ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題48」~過去問セミナー~


平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問48

高齢者を対象としたメゾ・ソーシャルワーク(集団援助)でのソーシャルワーカーによる支援について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 メゾ・ソーシャルワークの原則は、全世代に共通するので、若い世代と同じような展開方法で行った。
2 効率的な運営のために、メンバーが途中から離脱することを、あらかじめ禁止した。
3 メンバーが自分の体験を話そうとしたので、それを一方的に制止した。
4 メンバーにリーダー役を務めることを、呼びかけた。
5 メンバーから希望があった美術館への訪問を、グループで計画することを提案した。

解答

正解は…4・5
1 ✖ 集団援助においては、対象となる世代に合った展開方法で行う必要がある。
2 ✖ グループへの参加は本人の意思にゆだねられるため、
途中で離脱したり、再度メンバーに加わることは可能である。
3 ✖ メンバー同士の体験を共有したり、それを活用することも、
集団援助の効力のひとつである。
4 ✖ グループの中心となるのは、あくまでもメンバーであり、
ワーカーはグループを側面から援助する。
5 ✖ メンバーの自発的活動を促進するのも、ソーシャルワーカーの役割である。

参考

単語

メゾ・ソーシャルワーク(集団援助)
ソーシャルワーカー

メゾ・ソーシャルワーク
・個々の世代背景に配慮し画一的な展開にならないよう支援します。
・メンバーがいつでも離脱できることを前提に進めます。
・メンバーの個人的体験を聞くことはメソ・ソーシャルワークの目的の一つです。
・各メンバーがリーダーを含め色々な役割を担うことが重要です。
・個人的要望や課題をグループで共有することで、
メンバー各々が新たな価値観を発見したり自己分析を深めます。

問49へ

“ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題48」~過去問セミナー~” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です