介護福祉士国家試験「発達と老化の理解」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!

「発達と老化の理解」は、意外に勉強しやすい話をよく聞きます。
この科目は、問題数も多くまた全体を把握しにくいものです。。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

発達と老化の理解 科目系列マップ

※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

人間の成長と発達の基礎的理解

1)人間の成長と発達

  • 発達の定義
  • 発達段階
  • 発達課題
  • その他

老年期の発達と成熟

1)老年期の定義(WHO、老人福祉法、高齢者の医療の確保に関する法律の高齢者医療制度)

2)老年期の発達課題

  • 人格と尊厳、老いの価値、喪失体験、セクシュアリティ、その他

老化に伴うこころとからだの変化と日常生活

1)老化に伴う心身の変化の特徴

  • 防衛反応(反射神経)の変化
  • 回復力(抵抗力)の変化
  • 適応力(順応力)の変化

2)老化に伴う心身の機能の変化と日常生活への影響

  • 身体的機能の変化と日常生活への影響
  • 知的・認知機能の変化と日常生活への影響
  • 精神的機能の変化と日常生活への影響
  • その他

3)高齢者の心理

  • 老化を受けとめる高齢者の気持ち
  • 社会や家庭での役割を失う高齢者の気持ち
  • 障害を受けとめる高齢者の気持ち
  • 友人との別れを受けとめる高齢者の気持ち
  • 経済的不安を抱える高齢者の気持ち
  • その他

高齢者と健康

1)高齢者の疾病と生活上の留意点

  • 高齢者の症状の現れかたの特徴
  • 高齢者の体の不調の訴え(痛み、かゆみ、不眠、冷え、その他)

2)高齢者に多い病気とその日常生活上の留意点

3)保健医療職との連携

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

発達と老化の理解まとめ

介護福祉士国家試験「介護過程」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!

「介護過程」は、意外に勉強しやすい話をよく聞きます。
この科目は、問題数も多くまた全体を把握しにくいものです。。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

介護過程 科目系列マップ

※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

介護過程の意義

1)介護過程の意義と目的

介護過程の展開

1)情報収集とアセスメント

  • 情報収集の方法
  • 情報の解釈・分析
  • 情報の関連づけ・統合
  • 課題の明確化

2)課題、目標

  • 生活支援の課題、目標のとらえ方
  • 目標の設定(長期目標・短期目標)
  • その他

3)計画

  • 具体策(支援内容・方法)

4)実施

  • 計画にもとづいた実施
  • 安全・安心・自立に配慮した実施
  • 利用者の反応や効果への気づき

5)評価

  • 評価の目的
  • 評価の内容、方法(目標の達成度、具体策の適否)
  • 修正の必要性
  • その他

介護過程の実践的展開

1)自立に向けた介護過程の展開の実際

2)利用者の状態・状況に応じた介護過程の展開の実際

介護過程とチームアプローチ

1)介護過程とチームアプローチ

  • ケースカンファレンス
  • サービス担当者会議
  • ケアプランと介護過程
  • 他の職種との連携
  • その他

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

介護過程まとめ

介護福祉士国家試験「生活支援技術」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!

「生活支援技術」は、意外に勉強しやすい話をよく聞きます。
この科目は、問題数も多くまた全体を把握しにくいものです。。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

生活支援技術 科目系列マップ

※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

生活支援技術

1)生活の理解

  • 生活の定義、生活形成のプロセス、生活経営、その他

2)生活支援

  • 生活支援の考え方、ICF(国際生活機能分類)の視点にもとづくアセスメント、その他

自立に向けた居住環境の整備

1)居住環境整備の意義と目的

2)生活空間と介護

  • 居場所とアイデンティティー、生活の場、すまい、住み慣れた地域での生活の保障、その他

3)居住環境のアセスメント

  • ICFの視点にもとづく利用者の全体像のアセスメント

4)安全で心地よい生活の場づくり

  • 安全で住み心地のよい生活の場づくりのための工夫(快適な室内環境の確保、浴室、トイレ、台所等の空間構成、プライバシーの確保と交流の促進、安全性への配慮、その他)
  • 住宅改修
  • 住宅のバリアフリー化
  • ユニバーサルデザイン
  • その他

5)施設等での集住の場合の工夫・留意点

  • ユニットケア、居室の個室化、なじみの生活空間づくり、その他

6)他の職種の役割と協働

自立に向けた身じたくの介護

1)身じたくの意義と目的

2)身じたくに関する利用者のアセスメント

  • ICFの視点にもとづくアセスメント

3)生活習慣と装いの楽しみを支える介護

  • 生活習慣と装いの楽しみを支える介護の工夫

4)整容行動、衣生活を調整する能力のアセスメントと介助の技法

  • 整容(洗面、整髪、ひげの手入れ、爪、化粧等)
  • 口腔の清潔
  • 衣服着脱

5)利用者の状態・状況に応じた身じたくの介助の留意点

  • 感覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 運動機能が低下している人の介助の留意点
  • 認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点

6)他の職種の役割と協働

自立に向けた移動の介護

1)移動の意義と目的

2)移動に関する利用者のアセスメント

  • ICFの視点にもとづくアセスメント

3)安全で気兼ねなく動けることを支える介護

  • 安全で気兼ねなく動けることを支える介護の工夫(外出の環境づくり、社会参加、余暇活動、レクリエーション、その他)

4)安全で的確な移動・移乗の介助の技法

  • 歩行の介助
  • 車いすの介助
  • 安楽な体位の保持
  • 体位変換

5)利用者の状態・状況に応じた移動の介助の留意点

  • 感覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 運動機能が低下している人の介助の留意点
  • 認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点

6)他の職種の役割と協働

自立に向けた食事の介護

1)食事の意義と目的

2)食事に関する利用者のアセスメント

  • ICFの視点にもとづくアセスメント

3)「おいしく食べる」ことを支える介護

  • 「おいしく食べる」ことを支える介護の工夫(食事を楽しむための食卓の環境づくり、食器の工夫、献立に興味をもってもらう工夫、その他)

4)安全で的確な食事介助の技法

  • 食事の姿勢
  • 基本的な食事介助の方法と留意点
  • 自助具の活用

5)利用者の状態・状況に応じた介助の留意点

  • 感覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 運動機能が低下している人の介助の留意点
  • 認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 咀嚼・嚥下機能の低下している人の介助の留意点
  • 脱水の予防のための日常生活の留意点

6)他の職種の役割と協働

自立に向けた入浴・清潔保持の介護

1)入浴の意義と目的

2)入浴に関する利用者のアセスメント

  • ICFの視点にもとづくアセスメント

3)爽快感・安楽を支える介護

  • 爽快感・安楽を支える介護の工夫(入浴を楽しむ環境づくり、スキンシップ、コミュニケーション、その他)

4)安全で的確な入浴・清潔保持の介助の技法

  • 入浴
  • シャワー浴
  • 全身清拭
  • 陰部洗浄
  • 足浴・手浴
  • 洗髪

5)利用者の状態・状況に応じた介助の留意点

  • 感覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 運動機能が低下している人の介助の留意点
  • 認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点

6)他の職種の役割と協働

自立に向けた排泄の介護

1)排泄の意義と目的

2)排泄に関する利用者のアセスメント

  • ICFの視点にもとづくアセスメント

3)気持ちよい排泄を支える介護

  • 気持ちよい排泄を支える介護の工夫(がまんさせない工夫、恥ずかしくなく排泄できる環境づくり、その他)

4)安全で的確な排泄の介助の技法

  • トイレ
  • ポータブルトイレ
  • 採尿器・差し込み便器
  • おむつ

5)利用者の状態・状況に応じた介助の留意点

  • 感覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 運動機能が低下している人の介助の留意点
  • 認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 便秘・下痢の予防のための日常生活の留意点
  • 尿回数が多い人への日常生活の留意点
  • 失禁時の介護の留意点

6)他の職種の役割と協働

自立に向けた家事の介護

1)家事の意義と目的

2)家事に関する利用者のアセスメント

  • ICFの視点にもとづくアセスメント

3)家事に参加することを支える介護

  • 家事に参加することを支える介護の工夫(意欲を出すはたらきかけ、その他)

4)家事の介助の技法

  • 調理(加工食品の活用と保存、配食サービスの利用を含む。)
  • 洗濯
  • 掃除・ごみ捨て
  • 裁縫
  • 衣類・寝具の衛生管理
  • 買い物
  • 家庭経営、家計の管理

5)利用者の状態・状況に応じた介助の留意点

  • 感覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 運動機能が低下している人の介助の留意点
  • 認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点

6)他の職種の役割と協働

自立に向けた睡眠の介護

1)睡眠の意義と目的

2)睡眠に関する利用者のアセスメント

  • ICFの視点にもとづくアセスメント

3)安眠のための介護

  • 安眠のための介護の工夫

4)安眠を促す介助の技法

  • 安眠を促す環境
  • 生活動作・生活リズム
  • 精神的な支援
  • その他

5)利用者の状態・状況に応じた介助の留意点

  • 感覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 運動機能が低下している人の介助の留意点
  • 認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
  • 不眠時の対応

6)他の職種の役割と協働

終末期の介護

1)終末期における介護の意義と目的

  • 終末期における尊厳の保持
  • 事前意思確認

2)終末期における利用者のアセスメント

  • ICFの視点にもとづくアセスメント

3)医療との連携

  • 看取りのための制度(看取り介護加算)
  • 医師、看護師等との連携・協働

4)終末期における介護

  • 終末期にある人と家族の特徴
  • 終末期にある人への介助の方法と留意点
  • 終末期にある人の家族への関わりの方法と留意点

5)臨終時の介護

  • 臨終時の対応

6)グリーフケア

  • 悲嘆、受容プロセスの理解
  • グリーフケアの意義
  • グリーフケアの方法と留意点
  • グリーフケアにおける他職種との連携

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

生活支援技術まとめ

介護福祉士国家試験「コミュニケーション技術」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!

「コミュニケーション技術」は、意外に勉強しやすい話をよく聞きます。
この科目は、問題数も多くまた全体を把握しにくいものです。。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

コミュニケーション技術 科目系列マップ

※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

介護におけるコミュニケーションの基本

1)介護におけるコミュニケーションの意義、目的、役割

2)利用者・家族との関係づくり

介護場面における利用者・家族とのコミュニケーション

1)利用者・家族とのコミュニケーションの実際

  • 話を聴く技法
  • 利用者の感情表現を察する技法(気づき、洞察力、その他)
  • 納得と同意を得る技法
  • 相談、助言、指導
  • 意欲を引き出す技法
  • 利用者本人と家族の意向の調整を図る技法
  • その他

2)利用者の状況・状態に応じたコミュニケーションの技法の実際

  • 感覚機能が低下している人とのコミュニケーション
  • 運動機能が低下している人とのコミュニケーション
  • 認知・知覚機能が低下している人とのコミュニケーション
  • その他

介護におけるチームのコミュニケーション

1)記録による情報の共有化

  • 介護における記録の意義、目的
  • 介護に関する記録の種類
  • 記録の方法、留意点
  • 記録の管理
  • 介護記録の共有化
  • 情報通信技術(ICT)を活用した記録の意義、活用の留意点
  • 介護記録における個人情報保護
  • 介護記録の活用
  • その他

2)報告

  • 報告の意義、目的
  • 報告・連絡・相談の方法、留意事項
  • その他

3)会議

  • 会議の意義、目的
  • 会議の種類
  • 会議の方法、留意点
  • その他

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

コミュニケーション技術まとめ

介護福祉士国家試験「介護の基本」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!

「介護の基本」は、意外に勉強しやすい話をよく聞きます。
この科目は、問題数も多くまた全体を把握しにくいものです。。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

介護の基本 科目系列マップ

※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

介護福祉士を取り巻く状況

1)介護の歴史

  • 日本における介護の歴史的経緯
  • 介護福祉士の成り立ち

2)介護問題の背景

  • 少子高齢化、家族機能の変化、介護の社会化、高齢者虐待、介護ニーズの変化、その他

介護福祉士の役割と機能を支えるしくみ

1)社会福祉士及び介護福祉士法

  • 介護福祉士の定義
  • 介護福祉士の義務
  • 名称独占と業務独占
  • 養成制度
  • 登録状況

2)専門職能団体の活動

  • 専門職集団としての役割、機能、その他

尊厳を支える介護

1)QOL

  • QOL(生活の質)の考え方

2)ノーマライゼーション

  • ノーマライゼーションの考え方、ノーマライゼーションの実現、その他

3)利用者主体

  • 利用者主体の考え方、利用者主体の実現、その他

自立に向けた介護

1)自立支援

  • 自立・自律の考え方、自己決定・自己選択、自立支援の考え方、自立支援の具体的展開
  • 生活意欲への働きかけ、エンパワメント、 その他

2)個別ケア

  • 個別ケアの考え方、個別ケアの具体的展開、その他

3)ICF

  • ICF(国際生活機能分類)の考え方、ICFの視点にもとづく利用者のアセスメント、その他

4)リハビリテーション

  • リハビリテーションの考え方
  • リハビリテーションの実際
  • ①病院・施設におけるリハビリテーション
  • ②在宅におけるリハビリテーション
  • ③介護予防
  • リハビリテーション専門職との連携、その他

介護を必要とする人の理解

1)人間の多様性・複雑性の理解

  • その人らしさの理解(生活史、価値観、生活感、生活習慣、生活様式等の多様性、その他)

2)高齢者のくらしの実際

  • 健康、生活のリズム、生活文化、家族・世帯構成、役割、すまいと環境、就労・雇用、収入・生計、社会活動・余暇活動、レクリエーション、その他

3)障害のある人のくらしの理解

  • 障害のある人の生活ニーズ
  • 生活を支える基盤(各種年金制度、生活保護、介護保険)
  • 生活を支えるサービスの現状と課題
  • その他

4)介護を必要とする人の生活環境の理解

  • 生活、生活環境の考え方
  • 家族
  • 地域
  • 社会

介護サービス

1)介護サービスの概要

  • ケアプラン、ケアマネジメントの流れとしくみ
  • 介護保険のサービスの種類
  • サービスの報酬、算定基準
  • その他

2)介護サービス提供の場の特性

  • 居宅
  • 施設
  • その他

介護実践における連携

1)多職種連携(チームアプローチ )

  • 多職種連携(チームアプローチ)の意義と目的
  • 他の福祉職種の機能と役割、連携
  • 保健医療職種の機能と役割、連携
  • その他の関連職種との連携

2)地域連携

  • 地域連携の意義と目的
  • 地域住民・ボランティア等のインフォーマルサービスの機能と役割、連携
  • 地域包括支援センターの機能と役割、連携
  • 市町村、都道府県の機能と役割、連携
  • その他

介護従事者の倫理

1)職業倫理

  • 介護福祉士の倫理
  • 介護実践の場で求められる倫理
  • その他

2)利用者の人権と介護

  • 身体拘束禁止、虐待防止、その他

3)プライバシーの保護

  • 個人情報保護、その他

介護における安全の確保とリスクマネジメント

1)介護における安全の確保

  • 観察
  • 正確な技術
  • 予測、分析

2)事故防止、安全対策

  • セーフティマネジメント
  • 緊急連絡システム
  • 転倒・転落防止、骨折予防
  • 防火・防災対策
  • 利用者の生活の安全(鍵の閉め忘れ、消費者被害、その他)

3)感染対策

  • 感染予防の意義と介護
  • 感染予防の基礎知識と技術
  • 感染管理
  • 衛生管理
  • その他

介護従事者の安全

1)介護従事者の心身の健康管理

  • 心の健康管理(ストレス、燃え尽き症候群(バーンアウト)、その他)
  • 身体の健康管理(感染予防と対策、腰痛予防と対策、その他)
  • 労働安全

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

介護の基本まとめ

介護福祉士国家試験「人間関係とコミュニケーション」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!

「人間関係とコミュニケーション」は、意外に勉強しやすい話をよく聞きます。
この科目は、2問しか出題されず、また全体を把握しにくいものです。。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

人間関係とコミュニケーション  科目系列マップ

※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

人間関係の形成

1)人間関係と心理

  • 自己覚知、他者理解、ラポール、その他

コミュニケーションの基礎

1)対人関係とコミュニケーション

  • 対人関係・コミュニケーションの意義
  • 対人関係・コミュニケーションの概要

2)コミュニケーションを促す環境

3)コミュニケーションの技法

  • 対人距離(物理的・心理的距離)
  • 言語的コミュニケーション
  • 非言語的コミュニケーション
  • 受容・共感・傾聴

4)道具を用いた言語的コミュニケーション

  • 機器を用いたコミュニケーション
  • 記述によるコミュニケーション

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

人間関係とコミュニケーションまとめ

介護福祉士国家試験「人間の尊厳と自立」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!

「人間の尊厳と自立」は、勉強しにくいという話をよく聞きます。
この科目は、2問しか出題されず、また全体を把握しにくいものです。。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

人間の尊厳と自立 科目系列マップ

※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

人間の尊厳と自立

1)人 間理解と尊厳

  • 「人間」の多面的理解
  • 人間の尊厳
  • 自立・自律

介護における尊厳の保持・自立支援

1)人 権と尊厳

  • 権利擁護・アドボカシー
  • 人権尊重
  • 身体的・精神的・社会的な自立支援

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

人間の尊厳と自立まとめ

介護福祉士国家試験「社会の理解」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!

「社会の理解」が覚えられないという話をよく聞きます。
この科目は、範囲が広くなかなか全体を把握することが出来ませんでした。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

社会の理解 科目系列マップ

[pdf-embedder url=”https://kaigofukusi110.com/wp-content/uploads/2020/01/dfb506a0a40577d2aefdde4a7eed26b4.pdf” title=”社会の理解 科目系列マップ”]
※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

社会の理解 生活と福祉

1)家庭生活の基本機能

     生産・労働、教育・養育、保健・福祉、生殖、安らぎ・交流、その他

2)家族

     家族の概念とその変容
     家族の構造や形態
     家族の機能、役割
     家族観の多様化

3)地域

     地域の概念
     コミュニティの概念
     都市化と地域社会
     過疎化と地域社会
     地域社会の集団・組織

4)社会、組織

     社会、組織の概念
     社会、組織の機能、役割
     グループ支援、組織化
     エンパワメント

5)ライフスタイルの変化

     雇用労働の進行、女性労働の変化、雇用形態の変化
     少子化、健康寿命の延長
     余暇時間
     生涯学習、地域活動への参加
     その他

6)社会構造の変容

     産業化・都市化
     地域社会の変化

7)生活支援と福祉

     生活の概念
     福祉の考え方とその変遷
     自助、互助、共助、公助

社会の理解 社会保障制度

1)社会保障の基本的な考え方

     社会保障の概念と範囲
     社会保障の役割と意義
     社会保障の理念

2)日本の社会保障制度の発達

     日本の社会保障制度の基本的な考え方、憲法との関係
     戦後の緊急援護と社会保障の基盤整備
     国民皆保険、国民皆年金
     社会福祉法
     福祉六法
     社会保障費用の適正化・効率化
     地方分権
     地域福祉の充実
     社会保障構造改革

3)日本の社会保障制度のしくみの基礎的理解

     社会保障の財源
     社会保険、社会扶助
     公的保険制度、民間保険制度

4)現代社会における社会保障制度

     人口動態の変化、少子高齢化
     社会保障の給付と負担
     持続可能な社会保障制度

社会の理解 介護保険制度

1)介護保険制度創設の背景及び目的

2)介護保険制度の動向

     介護保険制度改革

3)介護保険制度のしくみの基礎的理解

     介護保険の保険者と被保険者
     介護保険の保険給付と利用者負担
     受給権者(要介護者・要支援者(政令で定める特定疾病を含む。))
     介護サービス利用までの流れ
     介護サービス等の種類・内容
     介護サービス情報の公表
     介護予防の概念

4)介護保険制度における組織、団体の機能と役割

     国の役割
     都道府県の役割
     市町村の役割
     指定サービス事業者の役割
     国民健康保険団体連合会の役割

5)介護保険制度における専門職の役割

     介護支援専門員の役割
     関連専門職種の役割

社会の理解 障害者自立支援制度

1)障害者自立支援制度創設の背景及び目的

     社会福祉基礎構造改革と障害者施策
     障害者基本計画、新障害者プラン
     支援費制度
     障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)の目的

2)障害者自立支援制度のしくみの基礎的理解

     障害者総合支援法に基づく自立支援給付と利用者負担
     障害者自立支援制度における事業者及び施設
     障害者自立支援制度における専門職の役割
     障害福祉サービス利用の流れ
     障害福祉サービスの種類・内容

3)障害者自立支援制度における組織、団体の機能と役割

     国の役割
     都道府県の役割
     市町村の役割
     指定サービス事業者の役割
     国民健康保険団体連合会の役割

社会の理解 介護実践に関連する諸制度

1)個人の権利を守る制度の概要

     社会福祉法における権利擁護のしくみ
     個人情報保護に関する制度
     成年後見制度
     消費者保護に関する制度
     虐待防止に関する制度

2)保健医療福祉に関する施策の概要

     生活習慣病予防その他健康づくりのための施策
     高齢者医療制度と特定健康診査等
     結核・感染症対策
     難病対策
     HIV/エイズ予防対策

3)介護と関連領域との連携に必要な法規

     医療関係者に関する法規
     医療関係施設に関する法規

4)生活保護制度の概要

     生活扶助、介護扶助

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

社会の理解のまとめ

介護福祉士・ケアマネ試験 覚える用語集「ら行」/独学合格勉強方法

ケアマネ試験の過去問より厳選!用語集「ら行」

リアリティ・オリエンテーション現実見当識練習ともいう。時間や場所、人物についての正しい情報を繰り返し示すことで、失われた見当識を改善する。
理学療法身体に障害のあるものに対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせたり電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えたりすること。
離島などにおける相当サービスの事業者離島などで、指定サービスや基準該当サービスの確保が望めない地域では、指定サービスや基準該当サービス以外の、それらに相当するサービスを、各市町村の判断で保険給付の対象とすることができる(法人格は不要)。
リハビリテーション<WHOの定義>リハビリテーションとは、能力障害あるいは社会的不利を起す諸条件の悪影響を減少させ、障害者の社会的統合を実現することをめざすあらゆる措置を含むものである。リハビリテーションは障害者を訓練してその環境に適応させるだけでなく、障害者の直接的環境および社会全体に介入して彼らの社会統合を容易にすることも目的とする。
リハビリテーションの三つの段階急性期…障害を受けて間もない時期 入院中、主に病院で行われる
回復期…障害の改善が著しい時期 退院後病院で行われる
維持期…症状が安定した時期 介護保険の対象者が多い 
※介護保険制度のリハビリテーションは維持期に行われる
リハビリの実際歩けない人…マヒや拘縮がある場合が多いため、廃用症候群予防、間接可動域の維持、筋力の維持を目的とする。日中は座位生活が送れるよう訓練
歩ける人…現状維持だけでなく、より活動的な生活ができるよう支援。体力の維持や増進だけでなくIADLの獲得やレクを取り入れ楽しむ
リビングウィルターミナル期においてどのような医療や介護を望むのかと言う、その人の意思表明。
利用者負担原則1割負担を行う。ただし一定以上の所得がある第1号被保険者は2~3割負担となる。
良性発作性頸位めまい症本来は、内耳にある耳石が三半規管に移動してしまい、頭を動かしたときに、耳石が三半規管を刺激して、激しい回転性のめまいを生じる。
療養通所介護難病などにより重度の介護を必要とする、またはがん末期の要介護者で、サービス提供にあたり情事の看護師による観察が必要な人を対象とする通所介護。
療養通所介護計画療養通所介護の管理者は、療養通所介護計画を作成する。
療養に関する事項介護認定審査会において、要介護状態または要支援状態の軽減または悪化の防止のために必要な療養に関する事項に関して、市町村に意見を述べることができる。
緑内障眼圧が上昇することで視神経を障害させやすくなる状態の事。日本での中途失明原因の第1位である。

レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)夜になると出現する下肢を中心とした異常感覚により不眠、過眠を引き起こす病気。
レビー小体型認知症アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症。男性の方が多く、女性の約2倍と言われています。初期の段階で物忘れよりも、本格的な幻視が見られる場合が多い起立性低血圧、血圧の変動、失神、便秘などの自律神経症状は高い確率でみられる。
レム睡眠行動障害浅い睡眠であるレム睡眠の時に、身体が動き出してしまう睡眠障害。悪夢により大きな声で叫んだり、暴れたりする。

労作性狭心症冠動脈の狭窄のため心筋への血流が減少し、おもに階段を登るなどの運動時に胸部症状が生じる。労作性狭心症では、歩行や階段などの労作によって症状が生じ、安静にすると治まります。食後や寒冷時などに増悪することがあります。
老人医療制度老人保健法に基づく制度。老人医療の中心として訪問看護やデイケアなどの医療サービスを提供していたが、平成18年6月の「健康保険法等の一部を改正する法律」により、老人保健法は「高齢者の医療の確保に関する法律」へと改正された。平成20年4月の同法の施行により、高齢者の医療は長寿医療制度(後期高齢者医療制度)として、同法に基づいて行われている。
老人性認知症疾患療養病棟老人性認知症疾患に対する精神科医療を行うための専門病棟。特に幻覚や妄想などの精神状態、徘徊などの問題行動があり、在宅や施設において介護が困難な患者の医療を行う。
BPSDの著しい要介護者に対し、集中的な医療ケアを提供。
対応
・薬物療法、精神療法、作業療法などを行い、BPSD軽減を目指す
・症状の改善や消失を図り、在宅復帰を目標にケアを行う
・やむを得ず身体拘束を行う場合は、精神保健指定医の診断が必要
老人福祉制度保健、医療、所得保障、雇用、住宅など高齢者の心身の健康を保持し、生活の安定や社会参加を図るための諸施策をいう。狭義には、老人福祉法を中心とした諸制度を指し、大別して、①要援護高齢者へのホームヘルプサービスなどの在宅福祉対策、②特別養護老人ホームの入所措置などの施設福祉対策、③老人クラブへの助成などの社会活動促進対策に分けることができる。なお、介護保険制度創設以前には措置制度による老人福祉制度が高齢者の公的介護の中心だった。
老人福祉制度による措置との給付調整やむ負えない事由があり、特別養護老人ホームへの入所や在宅福祉サービスの利用が老人福祉法に基づく「措置」により行われる。①本人が家族の虐待・無視を受けている場合。②認知症などで意思能力が乏しく、かつ本人を代理する家族がいない場合。
労働者災害補償保険社会保険のひとつで、労働者災害補償保険法に基づいて行われる。労災保険ともいう。民間労働者については、労働者災害補償保険法又は船員保険法が適用されるが、公務員等については、国家公務員災害補償法等それぞれの法令によって補償されている。介護保険との関係は、労災保険給付が優先する。
老年期うつ病老年期のうつ病をいう。若い頃に初発したうつ病が再発する場合と老年期に初発する場合がある。老年期は死別、失職などの喪失体験や身体的疾病など、うつ病の状況因が多く、うつ病に罹患しやすいといわれる。認知症との区別が難しい場合もあり、身体的合併症に配慮を要する。また、薬物の副作用に注意が必要である。
老年期幻覚妄想状態女性が男性の約二倍発症。聴力や視力に障害がある場合発症が多く、これらの要因に精神や環境の要因が加わり発症するのではないかといわれている。
原因…不明
症状…幻覚では幻聴、妄想では被害妄想や迫害妄想などの思考の誤りが多い
治療…抗精神病薬の使用
老年期気分障害(老年期躁うつ病)気分障害、躁状態(気分高揚)とうつ状態(落ち込み)がある
50~64歳に好発、老年人口の3~5% 
原因…配偶者や友人の死、家庭内トラブル、疾病など
症状…落ち込んだ気分、睡眠障害、頭痛。自殺の原因にも
治療…抗うつ薬(SSRI)
老年期神経症心理的要因に環境要因が加わり発症。女性の発症が多い。様々な不安により発症
①抑うつ神経症
原因…喪失体験
症状…悲壮感、孤独感
②不安神経症
症状…心悸亢進、発汗、息苦しさを伴う不安発作、全般性不安障害
③心気症
症状…過度に健康を心配し、悪い方向に解釈し訴える
老年期パーソナリティ障害精神障害や脳神経の疾患がないのに著しい性格の偏りがみられる疾患
原因…喪失体験、性格の偏りが著しくなった状態が生じる
症状…自己中心的、頑固、非協力的、猜疑的、いじわる。トラブルを起こしやすい
治療…もともとの性格ともいえるので治療困難
老年期の統合失調症統合失調症は思春期に発病することが多い。幻覚、妄想、興奮など様々で、寛解と再燃を繰り返す慢性疾患
症状…統合失調症に罹患した人が高齢者になると、激しい症状はなくなり、無関心、自閉的、感情鈍麻がみられる
治療…服薬継続、内心世界を理解したかかわり
老年性症候群高齢期の生活機能を低下させ、生活の質を低下させる状態の事。意識障害、せん妄・抑うつ・認知機能障害・不眠・低栄養、食欲不振、脱水・めまい、ふらつき・視聴覚障害・手足のしびれ・フレイル(虚弱)、サルコペニア、廃用症候群・尿失禁・嚥下障害、誤飲・褥瘡がある。
老年症候群高齢者によくみられる病態。
・精神、心理的障害…認知症、せん妄、抑うつ
・移動能力障害…寝たきり、廃用症候群、転倒、骨折
・排泄機能障害…排尿障害、便秘、失禁
・感覚障害…視覚、聴覚、味覚障害
・栄養摂取生涯…低栄養、脱水
・その他…めまい、失神、褥瘡、不眠 等
老齢福祉年金国民年金が発足した1961年(昭和36年)の当時に既に高齢等であったことを理由に国民年金を受け取ることができない人々を救済するために設けられた制度。国民年金の受給資格が満たせない人(1911(明治44)年4月1日以前に生まれた人など)が受けられる年金。

終わりに

介護福祉士・ケアマネ試験 覚える用語集「ら行」/独学合格勉強方法

介護福祉士・ケアマネ試験 覚える用語集「は行」/独学合格勉強方法

ケアマネ試験の過去問より厳選!用語集「は行」

肺炎日本人の死亡原因の第3位。肺炎による死亡者の95%以上は高齢者である。主に細菌やウイルスの感染によって起こる。
ウイルスや細菌などの病原微生物の感染に起こる 高齢者に多い
風邪などに引き続いて発症するものと、誤嚥性肺炎がある
症状…発熱と咳 高齢者では症状が出にくく、ぼーっとする、食欲低下などで現れる
対応…抗生物質 体力低下の高齢者の場合回復が難しいことも
肺炎球菌ワクチン
パーキンソン病脳の黒質にある神経細胞が変性、消失により起こる。50~60代に発症、15~20年で自立歩行不可
症状 パーキンソン四大運動症状
・振戦…体のふるえ
・筋固縮…筋肉の硬さ、歯車減少
・無動…仮面様顔貌
・姿勢、歩行障害
対応…Lドパなどの薬物療法、リハビリ
40歳以上の中高年に発症が多く、手足のふるえ、筋の固さ、動作の遅さ、歩行の拙劣さ、転びやすさなどの症状がみられる病気。
徘徊認知症の症状のひとつとしてあらわれることがある。あてもなく、目的も無く、家の中や外をさまよい歩いていると思われがちだが、本人は目的があって歩き回っていることが多い。
肺結核結核菌が肺に感染。高齢者の場合以前感染、潜伏していた菌が体力低下により活動することで発症
症状…咳、痰、血痰、胸痛、喀血、発熱。高齢者では症状に乏しい
対応…都道府県知事の指定する医療機関への入院。
肺気腫
敗血症
肺梗塞
バイタルサイン
排尿障害尿意を感じても尿を容易に出せない状態。
排便障害便秘、下痢、便失禁をさす。
排便反射食事をとると胃が膨らみ、これが刺激となって消化管の運動が活発になり 消化管内の圧力が高まり便意を生ずること。
廃用症候群寝たきりなど身体を動かす機会が少なくなったことで引き起こされる心身の機能が低下する病的状態をいう。主に起こりやすい症状は節の拘縮(関節が一定の範囲でしか動かなくなる状態)、筋力の低下、骨粗鬆症(骨粗しょう症)、起立性低血圧(立ちくらみ、立ち上がった際に頭部・上半身の血圧が下がって生じる)、息切れ、食欲不振、排尿障害、深部静脈血栓症(大腿の奥にある静脈に血の塊が生じる)、褥瘡(じょくそう)や便秘などがあり、精神的には意欲の減退、うつ傾向、認知症を招くこともある。
廃用性萎縮寝たきりやケガによるギブス固定等で、筋肉の活動が長期にわたり行われないことによって起こる筋肉の縮小。寝たきり状態の固定化につながるため、マッサージ等で防止する。
長谷川式認知症スケール
白内障水晶体の混濁により視力低下をきたす疾患の事。ほとんどの原因が加齢のためで、紫外線、喫煙、ステロイド全身投与等が危険因子となる。
白癬・カンジダカビに感染することで生じる。足にできる白癬は水虫。
カンジダは湿ったところを好み、おむつを使用している場合の陰部に発生しやすい
白内障水晶体の混濁により視力低下をきたす疾患の事。ほとんどの原因が加齢のためで、紫外線、喫煙、ステロイド全身投与等が危険因子となる。
白血球加齢に伴い変化せず。
上昇、増加…炎症、白血病
低下、減少…薬剤の副作用、再生不良性貧血
検査の目的…炎症の有無の確認
歯車現象
波長合わせ
バスグリップ浴槽に取り付けられる手すり。浴槽への出入りや浴槽内での動作補助の役目を果たす。
パーソン・センタード・ケア認知症をもつ人を1人の「人」として尊重し、その人の立場になって考え、ケアを行う考えの事。
発熱
バリアフリー公共の建築物や道路、個人の住宅等において、お年寄りや障害者の利用にも配慮した設計のことをいう。具体的には、車いすで通行可能な道路や廊下の幅の確保、段差の解消警告床材・てすり・点字の案内板の設置等があげられる。
パルスオキシメータ
バルーンカテーテル
半座位ベッド上の上半身を45度程度あげた体位。
半側空間失認
ハンチントン病

ピア・カウンセリング障害者が、自らの体験に基いて、同じ仲間である他の障害者の相談に応じ、問題解決を図ること。
PTPhysical Therapistの略。理学療法士のこと。
ピック病特定疾病。初老期認知症の一つで40~60歳代に発症。
反社会的行動、人を馬鹿にする態度など、人格障害が多い
皮膚疾患皮質欠乏症…加齢に伴い皮膚内の水分が減少するだけでなく、皮脂の分泌力も低下しているためカサカサ
皮膚搔痒症…冬場の乾燥した時期、皮膚が乾燥し下腿や背部に痒みが生じる
皮質欠乏性失神…皮質が欠乏し湿疹が発生
被保険者第1号被保険者→市町村の区域内に住所を有する65歳以上
第2号被保険者→市町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者
・強制適用である
・日本に住民票がない場合対象外
※生活保護受給者は住所要件を満たしているため65歳以上は第1号被保険者となる
被保険者証第1号全員に交付。第二号は要介護認定を申請した人か交付の申請をした人に交付
・全国一律
・紛失時市町村に再交付を申請
・資格喪失時返還
・要介護認定の際提出
・サービスを受ける時、事業所や施設に提示
被保険者資格取得いづれも当日に取得
・医療保険加入者が40歳に達する(誕生日の前日)
・移転し当該市町村の区域内に住所をもつにいたった日
・40歳以上65歳未満の者が医療保険に加入
・適用除外施設を退所
被保険者資格喪失翌日に喪失
・適用除外施設に入所
・死亡
・市町村の区域内に住所がなくなった
当日に喪失
・住所がなくなった日に別の市町村の区域内に住所をもつに至った場合
・第二号被保険者が医療保険加入者でなくなったとき
被保険者の適用除外・指定障害者支援施設
・障害者支援施設
・医療型障害児入所施設
・国立ハンセン病療養所等の療養病床
・救護施設
日和見感染どこにでもいる黄色ブドウ球菌や緑濃菌による感染。免疫に異常ない場合は感染しない

非代替性
左片麻痺
必要エネルギー量
皮膚
ピアカウンセリング
ヒヤリ・ハット報告書
ピック病
 ・初老期に発症する。
 ・前頭葉と側頭葉に限定して発症する。
 ・初期の記憶障害は見られない
 ・人格変化が起き、奇妙な行動を繰り返す。

PEM

BMI

B型肝炎

BPSD

ビオー呼吸

被害妄想

引き戸等への扉の取替え(住宅改修の給付対象)
開き戸を引き戸・折り戸・アコーディオンカーテンに取替えるなどの工事(ドアノブの変更、戸車の設置、右開きを左開きに変更するなども含まれる)扉の撤去

非言語的コミュニケーション

皮脂欠乏症

非審判的な態度

左半側空間無視

ヒップ・プロテクター

皮膚カンジタ症

皮膚掻痒感

被保険者

被保険者資格取得の時期
・医療保険加入者が40歳に達したとき(誕生日の前日)
・生活保護の被保護者から医療保険に加入したとき
・生活保護の被保護者が65歳に達したとき(誕生日前日)
・適用除外施設を退所したとき

被保険者喪失の時期
・住所移転により、市町村の区域内に住所がなくなった場合(翌日)
・40歳以上65歳未満の医療保険加入者が、生活保護法の保護開始などにより医療保険加入者でなくなった場合
・死亡した場合
・適用除外施設に入所した場合(翌日)

被保険者証

秘密の保持

評価

被用者保険

標準予防策

病的老化

病理診断

頻呼吸

頻脈

フォーマル・ケア公的機関が行う制度に基いた社会福祉サービスのことをいう。
フォロー・アップ個別援助において、援助の終結後、サービス利用者への援助効果やその後の状況を確認するため追跡し評価することをいう。
副交感神経交感神経とは反対に身体の緊張を解き、鎮静する方向に働く自律神経。
福祉広くは福利、幸福を表す言葉。社会福祉と同義に使われたり、社会福祉公衆衛生、社会保障を包括した概念として使われるなど、必ずしも定義は定まっていないが、社会福祉の目的概念として健康で文化的な最低限度の生活を積極的に表すものとして、現代社会で定着している。
福祉機器身体機能に衰えがみえる高齢者や身体障害者等の活動範囲を広げ、自立した生活を可能とすることや介護の省力化等を目的として製作され使用される用具・機器などをいう。
福祉国家国民全体の福祉を目的とした国家のこと。戦争国家に対していう。歴史的には第二次大戦後に社会保障の充実を図ったイギリスが福祉国家と呼ばれたところにはじまる。
福祉人材センター社会福祉事業従事者の確保を図ることを目的として設立された社会福祉法人で、社会福祉事業法に基き指定されたものをいう。各都道府県に一ヶ所ある
福祉マンパワー社会福祉援助活動を支える人的資源(労働力)をいう。
福祉用具貸与介護保険の給付対象となる在宅サービスのひとつ。要介護者または要支援者であって在宅における介護を受けるものについて行われる日常生活の自立を助けるための福祉用具の貸与。貸与する福祉用具としては、車いす、特殊寝台、褥瘡(じょくそう)予防用具、体位変換器、手すり、スロープ、歩行器、歩行補助つえ、痴呆性老人徘徊感知機器、移動用リフトが定められている。
福祉六法生活保護法、児童福祉法、身体障害者福祉法、精神薄弱者福祉法、老人福祉法、母子及び寡婦福祉法の六つの法律を指す。
部分浴体の一部分だけを湯につけて洗うこと。
プライマリケア診療所など住民に身近な医療機関が行う健康相談や診療等の「日常的な保健・医療サービス」のこと。

腹圧性尿失禁
福祉用具専門相談員
副交感神経
副作用
浮腫

フォーマルサービス

腹圧性尿失禁

複合サービス

福祉用具

福祉用具億入費支給限度基準額

福祉用具専門相談員

福祉用具購入費の支給限度基準額
特定福祉用具の購入に要した費用をもとに算定される。その合計額が年(4月1日から12か月間)を単位として管理され、支給限度基準額は10万円(利用者負担1万円を含む)である。

福祉用具の目的
要介護状態となっても、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにする。利用者の日常生活上の便宜を図り、利用者を介護するものの負担の軽減を図る。

福祉用具貸与
福祉用具専門員から助言を受けて貸与を行うもの。

福祉用具貸与の種目
福祉用具貸与に係る種目は13種類がある。
・車いす
・車いす付属品
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり
・スロープ
・歩行器
・歩行補助つえ
・認知症老人徘徊感知機器
・移動用リフト(つり具の部分を除く)
・自動排泄処理装置

福祉用具貸与計画

腹水

腹痛

腹膜透析

服薬コンプライアンス

浮腫

不整脈
脈拍のリズムが乱れていること。不整脈の症状はほとんどの場合なく、程度がひどくなれば自覚するようになる。すべての不正脈に治療が必要なわけではなく、心不全状態になる場合や、意識消失発作を起こすものが治療の対象となる。

不正利得に対する徴収権

負担割合証

普通徴収

普通調整交付金

舞踏病運動

不服審査

不眠

ふらつき

浮力・粘性作用

フレイル
意図しない衰弱、筋力の低下、活動性の低下、認知機能の低下、精神活動の低下等健康障害を起こしやすい脆弱な状態の事。

フレイルティサイクル

分館型介護老人保健施設

ペースメーカー心臓に電気刺激を周期的に与えて収縮させ、心拍を正常に保つ装置。

平均寿命
変形性膝関節症

閉塞性動脈硬化症(ASO)
血管の動脈硬化により、狭窄や閉塞を起こして血液の流れが悪くなり、十分な血液が抹消まで送れなくなる状態。

HbA1C

ヘリコバクター・ピロリ菌

変形性関節症

変性性膝関節症

変更認定

訪問看護看護者が対象者の自宅を訪ね、その生活の場の中で展開する看護活動を指す。
ポータブルトイレ被介護者の部屋で排泄することができる持ち運び可能なトイレ。トイレまで移動しなくてもベッドサイドに置いて使用することができるため、被介護者・介助者ともに負担軽減にもなる。
ホームヘルパー高齢者、心身障害者(児)の家庭を訪問し、入浴・排泄・食事等の保護、衣類の洗濯、住居等の掃除、生活必需品の買い物、関連機関等との連絡、生活・身上・介護に関する相談・助言を業務とする職種。
ホームヘルプサービス(訪問介護)高齢者、障害者、難病患者等を対象に、家庭等にホームヘルパーを派遣し、入浴、排せつ、食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事や生活等に関する相談、助言など日常生活上の世話を行うサービス。
保健所地域における公衆衛生の向上及び増進を目的とした行政機関。
ボランティア社会福祉において、無償性、善意性、自発性に基づいて技術援助、労力提供等を行う民間奉仕者。

訪問介護(ホームヘルプサービス)
訪問介護員(ホームヘルパー)
保健師助産師看護師法
保険給付
ポータブルトイレ
骨の強化
膀胱過敏
ボランティア
ホーエン・ヤール重症度分類

包括的・継続的ケアマネジメント支援事業

包括的支援事業の内容
・総合相談支援事業
・権利擁護業務
・包括的・継続的ケアマネジメント業務
・在宅医療・介護連携の推進
・在宅生活サービスの体制整備
・認知症施策の推進

包括的支援事業の委託

膀胱カテーテル

放散痛

法定後見制度
四親等以内の親族等の申し立てに基づいて、家庭裁判所が後見人を職権で選任する制度。対象者によって、後見、保佐、補助の3つに分けられる。

法的代理受領

訪問介護
要介護状態となった場合においても、可能な限り居宅において利用者が有する能力に応じ自立した生活を営むことができるように支援すること。

訪問介護サービス提供の形態
・滞在型(一定の時間、利用者の居宅に滞在してサービスを提供するもの)
・巡回型(30分未満の短時間で1日に何回か巡回訪問してサービスを提供するもの)

訪問介護の内容
「身体介護」
「生活援助」
「通院等のための乗車又は降車の介助」の3つに分けられる。

訪問介護計画
サービス提供責任者が居宅サービス計画に沿って作成する。利用者の状況をよく知り、目標を定めて具体的なサービス内容を決めなければならない。

訪問看護
医師の指示所のもと居宅において看護師等により行われる療養上の世話または必要な診療の補助を行うサービスの事。

訪問看護ステーション

訪問看護指示書

訪問入浴介護
居宅要介護者を対象に、原則看護職員1人、介護職員2人がその居宅を訪問し、特殊浴槽を持ち込んで入浴介助を行うサービスの事。

訪問リハビリテーション
対象者の居宅において提供されるリハビリテーションのこと。内容として
・廃用症候群の予防と改善
・基本動作能力の維持・回復
・ADLの維持・回復
・IADLの維持・回復
・対人交流・社会交流の維持・拡大
・介護負担の軽減

保険給付の種類
・「介護給付」
・「予防給付」
・「市町村特別給付」の3種類
市町村特別給付は第1号被保険者の保険料によって賄われる。

保険給付の基本的理念(介護保険法第2条)
要介護状態等の軽減と悪化の防止・医療との連携への十分な配慮・利用者の選択に基づく適切なサービスの総合的、効率的な提供・多様な事業者、施設によるサービスの提供・居宅における日常生活の重視

保険給付の制限

保険事故

保険者
市町村及び特別区(東京23区)。被保険者の少ない市町村では、広域連合や一部事務組合を設けて保険者とすることもできる。保険者は被保険者を把握し、保険料を徴収する。被保険者が要介護・要支援状態になった場合保険給付を行う。

保険者の事務
・被保険者の資格管理に関する事務
・要介護認定・要支援認定に関わる事務
・保険給付に関する事務
・サービス提供事業者に関する事務
・地域支援事業および保健福祉事業に関する事務
・市町村介護保険事業計画に関する事務
・保険料に関する事務
・条例・規則などに関する事務
・財政運営に関する事務

保健福祉事業

保険料の減免

歩行障害

歩行器(福祉用具貸与対象品)
歩行機能を補う機能があり、移動時に体重を支える構造を有する次のいずれかに該当するもの。
・車輪のあるものにあっては、身体の前・左右を囲む取っ手などのあるもの
・4脚のあるものあっては、上肢で保持するもの

歩行補助つえ(福祉用具貸与対象品)
・松葉づえ
・カナディアン・クラッチ
・ロフストランド・クラッチ
・プラットホームクラッチ
・多点杖に限る。

保佐類型(法定後見制度)の対象者
認知症等の精神上の障害により、判断能力が著しく不十分なものが対象となる。

保佐人が行う事が出来る事
本人が行う一定の行為に同意を与える権限をもつ。本人が保佐人の同意を得ずにした契約等の行為については、本人に不利益なものは、原則として取り消すことができる。本人の同意を得て、家庭裁判所に審判を求め、代理権を得ることができる。

補足性の原理
生活に困窮するものの資産や能力などあらゆるものを、最低限程度の生活を維持するために活用する。民法に定める扶養義務者の扶養や他の法律に定める扶助は、生活保護法に優先する。

補助類型(法定後見制度)の対象者
認知症等の精神上の障害により、判断能力が不十分なものが対象者となる。

補助人が行う事が出来る事
本人の同意を得て、家庭裁判所に審判を求め、同意権と代理権を得ることができるが、同意権の範囲は保佐人より限定されたものになる。

ホルター心電図

終わりに

介護福祉士・ケアマネ試験 覚える用語集「は行」/独学合格勉強方法

PAGE TOP