ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題4」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題4 地域支援事業

包括的支援事業のうち、地域包括支援センター以外に委託できる事業として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 総合相談支援事業

2 権利擁護事業

3 認知症総合支援事業

4 包括的・継続的ケアマネジメント支援事業

5 在宅医療・介護連携推進事業

正解は3と5

地域支援事業

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題4」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題4 被保険者

介護保険の第2号被保険者について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 40歳に達した日に,自動的に被保険者証が交付される。

2 健康保険の被保険者である生活保護受給者は,介護保険料を支払う義務はない。

3 強制加入ではない。

4 医療保険加入者でなくなった日から,その資格を喪失する。

5 健康保険の被保険者に係る介護保険料には,事業主負担がある。

正解は4と5

被保険者


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題3」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題3 介護老人福祉施設

指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 入所定員は,30人以上である。

2 特別養護老人ホームの開設者でなければ,指定を受けることができない。

3 都道府県知事が指定する。

4 市町村は,設置できない。

5 地方独立行政法人は,設置できない。

正解は1、2、3

介護老人福祉施設


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題3」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題3 地域包括支援センター

地域包括支援センターについて正しいものはどれか。2つ選べ。

1 社会福祉法人は、設置できない。

2 老人介護支援センターの設置者は、設置できない。

3 医療法人は、設置できる。

4 公益法人は、設置できない。

5 市町村は、設置できる。

正解は3と5

地域包括支援センター

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題3」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題3 2014年法改正

2014(平成26)年の介護保険制度の改正内容として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 指定介護老人福祉施設には,要介護1及び2の被保険者はすべて入所できなくなった。

2 地域ケア会議の設置が,市町村の努力義務として法定化された。

3 訪問介護及び通所介護は,予防給付に係る介護予防サービス費の対象から除外された。

4 第1号介護予防支援事業に係る介護予防ケアマネジメントの利用者負担が,1割または2割とされた。

5 地域支援事業として生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)が配置されることになった。

正解は2、3、5

介護保険制度の改正


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題2」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題2 介護支援専門員

介護保険法における介護支援専門員の義務として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 資質向上努力義務

2 サービス事業者指導義務

3 基準遵守義務

4 要介護度改善義務

5 保険者協力義務

正解は1と3

介護支援専門員の義務


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題2」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題2 居宅介護支援

介護保険法第8条に規定されている居宅介護支援の内容として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 地域包括ケアシステムの推進

2 要介護状態の軽減

3 居宅サービス計画の作成

4 介護認定審査会との連絡調整

5 指定居宅サービス事業者との連絡調整

正解は3と5

居宅介護支援

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題2」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題2 保険給付

介護保険の保険給付について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 制度創設後12年間で,年度別給付費の額は第1号被保険者数の伸びと同じ率で増加している。

2 制度創設以降,介護給付の種類は変更されていない。

3 第1号被保険者一人当たり給付費の額には,都道府県によって差が生じている。

4 要介護認定を受けているすべての被保険者は,保険給付を受けている。

5 制度改正により,保険給付から地域支援事業に移行したサービスがある。

問題の正解は3と5

保険給付


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題1」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題1 保健福祉事業

介護保険法に定める保健福祉事業として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 指定居宅介護支援の事業

2 介護保険施設の運営事業

3 日常生活自立支援事業

4 指定地域相談支援事業

5 要介護被保険者を現に介護する者の支援のために必要な事業

正解は1、2、5

保健福祉事業


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題1」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成28年問題1 介護保険法

介護保険法第1条又は第2条に規定されている文言はどれか。3つ選べ。

1 自立した日常生活

2 要介護状態等の軽減

3 医療との連携

4 利用者主体

5 介護の社会化

正解は1、2、3

介護保険制度の目的

PAGE TOP