介護福祉士 「人間の尊厳と自立」独学で一発合格勉強方法第27・26回(H27・26年度)過去問1~2無料解説


介護福祉士の「科目:人間の尊厳と自立」過去問(第27回(平成26年)~第26回(平成26年))を集めてみました。

科目:人間の尊厳と自立

第27回(平成26年) 人間の尊厳と自立

問題1 1956年(昭和31年)当時、肺結核(pulmonary tuberculosis)で国立療養所に入所していた朝日茂氏は、単身で無収入だったために生活扶助(月額600円支給)と医療扶助を受けていた。長年、音信不通だった兄を福祉事務所が見つけ、兄から月1,500円の仕送りが行われることになった。これにより福祉事務所は支給していた月額600円の生活扶助を停止し、医療費の一部自己負担額として月900円の負担を求めた。このことが日本国憲法第A 条に反するものとして朝日茂氏は、1957年(昭和32年)、厚生大臣の決定を取り消すことを求める訴訟をおこした。
この訴訟で焦点となった日本国憲法第A 条が規定する権利として、正しいものを一つ選びなさい。

1 参政権
2 自由権
3 請求権
4 生存権
5 平等権

正答:4

問題2 「障害者差別解消法」に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 「障害者総合支援法」の基本的な理念のもと、障害者の差別の解消を具体的に実施するためのものである。
2 障害者を身体障害、知的障害および精神障害のある者に限定している。
3 行政機関に対して、障害者に対する合理的配慮を法的義務としている。
4 差別について具体的に定義し、その解消に向けた措置等を定めている。
5 この法律以前に、障害を理由とする差別や不利益な取り扱いの禁止について定めた条例を制定した地方公共団体は存在しない。
(注)1 「障害者差別解消法」とは、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」のことである。
2 「障害者総合支援法」とは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。

正答:3

第26回(平成25年) 人間の尊厳と自立

問題1 以下の法律の自立に関する記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 児童福祉法では、児童養護施設における自立支援の対象を、現に入所している児童に限定している。
2 社会福祉法第3条では、福祉サービスについて、身体機能の低下に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援するものとしている。
3 老人福祉法では、その目的は、すべての高齢者が、尊厳を保持し、その有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるようにすることであると、明記している。
4 「障害者総合支援法」では、すべての国民は、障害者等が自立した生活が営めるような地域社会の実現に協力するよう努めなければならないと、規定している。
5 「ホームレス自立支援法」では、ホームレスの自立のために、就業の機会の確保よりも生活保護法の適用が重要であると、規定している。

(注)1 「障害者総合支援法」とは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。
2 「ホームレス自立支援法」とは、「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」のことである。

正答:4

問題2 Aさん(74歳、男性)は、一人暮らしをしている。軽度の認知症があり、訪問介護を利用している。一年前から近所に住んでいる親族に預金通帳の管理を頼んでいる。最近、家事援助のためにAさん宅を訪れた訪問介護員は、Aさんから、「親族が勝手にお金を使いこんでいるらしい」と聞いた。
訪問介護員がサービス提供責任者と共に、最初に取り組むべきこととして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 成年後見制度の利用をすすめる
2 民生委員に相談するように勧める
3 親族に事実を確認する
4 特別養護老人ホームへの入所を勧める。
5 地域包括支援センターに相談する。

正答:5

人間の尊厳と自立

「人間の尊厳と自立」については、

「人間の尊厳と自立」
「介護における尊厳の保持・自立支援」に関する問題が2問出題されます。

出題基準
1:人間の尊厳と自立
1)人間理解と尊厳
→人間の多面的理解・自立自律
2:介護における尊厳の保持・自立支援
1)人権と尊厳
→権利擁護・アドボガシー,人権尊重,身体的・精神的・社会的な自立支援

“介護福祉士 「人間の尊厳と自立」独学で一発合格勉強方法第27・26回(H27・26年度)過去問1~2無料解説” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です