ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題54」~過去問セミナー~

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問54

介護保険における福祉用具について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介助用電動車いすは、福祉用具貸与の対象となる。
2 水洗ポータブルトイレの設置に要する費用は、給付対象となる。
3 認知症老人徘徊感知機器は、外部との通信機能を除いた部分については、給付対象となる。
4 複数の福祉用具を貸与する場合、通常の貸与価格から減額して貸与できる。
5 自動排泄処理装置の専用パッドや洗浄液は、特定福祉用具販売の対象となる。

解答

正解は…1・3・4
1 〇 平成26年改正に伴い追加された。
2 ✖ 水洗ポータブルトイレは、平成26年改正に伴い
福祉用具販売の対象となったが、設置に要する費用は給付対象外である。
3 〇
4 〇 複数の福祉用具を貸与する場合、通常の貸与価格に対し
加算もしくは減算して貸与することができることとなっている。
5 ✖ 自動排泄処理装置の専用パッドや洗浄液は、
特定福祉用具販売の対象外である。

参考

単語

福祉用具とは?

福祉用具貸与
車いすや介護ベッドなど

特定福祉用具販売
シャワーチェアやポータブルトイレなど、入浴や排せつをサポートする福祉用具を購入できます。

問55へ

ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題53」~過去問セミナー~

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問53

特定施設入居者生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 入居者の権利を不当に狭めるような契約解除条件を定めてはならない。
2 特定施設は、有料老人ホーム、養護老人ホーム及び軽費老人ホームである。
3 特定施設サービスの計画作成担当者は、他の職務と兼務できない。
4 事業者は、特定施設入居者生活介護のサービス以外で、利用者の選定により提供される介護等の費用の支払いを利用者から受けることはできない。
5 外部サービス利用型の特定施設入居者生活介護は、介護サービス等を外部の指定居宅サービス事業者に委託するものをいう。

解答

正解は…1・2・5
1 〇
2 〇
3 ✖ 計画作成担当者は、専らその職務に従事する
介護支援専門員でなければならないとされているが、
利用者の処遇に支障がない場合には、
当該特定施設における他の職務に従事できることとされている。
4 ✖ 事業者は、利用者の選定により提供される介護
その他の日常生活上の便宜に要する費用の支払いを、
利用者から受けることができる。
5 〇

参考

単語

特定施設入居者生活介護とは?

在宅サービスの1つですが、自宅ではなく介護保険の指定を受けた、介護付き有料老人ホーム、軽費老人ホーム、養護老人ホームなどで暮らし、かつ、介護認定を受けた人が利用出来るサービスです。介護計画が立てられ、それに沿って排せつや入浴、食事などの日常の介護が行われます。

問54へ

ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題52」~過去問セミナー~

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問52

短期入所生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 空床利用型及び併設型の利用定員は、20人以上と定められている。
2 介護支援専門員が緊急やむを得ないと認めた場合には、専用の居室以外の静養室も利用できる。
3 利用者の負担により、当該指定短期入所生活介護事業所の職員以外の者による介護を受けさせることができる。
4 栄養並びに利用者の心身の状況及び嗜好を考慮した食事を、適切な時間に提供しなければならない。
5 基準該当短期入所生活介護は、指定通所介護事業所や指定小規模多機能型居宅介護事業所等に併設しなければならない。

解答

正解は…2・4・5
1 ✖ 空床利用型及び併設型の利用定員は、20人未満とすることができる。
2 〇
3 ✖ 指定短期入所生活介護事業者は、利用者の負担により、
当該指定短期入所生活介護事業所の職員以外の者による
介護を受けさせてはならない。
4 〇 食事についてはさらに、利用者が可能な限り離床して
食堂で食事を摂ることを支援しなければならないとされている。
5 〇 問題文に記載されている事業所以外に、
指定認知症対応型通所介護事業所、
社会福祉施設に併設することが可能である。

参考

単語

短期入所生活介護とは?

特別養護老人ホームなどの施設に短期間入所してもらい、食事、入浴、その他の必要な日常生活上の支援や機能訓練などを行うサービスです。 一定期間、介護から解放される利用者家族にとって、自分の時間を持つことができたり介護負担の軽減を図ることができます。

問53へ

ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題51」~過去問セミナー~

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問51

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者が送迎を利用しない場合でも、所定単位数は減算しない。
2 利用者が短期入所生活介護を利用している間も、通所介護費を算定できる。
3 個別機能訓練加算は、理学療法士等を配置し、個別機能訓練計画に基づき支援し、記録と評価を行えば、定期的に居宅を訪問しなくても算定できる。
4 療養通所介護において、看護師又は准看護師を含む2名以上の従事者により個別に送迎を行った場合は、個別送迎体制強化加算を算定できる。
5 若年性認知症の利用者について、認知症加算を算定した場合には、若年性認知症利用者受入加算は算定できない。

解答

正解は…4・5
1 ✖ 送迎の費用は基本単位数に含まれており、
利用者が送迎を利用しない場合には減算となる。
2 ✖ 利用者が短期入所生活介護を利用している場合には、
通所介護費は算定できない。
3 ✖ 個別機能訓練加算は、機能訓練指導員等が
居宅を訪問した上で作成した個別機能訓練計画に基づき訓練を実施し、
その後も3カ月に1回以上利用者の居宅を訪問し、
進捗状況の説明等を行った場合に算定できる。
4 〇 平成26年改正に伴い新設された加算である。
5 〇

参考

単語

通所介護とは?

日常生活において支援・介護が必要な方が日帰りでデイサービスセンターや特別養護老人ホーム等の施設に通って、入浴・食事・排泄など日常生活を支援するサービスや、健康状態の確認、機能訓練等のサービスを受けることです。
通所の際の送迎サービスもあります。

問52へ

ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題50」~過去問セミナー~

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問50

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 要介護1又は2の利用者については、いかなる場合でも20分未満の身体介護中心型の単位を算定することはできない。
2 利用者が飼育している猫の世話は、生活援助として算定する。
3 嚥下障害のある利用者への流動食の調理は、身体介護として算定する。
4 午後10時から午前6時までの時間に訪問介護サービスを行った場合には、1回につき所定単位数の100分の50を加算する。
5 買物の際に、車いすで移動しながら本人が品物を選べるようにする支援は、
生活援助として算定する。

解答

正解は…3・4
1 ✖ 要介護1又は2の利用者であって、
日常生活自立度のランクⅡ以上に該当する者については、
20分未満の身体介護中心型の単位を算定することができる。
2 ✖ 利用者が飼育している猫の世話は、生活援助に該当しない。
3 〇 専門的配慮をもって行われる調理は、身体介護に該当する。
4 〇
5 ✖ 生活援助に該当する内容であっても、
本人と一緒に行うものについては、身体介護として算定する。

参考

単語

訪問介護とは?

介護保険の居宅サービス(自宅で利用できるサービス)のひとつで、介護福祉士や、訪問介護員(ホームヘルパー)などが家庭を訪問して、入浴・排せつ・食事などの介護や、調理・洗濯・掃除などの家事、生活などに関する相談・助言などの必要な日常生活上の援助を行います。

介護予防訪問介護は生活機能を維持向上させる観点から、軽度者(要支援1、2)に適した内容、期間、方法でサービスが提供されます。

大きく分けて<生活援助>と<身体介護>があります。

問51へ

ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題49」~過去問セミナー~

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問49

支援困難事例への基本的アプローチとして、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 利用者への支援では、取り組みの主体を本人自身におく考え方が重要である。
2 本人の人生、人生観、生き方、価値観等について、理解をより深めることが重要である。
3 自尊心が傷つき、敗北感を抱えた人に対しても、本人が現実と向きあい、自分の環境に働きかけられるよう、支えていく必要がある。
4 利用者自身による問題解決を推し進めるためには、本人の感情表現を促してはならない。
5 本人が決めたことを大事にすることが重要であり、本人が決めるプロセスは考慮しなくてよい。

解答

正解は…1・2・3
1 〇 利用者への支援においては、
利用者本人の問題解決能力を引き出すための支援が重要となる。
2 〇
3 〇
4 ✖ 利用者が感情を表出できるよう、意図的に働きかけることも重要である。
5 ✖ 本人が決定するにあたってのプロセスも重要であり、考慮する必要がある。

参考

単語

支援困難事例への基本的アプローチ

問50へ

ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題48」~過去問セミナー~

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問48

高齢者を対象としたメゾ・ソーシャルワーク(集団援助)でのソーシャルワーカーによる支援について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 メゾ・ソーシャルワークの原則は、全世代に共通するので、若い世代と同じような展開方法で行った。
2 効率的な運営のために、メンバーが途中から離脱することを、あらかじめ禁止した。
3 メンバーが自分の体験を話そうとしたので、それを一方的に制止した。
4 メンバーにリーダー役を務めることを、呼びかけた。
5 メンバーから希望があった美術館への訪問を、グループで計画することを提案した。

解答

正解は…4・5
1 ✖ 集団援助においては、対象となる世代に合った展開方法で行う必要がある。
2 ✖ グループへの参加は本人の意思にゆだねられるため、
途中で離脱したり、再度メンバーに加わることは可能である。
3 ✖ メンバー同士の体験を共有したり、それを活用することも、
集団援助の効力のひとつである。
4 ✖ グループの中心となるのは、あくまでもメンバーであり、
ワーカーはグループを側面から援助する。
5 ✖ メンバーの自発的活動を促進するのも、ソーシャルワーカーの役割である。

参考

単語

メゾ・ソーシャルワーク(集団援助)
ソーシャルワーカー

メゾ・ソーシャルワーク
・個々の世代背景に配慮し画一的な展開にならないよう支援します。
・メンバーがいつでも離脱できることを前提に進めます。
・メンバーの個人的体験を聞くことはメソ・ソーシャルワークの目的の一つです。
・各メンバーがリーダーを含め色々な役割を担うことが重要です。
・個人的要望や課題をグループで共有することで、
メンバー各々が新たな価値観を発見したり自己分析を深めます。

問49へ

ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題47」~過去問セミナー~

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問47

面接場面におけるコミュニケーションの技術について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 相談援助者側に、共感的相互理解を求めようとする姿勢が必要である。
2 話す内容とともに、音声、抑揚、話すときの表情や速さなども重要である。
3 イラストや手話、ビデオ、写真、文字盤など多様な表現方法を利用することは、クライエントを混乱させるので、避けるべきである。
4 クライエントの発信する力及び受信する力を見定めつつ適切な手段を選ぶことが必要である。
5 部屋の雰囲気やいすの位置、相談援助者の服装などの外的条件は、円滑なコミュニケーションのためには重要ではない。

解答

正解は…1・2・4
1 〇 共感的態度は、相談援助者の基本姿勢である。
2 〇 コミュニケーションにおいては、音声、抑揚、話すときの表情や
速さなどの非言語的コミュニケーションが重要視される。
3 ✖ コミュニケーション手段は、
クライエントの能力に合わせて選択することが必要である。
4 〇
5 ✖ 部屋の雰囲気やいすの位置、相談援助者との距離感、服装なども、
コミュニケーションに影響を及ぼすため重要である。

参考

単語

面接場面
コミュニケーション技術
共感的相互理解
クライエント

問48へ

ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題46」~過去問セミナー~

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問46

ソーシャルワークの観点から、クライエントの自立支援を行う上で、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 クライエントの自立を促進し、自己決定の力を強めていくことが大切である。
2 クライエントに対して、一方的な押し付けや庇護的態度が必要な場合もある。
3 可能な限りその人らしい生活の構築を試みることが、重要である。
4 クライエントの意欲を高めるためには、日常の小さな事柄から始める自己決定の体験が効果的である。
5 発言力の弱いクライエントの場合には、相談援助者が本人に代わって
判断することが大切である。

解答

正解は…1・3・4
1 〇 ソーシャルワーカーは、
クライエントの自己解決能力を高めるための
エンパワメントアプローチを行うことが求められる。
2 ✖ クライエントに対して、
一方的な押し付けや庇護的態度をとってはならない。
3 〇 バイスティックの7原則の「個別化」である。
4 〇
5 ✖ 発言力の弱いクライエントの場合には、
相談援助者が本人に代わって代弁することが大切である。

参考

単語

ソーシャルワーク
クライエント
自立支援
相談援助者

問47へ

ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-45

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(総合)

問45

居宅療養管理指導について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 主治医は、サービス担当者会議への参加が難しい場合は、
原則として、文書等により介護支援専門員に必要な情報提供を行う。
2 サービス担当者会議は、居宅療養管理指導を行う医師又は
歯科医師が利用者宅に訪問するときに、開催することが可能である。
3 薬剤師が行う居宅療養管理指導は、薬局の薬剤師に限定されている。
4 居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額の対象にならない。
5 定期的に通院や訪問診療を受けている場合でも、
訪問看護師が療養上の相談及び支援を行った場合には、
居宅療養管理指導費を算定することができる。

解答

正解は…1・2・4
1 〇 サービス担当者会議への参加が困難な場合には、
居宅介護支援事業者又は居宅サービス事業者に対して、
原則として情報提供書又は助言の内容を記載した文書を
交付しなければならないとされている。
2 〇
3 ✖ 薬局の薬剤師のみでなく、病院の薬剤師も実施することができる。
4 〇 居宅療養管理指導は、区分に含まれないサービスである。
5 ✖ 看護師が行う居宅療養管理指導は、
定期的に通院や訪問診療を受けている利用者に対して
実施することはできない。

参考

単語

居宅療養管理指導
主治医
サービス担当者会議
薬剤師
訪問看護師

問46へ

PAGE TOP