ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題30」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題30 神経難病

神経難病について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 筋萎縮性側索硬化症(ALS)では,眼球運動や肛門括約筋,知覚神経は末期まで保たれる。

2 筋萎縮性側索硬化症(ALS)でみられる筋力低下や筋萎縮には,筋力トレーニングが効果的である。

3 パーキンソン病では,精神症状,自律神経症状は出現しない。

4 パーキンソン病の治療は,薬物療法が基本である。

5 進行性核上性麻痺では,思考の遅延や無感情などの認知機能低下を早期から認めやすい。

正解は1、4、5

ケアマネ試験一発合格ノート「在宅での医療管理とは?」


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題29」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題29 呼吸器疾患

呼吸器疾患について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 急性上気道炎では,ウイルス感染が疑われる場合であっても,肺炎予防のために抗菌薬を使用する。

2 誤嚥性肺炎は口腔咽頭分泌物などを繰り返し誤嚥することにより発症する。

3 慢性閉塞性肺疾患(COPD)では,気管支拡張薬や吸入ステロイド薬が使用される。

4 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は,介護保険法の特定疾病に指定されている。

5 慢性閉塞性肺疾患(COPD)では,発症すると症状は改善しないため,禁煙する必要はない。

正解は2、3、4

在宅医療管理~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題28」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題28 循環器の疾患

循環器に関する次の記述について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 心筋梗塞,弁膜症による心不全では,呼吸困難などの呼吸症状は出現しない。

2 心房細動は,脳梗塞の原因の一つである。

3 心筋梗塞には,発症後短時間であれば,閉塞した冠動脈の再疎通療法が適応となる場合がある。

4 不整脈は,心臓自体の異常のほか,ストレスや喫煙,睡眠不足,飲酒などで起こることもある。

5 起立性低血圧が認められた場合には,心臓の負荷を減らすため,血管拡張薬が処される。

正解は2、3、4

循環器の疾患~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題27」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題27 疾病

高齢者に多い疾病について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 関節リウマチでは,朝の起床時に指の関節がこわばり,屈曲しにくくなる。

2 脊柱管狭窄症では,腰痛,下肢痛,しびれはみられない。

3 大腿骨頸部骨折の受傷原因として最も多いのは,転倒である。

4 加齢黄斑変性症は,高齢者の重篤な視力障害の原因の一つである。

5 ノルウェー疥癬(角化型疥癬)は,ダニの数が少ないので,感染力が弱い。

正解は1、3、4

ケアマネ試験一発合格ノート「高齢者に多い疾病/感覚器障害とは?」


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題26」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成29年問題26 検査

検査について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 低栄養指標には,BMI(Body Massindex)が18.5未満,血清アルブミン値が3.5g/dL以下などがある。

2 ヘモグロビンA1cの値は,過去1〜2か月の血糖レベルを反映している。

3 大動脈疾患や進行した動脈硬化の場合は,左右の上肢で血圧に差が見られることがある。

4 狭心症は,症状がなくても心電図により必ず診断できる。

5 赤血球数や血色素の基準値は,性別で異ならない。

正解は1、2、3

検査値~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 分野別セミナー「介護支援分野」

ケアマネ試験対策2018 分野別セミナー「介護支援分野」

平成30年度のケアマネジャー試験日
10月14日(日) 10時~12時

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度

分野別セミナー「介護支援分野」 捨て問題

介護支援分野は、全25問ですが、毎年の恒例で問1は大体の受験生が困惑するような問題が出題されます。問1、は捨てる!位の気持ちで、過去問などもサっと目を通すだけにしましょう。
あまり深追いをし過ぎず、残りの24問で点数を稼ぐようにすればよいのです。

例年の介護支援分野の合格点は、13点から15点(昨年)になっていますので、2問位は捨てても大丈夫です。あまりにも広い範囲(例えば、介護保険法の内容など)になりますので、分かれば答える程度にしておきましょう。

分野別セミナー「介護支援分野」 過去問分析

問1

平成29年 国民の努力及び義務
平成28年 介護保険法
平成27年 保健福祉事業

問2

平成29年 保険給付
平成28年 居宅介護支援
平成27年 介護支援専門員

問3

平成29年 2014年法改正
平成28年 地域包括支援センター
平成27年 介護老人福祉施設

問4

平成29年 被保険者
平成28年 地域支援事業
平成27年 地域支援事業

問5

平成29年 保険給付
平成28年 審査請求
平成27年 地域支援事業

問6

平成29年 居宅介護支援及び居宅サービス
平成28年 住所地特例
平成27年 地域支援事業

問7

平成29年 高額介護サービス費
平成28年 地域包括支援センター
平成27年 介護サービス情報の公表制度

問8

平成29年 居宅介護支援事業
平成28年 社会福祉法人による利用者負担額軽減制度
平成27年 国民健康保険団体連合会

問9

平成29年 居宅介護支援事業者
平成28年 居宅サービス
平成27年 消滅時効

問10

平成29年 介護予防支援事業者
平成28年 介護保険施設
平成27年 条例

問11

平成29年 介護予防支援
平成28年 地域ケア会議
平成27年 市町村の事務

問12

平成29年 市町村介護保険事業計画
平成28年 被保険者
平成27年 保険給付通則

問13

平成29年 保険料
平成28年 指定地域密着型サービス事業者
平成27年 利用者負担

問14

平成29年 審査請求
平成28年 認定
平成27年 地域支援事業

問15

平成29年 居宅サービス計画
平成28年 認定
平成27年 社会保険診療報酬支払基金

問16

平成29年 課題分析標準項目
平成28年 主治医意見書
平成27年 認定

問17

平成29年 居宅サービス計画
平成28年 主治医意見書
平成27年 認定調査票

問18

平成29年 サービス担当者会議
平成28年 基本チェックリスト
平成27年 主治医意見書

問19

平成29年 居宅介護支援
平成28年 モニタリング
平成27年 居宅介護支援

問20

平成29年 地域支援事業
平成28年 介護予防サービス・支援計画書
平成27年 居宅療養管理指導

問21

平成29年 地域ケア会議
平成28年 施設サービス計画
平成27年 通所介護

問22

平成29年 介護老人福祉施設
平成28年 サービス担当者会議
平成27年 介護予防支援事業

問23

平成29年 認定
平成28年 アセスメント
平成27年 モニタリング

問24

平成29年 介護認定審査会
平成28年 居宅介護支援
平成27年 事例問題

問25

平成29年 事例問題
平成28年 事例問題
平成27年 事例問題

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度

平成30年度のケアマネジャー試験日
10月14日(日) 10時~12時


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題25」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題25 事例問題

Bさんは,要介護3であり,軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし,「妻の認知症の症状が急に重くなり,Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。介護支援専門員の当面の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 サービス担当者会議を開催し,対応を協議した。

2 地域包括支援センターに相談した。

3 妻の医療保護入院の手続きをした。

4 妻の成年後見について家庭裁判所に相談した。

5 状況を把握するために速やかに訪問した。

正解は1、2、5

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題25」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

この記事を読むと分かること

  • ケアマネ試験「介護支援分野」の過去問が分かる
  • ケアマネ試験「介護支援分野」の頻出問題が分かる
  • ケアマネ試験「介護支援分野」の勉強方法が分かる
  • 平成28年問題25 事例問題

    大地震があり、自分が担当する認知症の利用者及びその家族と避難所で面接した。利用者は興奮気味であり、歩き回ったり、大声を出したりして、他の避難者から迷惑がられているように見えた。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

    1 避難者の迷惑を考え、利用者本人だけ外の車の中で生活するよう勧めた。

    2 家族も大変なので、避難所のリーダーの監視下に置いてもらった。

    3 外の混乱している様子が分からないよう、段ボールの小部屋に隔離した。

    4 福祉避難所に移れないか、地域包括支援センターの職員に相談した。

    5 周りの避難者に理解と協力を求めた。

    正解は4と5

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題25」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成29年問題25 事例問題

    飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から,保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は,利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。介護支援専門員の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

    1 利用者の意見を尊重し,当面,飼い犬の世話を行うことを認める。

    2 飼い犬の世話を依頼できるボランティアを探す。

    3 利用者に対し,訪問介護事業所を変更するよう指示する。

    4 保険給付としては不適切である旨の説明をする。

    5 地域ケア会議に提案し,必要な社会資源の開発・充足を促す。

    正解は2、4、5

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題24」

    ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

    平成27年問題24 事例問題

    一人暮らしのAさん(80歳女性)は,身寄りがなく,要介護1で訪問介護を利用している。最近,訪問介護員に対して怒りっぽくなり,以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど,認知症が疑われる状況となってきた。介護支援専門員の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

    1 訪問介護事業所に担当の訪問介護員の交代を依頼した。

    2 市に措置入所を依頼した。

    3 精神科の受診について主治医に相談した。

    4 近隣住民も含めた支援体制などについて地域包括支援センターに相談した。

    5 認知症初期集中支援チームの支援を依頼した。

    正解は3、4、5


    カウントダウンタイマー

    PAGE TOP