ケアマネ試験2019年 介護支援分野第19問 過去問4年分析して頻出問題は?

介護支援分野第19問

第19問は、個別サービス計画、モニタリング、指定居宅介護支援等の人員及び運営に関する基準、身体拘束等の取り扱いの問題が出題されました。 しっかりと勉強して覚えておきましょう。

平成27年個別サービス計画 問題19
1 訪問介護計画(○)

2 訪問入浴介護計画

3 訪問看護計画(○)

4 訪問リハビリテーション計画(○)

5 居宅療養管理指導計画
平成28年居宅介護支援におけるモニタリング 問題19

1 地域ケア会議に結果を提出しなければならない。

2 結果の記録は、居宅介護支援完結の日から2年間保存しなければならない。(○)

3 地域包括支援センターの指示に基づいて実施しなければならない。

4 月に1回以上、結果を記録しなければならない。(○)

5 課題整理総括表を用いて行わなければならない。
平成29年指定居宅介護支援等の人員及び運営に関する基準 問題19

1 居宅における自立した日常生活への配慮(○)

2 利用者自身によるサービスの選択(○)

3 保険給付の重点的な実施

4 公正中立(○)

5 高齢者虐待の通報
平成30年身体拘束等の取り扱い 問題19

1 身体拘束等を行う場合には、介護支援専門員は入所者の家族と面談しなければならない。

2 身体拘束等の適正化のための対策を検討する委員会を三月に一回以上開催しなければならない。(○))

3 身体拘束等を行う場合には、医師の指示によらなければならない。

4 従事者に対し、身体拘束等の適正化のための研修を定期的に実施しなければならない。(○))

5 身体拘束等の適正化のための指針を整備しなければならない。

まとめ

第19問については、個別サービス計画や身体拘束など介護の現場で仕事をしている人なら大体のことは分かっていると思います。しかし、しっかりと知識として認識しておかないと点数が取れないのでしっかりと抑えておかなければなりません。

ケアマネ試験2019年 介護支援分野第20問 過去問4年分析して頻出問題は?

介護支援分野第20問

第20問は、居宅療養管理指導、介護予防サービス・支援計画書、生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の機能、要介護認定の問題が出題されました。 しっかりと勉強して覚えておきましょう。

平成27年居宅療養管理指導 問題20

1 介護認定審査会に対し,療養上の留意点に関する意見を述べる。

2 居宅介護支援事業者の求めに応じ,居宅サービス計画作成に必要な情報提供を行う。(○)

3 居宅サービス計画作成に必要な情報提供は,原則として,サービス担当者会議に参加して行う。(○)

4 利用者に提供した内容を居宅介護支援事業者に報告しなければならない。

5 利用者の家族に対して介護方法等の指導を行う。 (○)
平成28年介護予防サービス・支援計画書 問題20

1 認知機能

2 日常生活(家庭生活)(○)

3 介護力

4 生活歴

5 社会参加、対人関係・コミュニケーション(○)
平成29年生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の機能 問題20

1 地域のニーズと資源の状況の見える化,問題提起(○)

2 生活支援の担い手の養成やサービスの開発(○)

3 要支援認定に係る認定調査の状況のチェック

4 地域支え合いの観点からのケアプランの点検

5 地縁組織等多様な主体への協力依頼等の働きかけ(○)
平成30年要介護認定 問題20

1 主治の医師の意見は、介護認定審査会に通知しなければならない。(○)

2 介護認定審査会の意見は、主治の医師に通知しなければならない。

3 介護認定審査会の審査及び判定の結果は、介護支援専門員に通知しなければならない。

4 要介護認定等基準時間は、1日当たりの時間として推計される。(○)

5 要介護認定等基準時間の推計の方法は、都道府県の条例で定める。

まとめ

第20問については、居宅療養管理指導や要介護認定といった頻出の分野が出題されています。特に要介護認定についてはしっかりと抑えておかなければなりません。

ケアマネ試験2019年 介護支援分野第21問 過去問4年分析して頻出問題は?

介護支援分野第21問

第21問は、通所介護の従業者、施設サービス計画、地域ケア会議、要介護認定の問題が出題されました。 しっかりと勉強して覚えておきましょう。

平成27年通所介護の従業者問題21

1 看護職員(○)

2 健康運動指導士

3 生活相談員(○)

4 栄養士

5 機能訓練指導員(○)
平成28年施設サービス計画 問題21

1 地域住民の自発的な活動を位置付けるよう努める。(○)

2 作成に係るサービス担当者会議の開催等を要する。(○)

3 入所者の家族にも必ず交付しなければならない。

4 施設の行事や日課を記載する。(○)

5 月に1回はモニタリングを行わなければならない。
平成29年地域ケア会議 問題21

1 必要な支援体制に関する意見の開陳(○)

2 地域密着型通所介護の開設

3 認知症カフェの企画・運営

4 介護支援専門員と生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)との兼務

5 支援対象被保険者への適切な支援の検討に必要な資料の提供(○)
平成30年要介護認定 問題21

1 認定調査票の基本調査項目には、口腔清潔に関する項目が含まれる。(○)

2 認定調査票の基本調査項目には、主たる介護者に関する項目が含まれる。

3 認定調査票の基本調査項目には、集団への不適応に関する項目が含まれる。(○))

4 要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、疼痛の看護が含まれる。(○)

5 要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、認定調査票の特記事項の内容が含まれる。

まとめ

第21問については、通所介護や地域ケア会議などさらには施設介護サービス計画までの出題がされています。

それぞれのサービスを細かく分けて勉強して、このサービスはこれという位になるまで繰り返し勉強しましょう。

ケアマネ試験2019年 介護支援分野第22問 過去問4年分析して頻出問題は?

介護支援分野第22問

第22問は、介護予防支援事業、サービス担当者会議、介護老人福祉施設、介護認定審査会の問題が出題されました。 しっかりと勉強して覚えておきましょう。

平成27年介護予防支援事業 問題22

1 事業所の管理者は,主任介護支援専門員でなければならない。

2 介護予防サービス計画は,主任介護支援専門員が作成しなければならない。

3 経験ある介護福祉士を配置しなければならない。

4 業務の一部を指定居宅介護支援事業者に委託できる。(○)

5 介護予防サービス計画には,地域住民による自発的なサービスも位置付けるよう努めなければならない。 (○)
平成28年サービス担当者会議 問題22

1 特記事項を書いた認定調査員は、出席しなければならない。

2 地域包括支援センターの主任介護支援専門員は、出席しなければならない。

3 利用者が要支援更新認定を受けた場合は、開催するのが原則である。(○)

4 介護予防サービス計画の原案の内容について、担当者から意見を求める。(○)

5 施設サービス計画の原案を作成するため、常に開催しなければならない。
平成29年介護老人福祉施設 問題22

1 入所者の対処に際しては,居宅介護支援事業者に対する情報の提供に努めなければならない(○)

2 施設サービス計画は,介護支援専門員以外の者に作成させることができる。

3 サービス担当者会議の開催は,計画担当介護支援専門員が行う。(○)

4 常時2人以上の常勤の介護職員を従事させなければならない。

5 1週間に1回,入所者を入浴させなければならない。
平成30年介護認定審査会 問題22

1 認定調査を行うことができる。

2 認定の有効期限について意見を付すことができる。(○)

3 要介護状態の軽減のために必要な療養について意見を付すことができる。(○)

4 被保険者が受けることができるサービスの種類を指定することができる。

5 被保険者に主治の医師がいないときは、診断を行う医師を指定することができる。

まとめ

第22問については、介護支援専門員が実際に行うサービス担当者会議の問題が出題されています。介護支援とは別に介護予防事業についての出題もされています。

介護予防事業については深く学べば学ぶほどこんがらがってしまうかもしれませんが、系列をしっかりとつかんでおけば何とか解けるかとも思います。

ケアマネ試験2019年 介護支援分野第23問 過去問4年分析して頻出問題は?

介護支援分野第23問

第23問は、モニタリング、アセスメント、要介護認定、介護保険と他制度の問題が出題されました。 しっかりと勉強して覚えておきましょう。

平成27年居宅サービス計画の実施状況の把握 (モニタリング)問題23

1 同居家族がいる場合は,家族との面接を実施しなければならない。

2 定期的にサービス提供者との面接を実施しなければならない。

3 モニタリングの結果は,少なくとも1月に1回記録しなければならない。(○)

4 モニタリング標準項目は,厚生労働省から提示されている。

5 モニタリングを行い,必要に応じて居宅サービス計画を変更するものとする。(○)
平成28年居宅介護支援のアセスメント 問題23

1 認定調査員に委託できる。

2 指定市町村事務受託法人に委託できる。

3 居宅サービス計画原案を示しながら行う。

4 利用者の有する能力を評価する。(○)

5 利用者の置かれている環境等を評価する。 (○)
平成29年要介護認定 問題23

1 要介護認定等基準時間には,「じょく瘡の処置」が含まれる。(○)

2 要介護認定等基準時間には,「家族の介護負担」が含まれる。

3 主治医意見書の項目には,「短期記憶」の問題の有無が含まれる。(○)

4 主治医意見書の項目には,「社会参加」の状況が含まれる。

5 主治医意見書の項目には,「対人交流」の状況が含まれる。
平成30年介護保険と他制度 問題23

1 障害者総合支援法による行動援護を利用している障害者が、要介護認定を受けた場合には、行動援護は利用できなくなる。

2 労働者災害補償保険法の通勤災害に関する療養給付は、介護保険給付に優先する。(○)

3 福祉用具購入費は高額医療合算介護サービス費の利用者負担額の算定対象に含まれる。

4 医療扶助の受給者であって医療保険に加入していない者は、介護保険の第2号被保険者とはならない。(○)

5 介護老人保健施設は、老人福祉施設は含まれない。(○)

まとめ

第23問については、介護支援専門員が実際に行うアセスメントやモニタリングについての出題がされています。また、介護保険法と他法との関係も以前はよく出題されていました。

他法との関係については過去問を読めば理解できると思います。大体が介護保険が優先します。

ケアマネ試験2019年 介護支援分野第24問 過去問4年分析して頻出問題は?

介護支援分野第24問

第24問は以前は事例問題でしたが、平成28・29年が事例問題ではなくなりましたが、平成30年に事例問題が復活しました。介護支援専門員の対応についてです。

平成27年介護支援専門員の対応 第24問

1 訪問介護事業所に担当の訪問介護員の交代を依頼した。

2 市に措置入所を依頼した。

3 精神科の受診について主治医に相談した。(○)

4 近隣住民も含めた支援体制などについて地域包括支援センターに相談した。(○)

5 認知症初期集中支援チームの支援を依頼した。(○)
平成28年居宅介護支援の開始 第24問

1 時期は、要介護認定後である。

2 利用申込者の同意を得なければならない。(○)

3 あらかじめ、苦情処理の体制について説明しなければならない。(○)

4 障害者施策の相談支援専門員を介して依頼が来る場合がある。(○)

5 入院患者については、退院後でなければならない。
平成29年介護認定審査会 問題24

1 審査対象者を担当する介護支援専門員が参加しなければならない。

2 地域包括支援センター職員が参加しなければならない。

3 原則として,保険者である市町村の職員は委員となることができない。(○)

4 審査対象者の主治医の意見を聞くことはできない。

5 必要に応じて,審査対象者の家族の意見を聞くことができる。 (○)
平成30年介護支援専門員の対応 問題24

1 トイレ介助の負担を減らすため、排泄についてはおむつを利用することを提案する。

2 歩行機能の向上を図るため、通所リハビリテーションの利用を提案する。(○)

3 住宅改修の利用を検討するため、住環境のアセスメントを提案する。(○)

4 家族介護者の負担を軽減するため、訪問介護による生活援助の利用を提案する。

5 将来に備えて、施設入所を提案する。

まとめ

第24問については、平成28年、29年については一時期通常問題として出題されていましたが、平成30年から介護支援専門員の対応が復活しました。今後は、頻出問題となっていくことと思います。

よって、そんなに気にしなくても点数が取れる問題になりますので確実に点数が取れるようにしましょう。

ケアマネ試験2019年 介護支援分野第25問 過去問4年分析して頻出問題は?

介護支援分野第25問

第25問は事例問題です。事例を読んで介護支援専門員の対応について正しいものを選ぶ問題になっています。

平成27年介護支援専門員の対応第25問

1 サービス担当者会議を開催し,対応を協議した。(○)

2 地域包括支援センターに相談した。(○)

3 妻の医療保護入院の手続きをした。

4 妻の成年後見について家庭裁判所に相談した。

5 状況を把握するために速やかに訪問した。(○)
平成28年 介護支援専門員の対応 第25問

1 避難者の迷惑を考え、利用者本人だけ外の車の中で生活するよう勧めた。

2 家族も大変なので、避難所のリーダーの監視下に置いてもらった。

3 外の混乱している様子が分からないよう、段ボールの小部屋に隔離した。

4 福祉避難所に移れないか、地域包括支援センターの職員に相談した。(○)

5 周りの避難者に理解と協力を求めた。(○)
平成29年 介護支援専門員の対応 第25問

1 利用者の意見を尊重し,当面,飼い犬の世話を行うことを認める。

2 飼い犬の世話を依頼できるボランティアを探す。(○)

3 利用者に対し,訪問介護事業所を変更するよう指示する。

4 保険給付としては不適切である旨の説明をする。(○)

5 地域ケア会議に提案し,必要な社会資源の開発・充足を促す。(○)
平成30年介護支援専門員の対応問題25

1 一人暮らしではなくなるため、訪問介護の対象外となることをAさんに伝える。

2 訪問介護が受けられなくなっても自分でできるように、住宅改修を提案する。

3 息子に対して、Aさんに必要な援助ができる状況かを確認する。(○)

4 Aさんの希望どおり、同居後も今までのサービスを継続することを約束する。

5 改めてアセスメントを行う必要があることをAさんに伝える。 (○)

まとめ

第25問については、介護支援専門員の対応が頻出問題となっています。問題文や解答の選択肢を読めば、おのずと答えが出てくる感じですよね。

よって、そんなに気にしなくても点数が取れる問題になりますので確実に点数が取れるようにしましょう。

介護福祉士 「実技試験」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

実技試験

中項目小項目
安全・安楽 転落・転倒・強打の防止
麻痺側の保護
誤嚥の予防
自立支援 残存機能の活用
意欲の促進
個人の尊厳 コミュニケーション
事前の説明と承諾
自己決定
接遇(言葉遣い・態度)
利用者の健康状況の把握 外見(観)の変化を察知する観察
意識(反応)状況の変化を察知する能力
体温、脈拍、呼吸の測定
介護者の健康管理 ボディメカニクス
感染予防
室内環境 換気
温度、湿度
冷暖房
清潔
採光
ベッド ベッドの機能
ベッドメイキング、リネン交換
体位と体位変換 体位の種類
体位(身体)の保持と膝折れ防止
テコの原理、ボディメカニクスの活用
体位の変換
移乗動作 車いす
ポータブルトイレ
ストレッチャー
いす
移動・歩行介助 ベッド上での移動
車いす、ストレッチャーでの移動
肢体不自由者の歩行介助
視覚障害者の歩行介助
食事の介助 食事の種類と介助
食前の介助
摂食の介助
食後の介助
排泄の介助 トイレ及びポータブルトイレへの誘導と介助
便器・尿器の介助
おむつの介助
保清の介助 清拭
入浴・シャワー浴
足浴・手浴
洗面
口腔ケア・義歯の取り扱い
洗髪
衣服の着脱 衣服の着脱
寝衣の交換
衣服のたたみ方
整容の介助 髪をとかす
ひげそり

介護福祉士 「医療的ケア」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

医療的ケア

中項目小項目
人間と社会 介護職の専門的役割と医療的ケア
介護福祉士の倫理と医療の倫理
介護福祉士等が喀痰吸引等を行なうことに係る制度
保健医療制度とチーム医療 保健医療に関する制度
医療的行為に関係する法律
チーム医療と介護職員との連携
安全な療養生活 痰の吸引や経管栄養の安全な実施
リスクマネジメント
救急蘇生法
清潔保持と感染予防 療養環境の清潔、消毒法
感染予防
滅菌と消毒
健康状態の把握 身体・精神の健康
健康状態を知る項目(バイタルサインなど)
急変状態の把握と対応
高齢者及び障害児・者の喀痰吸引の基礎的知識 呼吸のしくみとはたらき
喀痰吸引が必要な状態
喀痰吸引法
喀痰吸引実施上の留意点
吸引を受ける利用者や家族の気持ちと対応、説明と同意
呼吸器系の感染と予防(吸引と関連して)
喀痰吸引により生じる危険と安全確認
急変・事故発生時の対応と対策
高齢者及び障害児・者の喀痰吸引の実施手順 喀痰吸引で用いる器具・器材とそのしくみ、清潔の保持
喀痰吸引の技術と留意点
喀痰吸引に必要なケア
報告及び記録
高齢者及び障害児・者の経管栄養の基礎的知識 消化器系のしくみとはたらき
経管栄養が必要な状態
経管栄養法
経管栄養実施上の留意点
経管栄養に関係する感染と予防
経管栄養を受ける利用者や家族の気持ちと対応、説明と同意
経管栄養により生じる危険と安全確認
急変・事故発生時の対応と対策
高齢者及び障害児・者の経管栄養の実施手順 経管栄養で用いる器具・器材とそのしくみ、清潔の保持
経管栄養の技術と留意点
経管栄養に必要なケア
報告及び記録

介護福祉士 「こころとからだのしくみ」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

こころとからだのしくみ

中項目小項目
人間の欲求の基本的理解 基本的欲求
社会的欲求
その他
自己概念と尊厳 自己概念に影響する要因
自立への意欲と自己概念
自己実現といきがい
その他
こころのしくみの基礎 こころのしくみに関する諸理論
思考のしくみ
学習・記憶・思考のしくみ
感情のしくみ
意欲・動機づけのしくみ
適応のしくみ
その他
からだのしくみの基礎 生命の維持・恒常のしくみ(体温、呼吸、脈拍、血圧、その他)
人体部位の名称
ボディメカニクス
関節の可動域
その他
身じたくに関連したこころとからだの基礎知識 身じたくの行為の生理的意味
口腔の構造と機能
爪の構造と機能
毛髪の構造と機能
その他
身じたくに関連したこころとからだのしくみ 口腔の清潔
更衣に関連したこころとからだのしくみ
整髪に関連したこころとからだのしくみ
洗面に関連したこころとからだのしくみ
その他
機能の低下・障害が及ぼす整容行動への影響 口腔の清潔に関する機能の低下・障害の原因
機能の低下・障害が及ぼす整容行動への影響(口腔の清潔、更衣、整髪、洗面、その他)
その他
生活場面におけるこころとからだの変化の気づきと医療職との連携
移動に関連したこころとからだの基礎知識 移動行為の生理的意味
重心の移動、バランス
良肢位
その他
移動に関連したこころとからだのしくみ 安全・安楽な移動、姿勢・体位の保持のしくみ
立位・座位保持のしくみ
歩行のしくみ
筋力・骨の強化のしくみ
その他
機能の低下・障害が及ぼす移動への影響 移動に関する機能の低下・障害の原因
機能の低下・障害が及ぼす移動への影響(骨折、廃用症候群、褥瘡、その他)
運動が及ぼす身体への負担
その他
生活場面におけるこころとからだの変化の気づきと医療職との連携
食事に関連したこころとからだの基礎知識 身体をつくる栄養素
1日に必要な栄養量
1日に必要な水分量
その他
食べることに関連したこころとからだのしくみ 食べることの生理的意味
食欲・おいしさを感じるしくみ(空腹・満腹、食欲に影響する因子、視覚・味覚・嗅覚、その他)
のどが渇くしくみ
食べるしくみ食物を口まで運ぶ(視覚の情報、手の機能、姿勢と運動)
食物の性質の判断(視覚、嗅覚からの情報、過去の記憶)
食物にあった口の準備(筋肉、神経、唾液の分泌)
咀嚼運動
嚥下運動・嚥下反射
消化
その他
機能の低下・障害が及ぼす食事への影響 食べることに関する機能の低下・障害の原因
機能の低下・障害が及ぼす食事への影響(低血糖・高血糖、嚥下障害、誤嚥のある人の食行動、食欲不振のある人の食行動、食事制限が必要な人の食行動、その他)
生活場面におけるこころとからだの変化の気づきと医療職との連携 誤嚥を予防するための日常生活での留意点
嚥下障害に気づく観察のポイント
脱水に気づく観察のポイント
入浴、清潔保持に関連したこころとからだの基礎知識 清潔保持の生理的意味
清潔保持に関連した身体の器官
その他
清潔保持に関連したこころとからだのしくみ リラックス、爽快感を感じるしくみ
皮膚の汚れのしくみ
発汗のしくみ
その他
機能の低下・障害が及ぼす入浴、清潔保持への影響 入浴、清潔保持に関する機能の低下・障害の原因
機能の低下・障害が及ぼす入浴、清潔保持への影響(かゆみ、かぶれ、褥瘡、その他)
入浴が及ぼす身体への負担
その他
生活場面におけるこころとからだの変化の気づきと医療職との連携
排泄に関連したこころとからだの基礎知識 排泄の生理的意味
尿の性状、量、回数
便の性状、量、回数
尿の生成のしくみ
便の生成(消化・吸収)のしくみ
その他
排泄に関連したこころとからだのしくみ 排尿のしくみ
排便のしくみ
その他
機能の低下・障害が及ぼす排泄への影響 排泄に関連する機能の低下・障害の原因
機能の低下・障害が及ぼす排泄への影響(便秘、下痢、失禁、その他)
その他
生活場面におけるこころとからだの変化の気づきと医療職との連携 日常生活で便秘・下痢に気づくための観察のポイント
睡眠に関連したこころとからだの基礎知識 睡眠の生理的意味
睡眠時間
睡眠のリズム
睡眠に関連した身体の器官
その他
睡眠に関連したこころとからだのしくみ 睡眠のしくみ
その他
機能の低下・障害が及ぼす睡眠への影響 睡眠に関連する機能の低下・障害の原因
機能の低下・障害が及ぼす睡眠への影響
その他
生活場面におけるこころとからだの変化の気づきと医療職との連携
「死」の捉え方 生物学的な死
法律的な死
臨床的な死
その他
終末期から危篤、死亡時のからだの理解 身体の機能の低下の特徴
死後の身体的変化
その他
「死」に対するこころの理解 死に対する恐怖・不安
「死」を受容する段階
家族の「死」を受容する段階
その他
医療職との連携 呼吸困難時に行なわれる医療の実際と介護の連携
疼痛緩和のために行なわれる医療の実際と介護の連携
その他
PAGE TOP