介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-からだのしくみの理解-合格するための過去問分析

からだのしくみの理解(過去問=試験対策) ○自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この二つの神経が逆方向に働くことにより、身体のバランスがとれた状態を保つ。 ○神経系を分類すると脊髄と脳からなる中枢神経と、脳脊髄神経 …

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-こころのしくみの理解-合格するための過去問分析

こころのしくみの理解(過去問=試験対策) ○記憶には、記銘と保持と想起の3つの過程がある。 ○「記銘」とは、外部の刺激がもつ情報を意味に変換して記憶として取り込むことである。 ○記憶は、いったん脳の奥の海馬という部位に保 …

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-死にゆく人のこころとからだのしくみ-合格するための過去問分析

死にゆく人のこころとからだのしくみ(過去問=試験対策) ○脳死とは、脳の機能がほぼ完全に失われ回復不可能な状態のことである。 ○「臓器の移植に関する法律」が1997年に施行され、この中で脳死の判定基準が満たされ、臓器提供 …

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-睡眠に関連したこころとからだのしくみ-合格するための過去問分析

睡眠に関連したこころとからだのしくみこころのしくみの理解(過去問=試験対策) ○概日リズム(がいじつりずむ)とは約24時間周期で変動する生理現象で、動物、植物、菌類、藻類などほとんどの生物に存在している。 ○必要な睡眠の …

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-排泄に関連したこころとからだのしくみ-合格するための過去問分析

排泄に関連したこころとからだのしくみ(過去問=試験対策) ○腎臓は、血液中の老廃物をろ過し、尿として排泄する働きをする。この老廃物が体に蓄積すると尿毒症をおこすので、その原因となるタンパク質を制限しなければならない。 ○ …

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ-合格するための過去問分析

入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ(過去問=試験対策) 〇入浴の三大作用は、温熱作用、静水圧作用、浮力作用である。  〇発汗には、温熱性発汗、精神的発汗、味覚性発汗がある。 〇精神性発汗は、緊張したときにでる …

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-食事に関連したこころとからだのしくみ②-合格するための過去問分析

食事に関連したこころとからだのしくみ②(過去問=試験対策) ○食事の動作には、先行期、準備期、口腔期、咽頭期、食道期がありこれを「摂食・嚥下の5分類」という。 ○「先行期」は、食物の形や色、臭いなどを認知する時期のことで …

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-食事に関連したこころとからだのしくみ①-合格するための過去問分析

食事に関連したこころとからだのしくみ①(過去問=試験対策) ○アミノ酸はたんぱく質の基本的成分であるが、そのうち体内で合成されないものを必須アミノ酸という。 ○ビタミンDは消化管からのカルシウムの吸収を助け、骨の形成を促 …

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-移動に関連したこころとからだのしくみ-合格するための過去問分析

移動に関連したこころとからだのしくみ(過去問=試験対策) ○関節拘縮とは,、長期にわたる寝たきり生活などで関節が固まり動かなくなることをいう ○関節可動域(ROM)は、関節における異常を発見するための検査法である。 ○良 …

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-身じたくに関連したこころとからだのしくみ-合格するための過去問分析

身じたくに関連したこころとからだのしくみ(過去問=試験対策) ○身じたくを整えることは、人が人として社会にかかわるうえでの重要な自己表現である。 ○身じたくの効果として、生活にリズムが生まれる、社会生活の維持向上が図られ …