介護支援分野 26-問6-答6  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集


第17回 介護支援分野 問6

第17回 問6

地域密着型介護予防サービスについて正しいものはどれか。3つ選べ。

1 市町村は、事業の設備及び運営に関する独自の基準を設定することができない。
2 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は、含まれない。
3 「市町村の条例で定める者」でなければ、事業者の指定を受けることができない。
4 複合型サービスは、含まれない。
5 事業者に対する立入検査の権限を持つのは、都道府県知事である。

スポンサーリンク



単語

地域密着型介護予防サービス
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
市町村の条例
事業者の指定
立入検査の権限
複合型サービス

ポイント:地域密着型介護サービス

正答

正解は…2・3・4

1 ✖ 地域密着型介護予防サービス事業者の設備及び運営に関する基準は、市町村の条例で定める。
2 〇 地域密着型介護予防サービスとは、介護予防認知症対応型通所介護、介護予防小規模多機能型居宅介護及び介護予防認知症対応型共同生活介護をいうと規定されている。
3 〇 
4 〇
5 ✖ 地域密着型介護予防サービス事業者に対する立入検査権限を有するのは、市町村長である。

スポンサーリンク



“介護支援分野 26-問6-答6  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集” への1件の返信

  1. ピンバック: ケアマネ試験 2014(平成26)年度 第17回過去問題と解説~介護支援分野~ | | 介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です