所した。毎日,夕方から夜間にかけて怒りっぽくなり,担当の職員に大声をあげている。物忘れや徘はいかい徊もみられる。Mさんの現在の状態として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 過眠症(hypersomnia)

2 レム睡眠行動障害(REM sleep behavior disorder)

3 パニック障害(panic disorder)

4 幻覚

5 夕暮れ症候群

正答:5

問題 108 臨終期の身体の様子に関する記述として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 手足は温かい。

2 浮腫の出現は少ない。

3 喉からゴロゴロする音が聞かれる。

4 尿量は増加する。

5 呼吸のリズムは規則的である。

正答:3

第31回 試験問題

第30回 試験問題

終わりに

介護福祉士試験直前過去問対策~こころとからだのしくみ~第31回(平成30年度)

解答速報はどこが良い?-第31回介護福祉士筆記試験 2019年1月27日(日)

介護福祉士試験直前過去問対策~障害の理解~第31回(平成30年度)

障害の理解

平成31年 試験問題

平成30年 試験問題

終わりに

介護福祉士試験直前過去問対策~障害の理解~第31回(平成30年度)

解答速報はどこが良い?-第31回介護福祉士筆記試験 2019年1月27日(日)

介護福祉士試験直前過去問対策~認知症の理解~第31回(平成30年度)

認知症の理解

平成31年 試験問題

平成30年 試験問題

終わりに

介護福祉士試験直前過去問対策~認知症の理解~第31回(平成30年度)

解答速報はどこが良い?-第31回介護福祉士筆記試験 2019年1月27日(日)