ケアマネ試験2021 住宅改修(過去12回の全問題)これだけノート

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「住宅改修」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「住宅改修」は[「福祉用具」とどちらかが出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

介護保険における住宅改修について正しいものはどれか。 2つ選べ。

1 住宅改修費の給付方法は、 被保険者が事業者に改修工事の費用を支払った後に、 市町村から被保険者に支給される償還払いである。

⇒ 設問通り

2 昇降機等動力により段差を解消する機器に係る工事の費用は、 住宅改修費の支給の対象になる。

⇒ ✕ 「段差を解消するための昇降機等動力による機器の設置に伴う工事の費用は、住宅改修費の支給の対象とならない」

3 スロープの設置は、 取付工事の有無にかかわらず、 住宅改修費の支給の対象になる。

⇒ ✕ 「取り外しが可能なタイプのスロープは住宅改修ではなく、レンタルの対象」

4 要介護2から要介護4に重度化した場合には、 再度、 住宅改修費を受給できる。

⇒ ✕ 「要介護状態区分が「3段階」以上あがった場合に、例外的に改めて支給限度基準額20万円分の住宅改修費が受けられる」

5 転居前に住宅改修費の支給を受けていた場合でも、 転居後の住宅について住宅改修費を受給できる。

⇒ 設問通り

介護保険における住宅改修について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 取付工事が必要なく据え置いて使用する手すりは、住宅改修費の支給対象にはならない

⇒ 設問通り

2 居宅介護住宅改修費は、介護支援専門員が必要と認める場合に支給される

⇒ ✕ 「介護保険住宅改修は、介護支援専門員や福祉用具専門員がその必要性を理由書として提出しますが、改修の必要の判断は保険者である市町村が行います」

3 ベッドサイドで排泄するためのポーダブルトイレの設置は、住宅改修費の支給対象となる

⇒ ✕ 「ポータブルトイレなどの排泄用具は福祉用具購入となる」

4 引き戸等への取り替えにあわせて自動ドアを設置する場合は、自動ドアの動力部分の設置は、住宅改修費の支給対象にはならない

⇒ 設問通り

5 同一住宅に複数の要介護者が居住する場合は、同時期にそれぞれが住宅改修費の支給を申請することはできない

⇒ ✕ 「同一住宅において複数の要介護者が居住する場合は、工事する箇所が重複しない場合においては、それぞれの要介護者につき住宅改修の申請が可能」

介護保険における住宅改修について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 転居前に住宅改修費の⽀給を受けた場合でも、転居後の住宅について住宅改修費を受給できる。

⇒ 設問通り

2 リフトなど動⼒によって段差を解消する機器に係る⼯事の費⽤は、住宅改修費の⽀給対象となる。

⇒ ✕ 「動力により段差を解消する機器を設置する工事費用は、住宅改修費の支給とはならない(全額利用者負担)」

3 扉の取替えに伴う壁や柱の改修⼯事の費⽤は、住宅改修費の⽀給対象となる。

⇒ 設問通り

4 ポータブルトイレの設置は、住宅改修費の⽀給対象となる。

⇒ ✕ 「ポータブルトイレは、福祉用具購入費の対象」

5 要介護状態区分が3段階以上上がった場合は、改めて住宅改修費を受給できる。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「住宅改修」の問題をまとめてみました

ケアマネ試験2021 福祉用具(過去12回の全問題)これだけノート

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「福祉用具」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「福祉用具」は第16・20・22回に「住宅改修」が出題された以外は、ほぼ毎年出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

介護保険の給付対象となる福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 取付工事を伴わないスロープは、福祉用具貸与の対象となる。

⇒ 設問通り

2 取付工事の有無にかかわらず、手すりは福祉用具貸与の対象となる。

⇒ ✕ 「取り付け工事が必要な手すりは住宅改修の対象になります」

3 入浴用いすなどの入浴補助用具は、特定福祉用具販売の対象となる。

⇒ 設問通り

4 車いすに付属するクッションなどの車いす付属品は、特定福祉用具販売の対象となる。

⇒ ✕ 「車いす付属品は、福祉用具貸与の対象をなります」

5 エアマットレスなどの床ずれ防止用具は、特定福祉用具販売の対象となる。

⇒ ✕ 「床ずれ防止用具は、福祉用具貸与になります」

介護保険における福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 福祉用具貸与事業の目的の1つに、利用者を介護する者の負担の軽減がある。

⇒ 設問通り

2 移動用リフトのつり具部分は、福祉用具貸与の対象となる。

⇒ ✕ 「移動用リフトのつり具部分は、福祉用具購入の対象となります」

3 福祉用具貸与事業者は、回収した福祉用具の保管・消毒を事業者自身で行わなければならない。

⇒ ✕ 「他の業者に委託しても問題ない」

4 福祉用具貸与事業者は、福祉用具の品名、品名ごとの利用料、その他の必要事項が記載された目録を事務所内に備え付けなければならない。

⇒ 設問通り

5 介護予防福祉用具購入費支給限度額は、居宅介護福祉用具購入費支給限度基準額より低く設定されている。

⇒ ✕ 「介護度に関係なく、年間10万円まで利用する事が出来る」

介護保険における福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 福祉用具の使用目的は、利用者の自立支援と介護者の負担軽減である。

⇒ 設問通り

2 排泄用具は、福祉用具貸与の対象である。

⇒ ✕ 「排泄用具は福祉用具販売の対象になります」

3 工事を伴うスロープは、福祉用具貸与の対象である。

⇒ ✕ 「工事が必要な場合には住宅改修の扱いになります。取り外しが可能で、工事が必要ないものは福祉用具貸与となります」

4 床ずれ防止用具は、福祉用具貸与の対象である。

⇒ 設問通り

5 利用者が特定施設入居者生活介護を受けている間でも、福祉用具貸与費は算定できる。

⇒ ✕ 「福祉用具貸与は居宅介護支援のサービスです。特定施設入居者生活介護は施設へ生活の場を移しているため、算定できません」

介護保険の給付対象となる福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 認知症老人徘徊感知機器は、福祉用具貸与の対象となる。

⇒ 設問通り

2 自動排泄処理装置は、交換可能部品も含め、特定福祉用具販売の対象となる。

⇒ ✕ 「自動排泄処理装置は、福祉用具貸与の対象である。交換可能部品は購入となる」

3 設置工事を伴うスロープは、福祉用具貸与の対象となる。

⇒ ✕ 「設置工事を伴うスロープは住宅改修費の対象である」

4 移動用リフトは、つり具の部分も含め福祉用具貸与の対象となる。

⇒ ✕ 「つり具の部分のみが福祉用具販売対象となる。リフトは福祉用具貸与の対象となる」

5 入浴補助用具は、特定福祉用具販売の対象となる。

⇒ 設問通り

介護保険の福祉用具について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 ウォーターマットレス等の床ずれ防止用具は、特定福祉用具販売の対象となる。

⇒ ✕ 「福祉用具貸与の対象となります」

2 工事を伴わずに使用できるスロープは、福祉用具貸与の対象となる。

⇒ 設問通り

3 移動用リフトのつり具部分は、福祉用具貸与の対象となる。

⇒ ✕ 「移動用リフトのつり具部分は消耗品のため、福祉用具購入の対象となります」

4 福祉用具貸与の利用については、要介護状態区分に応じた制限がある。

⇒ 設問通り

5 特定施設入居者生活介護を受けている場合は、福祉用具貸与費は算定しない。

⇒ 設問通り

介護保険における福祉用具について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介助用電動車いすは、福祉用具貸与の対象となる。

⇒ 設問通り

2 水洗ポータブルトイレの設置に要する費用は、給付対象となる。

⇒ ✕ 「ポータブルトイレは給付対象ですが、水洗のものは給付対象にはならない」

3 認知症老人徘徊感知機器は、外部との通信機能を除いた部分については、給付対象となる。

⇒ 設問通り

4 複数の福祉用具を貸与する場合、通常の貸与価格から減額して貸与できる。

⇒ 設問通り

5 自動排泄処理装置の専用パッドや洗浄液は、特定福祉用具販売の対象となる。

⇒ ✕ 「使い捨てのパッドや洗浄液は、利用者の負担になります」

介護保険の給付対象となる福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。

(注)選択肢1及び4は「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第37号)の定める内容による。

1 福祉用具貸与事業所には、福祉用具専門相談員を1名以上置かなければならない。

⇒ ✕ 「2名以上の配置が義務付けられている」

2 利用者の身体を滑らせるスライディングボードは、福祉用具貸与の対象となる。

⇒ 設問通り

3 浴槽用の手すりは、福祉用具貸与の対象となる。

⇒ ✕ 「浴槽用の手すりは、福祉用具購入の対象となります」

4 特定福祉用具を販売する際には、福祉用具専門相談員は、利用者ごとに特定福祉用具販売計画を作成しなければならない。

⇒ 設問通り

5 福祉用具貸与の対象となるスロープは、持ち運びできないものでもよい。

⇒ ✕ 「持ち運びできないものは住宅改修」

介護保険の福祉用具貸与の対象となるものとして正しいものはどれか。3つ選べ。

1 取付工事の必要がなく、持ち運びが容易なスロープ

⇒ 設問通り

2 特殊寝台と一体的に使用されるマットレス

⇒ 設問通り

3 車輪のない歩行器

⇒ 設問通り

4 空気式又は折りたたみ式の簡易浴槽

⇒ ✕ 「簡易浴槽は貸与の品目ではない」

5 自動排泄処理装置の専用パッド

⇒ ✕ 「専用パッドは貸与、購入共に該当する品目ではない」

介護保険における福祉用具貸与の対象となるものとして正しいものはどれか。2つ選べ。

1 エアマットレスなどの床ずれ防止用具

⇒ 設問通り

2 移動用リフトのつり具の部分

⇒ ✕ 「つり具部分は直接肌が触れる場合があるため、貸与ではなく特定福祉用具販売の対象」

3 入浴用介助ベルト

⇒ ✕ 「入浴用介助ベルトは入浴補助用具であり、特定福祉用具販売の対象」

4 浴槽内いす

⇒ ✕ 「浴槽内いすは入浴補助用具であり、特定医福祉用具販売の対象」

5 特殊寝台からの起き上がりや移乗の際に用いる介助用ベルト

⇒ 設問通り

福祉用具貸与の対象となる商品は

・車いす

・車いす付属品

・特殊寝台

・特殊寝台付属品

・床ずれ防止用具

・体位変換機

・手すり

・スロープ

・歩行器

・歩行補助つえ

・認知症老人徘徊感知器

・移動用リフト(つり具の部分を除く)

・自動排泄処理装置

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「福祉用具」の問題をまとめてみました

ケアマネ試験2021 特定施設入居者生活介護(過去12回の全問題)これだけノート

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「特定施設入居者生活介護」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「特定施設入居者生活介護」は第16回と第18回の2度出題されてそれ以降出題されていません

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

特定施設入居者生活介護について正しいものはどれか。 3つ選べ。

1 特定施設入居者生活介護は、 居宅サービスとして位置付けられている。

⇒ 設問通り

2 特定施設入居者生活介護は、 居宅サービス計画に基づいて提供される。

⇒ ✕ 「居宅介護サービス計画ではなく、特定施設サービス計画です」

3 指定特定施設入居者生活介護事業者は、 入居に際し、 文書で契約を結ばなければならない。

⇒ 設問通り

4 第2号被保険者は、 要介護に認定されても、 特定施設入居者生活介護を利用できない。

⇒ ✕ 「居宅サービスとして位置づけられており、第2号被保険者でも介護保険に認定されていれば利用できる」

5 指定特定施設入居者生活介護事業者は、 地域住民又はその自発的な活動等と連携・協力し、 地域との交流に努めなければならない。

⇒ 設問通り

特定施設入居者生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 入居者の権利を不当に狭めるような契約解除条件を定めてはならない。

⇒ 設問通り

2 特定施設は、有料老人ホーム、養護老人ホーム及び軽費老人ホームである。

⇒ 設問通り

3 特定施設サービスの計画作成担当者は、他の職務と兼務できない。

⇒ ✕ 「利用者の処遇に支障がない場合には兼務することができる」

4 事業者は、特定施設入居者生活介護のサービス以外で、利用者の選定により提供される介護等の費用の支払いを利用者から受けることはできない。

⇒ ✕ 「利用者の選定によって提供される介護や、日常生活上の便宜を図るために行なわれたサービスに関しては費用を請求することが可能」

5 外部サービス利用型の特定施設入居者生活介護は、介護サービス等を外部の指定居宅サービス事業者に委託するものをいう。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「療養通所介護」の問題をまとめてみました

ケアマネ試験2021 短期入所生活介護(過去12回の全問題)これだけノート

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「短期入所生活介護」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「短期入所生活介護」は第13~15回は出題されませんでしたが、それ以降は毎年出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

短期入所生活介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 同居家族の休養をサービスの目的としており、一人暮らしの高齢者は原則利用できない。

⇒ ✕ 「一人暮らしの人でも利用できます」

2 利用申込者や家族に対し重要事項に関する文書を交付して説明を行い、サービス内容や利用期間等について同意を得なければならない。

⇒ 設問通り

3 短期入所生活介護計画は、おおむね7日以上継続して利用が予定される利用者について作成しなければならない。

⇒ ✕ 「7日ではなく4日以上継続して利用する場合に作成が必要」

4 短期入所生活介護計画は、事業所に配置された介護支援専門員が作成を担当しなければならない。

⇒ ✕ 「介護書類の作成経験のある人や、サービスの提供について豊富な知識と経験がある人であれば作成を行なうことができます」

5 短期入所生活介護計画は、居宅サービス計画が作成されている場合には、その内容に沿って作成しなければならない。

⇒ 設問通り

短期入所生活介護について正しいものはどれか。 3つ選べ。

1 要介護に認定された者で、 慢性疾患などにより医学的管理や医療を必要とするものの利用を想定している。

⇒ ✕ 「医療や医学的管理を必要とするのは短期入所療養介護です」

2 短期入所生活介護は、「単独型」、「併設型」、「空床利用型」の3つに区分されている。

⇒ 設問通り

3 身体的拘束を行う場合には、 その態様及び時間、 その際の利用者の心身の状況並びに緊急やむを得ない理由を記録することとなっている。

⇒ 設問通り

4 短期入所生活介護計画の内容については、 利用者及びその家族に説明を行う必要はあるが、 利用者から同意を得る必要はない。

⇒ ✕ 「短期入所生活介護計画の内容については、利用者及びその家族に説明をし、利用者から同意を得る必要がある」

5 在宅生活の継続への支援という観点から、 利用者自らの生活スタイルを尊重することが必要となる

⇒ 設問通り

短期入所生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 短期入所生活介護計画は、おおむね4日以上連続して利用が予定される場合に作成しなければならない。

⇒ 設問通り

2 家族の結婚式への出席や趣味活動への参加などを理由とした利用はできない。

⇒ ✕ 「家族の私的理由による利用も可能です」

3 利用者の心身の状況を踏まえて、日常生活に必要な援助を妥当適切に行わなければならない。

⇒ 設問通り

4 機能訓練指導員は、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士でなければならない。

⇒ ✕ 「機能訓練指導員は、理学療法士、作業療法士の他に、看護師、准看護師、柔道整復師、あんまマッサージ指圧師も行うことができます」

5 事業所に介護支援専門員の資格を有する者がいる場合は、その者に短期入所生活介護計画の取りまとめを行わせることが望ましい。

⇒ 設問通り

短期入所生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 空床利用型及び併設型の利用定員は、20人以上と定められている。

⇒ ✕ 「短期入所生活介護サービスを行う施設の型は、単独型、併設型、空床利用型の3つがあります。そのうち、単独型は利用定員が20名以上と定められていますが、併設型と空床利用型に関しては、20名未満でも可能となっています」

2 介護支援専門員が緊急やむを得ないと認めた場合には、専用の居室以外の静養室も利用できる。

⇒ 設問通り

3 利用者の負担により、当該指定短期入所生活介護事業所の職員以外の者による介護を受けさせることができる。

⇒ ✕ 「外部サービスは利用できない」

4 栄養並びに利用者の心身の状況及び嗜好を考慮した食事を、適切な時間に提供しなければならない。

⇒ 設問通り

5 基準該当短期入所生活介護は、指定通所介護事業所や指定小規模多機能型居宅介護事業所等に併設しなければならない。

⇒ 設問通り

短期入所生活介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

(注)選択肢1、2、3及び4は「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第37号)の定める内容による。

1 利用者20名未満の併設型の事業所の場合、介護職員は非常勤でもよい。

⇒ 設問通り

2 すべての利用者について、短期入所生活介護計画を作成しなければならない。

⇒ ✕ 「4日以上滞在する場合に作成しなければならない」

3 短期入所生活介護計画は、居宅サービス計画を作成した介護支援専門員が作成しなければならない。

⇒ ✕ 「基準では「介護の提供に係る計画等の作成に関し経験のある者や、介護の提供について豊富な知識及び経験を有する者にそのとりまとめを行わせるものとし、当該事業所に介護支援専門員の資格を有する者がいる場合は、その者に当該計画のとりまとめを行わせることが望ましいものである」とされています。」

4 災害等のやむを得ない事情がある場合には、利用定員を超えた短期入所生活介護が認められる。

⇒ 設問通り

5 緊急短期入所受入加算と認知症行動・心理症状緊急対応加算は、同時に算定できる

⇒ ✕ 「緊急受け入れ加算についての通知で、同時に算定できないことが明記されています」

介護保険における短期入所生活介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者20人未満の併設事業所の場合は、生活相談員は非常勤でもよい

⇒ 設問通り

2 機能訓練指導員は、当該事業所の他の職務と兼務することができる

⇒ 設問通り

3 利用者から理美容代の支払いを受けることはできない

⇒ ✕ 「理美容代は、利用者から徴収することができる」

4 認知症行動・心理症状緊急対応加算の算定と合わせて、若年性認知症利用者受入加算を算定することができる

⇒ ✕ 「認知症行動・心理症状緊急対応加算と合わせて、若年性認知症利用者受け入れ加算を算定することはできない」

5 連続14日を超えてサービスを受けている利用者については、短期入所生活介護費が減算される

⇒ ✕ 「連続30日を超えてサービスを受けている場合、短期入所生活介護費が減算される」

介護保険における短期入所生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 緊急短期入所受入加算と認知症行動・心理症状緊急対応加算は、同時に算定できる。

⇒ ✕ 「緊急短期入所受入加算と認知症行動・心理症状緊急対応加算は同時算定できない」

2 一定の条件を満たした事業所が、喀痰吸引等の医療ニーズの高い利用者に対してサービス提供を行った場合には、医療連携強化加算を算定できる。

⇒ 設問通り

3 利用者の心身状態や家族等の事情から送迎を行う場合には、送迎加算を算定できる。

⇒ 設問通り

4 一定の条件を満たした事業所が、認知症の高齢者に対して専門的な認知症ケアを行った場合には、認知症専門ケア加算を算定できる。

⇒ 設問通り

5 連続して30日を越えて同一の事業所に入所してサービスを受けている利用者がいる場合には、加算を算定できる。

⇒ ✕ 「30日を超えて短期入所生活介護を利用している利用者を受け入れている場合、加算ではなく減算の対象となります」

介護保険における短期活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 認知症⾏動・⼼理症状緊急対応加算と若年性認知症利⽤者受⼊加算は、同時に算定できる。

⇒ ✕ 「若年性認知症利用者受入加算は、認知症行動・心理症状緊急対応加算を算定した場合には、算定できない」

2 医療連携強化加算と在宅中重度者受⼊加算は、同時に算定できる。

⇒ ✕ 「医療連携強化加算は、在宅中重度者受入加算を算定した場合には、算定できない」

3 医師の発⾏する⾷事箋に基づいた糖尿病⾷等を提供する場合は、1⽇につき3回を限度として、療養⾷加算を算定できる。

⇒ 設問通り

4 共⽣型短期⼊所⽣活介護を算定している場合は、夜勤職員配置加算は算定できない。

⇒ 設問通り

5 利⽤者の状態や家族等の事情により、居宅サービス計画にない指定短期⼊所⽣活介護を緊急に⾏った場合は、原則として、緊急短期⼊所受⼊加算を算定できる。

⇒ 設問通り

介護保険における短期入所生活介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者20人未満の併設事業所の場合には、管理者は常勤でなくてもよい。

⇒ ✕ 「管理者は常勤・専従でなければなりません」

2 利用者20人未満の併設事業所の場合でも、生活相談員は常勤でなければならない。

⇒ ✕ 「生活指導員等はそれぞれのうち一人は常勤でなければならないとなっていますが、利用定員が二十人未満の併設事業所の場合はこの限りではない」

3 利用者20人未満の併設事業所の場合でも、機能訓練指導員は他の職務と兼務することはできない。

⇒ ✕ 「事業所の形態や定員数にかかわらず、機能訓練指導員は他の職種と兼務可能です」

4 利用者40人以下の事業所の場合には、他の施設の栄養士との連携があり、利用者の処遇に支障がなければ、栄養士は配置しなくてもよい。

⇒ 設問通り

5 食事の提供と機能訓練に支障のない広さを確保できる場合には、食堂と機能訓練室は同一の場所とすることができる。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「短期入所生活介護」の問題をまとめてみました

ケアマネ試験2021 療養通所介護(過去12回の全問題)これだけノート

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「療養通所介護」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「療養通所介護」は第14回の1度だけ出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

療養通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者に対する指定療養通所介護の提供の適否は、主治医を含めたサービス担当者会議において検討することが重要である。

⇒ 設問通り

2 指定療養通所介護事業所の利用定員は、原則として、15名以下である。

⇒ ✕ 「指定療養通所介護事業所の利用定員は9人以下」

3 療養通所介護計画は、既に作成された居宅サービス計画の内容にかかわらず、事業所の判断で作成してよい。

⇒ ✕ 「療養通所介護計画は居宅サービス計画の内容に沿うとともに、訪問看護計画の内容とも整合性を図る必要がある」

4 指定療養通所介護事業者は、緊急時の対応策をあらかじめ定めておく必要があるが、緊急時対応医療機関を定めておく必要はない。

⇒ ✕ 「利用者の急変に対して迅速に対応する為に、緊急時対応医療機関は決めておくことが義務付けられている」

5 指定療養通所介護事業者は、安全・サービス提供管理委員会を開催し、安全かつ適切なサービス提供の方策について検討結果を記録しなければならない。

⇒ 設問通り

※ 療養通所介護事業所の利用定員は、平成18年は5名以下、平成21年は8名以下、平成24年は9名以下となります。また、平成28年から利用定員により、「通所介護に該当する事業所」と「地域密着型通所介護の事業所」の2つに区分されました。

地域密着型通所介護の事業所の定員は18名以下、通所介護に該当する事業所の定員は19名以上となりました。

この問題は平成23年(2011年)に出題された設問となります。

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「療養通所介護」の問題をまとめてみました

ケアマネ試験2021 通所介護(過去12回の全問題)これだけノート

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「通所介護」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「通所介護」はほぼ毎年出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 通所介護は、社会的孤独感の解消、心身の機能の維持、家族の介護負担の軽減を目的としており、入浴や食事等のサービスの提供のみを目的とするものではない。

⇒ 設問通り

2 居宅サービス計画に通所介護がくみこまれたことがサービス担当者会議で確認されたのち、介護支援専門員が通所介護計画を作成しなければならない。

⇒ ✕ 「通所介護計画を作成するのはケアマネではなく、サービスを提供する通所介護事業所の管理者である」

3 通所介護計画は、その内容について利用者に説明して同意を得た上で作成し、利用者に口頭で示せばいい。

⇒ ✕ 「内容を本人や家族に説明し、同意の捺印や署名をもらって交付しなければならない」

4 療養通所介護計画は、訪問看護計画書が作成されている場合には、その訪問看護計画との調整を図りつつ、作成しなければならない。

⇒ 設問通り

5 指定療養通所介護事業者は、安全かつ適切なサービスを提供するため、安全・サービス提供管理委員会を設置しなければならない。

⇒ 設問通り

介護予防通所介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護予防通所介護事業所の管理者は、モニタリングの結果を踏まえ、必要に応じ介護予防サービス計画の変更を行う。

⇒ ✕ 「サービス計画の変更はケアマネが作成し、介護予防通所介護計画の変更は介護予防通所介護事業所の管理者が行う」

2 介護予防通所介護事業所の管理者は、介護予防通所介護計画に基づくサービスの提供開始時から、少なくとも3月に1回は、利用者の状態・サービス提供状況等について、介護予防支援事業者に報告しなければならない。

⇒ ✕ 「少なくとも月に1回は、介護予防支援事業者に報告しなければならない」

3 サービスの提供に当たっては、介護予防通所介護計画に基づき、日常生活を営むのに必要な支援を行う。

⇒ 設問通り

4 介護予防通所介護事業として、運動器機能向上サービス、栄養改善サービス又は口腔機能向上サービスを提供することができる。

⇒ 設問通り

5 利用者とのコミュニケーションを十分に図るなどして、利用者が主体的に参加するよう適切な働きかけに努める。

⇒ 設問通り

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者は、利用日ごとに異なる提供時間数のサービスを受けることができる。

⇒ 設問通り

2 時間区分が同一の利用者については、サービス提供開始時刻と終了時刻は同時刻でなければならない。

⇒ ✕ 「サービスの提供時間は、利用者それぞれのケアプランに基づいて決められるため、同時刻ではない」

3 サービス利用時間が9時間を超過する場合は、延長加算を算定できる。

⇒ 設問通り

4 通所介護事業所と同一建物に居住する利用者にサービスを提供する場合も、原則として、他の利用者と同一の所定単位数で算定できる。

⇒ ✕ 「通所介護事業所と同一建物に居住する利用者にサービスを提供する場合は、1日につき94単位の減算をする」

5 個別機能訓練加算は、機能訓練指導員の職務に従事する常勤の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等を1名以上配置していれば算定できる。

⇒ ✕ 「配置だけでは算定できない。個別機能訓練計画を作成し、実際に個別の機能訓練をおこなう必要がある」

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。 3つ選べ。

1 利用者ごとにサービス利用時間の長さの異なるサービスは、 同一事業所では提供できない。

⇒ ✕ 「利用者ごとにサービス利用時間の異なるサービスでも、同一事業所で提供できる」

2 個別機能訓練加算は、 機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を配置しなくても、 個別機能訓練計画に基づき支援を行う場合に算定する。

⇒ ✕ 「個別機能訓練加算は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、 看護職員、柔道整復師又はあん摩マッサージ指圧師が個別機能訓練計画に基づいて計画的に行った機能訓練を行ったときに算定できる」

3 栄養改善加算は、 管理栄養士を1名以上配置し、 介護職員等と共同して作成した栄養計画に基づき支援を行い、 定期的に記録と評価を行う場合に算定する。

⇒ 設問通り

4 口腔機能向上加算は、 言語聴覚士等を1名以上配置し、 介護職員等と共同して作成した口腔機能改善管理指導計画に基づき支援を行い、 定期的に記録と評価を行う場合に算定する。

⇒ 設問通り

5 指定療養通所介護事業所では、 難病などを有する重度要介護者等を対象として、 療養通所介護計画に基づき支援を行う。

⇒ 設問通り

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 療養通所介護では、安全かつ適切なサービスの提供を確保するために、安全・サービス提供管理委員会を設置しなければならない。

⇒ 設問通り

2 集団プログラムに参加している利用者に対しては、個別の通所介護計画を作成しなくてもよい。

⇒ ✕ 「通所介護では個別の通所介護計画を作成しなければならなり」

3 家族の休養を目的とする通所介護の利用は、適切ではない。

⇒ ✕ 「家族の休養を目的として利用することも多い」

4 入浴介助を行った場合でも、加算はされない。

⇒ ✕ 「入浴介助を行った場合は加算の対象となる」

5 サービス利用時間が9時間以上となるときは、延長加算を算定できる。

⇒ 設問通り

介護予防通所介護について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 下肢筋力の向上など特定の身体機能の改善のみを目的としている。

⇒ ✕ 「介護予防通所介護は本人の自立を目指したものであり、総合的なサービスが提供される」

2 利用者ができないことを単に補うようなサービスを提供する。

⇒ ✕ 「介護予防通所介護は本人の自立を目指したものであり、総合的なサービスが提供される」

3 利用者の日常生活に対する意欲を高めるような言葉がけを行う。

⇒ 設問通り

4 食費を利用者から徴収することはできない。

⇒ ✕ 「食費は利用者から徴収する」

5 口腔機能向上サービスについては、その有効性が内外の調査研究等で確認されている必要がある。

⇒ 設問通り

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者が送迎を利用しない場合でも、所定単位数は減算しない。

⇒ ✕ 「平成27年度の法改正により、本人や家族が自力で通所する場合には介護報酬の減算が行われるようになった」

2 利用者が短期入所生活介護を利用している間も、通所介護費を算定できる。

⇒ ✕ 「短期入所生活介護を利用している間は、通所介護費を算定できない」

3 個別機能訓練加算は、理学療法士等を配置し、個別機能訓練計画に基づき支援し、記録と評価を行えば、定期的に居宅を訪問しなくても算定できる。

⇒ ✕ 「3ヶ月に一回、利用者の居宅を訪問して、評価や見直しなどを実施する必要がある」

4 療養通所介護において、看護師又は准看護師を含む2名以上の従事者により個別に送迎を行った場合は、個別送迎体制強化加算を算定できる。

⇒ 設問通り

5 若年性認知症の利用者について、認知症加算を算定した場合には、若年性認知症利用者受入加算は算定できない。

⇒ 設問通り

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

(注)選択肢1、2及び5は「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第37号)の定める内容による。

1 看護職員の配置は、義務付けられていない。

⇒ ✕ 「看護職員としての看護師または准看護師を1名以上配置することが義務付けられている。ただし、法改正後には、必ずしも看護職員が専従である必要がなくなりました」

2 おむつ代は、利用料以外の料金として支払いを受けることができる。

⇒ 設問通り

3 認知症介護指導者養成研修を修了した職員を配置していれば、認知症の程度にかかわらず、認知症加算を算定できる。

⇒ ✕ 「日常生活自立度がⅣ以上であることが要件となる」

4 通所介護事業所と同一の建物内に居住する利用者がサービスを利用する場合であっても、通所介護費を減算されることはない。

⇒ ✕ 「事業所と同一建物に居住する利用者には提供した場合に減算となる(同一建物利用者減算)」

5 利用者に病状の急変が生じた場合は、主治の医師への連絡等の措置を講じなければならない。

⇒ 設問通り

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

(注)選択肢3及び4は「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第37号)の定める内容による。

1 若年性認知症の利用者を受け入れた場合は、認知症加算に加えて、若年性認知症利用者受入加算を算定できる。

⇒ ✕ 「若年性認知症利用者受入加算と認知症加算を同時に算定することはできない」

2 低栄養状態にある利用者に対して管理栄養士を中心に栄養改善サービスを提供した場合は、月に2回を限度として栄養改善加算を算定できる。

⇒ 設問通り

3 通所介護計画は、利用者が希望した場合にのみ交付すればよい。

⇒ ✕ 「通所介護計画は、作成したら毎回必ず利用者へ交付しなければならない」

4 利用者からの要望があれば、利用定員を超えてサービスを提供することができる。

⇒ ✕ 「災害等のやむを得ない場合には、受け入れることも可能ですが、「利用者の要望」はこれにはあたらない」

5 サービス利用時間が9時間以上の場合は、5時間を限度として延長加算を算定できる。

⇒ 設問通り

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 生活相談員は、専ら当該事業所の通所介護の提供に当たる者でなくてもよい

⇒ ✕ 「生活相談員は、提供時間に応じて、専従で1名以上必要とされる」

2 看護職員は、配置されることが望ましい

⇒ ✕ 「看護職員は、看護師、准看護師の資格を有する者で専従の必要はないものの、密接かつ適切に連携を図るものとして、1人以上の配置が必要とされている」

3 機能訓練指導員に関する要件は、特に定められていない

⇒ ✕ 「機能訓練指導員は、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師のいずれかの資格が必要で、同じ通所介護事業所での他の職務との兼務が可能です」

4 介護職員に関する資格要件は、特に定められていない

⇒ 設問通り

5 管理者に関する資格要件は、特に定められていない

⇒ 設問通り

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 通所介護に係る介護報酬は、併設事業所の有無によって異なっている。

⇒ ✕ 「介護報酬は併設事業所の有無は関係ない」

2 通常の事業の実施地域内に住む利用者の送迎に要する費用は、通所介護費に含まれる。

⇒ 設問通り

3 指定通所介護事業所は、利用定員数にかかわらず、生活相談員を配置しなければならない。

⇒ 設問通り

4 指定通所介護事業所において、夜間及び深夜に指定通所介護以外のサービスを提供する場合は、その開始前に都道府県知事に届け出をしなければならない。

⇒ 設問通り

5 非常災害に際して必要な設備や備品を備えておくことは、各事業所の任意である。

⇒ ✕ 「避難訓練や避難計画の作成など、災害への備えを講じる必要がある」

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 ⼀定の研修を受けた介護職員が喀痰吸引を⾏った場合には、中重度者ケア体制加算を算定できる。

⇒ ✕ 「設問のような場合には、中重度者ケア体制加算は加算できない」

2 ⽣活機能向上連携加算を算定するためには、外部の理学療法⼠等と当該事業所の機能訓練指導員等が共同してアセスメントや個別機能訓練計画の作成等を⾏わなければならない。

⇒ 設問通り

3 ⼊浴介助を適切に⾏うことができる⼈員及び設備を有する事業所が⼊浴介助を⾏った場合には、⼊浴介助加算を算定できる。

⇒ 設問通り

4 ⽣活相談員が要介護認定の申請に係る援助を⾏った場合には、⽣活相談員配置等加算を算定できる。

⇒ ✕ 「設問のような場合は、サービスの範囲内であるため算定できる加算はなり」

5 看護師が低栄養状態にある利⽤者に対して栄養ケア計画を作成した場合には、栄養改善加算を算定できる。

⇒ ✕ 「栄養改善加算を算定できるのは、管理栄養士を中心として栄養改善サービスを行った場合です」

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 通所介護費は、事業所の規模によって2つに分けて設定されている。

⇒ ✕ 「事業所の規模によって「通常規模」「大規模型(Ⅰ)」「大規模型(Ⅱ)」の3つに分けられています」

2 通所介護費は、サービスの所要時間によって3つに分けて設定されている。

⇒ ✕ 「サービスの利用時間により、「6つ」に区分されています」

3 サービスの所要時間が同じ区分の利用者については、サービス提供開始時刻を同じにしなければならない。

⇒ ✕ 「サービスの所要時間が同じ区分の利用者について、サービス提供時間が同じでなくても差し支えない」

4 送迎時に実施した居宅内での介助は、1日30分以内を限度に、通所介護を行うのに要する時間に含めることができる。

⇒ 設問通り

5 通常の事業の実施地域以外に住む利用者の送迎にかかる費用は、利用料以外の料金として支払いを受けることができる。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「通所介護」の問題をまとめてみました

ケアマネ試験2021 訪問入浴介護(過去12回の全問題)これだけノート

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「訪問入浴介護」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「訪問入浴介護」は「介護予防訪問入浴介護」とともにほぼ毎年出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

訪問入浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 訪問入浴介護の提供には、看護職員1人と介護職員2人で行う場合のほか、介護職員3人で行う場合がある。

⇒ 設問通り

2 危険性が高いため、終末期には訪問入浴介護は利用することができない。

⇒ ✕ 「終末期でも、主治の医師の意見を確認した上で、提供できる」

3 利用者が胃ろうによる経管栄養を受けている場合には、訪問入浴介護は利用することができない。

⇒ ✕ 「胃ろうや中心静脈栄養法、人工肛門、人工膀胱等の医療処置を受けているのある人でも、訪問入浴介護を利用することが出来る」

4 訪問入浴介護の従業者は、利用者の病状が急変した場合には、速やかに主治医に連絡する等の措置を講じなければならない。

⇒ 設問通り

5 利用者が小規模多機能型居宅介護を利用しているときは、訪問入浴介護は保険給付の対象とはならない。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問入浴介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 膀胱留置カテーテルがある場合には、訪問入浴介護は利用できない。

⇒ ✕ 「利用者の病状が安定しているようであれば、医療処置や医療器具を利用している状態でも訪問入浴が利用できる」

2 利用者の身体に接触する設備、器具は、サービス提供ごとに消毒したものを使用する。

⇒ 設問通り

3 感染症に罹患している場合には、訪問入浴介護員への感染が考えられるため、訪問入浴介護を利用することはできない。

⇒ ✕ 「主治医からの入浴に際する注意事項や、具体的な感染防止方法などの説明を受けていれば利用することができる」

4 訪問入浴介護の提供は、利用者の身体の状況によっては、介護職員3人で行う場合がある。

⇒ 設問通り

5居宅の浴場での入浴が困難でも、介助者がいる場合には、訪問入浴介護を利用することはできない。

⇒ ✕ 「介助者がいる場合でも、利用者が安全に入浴できないような場合には訪問入浴を利用することができる」

介護保険における訪問による入浴の介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 訪問入浴介護事業所が、その事業所と同一の建物に居住する利用者に対し訪問入浴介護を提供する場合には、所定単位数の100分の90に相当する単位数を算定する。

⇒ 設問通り

2 利用者の身体の状況等に支障を生ずるおそれがなく、主治の医師の意見を確認した上で、介護職員3人で訪問入浴介護を提供した場合には、所定単位数の100分の100を算定できる。

⇒ ✕ 「利用者の身体に問題がなく、医師が可能と判断した場合には介護職員3人でも可能。その場合は所定単位数の「100分の95」に相当する単位数となる」

3 訪問入浴介護において十分な経験年数がある介護職員が訪問する場合には、主治の医師の意見の確認なしに入浴の可否を判断してよい。

⇒ ✕ 「入浴前には看護師が患者の健康状態を確認し、問題がある場合には医師の判断を仰がなければならない」

4 全身入浴の介助に必要な場合には、訪問介護と訪問看護を同時間に利用することができる。

⇒ 設問通り

5 訪問入浴介護において利用者の体調が悪く、利用者の希望により部分浴のみ行った場合にも、全身入浴と同じ単位数を算定することができる。

⇒ ✕ 「利用者の意思によって清拭、部分浴を行った場合は、全身入浴の100分の70を算定する」

介護保険における介護予防訪問入浴について正しいものはどれか。 3つ選べ。

1 看護職員1人と介護職員1人の2人でサービスを提供することができる。

⇒ 設問通り

2 利用者の体調が安定している場合には、 医師の意見を確認した上で、 介護職員2人で入浴サービスを提供することができる。

⇒ 設問通り

3 利用者の自宅の浴槽を利用して、 入浴サービスを提供することができる。

⇒ ✕ 「事業所の浴槽を提供して行う」

4 浴槽や器具は、 1日に1回、 その日の業務が終了したときに清掃する。

⇒ ✕ 「サービスの提供(利用者)ごとに消毒したものを使用する」

5 自立した日常生活を営めるよう、 生活機能の維持、 向上を目指すものでなければならない。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問入浴介護について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 利用者の心身の状況が安定しており、主治医の意見を確認した場合には、介護職員3人でサービスを提供することができる。

⇒ 設問通り

2 終末期の訪問入浴介護は、危険性が高いため、避けるべきである。

⇒ ✕ 「主治医の指示がある場合には可能です。終末期においても体の清潔を保つことは大事」

3 利用者の病態が安定している場合には、気管切開創があっても、入浴は可能である。

⇒ 設問通り

4 利用者の心身の状況により全身入浴が困難な場合には、利用者の希望により、清拭や部分浴を提供することができる。

⇒ 設問通り

5 利用者が短期入所生活介護サービスを受けている間も、訪問入浴介護費を算定できる。

⇒ ✕ 「短期入所生活介護サービスを利用中は、施設において入浴を行なうので、訪問入浴介護は算定できない」

介護保険における介護予防訪問入浴介護について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 介護予防小規模多機能型居宅介護を利用している間も、介護予防訪問入浴介護費を算定できる。

⇒ ✕ 「2つのサービスを同時に利用することは出来ない」

2 指定介護予防訪問入浴介護事業所と同一敷地内の建物に居住する利用者に対しサービスを提供する場合であっても、所定単位数は減算しない。

⇒ ✕ 「同一建物利用者減算になるため、減算される」

3 利用者の心身の状況に支障が生じない場合は、主治医の意見を確認した上で、介護職員2人でサービスを提供することができる。

⇒ 設問通り

4 浴槽や器具は、サービスを提供するごとに消毒しなければならない。

⇒ 設問通り

5 膀胱留置カテーテルを使用している場合には、介護予防訪問入浴介護は利用できない。

⇒ ✕ 「膀胱留置カテーテルが挿入されていても入浴できる。主治医へ注意事項等を確認した上で介護予防訪問入浴介護を利用することは可能」

介護保険における訪問入浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 訪問入浴介護の目的には、心身の機能の維持が含まれる

⇒ 設問通り

2 サービス提供の責任者は、入浴介護に関する知識や技術を有する者でなくてもよい

⇒ ✕ 「サービス提供責任者は、そのサービスを提供するにあたり、他の職員への指導や、介護支援専門員との連携等様々な対応が必要であり、入浴介護に対する知識や技術を持つ者でなくてはならない」

3 緊急時の対応のため、協力医療機関は、事業の通常の実施地域内にあることが望ましい

⇒ 設問通り

4 皮膚に直に接するタオル等は、利用者一人ごとに取り替えるなど、安全清潔なものを使用する

⇒ 設問通り

5 事業所の専用の事務室には、利用申込の受付や相談に対応するためのスペースは必要としない

⇒ ✕ 「訪問入浴サービス事業所には、事務スペースと相談スペースを確保することが施設基準によって定められている」

介護保険における訪問入浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 訪問入浴介護で使用する浴槽は、利用者又はその家族が用意しなければならない。

⇒ ✕ 「浴槽は事業所が用意する」

2 利用者が小規模多機能型居宅介護を利用している場合には、訪問入浴介護費は算定できない。

⇒ 設問通り

3 利用者の身体状況等に支障がない場合には、主治の医師の意見を確認したうえで介護職員3人で実施することができる。

⇒ 設問通り

4 訪問入浴介護費は、サービス提供時間によって2区分に分けられている。

⇒ ✕ 「訪問入浴の介護報酬は、介護度やサービスの提供時間に関係なく一律である」

5 利用者の心身状況及びその希望によって清拭に変更になった場合には、訪問入浴介護費は減算される。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 サービス提供は、1回の訪問につき、看護職員1名と介護職員1名で⾏う。

⇒ ✕ 「訪問入浴介護は、1回のサービスを原則として看護職員1人と介護職員2人で提供する」

2 終末期にある者も、訪問⼊浴介護を利⽤できる。

⇒ 設問通り

3 同⼀時間帯での同⼀利⽤者に対する⼊浴介助については、別に訪問介護費を算定することはできない。

⇒ 設問通り

4 利⽤者に病状の急変が⽣じた場合には、速やかに事業所の管理者に連絡し、変更・中⽌の指⽰を受ければよい。

⇒ ✕ 「利用者に病状の急変が生じたなどの場合は、主治医に連絡して指示を仰ぎ状況によっては中止する」

5 協⼒医療機関は、事業の通常の実施地域内にあることが望ましい。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問入浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 利用者宅に浴室があっても、訪問入浴介護を提供することができる。

⇒ 設問通り

2 利用者が訪問入浴介護事業所と同一の建物に居住する場合でも、訪問入浴介護を提供することができる。

⇒ 設問通り

3 利用者が短期入所生活介護を利用している間は、訪問入浴介護費は算定しない。

⇒ 設問通り

4 訪問入浴介護は、事業所数が少ないため、通常の事業の実施地域を定めなくてもよい。

⇒ ✕ 「他のサービスと同様に、通常の事業の実施地域を定める」

5 サービスの提供の責任者は、専らその職務に従事する常勤のものとする。

⇒ ✕ 「事業所ごとに専らその職務に従事する常勤のものは管理者であり、サービス提供責任者ではありません」

※訪問入浴介護の提供にあたっては、原則として看護職員1人以上、介護職員2人以上で当たり、これらの職員のうち1人以上は常勤であることが定められている

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「訪問入浴介護」の問題をまとめてみました

ケアマネ試験2021 訪問介護(過去12回の全問題)これだけノート

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「訪問介護」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「訪問介護」は毎年出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。


1 居宅サービス計画がすでに作成されており、訪問介護の内容が明記されている場合は、訪問介護計画は作成しなくてもよい。

⇒ ✕ 「訪問介護計画を作成しなければならない」

 
2 訪問介護事業者は、通常サービスを提供している地域以外からの利用申込に対し訪問介護の提供が困難な場合には、適当な他の訪問介護事業所を紹介するなどをしなければならない。

⇒ 設問通り


3 訪問介護事業者は、訪問介護サービスの提供中に事故が起きて利用者が怪我をした場合には、市町村、利用者の家族、担当の居宅介護支援事業者等に連絡し、必要な措置を講じなければならない。

⇒ 設問通り


4 サービス提供責任者は、事業所に所属する訪問介護員への技術指導を必ずしもおこなわなくてよい。

⇒ ✕ 「技術指導を実施しなければならない」


5 訪問介護事業者は、サービス担当者会議において利用者の家族の個人情報を用いる場合は、その家族の同意を文書で得ておかなければならない。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者の部屋の窓ガラスを磨くのは、一般的に生活援助に含まれる。

⇒ ✕ 「窓ガラス磨きのほか、庭仕事、ペットの世話、床のワックスがけ、模様替え、家具・家電の修理、移動などは生活援助の範囲には含まれない」

2 利用者ができない部分を支援しながら一緒に行う洗濯は、生活援助に含まれる。

⇒ ✕ 「設問の行為は身体介護にあたる」

3 糖尿食の調理をするのは、身体介護に含まれる。

⇒ 設問通り

4 薬の受け取りは、生活援助に含まれる。

⇒ 設問通り

5 体温測定は、身体介護に含まれない。

⇒ ✕ 「体温測定は身体介護に含まれる」

介護保険における介護予防訪問介護について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 介護予防訪問介護事業者は、地域の支え合いを活用することまでは考慮しない。

⇒ ✕ 「地域との連携も考慮に入れる」

2 介護予防訪問介護では、定額制が導入されているが、自立支援を目的とすることを常に意識したサービスを提供しなければならない。

⇒ 設問通り

3 同居家族がいる場合は、理由にかかわらず介護予防訪問介護を利用することはできない。

⇒ ✕ 「同居家族がいる場合でも、家族に家事能力がない場合には状況に応じて利用することが可能です」

4 サービス提供責任者は、サービス提供期間が終了するまでの間に少なくとも1回は、介護予防訪問介護計画の実施状況の把握を行う。

⇒ 設問通り

5 生活行為について、利用者自身が行う部分と訪問介護員が支援する部分を明らかにし、利用者本人の同意を得る必要がある。

⇒ 設問通り

※2014年の介護保険制度の改正により、介護予防訪問介護は地域支援事業の総合事業の介護予防生活支援サービス事業の訪問型サービスになりました。この設問は2011年に出題された設問になります。

介護保険における訪問介護について適切なものはどれか、3つ選べ。

1 軽微であってもやけどの処置は医療行為となるため、訪問介護員が行ってはならない。

⇒ ✕ 「程度が軽い切り傷や擦り傷、やけどの処置は医療行為にはあたらない」

2 訪問介護員は利用者の生活実態や要望等多くの情報を持っているので、その情報を介護支援サービスに活用することが期待される。

⇒ 設問通り

3 衣類の整理や被服の補修は、生活援助に含まれる。

⇒ 設問通り

4 一人暮らしの利用者に対して正月のために特別な手間をかけて行う調理は生活援助に含まれる。

⇒ ✕ 「家事援助は日常生活に必要なものに限られ、正月の料理など手間をかけて行うものは生活援助に含まれない」

5 利用者が訪問介護員に業務範囲を超えるかもしれない要求をした場合には、介護支援専門員と相談して対応する。

⇒ 設問通り

介護予防訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護予防訪問介護事業者は、利用者の意欲が高まるように利用者とのコミュニケーションを十分図るなどの働きかけに努めなければならない。

⇒ 設問通り

2 介護予防訪問介護計画の様式は、法令で定められたものを使用しなくてはならない。

⇒ ✕ 「介護計画の書式は準ずるものであれば、どんな形式でも構わない」

3 介護予防訪問介護の提供に当たっては、他の福祉サービスの利用可能性についても考慮しなければならない。

⇒ 設問通り

4 自らの事業所でサービス提供が困難と判断した場合には、申込者の担当介護予防支援事業者に連絡し、他の事業者等を紹介するなど必要な措置を速やかに講じなければならない。

⇒ 設問通り

5 サービス提供責任者は、少なくとも1月に1回は、介護予防訪問介護計画の実施状況の把握を行わなくてはならない。

⇒ ✕ 「サービス期間が終了するまでに1回行えばよい」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 訪問介護員等が生活援助として買い物を行う場合は、利用者宅に訪問するための移動中に商品を購入することもできる。

⇒ 設問通り

2 要介護1の利用者に対し行った日中における20分未満の身体介護中心型は、保険給付の対象となる。

⇒ ✕ 

3 嚥下困難者のための流動食の調理は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「身体介護として算定可能」

4 安否確認のための訪問は、20分未満の身体介護中心型として算定できる。

⇒ ✕ 「単なる見守りや安否確認のみのサービスは算定できない」

5 利用者が飼育している犬の散歩は、介護保険給付の対象外である。

⇒ 設問通り

※20分未満の身体介護中心型は、平成27年度に算定要件の見直しがありました。右記が利用対象者の条件です。「要介護1から要介護2の者であって認知症の利用者、または要介護3から要介護5の者であって障害高齢者の日常生活自立度ランクB~Cの利用者」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。 2つ選べ。

1 訪問介護事業所と同一の建物に居住する利用者に対して訪問介護を行った場合は、 所定単位数の100分の100で算定する。

⇒ ✕ 「同一の建物の場合は、所定単位数の100分の90で算定する」

2 通院のための乗車又は降車の介助が中心である場合は、 1回につき所定単位数を算定する。

⇒ 設問通り

3 訪問リハビリテーションの際にサービス提供責任者が同行し、 利用者の身体の状況等を理学療法士等と共同で評価して訪問介護計画を作成し、 それに基づき訪問介護を行った場合は、 所定単位数を加算する。

⇒ 設問通り

4 訪問介護事業所と同一の建物内に居住する複数の利用者に対して定期的に安否を確認するための訪問は、 20分未満の身体介護中心型として算定する。

⇒ ✕ 「単なる見守りや安否確認のみのサービスは算定できない」

5 利用者の来客への応接は、 生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「直接利用者の援助に該当しないサービスは算定できない」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者が家族と同居しているときは、いかなる場合でも生活援助を利用することはできない。

⇒ ✕ 「同居家族が高齢や障害者等で家族からの生活支援が困難と判断された場合は、生活支援中心型でも支援可能です」

2 サービス提供責任者は、利用頻度の低い利用者に対しては、訪問介護計画を作成しなくてもよい。

⇒ ✕ 「サービス提供責任者は、利用頻度にかかわらず利用者の訪問介護計画を作成しなければならない」

3 訪問介護事業者は、訪問介護員に身分を証する書類を携行するように指導しなければならない。

⇒ 設問通り

4 訪問介護事業者は、サービスを提供している地域以外からの利用申込者に対してサービスを提供できない場合には、適切な事業者の紹介などを行わなければならない。

⇒ 設問通り

5 訪問介護事業者は、利用者の要望に応えるために、居宅サービス計画にないサービスも、適宜、提供しなければならない

⇒ ✕ 「本人の要望とはいえ、勝手に計画にないサービスを提供してはいけません」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 要介護1又は2の利用者については、いかなる場合でも20分未満の身体介護中心型の単位を算定することはできない。

⇒ ✕ 「平成27年度の法改正により、要介護1または2であっても認知症の場合であれば、算定可能です」

2 利用者が飼育している猫の世話は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「猫の世話は介護保険サービスの対象外です」

3 嚥下障害のある利用者への流動食の調理は、身体介護として算定する。

⇒ 設問通り

4 午後10時から午前6時までの時間に訪問介護サービスを行った場合には、1回につき所定単位数の100分の50を加算する。

⇒ 設問通り

5 買物の際に、車いすで移動しながら本人が品物を選べるようにする支援は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「このような場合は、身体介護と定義されています」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 家具の修繕は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「身の回りの援助には入らないので算定できない」

2 利用者以外の家族の衣類の洗濯は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「利用者以外の家族の衣類の洗濯は、生活援助には含まれません」

3 ストマ装具のパウチにたまった排泄物を捨てることは、身体介護として算定する。

⇒ 設問通り

4 1人の利用者に対して同時に2人の訪問介護員がサービスを提供しても、2人分の訪問介護費は算定できない。

⇒ ✕ 「2人分の報酬が算定できます」

5 処方薬の受け取りは、生活援助として算定する。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 利用者と一緒に手助けをしながら行う調理は、生活援助として算定する

⇒ ✕ 「利用者と一緒に手助けをしながら行う場合は身体介護にあたる」

2 ゴミ出しは、生活援助として算定する

⇒ 設問通り

3 利用者不在のベッドでのシーツ交換は、生活援助として算定する

⇒ 設問通り

4 自立生活支援のための見守りは、生活援助として算定する

⇒ ✕ 「自立生活支援のための見守りは、身体介護にあたる」

5 服薬介助は、身体介護として算定する

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 訪問介護事業所と同一敷地内にある建物の居住者に対して訪問介護を提供した場合には、介護報酬は減算される。

⇒ 設問通り

2 耳式電子体温計により外耳道で体温を測定することは、医療行為に当たるため、訪問介護員が行うことはできない。

⇒ ✕ 「医療行為ではないため、介護職でも対応可能」

3 訪問介護計画において計画的に訪問することとなっていない身体介護を訪問介護員が緊急に行った場合には、所定の単位を加算できることがある。

⇒ 設問通り(緊急時訪問介護加算)

4 サービス提供責任者については、専従する常勤のものであれば、特段の資格要件はない。

⇒ ✕ 「介護福祉士、実務者研修修了者、(旧課程)ホームヘルパー1級課程修了者が資格要件になっている」

5 新規に訪問介護計画を作成した利用者に対してサービス提供責任者が初回の訪問介護に同行した場合には、所定の単位を加算できる。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 ⾃動⾎圧測定器により⾎圧を測定することは、医⾏為に当たらないため、訪問介護員が⾏うことができる。

⇒ 設問通り

2 利⽤者が⼤切にしている花⽊の⽔やりは、短時間であれば、⽣活援助として算定される。

⇒ ✕ 「花⽊の⽔やりは⽣活援助として算定できない」

3 ゴミの分別が分からない利⽤者と⼀緒に分別し、ゴミ出しのルールを理解してもらうよう援助することは、⽣活援助として算定される。

⇒ ✕ 「自立支援のための見守り的援助は、身体介護に算定される」

4 ボタン付け等の被服の補修は、⽣活援助として算定される。

⇒ 設問通り

5 配剤された薬をテーブルの上に出し、本⼈が薬を飲むのを⼿伝うことは、⾝体介護として算定される。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1  指定訪問介護事業所の管理者については、特段の資格は不要である。

⇒ 設問通り

2  サービス提供責任者は、介護福祉士でなければならない。

⇒ ✕ 「サービス提供責任者の資格要件は、介護福祉士、介護職員基礎研修課程修了者、訪問介護職員養成研修1級または2級課程修了者、看護師または准看護師のいずれかの要件を満たすこととなっている」

3  介護支援専門員は、一定回数以上の生活援助中心型の訪問介護を居宅サービス計画に位置付ける場合には、その居宅サービス計画を市町村に届け出なければならない。

⇒ 設問通り

4  利用者が保険給付の範囲外のサービス利用を希望した場合には、訪問介護員は、居宅介護支援事業者又は市町村に連絡するものとする。

⇒ 設問通り

5  指定訪問介護事業者は、利用申込者の要介護度が重いことを理由として、サービスの提供を拒むことができる。

⇒ ✕ 「正当な理由なく指定訪問介護の提供を拒んではならない」

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「訪問介護」の問題をまとめてみました

介護福祉士国家試験受験の時間配分

介護福祉士試験時間は時間配分が大事!

介護福祉士国家試験では、全125問を解く時間がなかったという人がいる。
介護福祉士試験は、
午前が110分で68問、午後が110分で57問を解かなければなりません。

設問を読んで、5肢択一の選択肢も読む。
時間内にすべての問題を解いて、さらに見直しをする必要もあり、
そのため、時間配分が大事になります。

介護福祉士国家試験時間配分の目安

10分間の見直し時間を確保して

 午前=1分24秒/1問  午後=1分35秒/1問

マークシート用紙への転記

・試験問題用紙に答えを書いてからマークシート用紙にマークしましょう

・見直しをする時に役に立ちます

・解答速報などで自己採点ができる

※時間がなく答えられなかった問題も必ずマークしましょう

第24回ケアマネ試験過去問勉強用マークシートプレゼント企画

第24回ケアマネ試験は、2021(令和3)年10月10日(日)に実施されます。ケアマネ試験に合格するために一生懸命に勉強している受験生のために、過去問を解くときの必須アイテムのマークシート用紙をプレゼントします

私がケアマネ試験に合格するために勉強をするときにはメモ用紙に手書きで書いて、毎回過去問を解くときに使っていたものです

正解した問題は次には解かなくてもよいので、段々と解く問題が少なくなって最終的には、解く問題がなくなるという、いわゆる「達成感」があります

この感覚をあなたにも味わってほしいので、プレゼントをすることにしました

ご希望の方は、下記入力フォームにご記入の上、お申し込みください

なお、お送りするデータはPDFファイルになりますので、印刷してご利用ください

2021年8月18日現在:5名の方よりご希望を頂きました


PAGE TOP