ケアマネ勉強方法ノートで一発合格するための勉強方法 ~手順その1~

はじめに

巷にある試験では満点を取らなければ合格できないものはありません。ケアマネ試験も然り。
合格基準点というものがありますが知っていますか?

合格基準点:正答率70%(問題の難易度によって補正があります)。

正答率70%に届かなくても合格できた年もあるくらいです。よって満点を取る必要がないのです。
しかし、正答率70%ぎりぎりでは合格発表まで不安でたまりませんので、今回の勉強法で正答率80%を目指しましょう!
つまり、介護支援分野は20点/25点、保健医療福祉サービス分野は28点/35点です。

ケアマネ試験になかなか合格できないという人は、勉強方法を見直しましょう。今までと同じ勉強方法では合格することはできません。また、初めて受験する人も、1年に一度しか行われない今年の10月の試験には、絶対に合格したいですよね。
そこで今回は、「ケアマネ試験を一発合格するための勉強方法4つの手順」について解説していきます。
実際に、私が一発で合格した勉強方法ですので、信頼性はあると思います。
ぜひ実践してみてくださいね。

1 正答率80%を目指す。
2 介護支援分野は5問、保健医療福祉分野は7問も間違えて良い。
3 満点を取らなくて良いんです!

1 正答率80%を目指す。
2 介護支援分野は5問、保健医療福祉分野は7問も間違えて良い。
3 満点を取らなくて良いんです!

勉強方法

1 過去問を解く

まずお伝えしたいことがあります。
それは、過去問題集には「何も書き込まない」ということです。
過去問題集は何度も繰り返してやりますので、前回にやった印などがあると勉強の邪魔になってしまいますので、過去問題集には書き込みをせず、メモ帳などに「〇」とか「×」とかを書いて、大事だな!覚えておこう!と思ったことを「これだけノート」に書き溜めでいきましょう。

※最終ページに過去問の回答用紙を作りましたので、印刷して使ってください。
    <理由>
1 どんな問題がでるのか? 問題の傾向を知る。
2 知識を確認する(あなたの実力判断材料)。
3 時間配分を確認できる。

過去問を解くことで、こんな問題が出るんだということを知ることができます。
一方、ここの項目は試験に出ないんだということも分かりますので、効率的な勉強ができます。

<実践方法>
1回目:過去問を最初から最後まで解いて答え合わせをする
2回目:1回目で間違えたところだけを解く
3回目:2回目で間違えたところだけを解く
全問正解するまで過去問を解き続ける

ケアマネ試験-介護支援分野の過去問全掲載-(第22回~第17回)

まとめ

ケアマネ勉強方法ノートで一発合格するための勉強方法 ~手順その1~

ケアマネ勉強方法ノートで試験に一発合格した方法と苦手克服を大公開!

ケアマネ勉強方法ノートで試験に一発合格した方法と苦手克服を大公開!

私は、平成20年10月19日(日)に行われた第11回ケアマネ試験に一発で合格しました。
大学ノートを駆使して、「インプット学習」そして、「アウトプット学習」、「がんがん問題演習」と計画を立てて勉強しました。
今回は、私が一発で合格できた「大学ノートで苦手克服法」を書き残しました。

ケアマネ試験に一発合格

大学ノート(実物)

大学ノート苦手克服法としていますが、実際には、ルーズリーフタイプのノートです。あるページを写真に収めてみました。こんな風に、勉強を進めながら、書き込みができるのが大学ノートです。

部分的に拡大してみました。

一発合格ノート

ちょっと写真では分かりにくいので、細かく説明していきます。

インプット学習で基礎固め-1

私がケアマネ試験の勉強をしていた時は、「五訂 介護支援専門員基本テキスト」でした。
第1巻の最初のページから大学ノートに大事な部分を書き込みました。

鉛筆と消しゴムを準備して、まずは大事な部分を書きだします。
上の写真をご覧になると、鉛筆で書かれていますね。こんな風に。
赤いボールペンの文字やマーカーは次の段階で記入したものです)
—————————————————————

第1編 介護保険制度導入の背景
長寿・高齢化の進展
「日本の将来推計人口」(2006年12月公表)
65歳以上高齢者 2005年(H17) 2576万人(総人口の20.2%)
2015年(H27) 3378万人(総人口の26.9%)
2025年(H37) 3635万人(総人口の30.5%)
※その中でも、要介護状態となる危険性の高い75歳以上の
後期高齢者の増加が著しいのが特徴。

要支援・要介護認定を受けた高齢者

—————————————————————

この時期は、覚えるなんてことはしません。
最初は、どんどんと大事な部分を大学ノートにひたすら書き込む作業です。
ひたすら、ただひたすらです。

正直言うと、この作業は大変でした。
——————————
第1巻:172ページ
第2巻:194ページ
第3巻:132ページ  合計:498ページ
——————————

今、大学ノートを見直してみても、基礎固めをやってきたので
ちょっと読み返せば思い出せます。
その位にの力を、この大学ノートは持っています。

そして、どんどんと書き込んでいくことで、頻出問題も分かってきます。
しかし、初めに大学ノートに鉛筆で書き込んでいるのに、
赤線やマーカーが一つもついていないページもあります。
これは、試験には出なかったんでしょうね。

インプット学習で基礎固め-2

インプット学習で基礎固め-1では、ただ大学ノートに書き込むという作業だけで、覚えるという作業は一切しません。その後、過去問などを項目ごとに書き込んでいきます。

それをやることで、大学ノートにどんどんと情報が蓄積していきます。
言い忘れましたが、過去問もはじめは答えを見ながら解いていきます。知識も何もない時に、問題を解く(考える)という労力を注ぐ必要はありません。大学ノートにどんどんと書き込むという作業を繰り返していきます。

基本テキストの情報と過去問の情報で、かなりの情報量になります。とは言え、この作業にはかなりの時間と労力が必要になりますので、しっかりと計画を立てて、毎日、勉強するようにしましょう。そして、仕事がお休みの時は、時間がたくさんあると思いますので、しっかりと大学ノート作りに専念しましょう。

助言

ケアマネ試験で大事な科目ごと、項目ごとに一発合格ノートを日々公開しております。ぜひ、ご覧になり勉強のお役に立ててください。

やり方が分からないという方は、問い合わせフォームより直接質問してください。

まとめ

ケアマネ勉強方法ノートで試験に一発合格した方法と苦手克服を大公開!

ケアマネ試験に一発合格

ケアマネ勉強方法ノートで一発合格するための勉強方法 ~手順その1~

ケアマネ試験初受験者のイロハ(2021年第24回)

ケアマネ試験を初めて受験する時、どんな問題が出るんだろうと試験当日まで不安を抱えていることが多いようです。そのため、ケアマネ試験を初めて受験する時にこれだけは知っておいた方が良いという「イロハ」をお伝えします。

2021年10月10日(日)に予定されているケアマネ試験までまだまだ勉強する時間はありますので、大まかな試験内容についてお伝えしましょう。

2021年のケアマネ試験は10月10日(日)に実施される予定になっています。ケアマネ試験は、全60問を10:00~12:00(120分)で解いて、合格基準点以上を取る必要があります。

回答方法

ケアマネ試験の設問に対して、5肢複択方式で「2つ選べ」と「3つ選べ」の2種類がある。

<例>

社会保険診療報酬⽀払基⾦の介護保険関係業務について正しいものはどれか。2つ選べ
地域⽀援事業のうち包括的⽀援事業として正しいものはどれか。3つ選べ

そのため、問題を読んだ際に「〇つ選べ」なのか、しっかりと〇印をつけておきましょう。

時間配分

ケアマネ試験は、10時から12時までの2時間=120分で行われます。

ケアマネ試験は全60問だので、単純計算をすると、2分で1問という時間配分になります。1問に2分間を費やしてしまうと余裕がなく見直しもできなくなりますので、時間配分には留意が必要になります。

私が受験したときは、一通り60問を解き終わった時間が60分で半分の時間で解き終わりました。問題に慣れていればその位の時間で終わることができますので、そのあとはゆっくりと見直しをすることができるのです。

実際、試験の途中で退出する人も半分位いましたから。120分丸々を要することにはならないと思います。

そもそもが文章の読解力になり、設問と選択肢をいかに早く読んで何を問われているのかを理解して、回答までの時間をスピーディーにするかにかかっていますので、日々問題演習の鍛錬が必要です。

科目の分類

介護支援分野=25問

保健医療福祉サービス分野=35問
(内訳)
 保健医療サービス(基礎)=5問
 保健医療サービス(総合)=15問
 福祉サービス分野=25問

ケアマネ試験合格基準点の年度推移

年度ごとの科目別の合格基準点を記しましたが、介護支援分野は60.0%、保健医療福祉サービス分野は74.3%が最大マックスになりますので、100点満点なんて目指さなくて良いんです。

とはいえ、年度によって上下があります

まとめ

ケアマネ試験初受験者のイロハ(2021年第24回)について書いてきました。最低限の試験対策ですので、今後細かく追加していきますので、お楽しみに!

【Note】ケアマネ試験のイロハ(2021年第24回)受験者用