oyakodako

第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-食事に関連したこころとからだのしくみ②-合格するための過去問分析

食事に関連したこころとからだのしくみ②(過去問=試験対策) ○食事の動作には、先行期、準備期、口腔期、咽頭期、食道期がありこれを「摂食・嚥下の5分類」という。 ○「先行期」は、食物の形や色、臭いなどを認知する時期のことである。...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-食事に関連したこころとからだのしくみ①-合格するための過去問分析

食事に関連したこころとからだのしくみ①(過去問=試験対策) ○アミノ酸はたんぱく質の基本的成分であるが、そのうち体内で合成されないものを必須アミノ酸という。 ○ビタミンDは消化管からのカルシウムの吸収を助け、骨の形成を促す作用...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-移動に関連したこころとからだのしくみ-合格するための過去問分析

移動に関連したこころとからだのしくみ(過去問=試験対策) ○関節拘縮とは,、長期にわたる寝たきり生活などで関節が固まり動かなくなることをいう ○関節可動域(ROM)は、関節における異常を発見するための検査法である。 ○良...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 こころとからだのしくみ-身じたくに関連したこころとからだのしくみ-合格するための過去問分析

身じたくに関連したこころとからだのしくみ(過去問=試験対策) ○身じたくを整えることは、人が人として社会にかかわるうえでの重要な自己表現である。 ○身じたくの効果として、生活にリズムが生まれる、社会生活の維持向上が図られる、生...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 障害の理解-家族への支援-合格するための過去問分析

家族への支援(過去問=試験対策) ○レスパイトサービスとは、障害のある人とそのご家族が安心してゆったりとした生活が送れるように、障害のある人を一時的に介護する支援サービスである。 ○レスパイトサービスは、在宅派遣型のサービスと...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 障害の理解-連携と協働-合格するための過去問分析

連携と協働(過去問=試験対策) ○障害者総合支援法で相談支援事業が市町村の責務として位置づけられ、そ.コーディネート機能を担うため、相談支援専門員が配置されている。 ○障害者総合支援法で相談支援専門員はサービス利用計画」を作成...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識⑩-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識⑩(過去問=試験対策) その他 ○盲ろう重複障害には、「全盲ろう」、「弱視ろう」、「盲難聴」、「弱視難聴」の四タイプがある。 ○視覚と難聴の活用がむずかしい、盲ろう者は触手話や指点字、手書き文...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識⑨-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識⑨(過去問=試験対策) 難病等→難病等の種類と原因と特性 ○難病とは、原因不明で確かな治療法がないため、徐々に進行し重い身体の障害や後遺症のある疾患の総称である。 ○難病の一つである脊髄小脳変...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識⑧-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識⑧(過去問=試験対策) 発達障害→発達障害の種類と原因と特性 ○発達障害支援法は、平成16年に成立し平成17年度から施行された。 ○発達障害の一つである「学習障害」とは、基本的には全般的な知的...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 障害の理解-障害の医学的側面の基礎的知識⑦-合格するための過去問分析

障害の医学的側面の基礎的知識⑦(過去問=試験対策) 知的障害→知的障害の種類と原因と特性 ○国際疾病分類では、知能テストによって測定した知能の状態によって、軽度、中度、重度、最重度に分けられている。 ○ダウン症候群は、突...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました