実務者研修とは?介護福祉士試験に必要【介護職員基礎研修の場合】2023年度第36回国家試験

介護福祉士国家試験の2023年度(第36回)は、2023(令和5)年1月下旬に実施されます

介護福祉士試験を受験するには、実務経験(3年以上)+実務者研修の受講修了が必須になります

そこで「実務者研修」について、それぞれ保有資格(無資格を含む)ごとに調べてみました

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

介護職員基礎研修の場合

介護職員基礎研修の資格を持っていても、介護福祉士の受験資格を得ることはできません
そのため、実務者研修の修了が必要になります

介護職員基礎研修の資格を持ってれば、一部の科目が免除され、全50時間の受講時間になります

科目名時間数介護職員基礎研修
人間の尊厳と自立5
社会の理解Ⅰ5
社会の理解Ⅱ30
介護の基本Ⅰ10
介護の基本Ⅱ20
コミュニケーション技術20
生活支援技術Ⅰ20
生活支援技術Ⅱ30
発達と老化の理解Ⅰ10
発達と老化の理解Ⅱ20
認知症の理解Ⅰ10
認知症の理解Ⅱ20
障害の理解Ⅰ10
障害の理解Ⅱ20
こころとからだのしくみⅠ20
こころとからだのしくみⅡ60
介護過程Ⅰ20
介護過程Ⅱ25
介護過程Ⅲ45
医療的ケア50
合計時間45050

実務者研修は通信+通学コースで修了を目指すことが一般的です

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

介護職員基礎研修とは

2012年度にホームヘルパー1級と介護職員基礎研修が廃止され一本化されました
2016年度より介護福祉士国家試験の受験資格に変更があり、3年以上の実務経験と合わせて、実務者研修を修了していることが義務づけられました

まとめ

介護職員基礎研修の資格を持っていても、介護福祉士の受験資格を得ることはできません
そのため、実務者研修の修了が必要になります

介護職員基礎研修の資格を有していると、「医療的ケア」の1科目、時間にして50時間以外の科目は免除されます

介護福祉士国家試験の受験資格でもある「実務者研修」を受講しましょう

参考

介護福祉士試験2023 実務者研修は保有資格で全然違う!要注意!

実務者研修とは?介護福祉士試験に必要【旧ヘルパー1級の場合】2023年度第36回国家試験

介護福祉士国家試験の2023年度(第36回)は、2023(令和5)年1月下旬に実施されます

介護福祉士試験を受験するには、実務経験(3年以上)+実務者研修の受講修了が必須になります

そこで「実務者研修」について、それぞれ保有資格(無資格を含む)ごとに調べてみました

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

旧ヘルパー1級の場合

旧ヘルパー1級の資格を持っていても、介護福祉士の受験資格を得ることはできません
そのため、実務者研修の修了が必要になります

旧ヘルパー1級の資格を持ってれば、一部の科目が免除され、全95時間の受講時間になります

科目名時間数ヘルパー1級
人間の尊厳と自立5
社会の理解Ⅰ5
社会の理解Ⅱ30
介護の基本Ⅰ10
介護の基本Ⅱ20
コミュニケーション技術20
生活支援技術Ⅰ20
生活支援技術Ⅱ30
発達と老化の理解Ⅰ10
発達と老化の理解Ⅱ20
認知症の理解Ⅰ10
認知症の理解Ⅱ20
障害の理解Ⅰ10
障害の理解Ⅱ20
こころとからだのしくみⅠ20
こころとからだのしくみⅡ60
介護過程Ⅰ20
介護過程Ⅱ25
介護過程Ⅲ45
医療的ケア50
合計時間45095

実務者研修は通信+通学コースで修了を目指すことが一般的です

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

まとめ

旧ヘルパー1級の資格を持っていても、介護福祉士の受験資格を得ることはできません
そのため、実務者研修の修了が必要になります

旧ヘルパー1級の資格を有していると、「実務者研修」の科目を2科目、時間にして95時間以外の科目は免除されます

介護福祉士国家試験の受験資格でもある「実務者研修」を受講しましょう

参考

介護福祉士試験2023 実務者研修は保有資格で全然違う!要注意!

実務者研修とは?介護福祉士試験に必要【旧ヘルパー2級の場合】2023年度第36回国家試験

介護福祉士国家試験の2023年度(第36回)は、2023(令和5)年1月下旬に実施されます

介護福祉士試験を受験するには、実務経験(3年以上)+実務者研修の受講修了が必須になります

そこで「実務者研修」について、それぞれ保有資格(無資格を含む)ごとに調べてみました

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

旧ヘルパー2級の場合

旧ヘルパー2級の資格を持っていても、介護福祉士の受験資格を得ることはできません
そのため、実務者研修の修了が必要になります

旧ヘルパー2級の資格を持ってれば、一部の科目が免除され、全320時間の受講時間になります

科目名時間数ヘルパー2級
人間の尊厳と自立5
社会の理解Ⅰ5
社会の理解Ⅱ30
介護の基本Ⅰ10
介護の基本Ⅱ20
コミュニケーション技術20
生活支援技術Ⅰ20
生活支援技術Ⅱ30
発達と老化の理解Ⅰ10
発達と老化の理解Ⅱ20
認知症の理解Ⅰ10
認知症の理解Ⅱ20
障害の理解Ⅰ10
障害の理解Ⅱ20
こころとからだのしくみⅠ20
こころとからだのしくみⅡ60
介護過程Ⅰ20
介護過程Ⅱ25
介護過程Ⅲ45
医療的ケア50
合計時間450320

実務者研修は通信+通学コースで修了を目指すことが一般的です

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

まとめ

旧ヘルパー2級の資格を持っていても、介護福祉士の受験資格を得ることはできません
そのため、実務者研修の修了が必要になります

旧ヘルパー2級の資格を有していると、「実務者研修」の科目が9科目、時間にして130時間が免除されます(全320時間)

介護福祉士国家試験の受験資格でもある「実務者研修」を受講しましょう

参考

介護福祉士試験2023 実務者研修は保有資格で全然違う!要注意!

実務者研修とは?介護福祉士試験に必要【初任者研修の場合】2023年度第36回国家試験

介護福祉士国家試験の2023年度(第36回)は、2023(令和5)年1月下旬に実施されます

介護福祉士試験を受験するには、実務経験(3年以上)+実務者研修の受講修了が必須になります

そこで「実務者研修」について、それぞれ保有資格(無資格を含む)ごとに調べてみました

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

初任者研修の場合

初任者研修の資格を持っていても、介護福祉士の受験資格を得ることはできません
そのため、実務者研修の修了が必要になります

初任者研修の資格を持ってれば、一部の科目が免除され、全320時間の受講時間になります

科目名時間数初任者研修
人間の尊厳と自立5
社会の理解Ⅰ5
社会の理解Ⅱ30
介護の基本Ⅰ10
介護の基本Ⅱ20
コミュニケーション技術20
生活支援技術Ⅰ20
生活支援技術Ⅱ30
発達と老化の理解Ⅰ10
発達と老化の理解Ⅱ20
認知症の理解Ⅰ10
認知症の理解Ⅱ20
障害の理解Ⅰ10
障害の理解Ⅱ20
こころとからだのしくみⅠ20
こころとからだのしくみⅡ60
介護過程Ⅰ20
介護過程Ⅱ25
介護過程Ⅲ45
医療的ケア50
合計時間450320

初任者研修を修了している場合、実務者研修ではこれら9科目の受講が免除され、130時間の受講時間が節約できます

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

まとめ

初任者研修の資格を有していると、「実務者研修」の科目が9科目、時間にして130時間が免除されます(全320時間)

介護福祉士国家試験の受験資格でもある「実務者研修」を受講しましょう

参考

介護福祉士試験2023 実務者研修は保有資格で全然違う!要注意!

実務者研修とは?介護福祉士試験に必要【無資格の場合】2023年度第36回国家試験

介護福祉士国家試験の2023年度(第36回)は、2023(令和5)年1月下旬に実施されます

介護福祉士試験を受験するには、実務経験(3年以上)+実務者研修の受講修了が必須になります

そこで「実務者研修」について、それぞれ保有資格(無資格を含む)ごとに調べてみました

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

無資格の場合

実務者研修は無資格でも受けられるの?

受講することができます。
初任者研修を修了していくても受講が可能です

無資格の人はすべての科目を受講する(450時間)
無資格者の取得期間は6カ月になります

実務者研修は、介護の経験がなくても受講できます

科目名時間数無資格
人間の尊厳と自立5
社会の理解Ⅰ5
社会の理解Ⅱ30
介護の基本Ⅰ10
介護の基本Ⅱ20
コミュニケーション技術20
生活支援技術Ⅰ20
生活支援技術Ⅱ30
発達と老化の理解Ⅰ10
発達と老化の理解Ⅱ20
認知症の理解Ⅰ10
認知症の理解Ⅱ20
障害の理解Ⅰ10
障害の理解Ⅱ20
こころとからだのしくみⅠ20
こころとからだのしくみⅡ60
介護過程Ⅰ20
介護過程Ⅱ25
介護過程Ⅲ45
医療的ケア50
合計時間450450

初任者研修と実務者研修の違い?

実務者研修初任者研修
介護福祉士の受験資格になる介護福祉士の受験資格にはならない
サービス提供責任者として活躍できるサービス提供責任者になれない
たんの吸引や経官栄養の方法など医療的ケアを身に付けることができる

実務者研修は通信+通学コースで修了を目指すことが一般的です

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

まとめ

介護の経験がなくても、資格がなくても、「実務者研修」を受講することができます

すべての科目を450時間、受講期間は6カ月間をかけて全て受講して修了証明証をもらうことができます

介護福祉士国家試験の受験資格でもある「実務者研修」を受講しましょう

参考

介護福祉士試験2023 実務者研修は保有資格で全然違う!要注意!

介護福祉士試験2023 実務者研修は保有資格で全然違う!要注意!

実務者研修とは

実務者研修は、介護福祉士国家試験を受験するためには、必ず受講しなければならない講座です

介護福祉士国家試験受験には、実務者研修の修了が必須

標準学習期間:1.5ヶ月〜6ヶ月
学習方法:自宅学習+通学講習
受講料:(教材費込)37,000円〜 (税込40,700円〜)
※保有資格によります

実務者研修(お申し込み・講座日程)

お持ちの資格によって受講できるコース、自宅学習の受講科目が異なります

ノーマルコース(保有資格:なし)

 ノーマルコース:¥105,000-

 無資格者 19科目7日間

生活援助修了者コース(保有資格:生活援助従事者研修)

 生活援助修了者コース:¥87,500-

 生活援助従事者研修 14科目7日間

初任者研修修了者コース(保有資格:初任者研修)

介護2級修了者コース(保有資格:旧ヘルパー2級)

 介護2級修了者コース:¥79,000-

 ヘルパー2級/初任者研修 10~11科目7日間

介護1級修了者コース(保有資格:旧ヘルパー1級)

 介護1級修了者コース:¥60,000-

 ヘルパー1級 1科目7日間

基礎研修修了者コース(保有資格:介護職員基礎研修)

 基礎研修修了者コース:¥31,000-

 介護職員基礎研修 1科目2日間

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

実務者研修の学習科目と時間数

領域:『人間と社会』
 人間の尊厳と自立:5時間
 社会の理解Ⅰ:5時間
 社会の理解Ⅱ:30時間

領域:『介護』
 介護の基本Ⅰ:10時間
 介護の基本Ⅱ:20時間
 コミュニケーション技術:20時間
 生活支援技術Ⅰ:20時間
 生活支援技術Ⅱ:30時間
 介護過程Ⅰ:20時間
 介護過程Ⅱ:25時間
 介護過程Ⅲ:45時間

領域:『こころとからだのしくみ』
 発達と老化の理解Ⅰ:10時間
 発達と老化の理解Ⅱ:20時間
 認知症の理解Ⅰ:10時間
 認知症の理解Ⅱ:20時間
 障害の理解Ⅰ:10時間
 障害の理解Ⅱ:20時間
 こころとからだのしくみⅠ:20時間
 こころとからだのしくみⅡ:60時間

領域:『医療的ケア』
 医療的ケア:50時間

介護福祉士実務者研修講座 資料請求(無料)

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

所持資格によって受講時間が変わります

科目名時間数初任者研修ヘルパー1級ヘルパー2級ヘルパー3級介護職員基礎研修
人間の尊厳と自立5
社会の理解Ⅰ5
社会の理解Ⅱ30
介護の基本Ⅰ10
介護の基本Ⅱ20
コミュニケーション技術20
生活支援技術Ⅰ20
生活支援技術Ⅱ30
発達と老化の理解Ⅰ10
発達と老化の理解Ⅱ20
認知症の理解Ⅰ10
認知症の理解Ⅱ20
障害の理解Ⅰ10
障害の理解Ⅱ20
こころとからだのしくみⅠ20
こころとからだのしくみⅡ60
介護過程Ⅰ20
介護過程Ⅱ25
介護過程Ⅲ45
医療的ケア50
合計時間4503209532042050

介護福祉士試験を受験するためには、「修了証」が必要になりますが、学校によっては修了試験を行わない所もあり、しっかりと受講して科目を修了すれば「修了証」を頂くことができます

また、この「修了証」には有効期限がありませんので、万一、今年の介護福祉士試験に合格しなかったとしても、来年もその次も使うことができます

介護福祉士国家試験に強い実務者研修の申込はこちら!

ケアマネ試験2022(令和4)年度 合格ノートで一発合格

ケアマネ試験2022(令和4)年度は、例年通り10月の日曜日に行われます

昨年(2021年度)は、10月10日(日)に実施されました

ケアマネ試験の受験資格

以下の業務を通算して5年以上かつ900日以上おこなった者が対象

  • 法定資格保有者
  • 生活相談員
  • 支援相談員
  • 相談支援専門員
  • 主任相談支援員

※法定資格保有者とは

医師、歯科医師、薬剤師、助産師、看護師、准看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士含む)、精神保健福祉士のいずれかを保有

※生活相談員とは

主に特別養護老人ホーム・デイサービス・ショートステイなどの介護福祉施設で活躍する職種です

※支援相談員

介護老人保健施設(老健)に在籍し、入所者本人や家族からの相談を受ける窓口となる職員のこと

※相談支援専門員

障がいを持つ方が福祉サービスをうまく利用できるようサポートする職種

ケアマネ試験の内容

問題数:60問
「介護支援分野」25問
「保健医療福祉サービス分野(基礎)」15問
「保健医療福祉サービス分野(総合)」5問
「保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)」15問

試験時間:120分
出題方法:マークシート(五肢複択)

合格後に必要なケアマネジャーになるまでの手続き

①「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する

 ⇓ ⇓ ⇓

②「介護支援専門員実務研修」を受講する
年に数回、各都道府県で実施されています
15日間の講習+3日間の実務(87時間以上の研修)の受講を全日程出席して修了となります

 ⇓ ⇓ ⇓

③ 各都道府県の「介護支援専門員資格登録簿」へ登録申請

 ⇓ ⇓ ⇓

④ 介護支援専門員証の交付申請
ケアマネとして仕事をするためには、都道府県の知事が発行する介護支援専門員証の交付が必要

 ⇓ ⇓ ⇓

⑤ 介護支援専門員証が交付される

令和3年度(第24回)試験結果 受験者数・合格率

受験者数合格者数合格率
第24回(2021)年度54,290人12,662人23.3%
分野問題数合格基準
介護支援分野25問14点
保健医療福祉サービス分野35問25点

合格ノートで一発合格

介護福祉士試験2023~介護福祉士になるには~2023年試験へ向けて

2022(令和4)年度の介護福祉士試験は、2023年1月の最終日曜日に実施される予定です

介護福祉士資格を取るメリット

介護福祉士は、介護系の国家資格になっています。介護の現場では、専門職として働く人を求めていますので、介護福祉士の資格を取ることで、責任者の立場に立つことができる、資格手当などの支給がありお給料がアップする、などなど資格を取るメリットは、資格を持っていない時にはあまり実感がないかもしれませんね。

介護福祉士試験の受験資格

介護福祉士試験は誰でも受験できるものではありません。基本的には介護の現場で決まった従業期間と日数以上従事していなければ受験が認められません以下に、介護福祉士試験の受験資格を説明していきます

  • 従業期間が3年以上(1095日以上)かつ従業日数が540日以上で実務者研修修了した方
  • 従業期間が3年以上(1095日以上)かつ従業日数が540日以上で介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修修了者
  • 特例高校に入学して、卒業した翌日以降に従業期間9ヶ月以上、従業日数135日以上介護業務に従事した方

詳細は、試験センターをご覧ください

実務経験に該当する「施設・事業」や「職種」ではない場合

次に掲げる職種は、介護福祉士の受験資格とはなりません

「人員配置基準」「運営要綱」等に示された、主たる業務が介護等の業務と認められない職種

  • 生活相談員、支援相談員などの相談援助業務を行なう職種
  • 医師、看護師、准看護師
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの機能訓練担当職員(当該業務を補助する方を含む)
  • 心理指導担当職員、作業指導員、職業指導員、就労支援員
  • 事務員、介護支援専門員、調理員、栄養士、計画作成担当者、福祉用具専門相談員

主たる業務が介護等の業務でないことが明確な職種
例:相談員、警備員、運転手、用務員、清掃員、あん摩マッサージ指圧師

第34回介護福祉士試験の合格基準

筆記試験の合格基準

次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。
ア 総得点125点に対し、得点78点以上の者(総得点の60%程度を基準
とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。
イ アを満たした者のうち、以下の「11科目群」すべてにおいて得点があっ
た者。
①人間の尊厳と自立、介護の基本
②人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術 ③社会の理解
④生活支援技術 ⑤介護過程 ⑥発達と老化の理解 ⑦認知症の理解 ⑧障害の理解
⑨こころとからだのしくみ ⑩医療的ケア ⑪総合問題


PAGE TOP