ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題30」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成28年問題30 高齢者医療の基礎知識

次の記述について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 慢性心不全に用いられるジギタリス製剤や認知症治療薬は、食欲不振の原因になることがある。

2 高齢者は、口渇の訴えが多いので、水分の過剰摂取に注意する。

3 嚥下障害の有無を把握するには、食事の所要時間、むせや誤嚥の有無、姿勢等を観察する。

4 経口維持加算は、他職種による食事の観察や会議を行い、経口維持計画を作成し、管理栄養士等により栄養管理を行った場合に算定する。

5 高齢者では、ADLの低下よりも、小腸における消化や吸収機能の低下が著しい。

正解は1、3、4

ケアマネ試験一発合格ノート「高齢者に多くみられる疾患/循環器とは?」


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2016年度 保健医療サービス分野 「平成28年問題29」~過去問セミナー~

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成28年問題29 呼吸

呼吸状態について適切なものはどれか。3つ選べ。

1. チアノーゼは、呼吸状態が悪いため血液中の酸素が欠乏し、皮膚や粘膜が紫藍色になることである。

2 心不全により呼吸困難をきたしている場合は、起坐位又は半坐位となることで呼吸困難が軽減される。

3 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の場合は、口をすぼめて息を吸う呼吸を積極的に勧める。

4 呼吸のたびに顎であえぐような下顎呼吸が始まると、1~2時間後に死亡することが多い。

5 チェーンストークス呼吸は、睡眠時無呼吸症候群に特徴的な呼吸である。

正解は1、2、4

呼吸器の疾患~独学で一発合格

ケアマネ試験対策2016年度 保健医療サービス分野 「平成28年問題28」~過去問セミナー~

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成28年問題28 検査

検査について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者のBMI(Body Mass Index)は、脊椎の変形や圧迫骨折により、本来の値より小さくなる。

2 血清アルブミンは、高齢者の長期にわたる栄養状態をみるために有用な指標である。

3 AST(GOT)は、肝臓の疾病以外の原因でも上昇する。

4 糖尿病の指標であるヘモグロビンA1cは、検査前1~2時間の血糖レベルを反映している。

5 CRP(C反応性たんぱく質)は、感染症以外に、悪性腫瘍や膠原病でも高値になることがある。

正解は2、3、5

ケアマネ試験一発合格ノート「バイタルサインと検査値とは?」

ケアマネ試験対策2016年度 保健医療サービス分野 「平成28年問題27」~過去問セミナー~

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成28年問題27 バイタルサイン

次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者の不明熱では、悪性腫瘍や感染症が隠れていることがある。

2 心室性期外収縮は、健康な人ではみられない。

3 血圧測定は、上腕での測定が難しい場合には、下肢で測定してもよい。

4 起立性低血圧は、飲酒や降圧剤の使用も原因となる。

5 本態性高血圧は、腎臓や内分泌の異常により血圧が高い状態をいう。

正解は1、3、4

バイタルサイン~独学で一発合格

ケアマネ試験対策2016年度 保健医療サービス分野 「平成28年問題26」~過去問セミナー~

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成28年問題26 高齢者に多い症状・疾患

高齢者に多い症状・疾患について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者の難聴では、伝音性難聴が多い。

2 服用する薬剤数が多くなると、副作用のリスクは増大する。

3 心房細動では、心内で形成された血栓により、脳梗塞をきたすことが多い。

4 高齢者のめまいは、内耳の障害のほか、血圧のコントロール不良、脳腫瘍などが原因となることがある。

5 加齢黄斑変性では、進行しても視力が失われることはない。

正解は2、3、4

ケアマネ試験一発合格ノート「高齢者に多い疾病/脱水とは?」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題45」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題45 医療系サービス

次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 介護予防訪問看護は,介護予防・日常生活支援総合事業の介護予防・生活支援サービス事業に含まれる。

2 居宅療養管理指導は,管理栄養士や歯科衛生士も行うことができる。

3 30日以上継続して短期入所療養介護を利用することについてやむを得ない理由がある場合には,30日を超えて短期入所療養介護費を算定できる。

4 看護小規模多機能型居宅介護の運営推進会議は,利用者の家族や地域住民の代表者も構成員となる。

5 介護予防訪問リハビリテーションを介護予防サービスに位置付ける場合には,主治医の指示があることを確認する。

正解は2、4、5

居宅療養管理指導~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題44」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題44 訪問看護

訪問看護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護保険の訪問看護費は,看護小規模多機能型居宅介護と併用して算定できる。

2 看護師は,臨時応急の手当てを行うことができる。

3 訪問看護事業所の開設者は,医療法人及び社会福祉法人に限られる。

4 急性増悪時に主治医が交付する特別指示書の有効期間は,14日間である。

5 看護体制強化加算は,緊急時訪問看護加算,特別管理加算,ターミナルケア加算の各々について一定の要件を満たした場合に認められる。

正解は2、4、5

訪問看護~独学で一発合格~


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題43」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題43 服薬管理

服薬管理について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者の服薬管理能力の把握には,ADLや生活環境の評価は必要ない。

2 高齢者が服薬中の薬の副作用の不安を訴えた場合,その意思を尊重し,すべての服薬の中止を勧める。

3 認知機能低下は,用法や薬効に対する理解不足を生じさせ,適切な服薬管理を困難にする。

4 「お薬手帳」により,処方情報を共有する。

5 居宅療養管理指導では,薬剤師は,医師や歯科医師の指示をうけ,利用者を訪問して薬学的管理指導を行う。

正解は、3、4、5

薬剤の作用と服薬管理~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題42」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題42 がん、ターミナルケア

高齢者のがんとターミナルケアについて,より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 若年者と比較して,高齢者ではがんによる痛みの訴えが多くなる。

2 BPSD(認知症の行動・心理症状)には,がん性疼痛が原因のこともある。

3 小規模多機能型居宅介護では,ターミナルケアは提供できない。

4 介護老人保健施設入所者に対するがんの治療は,医療保険の適用について制限を受けない。

5 死後のケアであるエンゼルケアは,遺族のグリーフケアとしても意味がある。

正解は2と5

ターミナルケア~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題41」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題41 高齢者に多い疾患

高齢者の疾患について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 症状は,しばしば非定型的である。

2 複数の疾患を有することが多いため,積極的に多くの薬剤を併用する。

3 環境の変化により,病状が変動することはない。

4 老年症候群には,認知症,うつなど精神疾患・精神症状も含まれる。

5 高齢者のQOLや予後は,療養環境,家庭や地域社会の対応などの社会的要因によって影響される。

正解は1、4、5

ケアマネ試験一発合格ノート「高齢者に多い疾患/神経内科とは?」


カウントダウンタイマー

PAGE TOP