介護福祉士 「発達と老化の理解」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

発達と老化の理解

中項目小項目
人間の成長と発達 発達の定義
発達段階
発達課題
その他
老年期の定義(WHO、老人福祉法、高齢者の医療の確保に関する法律の高齢者医療制度)
老年期の発達課題 人格と尊厳、老いの価値、喪失体験、セクシュアリティ、その他
老化に伴う心身の変化の特徴 防衛反応(反射神経)の変化
回復力(抵抗力)の変化
適応力(順応力)の変化
老化に伴う心身の機能の変化と日常生活への影響 身体的機能の変化と日常生活への影響
知的・認知機能の変化と日常生活への影響
精神的機能の変化と日常生活への影響
その他
高齢者の心理 老化を受けとめる高齢者の気持ち
社会や家庭での役割を失う高齢者の気持ち
障害を受けとめる高齢者の気持ち
友人との別れを受けとめる高齢者の気持ち
経済的不安を抱える高齢者の気持ち
その他
高齢者の疾病と生活上の留意点 高齢者の症状の現れかたの特徴
高齢者の体の不調の訴え(痛み、かゆみ、不眠、冷え、その他)
高齢者に多い病気とその日常生活上の留意点
保健医療職との連携

介護福祉士 「介護過程」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

介護過程

中項目小項目
介護過程の意義と目的
情報収集とアセスメント 情報収集の方法
情報の解釈・分析
情報の関連づけ・統合
課題の明確化
課題、目標 生活支援の課題、目標のとらえ方
目標の設定(長期目標・短期目標)
その他

計画
具体策(支援内容・方法)
実施
計画にもとづいた実施
安全・安心・自立に配慮した実施
利用者の反応や効果への気づき
評価 評価の目的
評価の内容、方法(目標の達成度、具体策の適否)
修正の必要性
その他
自立に向けた介護過程の展開の実際
利用者の状態・状況に応じた介護過程の展開の実際
介護過程とチームアプローチ ケースカンファレンス
サービス担当者会議
ケアプランと介護過程
他の職種との連携
その他

介護福祉士 「生活支援技術」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

生活支援技術

中項目小項目
生活の理解 生活の定義、生活形成のプロセス、生活経営、その他
生活支援 生活支援の考え方、ICF(国際生活機能分類)の視点にもとづくアセスメント、その他
居住環境整備の意義と目的
生活空間と介護 居場所とアイデンティティー、生活の場、すまい、住み慣れた地域での生活の保障、その他
居住環境のアセスメント ICFの視点にもとづく利用者の全体像のアセスメント
安全で心地よい生活の場づくり 安全で住み心地のよい生活の場づくりのための工夫(快適な室内環境の確保、浴室、トイレ、台所等の空間構成、プライバシーの確保と交流の促進、安全性への配慮、その他)
住宅改修
住宅のバリアフリー化
ユニバーサルデザイン
その他
施設等での集住の場合の工夫・留意点 ユニットケア、居室の個室化、なじみの生活空間づくり、その他
他の職種の役割と協働
身じたくの意義と目的
身じたくに関する利用者のアセスメント ICFの視点にもとづくアセスメント
生活習慣と装いの楽しみを支える介護 生活習慣と装いの楽しみを支える介護の工夫
整容行動、衣生活を調整する能力のアセスメントと介助の技法 整容(洗面、整髪、ひげの手入れ、爪、化粧等)
口腔の清潔
衣服着脱
利用者の状態・状況に応じた身じたくの介助の留意点 感覚機能が低下している人の介助の留意点
運動機能が低下している人の介助の留意点
認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
他の職種の役割と協働
移動の意義と目的
移動に関する利用者のアセスメント ICFの視点にもとづくアセスメント
安全で気兼ねなく動けることを支える介護 安全で気兼ねなく動けることを支える介護の工夫(外出の環境づくり、社会参加、余暇活動、レクリエーション、その他)
安全で的確な移動・移乗の介助の技法 歩行の介助
車いすの介助
安楽な体位の保持
体位変換
利用者の状態・状況に応じた移動の介助の留意点 感覚機能が低下している人の介助の留意点
運動機能が低下している人の介助の留意点
認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
他の職種の役割と協働
食事の意義と目的
食事に関する利用者のアセスメント ICFの視点にもとづくアセスメント
「おいしく食べる」ことを支える介護 「おいしく食べる」ことを支える介護の工夫(食事を楽しむための食卓の環境づくり、食器の工夫、献立に興味をもってもらう工夫、その他)
安全で的確な食事介助の技法 食事の姿勢
基本的な食事介助の方法と留意点
自助具の活用
利用者の状態・状況に応じた介助の留意点 感覚機能が低下している人の介助の留意点
運動機能が低下している人の介助の留意点
認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
咀嚼・嚥下機能の低下している人の介助の留意点
脱水の予防のための日常生活の留意点
他の職種の役割と協働
入浴の意義と目的
入浴に関する利用者のアセスメント ICFの視点にもとづくアセスメント
爽快感・安楽を支える介護 爽快感・安楽を支える介護の工夫(入浴を楽しむ環境づくり、スキンシップ、コミュニケーション、その他)
安全で的確な入浴・清潔保持の介助の技法 入浴
シャワー浴
全身清拭
陰部洗浄
足浴・手浴
洗髪
利用者の状態・状況に応じた介助の留意点 感覚機能が低下している人の介助の留意点
運動機能が低下している人の介助の留意点
認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
他の職種の役割と協働
排泄の意義と目的
排泄に関する利用者のアセスメント ICFの視点にもとづくアセスメント
気持ちよい排泄を支える介護 気持ちよい排泄を支える介護の工夫(がまんさせない工夫、恥ずかしくなく排泄できる環境づくり、その他)
安全で的確な排泄の介助の技法 トイレ
ポータブルトイレ
採尿器・差し込み便器
おむつ
利用者の状態・状況に応じた介助の留意点 感覚機能が低下している人の介助の留意点
運動機能が低下している人の介助の留意点
認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
便秘・下痢の予防のための日常生活の留意点
尿回数が多い人への日常生活の留意点
失禁時の介護の留意点
他の職種の役割と協働
家事の意義と目的
家事に関する利用者のアセスメント ICFの視点にもとづくアセスメント
家事に参加することを支える介護 家事に参加することを支える介護の工夫(意欲を出すはたらきかけ、その他)
家事の介助の技法 調理(加工食品の活用と保存、配食サービスの利用を含む。)
洗濯
掃除・ごみ捨て
裁縫
衣類・寝具の衛生管理
買い物
家庭経営、家計の管理
利用者の状態・状況に応じた介助の留意点 感覚機能が低下している人の介助の留意点
運動機能が低下している人の介助の留意点
認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
他の職種の役割と協働
睡眠の意義と目的
睡眠に関する利用者のアセスメント ICFの視点にもとづくアセスメント
安眠のための介護 安眠のための介護の工夫
安眠を促す介助の技法 安眠を促す環境
生活動作・生活リズム
精神的な支援
その他
利用者の状態・状況に応じた介助の留意点 感覚機能が低下している人の介助の留意点
運動機能が低下している人の介助の留意点
認知・知覚機能が低下している人の介助の留意点
不眠時の対応
他の職種の役割と協働
終末期における介護の意義と目的 終末期における尊厳の保持
事前意思確認
終末期における利用者のアセスメント ICFの視点にもとづくアセスメント
医療との連携 看取りのための制度(看取り介護加算)
医師、看護師等との連携・協働
終末期における介護 終末期にある人と家族の特徴
終末期にある人への介助の方法と留意点
終末期にある人の家族への関わりの方法と留意点
臨終時の介護 臨終時の対応
グリーフケア 悲嘆、受容プロセスの理解
グリーフケアの意義
グリーフケアの方法と留意点
グリーフケアにおける他職種との連携

介護福祉士 「コミュニケーション技術」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

コミュニケーション技術

中項目小項目
介護におけるコミュニケーションの意義、目的、役割
利用者・家族との関係づくり
利用者・家族とのコミュニケーションの実際 話を聴く技法
利用者の感情表現を察する技法(気づき、洞察力、その他)
納得と同意を得る技法
相談、助言、指導
意欲を引き出す技法
利用者本人と家族の意向の調整を図る技法
その他
利用者の状況・状態に応じたコミュニケーションの技法の実際 感覚機能が低下している人とのコミュニケーション
運動機能が低下している人とのコミュニケーション
認知・知覚機能が低下している人とのコミュニケーション
その他
記録による情報の共有化 介護における記録の意義、目的
介護に関する記録の種類
記録の方法、留意点
記録の管理
介護記録の共有化
情報通信技術(ICT)を活用した記録の意義、活用の留意点
介護記録における個人情報保護
介護記録の活用
その他
報告報告の意義、目的
報告・連絡・相談の方法、留意事項
その他
会議 会議の意義、目的
会議の種類
会議の方法、留意点
その他

介護福祉士 「介護の基本」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準


介護の基本

中項目小項目
介護の歴史 日本における介護の歴史的経緯
介護福祉士の成り立ち
介護問題の背景 少子高齢化、家族機能の変化、介護の社会化、高齢者虐待、介護ニーズの変化、その他
社会福祉士及び介護福祉士法 介護福祉士の定義
介護福祉士の義務
名称独占と業務独占
養成制度
登録状況
専門職能団体の活動 専門職集団としての役割、機能、その他
QOL QOL(生活の質)の考え方
ノーマライゼーション


ノーマライゼーションの考え方、ノーマライゼーションの実現、その他
利用者主体 利用者主体の考え方、利用者主体の実現、その他
自立支援 自立・自律の考え方、自己決定・自己選択、自立支援の考え方、自立支援の具体的展開
生活意欲への働きかけ、エンパワメント
その他
個別ケア 個別ケアの考え方、個別ケアの具体的展開、その他
ICF ICF(国際生活機能分類)の考え方、ICFの視点にもとづく利用者のアセスメント、その他
リハビリテーション リハビリテーションの考え方
リハビリテーションの実際病院・施設におけるリハビリテーション
在宅におけるリハビリテーション
介護予防
リハビリテーション専門職との連携
その他
人間の多様性・複雑性の理解 その人らしさの理解(生活史、価値観、生活感、生活習慣、生活様式等の多様性、その他)
高齢者のくらしの実際


健康、生活のリズム、生活文化、家族・世帯構成、役割、すまいと環境、就労・雇用、収入・生計、社会活動・余暇活動、レクリエーション、その他
障害のある人のくらしの理解 障害のある人の生活ニーズ
生活を支える基盤(各種年金制度、生活保護、介護保険)
生活を支えるサービスの現状と課題
その他
介護を必要とする人の生活環境の理解 生活、生活環境の考え方
家族
地域
社会
介護サービスの概要 ケアプラン、ケアマネジメントの流れとしくみ
介護保険のサービスの種類
サービスの報酬、算定基準
その他
介護サービス提供の場の特性 居宅
施設
その他
多職種連携(チームアプローチ)


多職種連携(チームアプローチ)の意義と目的
他の福祉職種の機能と役割、連携
保健医療職種の機能と役割、連携
その他の関連職種との連携
地域連携 地域連携の意義と目的
地域住民・ボランティア等のインフォーマルサービスの機能と役割、連携
地域包括支援センターの機能と役割、連携
市町村、都道府県の機能と役割、連携
その他
職業倫理 介護福祉士の倫理
介護実践の場で求められる倫理
その他
利用者の人権と介護 身体拘束禁止、虐待防止、その他
プライバシーの保護 個人情報保護、その他
介護における安全の確保 観察
正確な技術
予測、分析
事故防止、安全対策 セーフティマネジメント
緊急連絡システム
転倒・転落防止、骨折予防
防火・防災対策
利用者の生活の安全(鍵の閉め忘れ、消費者被害、その他)
感染対策 感染予防の意義と介護
感染予防の基礎知識と技術
感染管理
衛生管理
その他
介護従事者の心身の健康管理 心の健康管理(ストレス、燃え尽き症候群(バーンアウト)、その他)
身体の健康管理(感染予防と対策、腰痛予防と対策、その他)
労働安全

介護福祉士 「社会の理解」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

社会の理解

中項目小項目
家庭生活の基本機能 生産・労働、教育・養育、保健・福祉、生殖、安らぎ・交流、その他
家族 家族の概念とその変容
家族の構造や形態
家族の機能、役割
家族観の多様化
地域 地域の概念
コミュニティの概念
都市化と地域社会
過疎化と地域社会
地域社会の集団・組織
社会、組織 社会、組織の概念
社会、組織の機能、役割
グループ支援、組織化
エンパワメント
ライフスタイルの変化 雇用労働の進行、女性労働の変化、雇用形態の変化
少子化、健康寿命の延長
余暇時間
生涯学習、地域活動への参加
その他
社会構造の変容 産業化・都市化
地域社会の変化
生活支援と福祉 生活の概念
福祉の考え方とその変遷
自助、互助、共助、公助
社会保障の基本的な考え方 社会保障の概念と範囲
社会保障の役割と意義
社会保障の理念
日本の社会保障制度の発達 日本の社会保障制度の基本的な考え方、憲法との関係
戦後の緊急援護と社会保障の基盤整備
国民皆保険、国民皆年金
社会福祉法
福祉六法
社会保障費用の適正化・効率化
地方分権
地域福祉の充実
社会保障構造改革
日本の社会保障制度のしくみの基礎的理解 社会保障の財源
社会保険、社会扶助
公的保険制度、民間保険制度
現代社会における社会保障制度 人口動態の変化、少子高齢化
社会保障の給付と負担
持続可能な社会保障制度
介護保険制度創設の背景及び目的
介護保険制度の動向 介護保険制度改革
介護保険制度のしくみの基礎的理解 介護保険の保険者と被保険者
介護保険の保険給付と利用者負担
受給権者(要介護者・要支援者(政令で定める特定疾病を含む。))
介護サービス利用までの流れ
介護サービス等の種類・内容
介護サービス情報の公表
介護予防の概念
介護保険制度における組織、団体の機能と役割 国の役割
都道府県の役割
市町村の役割
指定サービス事業者の役割
国民健康保険団体連合会の役割
介護保険制度における専門職の役割 介護支援専門員の役割
関連専門職種の役割
障害者自立支援制度創設の背景及び目的 社会福祉基礎構造改革と障害者施策
障害者基本計画、新障害者プラン
支援費制度
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)の目的
障害者自立支援制度のしくみの基礎的理解 障害者総合支援法に基づく自立支援給付と利用者負担
障害者自立支援制度における事業者及び施設
障害者自立支援制度における専門職の役割
障害福祉サービス利用の流れ
障害福祉サービスの種類・内容
障害者自立支援制度における組織、団体の機能と役割 国の役割
都道府県の役割
市町村の役割
指定サービス事業者の役割
国民健康保険団体連合会の役割
個人の権利を守る制度の概要 社会福祉法における権利擁護のしくみ
個人情報保護に関する制度
成年後見制度
消費者保護に関する制度
虐待防止に関する制度
保健医療福祉に関する施策の概要 生活習慣病予防その他健康づくりのための施策
高齢者医療制度と特定健康診査等
結核・感染症対策
難病対策
HIV/エイズ予防対策
介護と関連領域との連携に必要な法規 医療関係者に関する法規
医療関係施設に関する法規
生活保護制度の概要 生活扶助、介護扶助

介護福祉士 「人間関係とコミュニケーション」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

人間関係とコミュニケーション

中項目小項目
人間関係と心理 自己覚知、他者理解、ラポール、その他
対人関係とコミュニケーション 対人関係・コミュニケーションの意義
対人関係・コミュニケーションの概要
コミュニケーションを促す環境
コミュニケーションの技法 対人距離(物理的・心理的距離)
言語的コミュニケーション
非言語的コミュニケーション
受容・共感・傾聴
道具を用いた言語的コミュニケーション 機器を用いたコミュニケーション
記述によるコミュニケーション

介護福祉士 「人間の尊厳と自立」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)

1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題 12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

人間の尊厳と自立

中項目小項目
人間理解と尊厳 「人間」の多面的理解
人間の尊厳
自立・自律
人権と尊厳 権利擁護・アドボカシー
人権尊重
身体的・精神的・社会的な自立支援

ケアマネ試験対策講座2019  はじめての受験者にも分かりやすく説明してくれる動画まとめ

ケアマネ試験対策講座2019(vol.1 なんで介護保険制度はできたんだろう。)

ケアマネ試験対策講座2019(vol.2 保険者と被保険者)

ケアマネ試験対策講座2019(vol.3 適用除外施設と住所地特例)

ケアマネ試験対策講座2019(vol.4 被保険者資格の取得と喪失)

ケアマネ試験対策講座2019(vol.5 国・都道府県・市町村の事務についての考え方)

ケアマネ試験対策講座2019(vol.6 財政構造について)

ケアマネ試験対策講座2019(vol.7 第1号被保険者の保険料①)

続き

ケアマネ試験2018(平成30)年度 福祉サービス分野第60問「後期高齢者医療制度について正しいものはどれか。」

問題60 後期高齢者医療制度について正しいものはどれか。2つ選べ。

1  運営主体は都道府県である。
2  75歳以上の者であって生活保護世帯に属する者も、被保険者となる。
3  患者の一部負担の割合は1割又は3割である。
4  診療報酬点数表は健康保険法に基づくものと同一である。
5  他の都道府県の特別養護老人ホームに入所するため住所を変更した者は、
そのホームの所在する都道府県に被保険者の届出を行う。

【解答】3、4

解説

PAGE TOP