介護福祉士「介護の基本」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)

この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「介護の基本」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「介護の基本」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「介護の基本」の勉強方法が分かる
  • 「介護の基本」は、介護保険制度や認知症ケア、介護職員の就労環境など他の科目でも重複して出題される内容が多いため、他科目と合わせて学ぶ必要がある。

    毎年出題されている社会福祉士及び介護福祉士法
    防災対策や、地域密着型サービスに関する問題

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    今回の試験では、高齢者の健康に関する意識調査、介護福祉士の義務、認知症利用者への支援方法、ICFの構成要素と事例との照らし合わせ、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、避難場所に関するマーク、職務上の倫理、施設の安全確保体制、介護老人福祉施設の感染症対策、燃え尽き症候群について出題された。

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    今回の試験では海外連携協定(EPA)、社会福祉士及び介護福祉士法、自立支援の在り方、認知症の方への介護福祉職の対応、看護小規模多機能型居宅介護、個人情報の取り扱い、介護老人福祉施設の防災対策、認知症高齢者の訪問販売への対応、介護育児休業法、ストレスチェック制度について出題された。

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    今回の試験では介護保険制度の理念や仕組み、高齢者虐待や身体拘束、パーキンソン病の方の生活の質をどう保つかを問う問題、介護保険サービス(特に地域密着型サービス)、リハビリテーションの理念、腰痛予防対策などが出題された。

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    今回の試験では、国民生活基礎調査、社会福祉士及び介護福祉士法の誠実義務、自己決定、リハビリテーション、サービス担当者会議、労働安全衛生法、感染対策、リスクマネジメント、ストレスマネジメント、福祉用具のJIS認証マーク、障害者年金等、利用者主体の実現、通所介護、個別ケアの具体的展開などに関する問題が出題されている。

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    問題20、問題22、問題28については、昨年同様に利用者の生活の質や尊厳を優先して考えれば解答しやすい。
    問題32、「看取りにおいての介護職へのケア」についての出題

    まとめ

    第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験

    問題 17 2012 年度(平成 24 年度)「高齢者の健康に関する意識調査結果」(内閣府)の介護を受けたい場所に関する次の選択肢のうち,最も多かったものを 1 つ選びなさい。
    問題 18 社会福祉士及び介護福祉士法における介護福祉士の義務として,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 19 Fさんは来所しても寝ていることが多く,以前に比べると表情の乏しい時間が増えてきている。介護福祉職がFさんの生活を支えるための介護として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 20 介護福祉職が,Gさんの現状をアセスメント(assessment)した内容と,ICF(International Classification of Functioning,Disability and Health:国際生活機能分類)の構成要素の組合せとして,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 21 定期巡回・随時対応型訪問介護看護に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 22 防災に関する次の図記号が意味している内容として,正しいものを 1 つ選びなさい。
    問題 23 介護福祉職の職務上の倫理に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 24 施設の介護における安全の確保に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 25 介護老人福祉施設の感染対策に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 26 燃え尽き症候群(バーンアウト(burnout))の特徴として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gozen.html

    介護福祉士「社会の理解」の出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)

    この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「社会の理解」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「社会の理解」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「社会の理解」の勉強方法が分かる
  • 全般的傾向として高齢者、障害者、福祉全般の分野から、法制度、福祉的概念、専門職の役割等、満遍なく出題がなされていた。

    出題傾向としては、高齢者、障害者、その家族の置かれている状況の理解、支援に必要な福祉関連の法制度等を問う問題で構成されてきた。

    介護福祉士「社会の理解-過去問」第31回(2018年度)

    問題5、家族機能の理解は従来の機能論にジェンダーの視点を鑑みた考察が求められよう。
    問題6、今後の福祉社会を意味づけるもの。
    問題7、16、介護福祉職が活躍する働き場所等の制度的理解。
    問題8、10、、介護の私事化の際の制度、働き方の多様化における社会保障の知識が確認された。
    問題11、12、介護保険制度の改正という、直近の法制度の改正点が問われた。

    介護福祉士「社会の理解-過去問」第30回(2017年度)

    具体的には高齢者分野からは5問、介護保険制度、地域包括ケアシステムの目的、役割、そして話題として予測されていた高齢者住宅の設置基準等を問う問題が出題。
    事例問題に関しては、高齢者の生活の継続を踏まえた観点から、応用力を確認する内容であった。

    介護福祉士「社会の理解-過去問」第29回(2016年度)

    問題5、長寿社会の動向の基本的理解
    問題6、育児休業に関する出題
    問題7、8では社会保障制度の体系的な内容
    問題9、10、11においては介護保険制度に関するサービス、保険者等の役割についての基礎的理解
    問題12、13、14は障害者福祉より障害者総合支援法及び障害者差別解消法の支援内容と機能
    問題16、困窮者自立支援法とともに、現代社会の状況を勘案した場合

    介護福祉士「社会の理解-過去問」第28回(2015年度)

    問題5、法的権利
    問題6、人口動態の特徴
    問題7、社会保障の諸制度
    問題8、各法制度改正における変更点
    問題10、今回は利用者の自己決定等の尊厳を踏まえた支援姿勢
    問題11、14、障害者の人権を守る関連施策
    問題12、13、障害者総合支援法からの出題
    問題15、医療供給体制の確保に伴う関係機関
    問題16、セーフティーネットとしての生活保護制度の原理・原則

    介護福祉士「社会の理解-過去問」第27回(2014年度)

    「生活と福祉」からは民生委員の委嘱、総合的保健サービスの提供に関わる保健センターの役割等、地域に密着した機関の知識が問われている。
    「社会保障制度」においては例年出題されてきた年金、保険等ではなく、生活保障を含めた社会福祉の基本的理念が出題された。
    「介護保険制度」は例年出題数も多いが、創設の背景、目的、しくみの流れ、関係機関の役割等を整理しておけば解答を見いだせよう。
    「障害者自立支援制度」の事例問題において精神障害者の地域移行支援が出題された。

    まとめ

    第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験

    問題 5 家族の機能に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 6 「地域共生社会」が目指すものとして,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 7 特定非営利活動法人(NPO法人)に関する次の記述のうち,適切なものを1 つ選びなさい。
    問題 8 「育児・介護休業法」に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 9 楽しみにしていた通所介護(デイサービス)の利用が困難になり困っているという相談が,指定通所介護事業所のD管理者(介護福祉士)にあった。D管理者の対応として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 10 労働者災害補償保険制度に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。
    問題 11 2018 年(平成 30 年)に施行された介護保険制度の改正内容として,正しいものを 1 つ選びなさい。
    問題 12 2018 年(平成 30 年)に施行された介護保険制度の利用者負担に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。
    問題 13 2016 年(平成 28 年)の「障害者総合支援法」の改正内容として,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 14 障害者を支援する専門職の主たる業務に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 15 Eさんは通所介護(デイサービス)の職員の対応に不満があり,苦情を申し出たいがどうすればよいかとU事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)に相談した。訪問介護員(ホームヘルパー)の対応として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 16 社会福祉法人に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gozen.html

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)

    この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「人間関係とコミュニケーション」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「人間関係とコミュニケーション」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「人間関係とコミュニケーション」の勉強方法が分かる
  • 人間関係の形成に関する出題では、介護福祉職が実際の場面で具体的にとるべき行動や対応をイメージしながら学習しておくことが大切である。

    バイステックの7原則を知っていても、どの場面でどのように対応するかを理解しておくことが大切である。

    コミュニケーションの基本、及び障害のある利用者の状況、状態に応じたコミュンケーション技法について学習しておくべきであろう。また、日々の業務における対人関係でのコミュニケーションについて、意識的に活用できる知識や技術を身に着けておくことが大切である。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第31回(2018年度)

    問題3は、短文事例で、関する初期の関わり方を問う出題である。入所当日という点と、自分から話そうとしない点と、一方的な働きかけにならないようにという点を考慮すれば、解答がえられる問題である。
    問題4は、障害を理解し、筆談するときのポイントを理解していれば解ける問題である。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第30回(2017年度)

    問題3は、利用者との関係を構築するためのコミュニケーションの基本を問う出題である。良好な人間関係を構築するためには、何が大切かを考えれば容易に解答できる基本的問題である。
    問題4は、短文事例で、施設に入所している利用者にバイステックの7原則の内容に該当する姿勢を問う出題である。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第29回(2016年度)

    問題3は、自己開示に関する出題で、良好な人間関係を構築するためには何が重要かを考えれば、容易に解ける基礎的な問題である。
    問題4は、各障害を理解し、コミュニケーションの各手段を理解していれば解ける問題である。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第28回(2015年度)

    1問は、共感的態度に関する出題
    2問は、パーキンソン病のある利用者とのコミュニケーション技法に関する事例問題となっている。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第27回(2014年度)

    1問は、人間関係を構築するうえで、利用者とのかかわり方を問う基本的な問題であり、ラポールとは何かを理解していれば解ける問題である。
    2問は、重度の加齢性難聴者への介護職としての日常のやり取りを始めるときのコミュニケーション方法から出題されている。

    まとめ

    第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験
    問題 3 一方的な働きかけにならないように,あいづちを打ちながらBさんの発話を引き出すように心がけた。このときの介護福祉職の対応の意図に当てはまるものとして,最も適切なものを1 つ選びなさい。

    問題 4 聴覚障害のある利用者と介護福祉職との間での筆談に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)

    この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「人間の尊厳と自立」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「人間の尊厳と自立」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「人間の尊厳と自立」の勉強方法が分かる
  • 人間の尊厳と自立に携わった歴史上の人物及び最近の人命が軽視される風潮や偏った考え方に関する社会的な出来事には引き続き注視しておくべきであろう。

    新しく制定された法律も含めて、人権に関する法律の名称とともに目的・内容がどのように規定されているか、正確に理解しておきたい。

    その人らしさを大切にすることを基本にしつつ、認知症の症状を踏まえた関わり方が必要とされる。
    アドボカシーの定義、社会資源の活用を理解していれば、解ける問題である。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第31回(2018年度)

    問題1の短文事例はこれからの高齢者の思いを表すような例である。自己選択、自己決定の支援を思考し返答を考えると解答できると思われた。
    問題2においては支援を必要とする人々の生き方を価値あるものとして人間の尊厳と自立を考えていかなければならない。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第30回(2017年度)

    問題1は、「人間の尊厳と自立」に関する歴史的背景は基本的に理解しておくべきである。障害者の自立生活運動を出題に出していることから障害者に対する尊厳と自立への関心の高さが見受けられる。
    問題2は、事例問題を通してアドボカシー(権利の代弁、擁護)についての問題となっている。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第29回(2016年度)

    問題1は、人間の尊厳と自立の基本を冷静に考えれば、容易に解ける問題である。
    問題2は、ノーマライゼーションに関する出題で、思想を理解していれば、容易に解ける問題である。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第28回(2015年度)

    1問目は、糸賀一雄が提唱した「この子らを世の光に」という思想に関する出題
    2問目は、訪問介護事業所でのアルツハイマー型認知症への支援の仕方を問う出題となっている。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第27回(2014年度)

    1問は、基本的人権及び生存権に関する人権の歴史を問う問題
    2問は、「障害者差別解消法」が出題された。

    まとめ

    第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験
    問題 1 Aさんはできるだけ自分のことは自分で行い,このまま自宅での生活を継続したいと希望している。訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問したときに,Aさんは一人暮らしを続けることが不安であると告げた。
    Aさんに対する訪問介護員(ホームヘルパー)の応答として,最も適切なものを 1つ選びなさい。

    問題 2 『夜と霧』や『死と愛』の著作があるフランクル(Frankl, V.)が提唱した価値の説明として,適切なものを 1 つ選びなさい。

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gozen.html

    介護福祉士「認知症の理解」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)

    この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「認知症の理解」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「認知症の理解」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「認知症の理解」の勉強方法が分かる
  • 介護福祉士「認知症の理解-過去問」第31回(2018年度)

    問題77認知症の基本的な対応知識
    問題78には2016年の国民生活基礎調査から見えてきたデーターを基に介護の実態の作図を読み取り現実理解をしたうえでの解答を促していた。これから益々増加していく認知症の人と、 在宅での老老介護の過酷な実態の理解が必要であることが示された。

    問題79、80、81、82,83は地域に多く見られる軽度認知障害の様子を知っているかが問われ
    問題84は原因となる疾患とその特徴的な行動心理症状(BPSD)を問い
    問題85においては重度の認知高齢者へ胃瘻栄養法の支援のあり方としてどのようなことが適切かの解答を促された。

    介護福祉士「認知症の理解-過去問」第30回(2017年度)

    問題77は相手の思いを察する基本的な関わり方
    問題78、79、80は種類の異なる認知症の特徴的な症状理解がされているか否か。
    問題81は日常の生活から認知症の人の機能を評価できる知識と術を理解しているかが問われた
    問題82はメタボリックシンドロームという言葉を解答設問
    問題83においては日常生活の中に表れる症状への本人の不安な思いを察し親身に対応するということ
    問題84においては働き盛りの若年性認知症になった人の家族の思いを考えられれば解答に導けたと思われる。
    問題85は地域包括ケアが進められていく中、近隣の助け合いの気持ちを持って相談できる場を理解しているかが問われている。
    問題86では、認知症の人の行動心理症状を考え、思いを察する。

    介護福祉士「認知症の理解-過去問」第29回(2016年度)

    問題77は、グループホームが認知症の人にとってどのような場であるのかということを正しく理解しているかどうか?
    問題78~83までにおいては、幅広い認知症の種類とその特徴的な症状を知識として理解していれば、解答できたと思われる。
    問題79の、うつ病に伴って認められる仮性認知症の特徴を選ぶということ
    問題84、85、86においては、認知症高齢者とその家族が、住み慣れた地域でその人らしく生活を継続するために、生活の支援者として認知症の人の精神面への配慮の在り方や、支援者としての役割の理解、家族からの相談にのるときの対応の在り方などが問われていた。

    介護福祉士「認知症の理解-過去問」第28回(2015年度)

    問題77、78においては、高齢期に認知機能が低下し不安な思いが募るようになっても昔の出来事や懐かしい物事を回想するという方法を用いて、脳の活性化を促し認知症の予防や進行を遅らせる効果があることの理解を示しており、またそのような方々が在宅に多く暮らしていることを私たちは知っていなければならないという問いかけであった。
    問題79,80においては、介護支援者として日常生活の様子(機能)によってアルツハイマー型認知症の病期や、どのような認知症かを想定できるか?が問われた。
    問題81~85までは認知症のことを広く学んで、病気の特徴や症状にあった理解と適切な支援知識があれば困難な問題ではなかった。

    介護福祉士「認知症の理解-過去問」第27回(2014年度)

    認知症ケアの概念の問いがあり、その人に視点を持って見る行動や、意思疎通の様子から介護の度合いを判断する知識が問われていた(問77、78)。
    認知症と間違えられやすい症状で、せん妄とは?早期発見で改善可能な認知症は?(問題79、80)との出題
    まず認知症を疑うときには様子をよくみる。早期に専門医受診という意識が専門職には重要という視点である。
    問題85、86も、これからの介護福祉職としては地域におけるサポート体制の理解を深めることが必要であることを意味していた。

    まとめ

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gogo.html

    介護福祉士「障害の理解」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)

    この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「障害の理解」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「障害の理解」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「障害の理解」の勉強方法が分かる
  • 介護福祉士「障害の理解-過去問」第31回(2018年度)

    問題87は「ノーマライゼーション」
    問題88は「リハビリテーション」と出題基準の中項目「障害福祉の基本理念」から出題された。
    問題89~93では身体障害、精神障害、知的障害、発達障害、難病から出題が続いている。
    問題92の「発達障害者が一般就労に向けて利用するサービス」について
    問題93では、「網膜色素変性症」に対する選択肢が他の眼病等の特徴が目立っているため、消去法でも対応できたのではないか。
    問題94は「障害受容における最初の段階」は、解答しやすい出題である。
    問題95は、関節リウマチの方の障害に伴う日常生活への影響をイメージできているかが問われている。
    問題96は、唯一短文事例問題であった。

    介護福祉士「障害の理解-過去問」第30回(2017年度)

    問題87は、ICFに関する出題
    問題88、89では障害者福祉の基本理念である「ノーマライゼーション」や「ソーシャルインクルージョン」と続いたところも内容の出題数にやや変化がみられているように感じる。
    問題90の「高次脳機能障害」
    問題91の「自閉症」といった出題傾向の高い内容
    問題94の適応機制の「退行」についても解答しやすい問題であったといえる。
    問題95、96では障害者福祉に関わる職種とその業務内容の理解、事業や制度の内容の理解ができていないと難しい問題である。

    介護福祉士「障害の理解-過去問」第29回(2016年度)

    問題88は、過去にあまり出題されていない「老人性難聴の特徴」
    問題93では、図の自助具のどこをどのように使用するものかを考えつくことは簡単であるが、選択肢の病気の特徴を理解できていないと難しい。
    問題94では「ホーエン・ヤール重症度分類」という言葉に動揺した方もいたと思うが、落ち着いてパーキンソン病の特徴や適切な対応を選択できれば正解できる。
    その他は
    「うつ病の対応」
    「広汎性発達障害の特徴」
    「筋委縮性側索硬化症(ALS)の特徴的な障害」
    「障害受容過程のショック期の特徴」
    「リハビリテーションの医療職」
    「家族への支援」

    介護福祉士「障害の理解-過去問」第28回(2015年度)

    問89から94は「高次脳機能障害」や「自閉症スペクトラム障害」、「呼吸器障害」とのような例年出題傾向にある疾患や状態に関する出題が多く、過去問題を経験したり、消去法を用いたりしても正解に導ける問題であり、しっかりと回答できる問題である。
    問95は「障害者総合支援法」の地域生活支援事業の内容を問うものであるが、選択肢はどれも当てはまるように思えて難問である。

    介護福祉士「障害の理解-過去問」第27回(2014年度)

    例年出題されることの多い「統合失調症」や「高次脳機能障害」、「知的障害」といったキーワード
    特に「問題94」については、「上肢リンパ浮腫」という過去にあまり出題実績のない疾患であるうえに、選択肢文も選びかねないものが多く消去法をするにしろ難易度が高い。

    まとめ

    「ノーマライゼーション」
    「リハビリテーション」
    身体障害
    精神障害
    知的障害
    発達障害
    難病
    ICFに関する出題
    「ソーシャルインクルージョン」
    「高次脳機能障害」
    「自閉症」
    適応機制の「退行」について
    「老人性難聴の特徴」
    「ホーエン・ヤール重症度分類」
    「うつ病の対応」
    「広汎性発達障害の特徴」
    「筋委縮性側索硬化症(ALS)の特徴的な障害」
    「障害受容過程のショック期の特徴」
    「リハビリテーションの医療職」
    「家族への支援」
    「統合失調症」
    「高次脳機能障害」
    「知的障害」

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gogo.html

    介護福祉士「こころとからだのしくみ」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)

    この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「こころとからだのしくみ」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「こころとからだのしくみ」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「こころとからだのしくみ」の勉強方法が分かる
  • 短文事例2問を含む12問で出題形式は五肢択一。
    学習方法について、受験後に過去問による学習が役に立たなかったという声を耳にすることがあるが、過去問により出題傾向を知り、解説を確実に理解して模擬試験、予想問題に取り組むことで基礎知識がつくと考える。
    過去問による学習の必要性を強く感じた。

    介護福祉士「こころとからだのしくみ-過去問」第31回(2018年度)

    出題内容
    「こころのしくみの理解」からライチャードによる老年期の性格類型1問。
    「からだのしくみの理解」から臓器と機能の組合せ1問。
    「身じたく、移動、排泄、死にゆく人」のこころとからだのしくみから各1問。
    唾液腺と唾液、良肢位、排便の仕組み、キューブラー・ロスの心理過程(事例)。

    「食事、入浴、睡眠」からは各2問。
    糖尿病利用者の症状から予測される状態(事例)。
    胃ろう、皮膚の乾燥に伴うかゆみ、入浴介助、睡眠の仕組み等に関する出題があった。

    介護福祉士「こころとからだのしくみ-過去問」第30回(2017年度)

    出題内容
    「こころのしくみの理解」から記憶と学習、適応機制に関する問題2問。
    「からだのしくみの理解」から血管系の問題1問。
    「身じたく、食事、入浴に関連したこころとからだしくみ」「死にゆく人のこころとからだしくみ」から各1問ずつ。
    「排泄に関連したこころとからだのしくみ」2問。
    「睡眠に関連したこころとからだのしくみ」から3問。

    「移動」に関する出題はなかった。

    記憶と学習、適応機制、血管系の問題は頻出問題であり、過去にも出題されている。

    介護福祉士「こころとからだのしくみ-過去問」第29回(2016年度)

    「食事、移動、入浴」に関連したこころとからだのしくみからは2問ずつ。

    過去問や模擬問題を丁寧に学習してきた受験生は確実に得点できたと思う。
    過去問題解説集により出題傾向を分析し、重要項目を整理し学習を進めることが得点につながると考える。

    介護福祉士「こころとからだのしくみ-過去問」第28回(2015年度)

    出題内容
    「こころのしくみの理解」から心的外傷後ストレス障害とマズローの欲求階層説の2問
    「からだのしくみの理解」から小腸の構成、「身じたくに関連したこころとからだのしくみ」から口腔の清潔、「移動に関連したこころとからだのしくみ」から日常生活動作と廃用症候群の2問
    「食事に関連したこころとからだのしくみ」から栄養素と脱水症状の2問
    「入浴、清潔の保持に関連したこころとからだのしくみ」から中温浴が体に与える影響
    「排泄に関連したこころとからだのしくみ」から失禁
    「睡眠に関連したこころとからだのしくみ」から睡眠促進ホルモン
    「死にゆく人のこころとからだのしくみ」から終末期の急変時における相談先

    介護福祉士「こころとからだのしくみ-過去問」第27回(2014年度)

    食事に関する問題(2問)
    排泄に関する問題(2問)
    睡眠に関する問題(2問)。

    まとめ

    ライチャードによる老年期の性格類型
    臓器と機能の組合せ
    こころとからだのしくみ
    糖尿病利用者の症状から予測される状態
    記憶と学習、適応機制に関する問題
    血管系の問題
    「食事、移動、入浴」に関連したこころとからだのしくみ
    心的外傷後ストレス障害
    マズローの欲求階層説
    栄養素と脱水症状
    中温浴が体に与える影響
    失禁
    睡眠促進ホルモン
    終末期の急変時における相談先
    食事に関する問題
    排泄に関する問題
    睡眠に関する問題

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gogo.html

    介護福祉士「医療的ケア」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)

    この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「医療的ケア」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「医療的ケア」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「医療的ケア」の勉強方法が分かる
  • 医療的ケアは、第29回(2016年度)の試験から新たに設けられた領域・科目である。

    出題数は5問
    医療的ケアは、出題数の少ない「人間の尊厳と自立」や「人間関係とコミュニケーション」のように他の科目と組み合わせた科目群ではない。得点がない場合には合格基準である「すべての科目群に得点すること」という条件から外れることになるため、基礎となる知識や基本的事項はしっかりと定着させ、得点につなげることが重要となる。

    本科目は医療職との連携の下で医療的ケアを安全・適切に実施できるよう必要な知識・技術を習得することが求められている。
    介護福祉士が行える「医療的ケアの範囲」の理解と「喀痰吸引」、「経管栄養」の基礎知識と併せて実施手順をイメージできるようしておくことが得点につながると考える。

    介護福祉士「医療的ケア-過去問」第31回(2018年度)

    「医療的ケアの実際の基礎」からスタンダードプリコーションについて1問。
    「喀痰吸引(基礎的知識・実施手順)」から喀痰吸引が必要と判断された利用者に対する喀痰吸引の実施と気管切開し人工呼吸器を使用している人の喀痰吸引の2問。
    「経管栄養(基礎知識・実施手順)」から胃ろうによる経管栄養の実施手順とイルリガートルを用いた経鼻経管栄養の2問。

    介護福祉士「医療的ケア-過去問」第30回(2017年度)

    「医療的ケア実施の基礎」からパルスオキシメータでの測定に関する問題が1問。
    「喀痰吸引(基礎的知識・実施手順)」から喀痰吸引等を行うための指示書について、喀痰吸引を必要とする利用者の生活支援について、1回の吸引でとりきれない場合の再吸引の対応に関する3問。

    「経管栄養(基礎的知識・実施手順)」からは栄養剤注入中の嘔吐の原因を問うもので、すべてが基礎的知識を問う内容。

    介護福祉士「医療的ケア-過去問」第29回(2016年度)

    出題数は、短文事例問題2問、イラストによる問題1問を含む5問が出題された。

    出題内容
      「喀痰吸引等を規定した法律」
      「イラストによる介護福祉が鼻腔内吸引を行うときの吸引チューブの挿入範囲」
      「短文事例問題:口腔内喀痰吸引時の姿勢」
      「経管栄養に関する基礎知識」
      「短文事例問題:経鼻経管栄養実施前の介護福祉士の対応」

    まとめ

    スタンダードプリコーションについて
    喀痰吸引が必要と判断された利用者に対する喀痰吸引の実施と気管切開し人工呼吸器を使用している人の喀痰吸引
    胃ろうによる経管栄養の実施手順とイルリガートルを用いた経鼻経管栄養
    パルスオキシメータでの測定に関する問題
    喀痰吸引等を行うための指示書について、喀痰吸引を必要とする利用者の生活支援について
    栄養剤注入中の嘔吐の原因を問うもの
    「喀痰吸引等を規定した法律」
    「イラストによる介護福祉が鼻腔内吸引を行うときの吸引チューブの挿入範囲」
    「短文事例問題:口腔内喀痰吸引時の姿勢」
    「経管栄養に関する基礎知識」
    「短文事例問題:経鼻経管栄養実施前の介護福祉士の対応」

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gogo.html

    介護福祉士「総合問題」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)

    この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「総合問題」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「総合問題」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「総合問題」の勉強方法が分かる
  • 本科目は事例形式であり、4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識・技術を横断的・総合的に問う科目である。
    本科目は例年、65歳以上・65歳未満の利用者が各2人出題されており、この傾向は今回の国家試験でも同様であった。利用者の個別性を理解したうえで多様なニーズに応え、適切な支援が実践できるための介護福祉士の実践力が問われている。

    介護福祉士「総合問題-過去問」第31回(2018年度)

    1事例目

    「脳出血後遺症のため左半身に不全麻痺がある男性、78歳」の事例。
    病院退院後の在宅生活検討のための会議に関する知識、利用者の自立を支援するための手すりの設置場所に関する知識、皮膚疾患(白癬)で生じる症状を踏まえた介護の留意点が問われた。

    2事例目

    「レビー小体型認知症の診断を受けた女性、84歳」の事例。
    レビー小体型認知症の症状および移動支援の視点、介護保険法に基づくサービス内容に関する知識が問われた。

    3事例目

    「うつ病の診断を受けた、両下肢麻痺がある一人暮らしの女性、26歳」の事例。
    うつ病で生じる睡眠障害に関する知識、うつ病の症状を踏まえた専門職としてのかかわり方、うつ病やストレス関連疾患による休職者に対する職場復帰に向けたリハビリテーションに関する知識が問われた。

    4事例目

    「重度の脳性麻痺があり施設で暮らす男性、15歳」の事例。
    障害児の施設入所おける根拠法、児童発達支援計画作成を担う専門職に関する知識、てんかん発作が起きた場合の対応が問われた。

    介護福祉士「総合問題-過去問」第30回(2017年度)

    1事例目

    「脳出血後遺症があり自宅で生活する女性、72歳」の事例。
    脳血管疾患で生じる症状に関する知識、障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準に関する知識、倒れている利用者を発見した際の対応が問われた。

    2事例目

    「夫から虐待を受けているアルツハイマー型認知症の女性、87歳」の事例。
    認知症で生じる症状に関する知識、虐待による措置対応で施設入所となった場合の根拠法、認知症利用者への専門職としての排泄支援の視点が問われた。

    3事例目

    「頸髄損傷により麻痺がある男性、64歳」の事例。
    頸髄損傷により生じやすい症状および対応に関する知識、頸髄損傷による感覚障害に関する知識、障害者総合支援法に基づく移動支援サービス内容に関する理解が問われた。

    4事例目

    「交通事故により両大腿切断術を受けた男性、21歳」の事例。
    障害年金に関する知識、障害者が自身で自家用車を運転するにあたっての経済的負担軽減に関する制度、両大腿切断で生じる症状に関する知識が問われた。

    介護福祉士「総合問題-過去問」第29回(2016年度)

    1事例目

    「脳梗塞後遺症があり自宅で生活する男性、80歳」の事例。
    感染症(MRSA)の保菌者への対応、失禁に関する知識、介護保険法に基づく高齢者福祉サービス内容の理解が問われた。

    2事例目

    「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で暮らすアルツハイマー型認知症の男性、88歳」の事例。
    痛みを訴える認知症利用者への適切な対応、帯状疱疹に関する知識、興奮状態がみられる認知症利用者への専門職としてのかかわり方が問われた。

    3事例目

    「頸髄損傷により四肢麻痺がある男性、25歳」の事例。
    頸髄損傷に関する知識、起立性低血圧が起きた際の対応、障害者総合支援法に基づく外出支援サービス内容の理解が問われた。

    4事例目

    「ダウン症で知的障害がある男性、19歳」の事例。
    知的障害の起因疾患に関する知識、障害者総合支援法に基づく日中活動サービス内容の理解、知的障害がある利用者への専門職としてのかかわり方が問われた。

    介護福祉士「総合問題-過去問」第28回(2015年度)

    1事例目

    「脳梗塞後遺症があり障害者支援施設で生活する男性、56歳」の事例。
    障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスの内容の理解、高次脳機能障害の特性の理解、利用者の尊厳を護る介護者の姿勢が問われた。

    2事例目

    「不随意運動型(アテトーゼ型)脳性麻痺のある男児、7歳」の事例。
    筋緊張で体幹や上肢の不随意運動が大きくなるという身体状況に適応する車いすの機能・特徴の理解、H24年4月より再編された「障害児通所支援」「障害児入所支援」の各支援内容の理解、障害と発達とを支援する「相談支援専門員」の姿勢が問われた。

    3事例目

    「仕事を持つ息子と暮らすアルツハイマー型認知症の女性、71歳」の事例。
    新オレンジプランにも掲げられている「認知症カフェ」の理解、認知症の利用者および家族への専門職としてのかかわり方が問われた。

    4事例目

    「介護老人福祉施設に生活する2型糖尿病の女性、70歳」の事例。
    感染症への対応、2型糖尿病に関する知識、抑うつ状態の利用者への適切な応答が問われた。

    総じて、今後ますます多様化するニーズに対応できる介護福祉士の専門性の確立と実践力、日々の研鑚が求められていることを自覚したい。

    介護福祉士「総合問題-過去問」第27回(2014年度)

    1事例目

    「妻とともに在宅で暮らすアルツハイマー型認知症の男性、75歳」の事例。

    2事例目

    「グループホームに生活するレビー小体型認知症で徘徊のある女性、80歳」の事例。
    1・2事例ともに、認知症に関する正しい知識を持ち、併せて「認知症施策推進5カ年戦略(オレンジプラン)」を含めた、国の認知症施策の動向を理解していれば、難解な設問ではなかった。

    3事例目

    「事故で全盲となった中途障害の男性、46歳」の事例。
    障害受容への支援、障害に対応する適切なコミュニケーション、盲導犬に関する知識などが問われた。この回答についてもそれほど多くの時間を要さなかったと思われる。

    4事例目

    「統合失調症のある男性、45歳」の事例。
    その症状や利用できるサービスに関する設問であった。利用できるサービスについては、障害者総合支援法における自立支援給付と地域生活支援事業の具体的な内容理解が求められた。

    総じて、設問の約7割は利用者への対応や家族への助言について問われており、介護福祉士には高い実践力が求められていることを自覚したい。

    まとめ

    「脳出血後遺症のため左半身に不全麻痺がある男性、78歳」の事例。
    「レビー小体型認知症の診断を受けた女性、84歳」の事例。
    「うつ病の診断を受けた、両下肢麻痺がある一人暮らしの女性、26歳」の事例。
    「重度の脳性麻痺があり施設で暮らす男性、15歳」の事例。
    「脳出血後遺症があり自宅で生活する女性、72歳」の事例。
    「夫から虐待を受けているアルツハイマー型認知症の女性、87歳」の事例。
    「頸髄損傷により麻痺がある男性、64歳」の事例。
    「交通事故により両大腿切断術を受けた男性、21歳」の事例。
    「脳梗塞後遺症があり自宅で生活する男性、80歳」の事例。
    「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で暮らすアルツハイマー型認知症の男性、88歳」の事例。
    「頸髄損傷により四肢麻痺がある男性、25歳」の事例。
    「ダウン症で知的障害がある男性、19歳」の事例。
    「脳梗塞後遺症があり障害者支援施設で生活する男性、56歳」の事例。
    「不随意運動型(アテトーゼ型)脳性麻痺のある男児、7歳」の事例。
    「仕事を持つ息子と暮らすアルツハイマー型認知症の女性、71歳」の事例。
    「介護老人福祉施設に生活する2型糖尿病の女性、70歳」の事例。
    「妻とともに在宅で暮らすアルツハイマー型認知症の男性、75歳」の事例。
    「グループホームに生活するレビー小体型認知症で徘徊のある女性、80歳」の事例。
    「事故で全盲となった中途障害の男性、46歳」の事例。
    「統合失調症のある男性、45歳」の事例。

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gogo.html

    ケアマネ試験では合格率は関係ない!合格基準点を取る勉強方法は?

    この記事を読むと分かること

  • ケアマネ試験の合格率の低下が分かる
  • ケアマネ試験の合格率は気にするな、分かる
  • ケアマネ試験は降格基準点を取れば合格できる、が分かる
  • ケアマネ試験でも「合格率が下がった」と話題になっている。
    2018年の試験では、「10.1%」、前年2017年の合格率は「21.5%」だった。
    それまでも平均すると「15%前後」の合格率で推移していた。
    5人に1人、と言う位の難易度の高い試験が、ケアマネ試験なのです。

    ケアマネ試験では合格率は関係ない

    合格率は、ケアマネ試験を受験した人のどれだけの人が合格できたか?
    過去を遡ってみると
    第21回 平成30年度=10.1%
    第20回 平成29年度=21.5%
    第19回 平成28年度=13.1%
    第18回 平成27年度=15.6%
    第17回 平成26年度=19.2% こんな具合になっています。

    私が懸念するのは、平成30年度は受験要件の見直しが行われたため、
    受験者数が激減したにも関わらず、合格者数も減ってしまったということです。
    本気で受験した49,333人のうち、わずか4,990人しか(10.1%)合格できなかった。
    あるサイトによると、合格基準点が高かったからという理由付けをしているところがあるが、私は異論を唱えたい。

    合格基準点の推移

    第21回(2018年)=介支:13点・保健医療福祉:22点
    第20回(2017年)=介支:15点・保健医療福祉:23点
    第19回(2016年)=介支:13点・保健医療福祉:22点
    第18回(2015年)=介支:13点・保健医療福祉:25点
    第17回(2014年)=介支:14点・保健医療福祉:25点

    過去5年間の合格基準点の推移を示しますが、そんなに変化はありません。
    なので、合格率を気にするのではなく、合格基準点以上を得点することです。

    合格基準点以上を得点する方法

    合格基準点以上を得点する方法は、とにかく問題演習に尽きます。
    過去問題集を使って、どれだけ得点をとるように勉強するか、
    そしてその得点が、合格基準点以上、欲を言えば80%以上の正答率。
    80%以上の正答率を叩き出せるように問題演習に専念しましょう。

    そして、試験月(10月)に入ったら予想模擬問題にも挑戦しましょう。
    予想問題では、最新の事情なども出題されていますので、
    新しい情報を入手するためにも、予想模擬問題も解くようにしましょう。

    最後に

    最後にお伝えしたいことがあります。
    このサイトで勉強をしているあなたへ!
    これだけノート」を準備していますのでお楽しみに!

    これだけは・・・おススメテキスト&過去問題集

    参考書や過去問題集は、最新のものを購入してください。ここ問題集は、現時点でも2019年用が発売されていますが、ワークブックは2018年版しかヒットしませんでしたが、計画的に勉強を始めたいという方は、このタイミングで購入しましょう。

    PAGE TOP