介護福祉士試験 障害の理解-家族への支援-合格するための過去問分析

家族への支援(過去問=試験対策) ○レスパイトサービスとは、障害のある人とそのご家族が安心してゆったりとした生活が送れるように、障害のある人を一時的に介護する支援サービスである。 ○レスパイトサービスは、在宅派遣型のサー …

介護福祉士試験 障害の理解-連携と協働-合格するための過去問分析

連携と協働(過去問=試験対策) ○障害者総合支援法で相談支援事業が市町村の責務として位置づけられ、そ.コーディネート機能を担うため、相談支援専門員が配置されている。 ○障害者総合支援法で相談支援専門員はサービス利用計画」 …

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識⑩-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識⑩(過去問=試験対策) その他 ○盲ろう重複障害には、「全盲ろう」、「弱視ろう」、「盲難聴」、「弱視難聴」の四タイプがある。 ○視覚と難聴の活用がむずかしい、盲ろう者は触手話や指点字、手書き文 …

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識⑨-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識⑨(過去問=試験対策) 難病等→難病等の種類と原因と特性 ○難病とは、原因不明で確かな治療法がないため、徐々に進行し重い身体の障害や後遺症のある疾患の総称である。 ○難病の一つである脊髄小脳変 …

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識⑧-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識⑧(過去問=試験対策) 発達障害→発達障害の種類と原因と特性 ○発達障害支援法は、平成16年に成立し平成17年度から施行された。 ○発達障害の一つである「学習障害」とは、基本的には全般的な知的 …

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識⑦-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識⑦(過去問=試験対策) 知的障害→知的障害の種類と原因と特性 ○国際疾病分類では、知能テストによって測定した知能の状態によって、軽度、中度、重度、最重度に分けられている。 ○ダウン症候群は、突 …

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識⑤合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識⑤(過去問=試験対策) 精神障害→精神障害の種類と原因と特性 ○統合失調症の陽性症状には、幻覚(幻聴、幻視など)、妄想、思考の障害(洞察力の欠如、支離滅裂な言語など)、強いイライラ、激しい興奮 …

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識④-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識④(過去問=試験対策) 身体障害 →内部障害の種類と原因と特性 ○内部障害は内臓機能の障害であり、身体障害者福祉法では6種類の機能障害が定められている。 ○内部障害で最も多いのは、心臓機能障害 …

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識③-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識③(過去問=試験対策) 身体障害 →肢体不自由の種類と原因と特性 ○全国の身体障害者数は約348万人であり、このうちの約半数が肢体不自由である。 ○肢体不自由者の約61%が65歳以上であり高齢 …

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識②-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識②(過去問=試験対策) 身体障害 →聴覚障害、言語機能障害の種類と原因と特性 ○聴覚障害のある人は、難聴者、中途失聴者、ろう者に分類される。 ○難聴者とは補聴器等を用いて言葉が少し聞こえ言葉で …