ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-30


平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問30

介護保険施設について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 老人性認知症疾患療養病棟は、
BPSD(認知症の行動・心理症状)のために在宅や他の施設での療養生活が
難しい要介護者が入院する施設である。
2 介護老人保健施設には、肺炎、尿路感染症又は帯状疱疹について、
投薬、検査、注射、処置等を行った場合の加算がある。
3 介護老人保健施設は、在宅復帰を目指す施設であるため、看取りは行わない。
4 介護老人保健施設は、地域の住民やボランティア団体等との交流が制限されている。
5 介護老人保健施設は、要介護度や所得の多寡を理由にサービスの提供を
拒否することが禁止されている。

解答

正解は…1・2・5
1 〇 老人性認知症疾患療養病棟は、BPSDの著しい要介護者等に対し、
集中的な医療ケアを提供する施設である。
2 〇 肺炎、尿路感染症、帯状疱疹について治療等を行った場合には、
所定疾患施設療養費が算定できる。
3 ✖ 介護老人保健施設においても看取りは行われる。
また、一定の要件を満たす場合には、
ターミナルケア加算が算定できることとなっている。
4 ✖ 介護老人保健施設は、その運営に当たり、
地域住民又はその自発的な活動等との連携および協力を行う等の
地域との交流に努めなければならないとされている。
5 〇 記述の通り。

参考

介護保険施設とは?

1 「介護老人福祉施設」
(特別養護老人ホーム 略して、“特養”)」
2 「介護老人介護保健施設」
(略して、“老健”)」
3 「介護療養型医療施設」
(略して、“療養型”)」

問31へ

“ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-30” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です