介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-介護保険の特定疾病-合格するための過去問分析

介護保険の特定疾病(過去問=試験対策) ○介護保険法では「要介護状態にある40歳以上65歳未満の2号被保険者であって、「特定疾病」で人は介護保険の要介護者に当たるとされている。 ○筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、重篤な筋 …

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-食中毒・感染症-合格するための過去問分析

食中毒・感染症(過去問=試験対策) ○高齢者に発症しやすいとされている感染症は、結核やインフルエンザ、レジオネラ肺炎、MRSA、肺炎球菌性肺炎、ノロウイルス、緑膿菌などがある。 ○レジオネラ肺炎は、レジオネラ菌の肺炎で温 …

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-精神の病気-合格するための過去問分析

精神の病気(過去問=試験対策) 老年期うつ病 ○老年期うつ病は、身体の衰え、経済基盤の脆弱化、親しい人の死別など心理的社会的要因が絡んで発症しやすくなる。 ○老年期うつ病では、「被害妄想」「罪業妄想」「心気妄想」、あるい …

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-脳・神経系の病気-合格するための過去問分析

脳・神経系の病気(過去問=試験対策) パーキンソン病 ○パーキンソン病は、脳の黒質で神経伝達物質であるドーパミンの減少で引き起こされるといわれている。 ○パーキンソン病の症状として、安静時振戦がみられる。 ○パーキンソン …

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-循環器系の病気-合格するための過去問分析

循環器系の病気(過去問=試験対策) 心不全 ○心不全は、心臓のポンプ機能が低下し全身に十分血液を送り込めなくなり、息切れ、疲れやすいなどの症状がでるものである。 ○心不全の原因は、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患が最も …

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-腎・泌尿器の病気-合格するための過去問分析

腎・泌尿器の病気(過去問=試験対策) 前立腺肥大症・前立腺がん ○前立腺肥大症は、加齢とともに前立腺の細胞数が増加し肥大化する疾患である。 ○前立腺がんの腫瘍マーカー検査の導入により、前立腺がんの早期発見ができるようにな …

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-呼吸器の病気-合格するための過去問分析

呼吸器の病気(過去問=試験対策) 喘息 ○喘息には、花粉やハウスダストなどのアレルゲンを特定できるアトピー型喘息と、アレルゲンを特定できない非アトピー型喘息の2つのタイプがある。 ○アトピー型喘息は、アレルギー性喘息とも …

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-皮膚の病気-合格するための過去問分析

皮膚の病気(過去問=試験対策) 皮膚そう痒症 ○皮膚そう痒症は、皮膚が乾燥しやすい冬季に起こりやすく、特に皮膚の水分や皮脂の分泌が少なくなる高齢者で多くみられる。 ○皮膚そう痒症の治療は、熱いお湯に入らない、シャワーをか …

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-耳の病気-合格するための過去問分析

耳の病気(過去問=試験対策) 加齢性難聴 ○老人性難聴とは、加齢が原因の聴覚障害のことであり感音性難聴が多い ○感音性難聴とは、内耳や聴神経、中枢神経など音を感じる部分が障害されて起こる難聴である。 ○伝音性難聴とは、外 …

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-目の病気-合格するための過去問分析

目の病気(過去問=試験対策) 白内障 ○白内障とは、ピントを合わせるレンズの役割を持つ水晶体が濁ることで、視界がかすんだり光のまぶしさが増すなどの症状が出る。 ○白内障は、晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼや …