介護福祉士試験 生活支援技術-自立にむけた介護(寝たきり高齢者)-合格するための過去問分析

自立にむけた介護(寝たきり高齢者)(過去問=試験対策) ○寝たきりになる要因として、脳卒中などの病気や事故による障害、家族介護力の低下、高齢者本人の意欲、介護サービスの不足などが指摘されている。 ○長期間の臥床によって、 …

介護福祉士試験 生活支援技術-自立にむけた介護(精神障害(うつ病を含む))-合格するための過去問分析

自立にむけた介護(精神障害(うつ病を含む))(過去問=試験対策) ○精神障害者の介護では、介護従事者はその人をありのままに理解し共感する態度が必要である。 ○精神障害者は自己の課題を一人で引き受ける傾向があるので、苦しい …

介護福祉士試験 生活支援技術-自立にむけた介護(知的障害者)-合格するための過去問分析

自立にむけた介護(知的障害者)(過去問=試験対策) ○介護従事者は、知的障害者に動作を理解させるときには、順序を追って、ともに行動することも必要である。 ○知的障害者の介護での排泄の介護の第一歩は、お尻が濡れていると気持 …

介護福祉士試験 生活支援技術-終末期の介護-合格するための過去問分析

終末期の介護(過去問=試験対策) ○終末期の利用者に対しては、水などを含ませたガーゼを用いて口腔内を時々湿らせる。 ○終末期の利用者に対して、介護職としてとる対応の一つに尿量の記録がある。 ○終末期の利用者に対しては、介 …

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた睡眠の介護-合格するための過去問分析

自立に向けた睡眠の介護(過去問=試験対策) ○安眠を促す介助として、昼間に適度な運動をするよう勧める。  ○安眠を促す介助として、清潔で乾燥した寝具を整える。 ○安眠を促す介助として、朝はカーテンを開け、日光を浴びるよう …

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた家事の介護③-合格するための過去問分析

自立に向けた家事の介護③(過去問=試験対策) ○クーリングオフでは、訪問販売または電話勧誘販売共に法定の契約書面を受領した日から8日間であれば解約できる。またこの手続きは、内容証明郵便による方法が確実である。 ○一定の要 …

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた家事の介護②-合格するための過去問分析

自立に向けた家事の介護②(過去問=試験対策) ○ドラム式洗濯機は、たたき洗いを応用したものであり、乾燥機と一体型になっているものが多い。また渦巻き式洗濯機と比べると使用水量も少ない。またドラム式洗濯機は、洗濯時間は長いが …

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた家事の介護①-合格するための過去問分析

自立に向けた家事の介護①(過去問=試験対策) ○アミノ酸はたんぱく質の基本的成分であるが、そのうち体内で合成されないものを必須アミノ酸という。 ○ビタミンDは消化管からのカルシウムの吸収を助け、骨の形成を促す作用がある。 …

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた排泄の介護-合格するための過去問分析

自立に向けた排泄の介護(過去問=試験対策) ○ベッド上で差し込み便器を使用し、排便するときはベッド上での排泄を説明し、了解を得る。 ○ベッド上で差し込み便器を使用するときは便器を温めて置き、また排便するときは便器の中にト …

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた入浴・清潔保持の介護-合格するための過去問分析

自立に向けた入浴・清潔保持の介護(過去問=試験対策) ○空腹満腹時(食事の1時間前後)は入浴を避けたほうがよい。 ○入浴前は血圧、体温、脈数、呼吸数など普段と変わりないことを確認する。 ○入浴にあたっては脱衣場、浴室は2 …