ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第19回過去問-44


保健医療サービス分野 一問一答

平成28年度(第19回)問44

居宅サービスについて適切なものはどれか。2つ選べ。

1 連携型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は、
  定期巡回サービス、随時対応サービス、随時訪問サービスを提供する。
2 指定訪問リハビリテーションの提供は、研修を受けた看護師が行うことができる。
3 介護予防訪問看護の対象者には、末期の悪性腫瘍の患者も含まれる。
4 短期入所療養介護の入所が4日以上になる場合は、
  医師の診療方針に基づき、居宅サービス計画に沿った
  短期入所療養介護計画を事業所の管理者が作成する。
5 通所リハビリテーション計画は、かかりつけ医の指示により作成しなければならない。

正解は…1、4

参考

居宅サービスとは?

自宅に居ながら利用できる介護サービスのこと。
また、施設に入っていても、そこが居宅と見なされる場合には、
その施設でのサービスは居宅サービスに含まれます。

居宅サービスの種類

 ・訪問介護
 ・訪問入浴介護
 ・訪問看護
 ・訪問リハビリテーション
 ・居宅療養管理指導
 ・通所介護
 ・通所リハビリテーション
 ・短期入所生活介護
 ・短期入所療養介護
 ・特定施設入所者生活介護
 ・福祉用具貸与
 ・住宅改修
 ・居宅介護支援事業

単語

居宅サービス事業
連携型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所
定期巡回サービス
随時対応サービス
随時訪問サービス
介護予防訪問看護
居宅サービス計画
かかりつけ医
事業所の管理者
訪問介護
訪問入浴介護
訪問看護
訪問リハビリテーション
居宅療養管理指導
通所介護
通所リハビリテーション
短期入所生活介護
短期入所療養介護
特定施設入所者生活介護
福祉用具貸与
住宅改修
居宅介護支援事業

考察

居宅サービス事業とは、居宅にいながらサービスが受けられるということで、ケアマネの主戦場になりますので、居宅サービスの種類や特徴、人員基準や運営基準については、細かく覚えておかなければなりません。
それぞれの居宅サービスごとにノートにまとめてみて、さらに調べられた項目についても追記して、すべての居宅サービスについて知識を蓄積しましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です