ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題55」~過去問セミナー~


平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問55

介護保険における介護予防訪問入浴介護について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 介護予防小規模多機能型居宅介護を利用している間も、介護予防訪問入浴介護費を算定できる。
2 指定介護予防訪問入浴介護事業所と同一敷地内の建物に居住する利用者に対しサービスを提供する場合であっても、所定単位数は減算しない。
3 利用者の心身の状況に支障が生じない場合は、主治医の意見を確認した上で、介護職員2人でサービスを提供することができる。
4 浴槽や器具は、サービスを提供するごとに消毒しなければならない。
5 膀胱留置カテーテルを使用している場合には、
介護予防訪問入浴介護は利用できない。

解答

正解は…3・4
1 ✖ 介護予防小規模多機能型居宅介護を利用している間は、
介護予防訪問入浴介護費は算定できない。
2 ✖ 事業所と同一敷地内の建物に居住する利用者に対して
サービスを提供する場合には所定単位数が減算される。
3 〇 通常は、看護職員1人、介護職員1人でサービスを
提供することとされているが、
主治医の意見を確認した上で、
介護職員2人でのサービス提供が認められている。
4 〇
5 ✖ 膀胱留置カテーテルを使用している利用者であっても、
介護予防訪問入浴介護を利用することはできる。

参考

単語

介護予防訪問入浴介護とは?

自宅の浴槽での入浴が困難な方に対して、浴槽を積んだ入浴車が利用者の居宅を訪問し、看護職員や介護職員が入浴の介護を行うサービスです。
要介護状態になることをできる限り防ぐ(発生を予防する)、あるいは状態がそれ以上悪化しないようにすることを目的としています。

対象者
要支援1または要支援2の認定を受けた方

問56へ

“ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題55」~過去問セミナー~” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です