介護福祉士国家試験2022年(第34回)の試験会場を過去の受験者が教えてくれた!

第34回(令和3年度)受験申し込み手続き(予定)

試験日

筆記試験 令和4年1月30日(日曜日)
実技試験 令和4年3月6日(日曜日)

受験申込書の受付期間

令和3年8月18日(水曜日)から9月17日(金曜日)まで(消印有効)

試験会場

試験会場となるのは次の34都道府県です。

北海道・東北地方

※山形県の人は他県受験が必要です

北海道青森県岩手県宮城県、秋田県、福島県

関東地方

栃木県、茨城県の人は他県受験が必要です

群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県

中部地方

富山県、長野県、山梨県、三重県の人は他県受験が必要です

新潟県石川県、岐阜県、静岡県愛知県

関西地方

奈良県の人は他県受験が必要です

京都府大阪府兵庫県和歌山県

中国地方

山口県の人は他県受験が必要です

鳥取県、島根県岡山県広島県

四国地方

徳島県の人は他県受験が必要です

香川県愛媛県、高知県

九州地方・沖縄

佐賀県の人は他県受験が必要です

福岡県長崎県熊本県、大分県、宮崎県鹿児島県沖縄県

介護福祉士試験過去問6年間全掲載

介護福祉士試験-『人間の尊厳と自立』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『人間関係とコミュニケーション』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『社会の理解』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『介護の基本』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『コミュニケーション技術』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『生活支援技術』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『介護過程』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『発達と老化の理解』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『認知症の理解』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『障害の理解』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『こころとからだのしくみ』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『医療的ケア』の過去問5年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士試験-『総合問題』の過去問6年間全掲載-(第33回~第28回)

介護福祉士国家試験2021年(第33回)埼玉県の試験会場を過去の受験者が教えてくれた!

第33回介護福祉士国家試験は、2021(令和3)年1月30日(日)に行われる予定です。初めて受験される方は試験会場がどこか?分かりませんよね。

そこで、過去の介護福祉士国家試験の受験者に試験会場を聞いているサイト(ヤフー知恵袋)を見つけましたので、各都道府県でまとめてみました。

埼玉県の試験会場

大宮ソニックシティー

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準と過去問分析

人間の尊厳と自立

人間関係とコミュニケーション

社会の理解

介護の基本

コミュニケーション技術

生活支援技術

介護過程

発達と老化の理解

認知症の理解

障害の理解

こころとからだのしくみ

医療的ケア

総合問題

介護福祉士試験2023試験会場宮城県『合格できない・合格できる3つの理由』

1年に一度のチャンス。
介護福祉士国家試験が2022年の1月30日(日曜日)に行われました。
各都道府県に試験会場はなく、全国で34都道府県でしか試験を受けることが出来ません。

介護福祉試験試験会場

(34試験地)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

介護福祉試験試験会場がない都道府県

(13都道府県)
山形県、茨城県、栃木県、富山県、福井県、山梨県、長野県、三重県、滋賀県、奈良県、山口県、徳島県、佐賀県

公開されていない介護福祉試験試験会場

介護福祉士の試験会場は公開されていません。介護福祉士試験センターを調べても、都道府県内のどこが試験会場か?という情報はありません。そのため、過去に介護福祉士の試験を実際に受験した方からの情報を集めてみました。

介護福祉試験試験会場 宮城県

仙台医療福祉専門学校の中央校舎2号館・3号館・3号館ANNEX
〒980-0021 仙台市青葉区中央4-5-2

尚絅学院大学
〒981-1295 宮城県名取市ゆりが丘4丁目10−1

※現時点で情報収集できた試験会場です。

『合格できない3つの理由』

介護福祉士の筆記試験を受験する人は、どんな勉強をすれば合格できるか?分かりません。そのため、過去に介護福祉士筆記試験を受験して実際に合格できた人の勉強方法が参考になります。
そこで、このサイトを利用して一発合格を目指して勉強しましょう。そして、最低限試験当日までにやっておかなければならないことを明記します。

1 試験当日試験会場に行けない

当然のことながら試験当日(1月26日)に体調を壊したり、インフルエンザに掛かったりして試験会場に行かない、行けない場合には、そもそも試験を受けていないので合格・不合格を図るものでもありません。
毎年のことですが、インフルエンザで試験が受けられなかったという人がいます。受験する人は介護施設などで仕事をしている人が多いので、感染してしまうリスクがありますが、それぞれ各自が予防しなければいけませんね。

2 試験当日までモチベーションを保てない

介護福祉士試験を受けて介護福祉士になろうと考えている大方の人は、介護の現場でお仕事をされており、仕事と家事、そして育児に追われるなかで勉強の時間が取れない、と頭を抱えて悩んでいるという声を多く聞きます。
私は、仕事をしながら家族の理解を得て家庭を犠牲にして勉強時間を作りました。「介護福祉士の資格を絶対に取る」という一念からのことです。
このように「介護福祉士の資格を絶対に取る」というモチベーションを試験当日まで保てないことも多くありますが、ここが大事な部分です。このモチベーションを保てなかったら合格できません。

3 そもそも勉強をしない

介護福祉士の試験を1週間前から勉強しただけで合格したなんて体験談をネットで見かけますが、これだけの勉強で合格できると思いますか?私は思いません。
勉強が嫌いでも介護福祉士の資格を取らなければ、取りたい!と思って受験の申込をしたことを思い出して、試験当日まで勉強することを自覚しましょう。
介護福祉士の試験勉強は簡単だ!と思うかもしれません(世間の情報)が、やはりご自分のためですから、しっかりと時間を取って中身の充実した勉強で知識をえましょう。

『合格できる3つの理由』

1 試験当日まで勉強を継続する

とにかく、試験当日まで毎日少しずつでも良いので、勉強することを継続しましょう。仕事が休みだからといって、居酒屋に行こうとか、遊びに行こうは、試験当日までなし。試験が終わったら開放的になるのは良いでしょう。

2 試験当日までモチベーションを保つ

試験当日まで「絶対に合格する」というモチベーションを保ち続けましょう。仕事や家事を理由にしてはいけません。試験勉強をするのもあなた、試験を受験するのもあなた、合格するのもあなたなのです。

3 自分を信じる

自分はこれだけ勉強したんだから、介護福祉士の試験に合格できるんだと信じましょう。そのためには後悔しないように勉強を下かと自分で省みても大丈夫だという位に自分を信じましょう。

終わりに

介護福祉士試験会場2022宮城県『合格できない・合格できる3つの理由』

介護福祉士試験2023試験会場青森県『合格できない・合格できる3つの理由』

1年に一度のチャンス。
介護福祉士国家試験が2022年の1月30日(日曜日)に行われました。
各都道府県に試験会場はなく、全国で34都道府県でしか試験を受けることが出来ません。

介護福祉試験試験会場

(34試験地)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

介護福祉試験試験会場がない都道府県

(13都道府県)
山形県、茨城県、栃木県、富山県、福井県、山梨県、長野県、三重県、滋賀県、奈良県、山口県、徳島県、佐賀県

公開されていない介護福祉試験試験会場

介護福祉士の試験会場は公開されていません。介護福祉士試験センターを調べても、都道府県内のどこが試験会場か?という情報はありません。そのため、過去に介護福祉士の試験を実際に受験した方からの情報を集めてみました。

介護福祉試験試験会場 青森県

青森大学
〒030-0943 青森県青森市幸畑2丁目3−1

マエダアリーナ
〒039-3505 青森県青森市大字宮田高瀬22−2

青森山田高校
〒030-0846 青森県青森市青葉3丁目13−40

※現時点で情報収集できた試験会場です。

『合格できない3つの理由』

介護福祉士の筆記試験を受験する人は、どんな勉強をすれば合格できるか?分かりません。そのため、過去に介護福祉士筆記試験を受験して実際に合格できた人の勉強方法が参考になります。
そこで、このサイトを利用して一発合格を目指して勉強しましょう。そして、最低限試験当日までにやっておかなければならないことを明記します。

1 試験当日試験会場に行けない

当然のことながら試験当日(1月26日)に体調を壊したり、インフルエンザに掛かったりして試験会場に行かない、行けない場合には、そもそも試験を受けていないので合格・不合格を図るものでもありません。
毎年のことですが、インフルエンザで試験が受けられなかったという人がいます。受験する人は介護施設などで仕事をしている人が多いので、感染してしまうリスクがありますが、それぞれ各自が予防しなければいけませんね。

2 試験当日までモチベーションを保てない

介護福祉士試験を受けて介護福祉士になろうと考えている大方の人は、介護の現場でお仕事をされており、仕事と家事、そして育児に追われるなかで勉強の時間が取れない、と頭を抱えて悩んでいるという声を多く聞きます。
私は、仕事をしながら家族の理解を得て家庭を犠牲にして勉強時間を作りました。「介護福祉士の資格を絶対に取る」という一念からのことです。
このように「介護福祉士の資格を絶対に取る」というモチベーションを試験当日まで保てないことも多くありますが、ここが大事な部分です。このモチベーションを保てなかったら合格できません。

3 そもそも勉強をしない

介護福祉士の試験を1週間前から勉強しただけで合格したなんて体験談をネットで見かけますが、これだけの勉強で合格できると思いますか?私は思いません。
勉強が嫌いでも介護福祉士の資格を取らなければ、取りたい!と思って受験の申込をしたことを思い出して、試験当日まで勉強することを自覚しましょう。
介護福祉士の試験勉強は簡単だ!と思うかもしれません(世間の情報)が、やはりご自分のためですから、しっかりと時間を取って中身の充実した勉強で知識をえましょう。

『合格できる3つの理由』

1 試験当日まで勉強を継続する

とにかく、試験当日まで毎日少しずつでも良いので、勉強することを継続しましょう。仕事が休みだからといって、居酒屋に行こうとか、遊びに行こうは、試験当日までなし。試験が終わったら開放的になるのは良いでしょう。

2 試験当日までモチベーションを保つ

試験当日まで「絶対に合格する」というモチベーションを保ち続けましょう。仕事や家事を理由にしてはいけません。試験勉強をするのもあなた、試験を受験するのもあなた、合格するのもあなたなのです。

3 自分を信じる

自分はこれだけ勉強したんだから、介護福祉士の試験に合格できるんだと信じましょう。そのためには後悔しないように勉強を下かと自分で省みても大丈夫だという位に自分を信じましょう。

終わりに

介護福祉士試験会場2022青森県『合格できない・合格できる3つの理由』

介護福祉士試験2023試験会場岩手県『合格できない・合格できる3つの理由』

1年に一度のチャンス。
介護福祉士国家試験が2022年の1月30日(日曜日)に行われました。
各都道府県に試験会場はなく、全国で34都道府県でしか試験を受けることが出来ません。

介護福祉試験試験会場

(34試験地)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

介護福祉試験試験会場がない都道府県

(13都道府県)
山形県、茨城県、栃木県、富山県、福井県、山梨県、長野県、三重県、滋賀県、奈良県、山口県、徳島県、佐賀県

公開されていない介護福祉試験試験会場

介護福祉士の試験会場は公開されていません。介護福祉士試験センターを調べても、都道府県内のどこが試験会場か?という情報はありません。そのため、過去に介護福祉士の試験を実際に受験した方からの情報を集めてみました。

介護福祉試験試験会場 岩手県

常盤木学園
〒980-0003 宮城県仙台市青葉区小田原4丁目3−20

※現時点で情報収集できた試験会場です。

『合格できない3つの理由』

介護福祉士の筆記試験を受験する人は、どんな勉強をすれば合格できるか?分かりません。そのため、過去に介護福祉士筆記試験を受験して実際に合格できた人の勉強方法が参考になります。
そこで、このサイトを利用して一発合格を目指して勉強しましょう。そして、最低限試験当日までにやっておかなければならないことを明記します。

1 試験当日試験会場に行けない

当然のことながら試験当日(1月26日)に体調を壊したり、インフルエンザに掛かったりして試験会場に行かない、行けない場合には、そもそも試験を受けていないので合格・不合格を図るものでもありません。
毎年のことですが、インフルエンザで試験が受けられなかったという人がいます。受験する人は介護施設などで仕事をしている人が多いので、感染してしまうリスクがありますが、それぞれ各自が予防しなければいけませんね。

2 試験当日までモチベーションを保てない

介護福祉士試験を受けて介護福祉士になろうと考えている大方の人は、介護の現場でお仕事をされており、仕事と家事、そして育児に追われるなかで勉強の時間が取れない、と頭を抱えて悩んでいるという声を多く聞きます。
私は、仕事をしながら家族の理解を得て家庭を犠牲にして勉強時間を作りました。「介護福祉士の資格を絶対に取る」という一念からのことです。
このように「介護福祉士の資格を絶対に取る」というモチベーションを試験当日まで保てないことも多くありますが、ここが大事な部分です。このモチベーションを保てなかったら合格できません。

3 そもそも勉強をしない

介護福祉士の試験を1週間前から勉強しただけで合格したなんて体験談をネットで見かけますが、これだけの勉強で合格できると思いますか?私は思いません。
勉強が嫌いでも介護福祉士の資格を取らなければ、取りたい!と思って受験の申込をしたことを思い出して、試験当日まで勉強することを自覚しましょう。
介護福祉士の試験勉強は簡単だ!と思うかもしれません(世間の情報)が、やはりご自分のためですから、しっかりと時間を取って中身の充実した勉強で知識をえましょう。

『合格できる3つの理由』

1 試験当日まで勉強を継続する

とにかく、試験当日まで毎日少しずつでも良いので、勉強することを継続しましょう。仕事が休みだからといって、居酒屋に行こうとか、遊びに行こうは、試験当日までなし。試験が終わったら開放的になるのは良いでしょう。

2 試験当日までモチベーションを保つ

試験当日まで「絶対に合格する」というモチベーションを保ち続けましょう。仕事や家事を理由にしてはいけません。試験勉強をするのもあなた、試験を受験するのもあなた、合格するのもあなたなのです。

3 自分を信じる

自分はこれだけ勉強したんだから、介護福祉士の試験に合格できるんだと信じましょう。そのためには後悔しないように勉強を下かと自分で省みても大丈夫だという位に自分を信じましょう。

終わりに

介護福祉士試験会場2022岩手県『合格できない・合格できる3つの理由』

介護福祉士国家試験2022年(第34回) 北海道の試験会場を過去の受験者が教えてくれた!

第33回介護福祉士国家試験は、2022(令和4)年1月30日(日)に行われる予定です。初めて受験される方は試験会場がどこか?分かりませんよね。

そこで、過去の介護福祉士国家試験の受験者に試験会場を聞いているサイト(ヤフー知恵袋)を見つけましたので、各都道府県でまとめてみました。

第34回介護福祉士試験過去問勉強用マークシートプレゼント企画

北海道の試験会場

札幌の豊平区福住にある札幌ドームがメインの試験会場だったと思います。。多分4000人以上受けに来てたんじゃないかな?1ブロックで縦は最低10列、横は一つの机に2人×6列で小計120人、それが30ブロック以上あったので。

あとの会場は質問者様の言う通り、旭川の大学で開催されたり(大学名までは確認出来ませんでした)、釧路市にある総合体育館「湿原の風アリーナ釧路」で開催されたりという話は聞いています。

北海道は札幌ドームでした

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準と過去問分析

人間の尊厳と自立

人間関係とコミュニケーション

社会の理解

介護の基本

コミュニケーション技術

生活支援技術

介護過程

発達と老化の理解

認知症の理解

障害の理解

こころとからだのしくみ

医療的ケア

総合問題

介護福祉士試験2023試験会場鹿児島県『合格できない・合格できる3つの理由』

1年に一度のチャンス。
介護福祉士国家試験が2022年の1月30日(日曜日)に行われました。
各都道府県に試験会場はなく、全国で34都道府県でしか試験を受けることが出来ません。

介護福祉試験試験会場

(34試験地)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

介護福祉試験試験会場がない都道府県

(13都道府県)
山形県、茨城県、栃木県、富山県、福井県、山梨県、長野県、三重県、滋賀県、奈良県、山口県、徳島県、佐賀県

公開されていない介護福祉試験試験会場

介護福祉士の試験会場は公開されていません。介護福祉士試験センターを調べても、都道府県内のどこが試験会場か?という情報はありません。そのため、過去に介護福祉士の試験を実際に受験した方からの情報を集めてみました。

介護福祉試験試験会場 鹿児島

鹿児島第一工業大学
〒899-4395 鹿児島県霧島市国分中央1丁目10−2

※現時点で情報収集できた試験会場です。

『合格できない3つの理由』

介護福祉士の筆記試験を受験する人は、どんな勉強をすれば合格できるか?分かりません。そのため、過去に介護福祉士筆記試験を受験して実際に合格できた人の勉強方法が参考になります。
そこで、このサイトを利用して一発合格を目指して勉強しましょう。そして、最低限試験当日までにやっておかなければならないことを明記します。

1 試験当日試験会場に行けない

当然のことながら試験当日(1月26日)に体調を壊したり、インフルエンザに掛かったりして試験会場に行かない、行けない場合には、そもそも試験を受けていないので合格・不合格を図るものでもありません。
毎年のことですが、インフルエンザで試験が受けられなかったという人がいます。受験する人は介護施設などで仕事をしている人が多いので、感染してしまうリスクがありますが、それぞれ各自が予防しなければいけませんね。

2 試験当日までモチベーションを保てない

介護福祉士試験を受けて介護福祉士になろうと考えている大方の人は、介護の現場でお仕事をされており、仕事と家事、そして育児に追われるなかで勉強の時間が取れない、と頭を抱えて悩んでいるという声を多く聞きます。
私は、仕事をしながら家族の理解を得て家庭を犠牲にして勉強時間を作りました。「介護福祉士の資格を絶対に取る」という一念からのことです。
このように「介護福祉士の資格を絶対に取る」というモチベーションを試験当日まで保てないことも多くありますが、ここが大事な部分です。このモチベーションを保てなかったら合格できません。

3 そもそも勉強をしない

介護福祉士の試験を1週間前から勉強しただけで合格したなんて体験談をネットで見かけますが、これだけの勉強で合格できると思いますか?私は思いません。
勉強が嫌いでも介護福祉士の資格を取らなければ、取りたい!と思って受験の申込をしたことを思い出して、試験当日まで勉強することを自覚しましょう。
介護福祉士の試験勉強は簡単だ!と思うかもしれません(世間の情報)が、やはりご自分のためですから、しっかりと時間を取って中身の充実した勉強で知識をえましょう。

『合格できる3つの理由』

1 試験当日まで勉強を継続する

とにかく、試験当日まで毎日少しずつでも良いので、勉強することを継続しましょう。仕事が休みだからといって、居酒屋に行こうとか、遊びに行こうは、試験当日までなし。試験が終わったら開放的になるのは良いでしょう。

2 試験当日までモチベーションを保つ

試験当日まで「絶対に合格する」というモチベーションを保ち続けましょう。仕事や家事を理由にしてはいけません。試験勉強をするのもあなた、試験を受験するのもあなた、合格するのもあなたなのです。

3 自分を信じる

自分はこれだけ勉強したんだから、介護福祉士の試験に合格できるんだと信じましょう。そのためには後悔しないように勉強を下かと自分で省みても大丈夫だという位に自分を信じましょう。

終わりに

介護福祉士試験会場2022鹿児島県『合格できない・合格できる3つの理由』

介護福祉士試験2023試験会場福岡県『合格できない・合格できる3つの理由』

1年に一度のチャンス。
介護福祉士国家試験が2022年の1月30日(日曜日)に行われました。
各都道府県に試験会場はなく、全国で34都道府県でしか試験を受けることが出来ません。

介護福祉試験試験会場

(34試験地)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

介護福祉試験試験会場がない都道府県

(13都道府県)
山形県、茨城県、栃木県、富山県、福井県、山梨県、長野県、三重県、滋賀県、奈良県、山口県、徳島県、佐賀県

公開されていない介護福祉試験試験会場

介護福祉士の試験会場は公開されていません。介護福祉士試験センターを調べても、都道府県内のどこが試験会場か?という情報はありません。そのため、過去に介護福祉士の試験を実際に受験した方からの情報を集めてみました。

介護福祉試験試験会場 福岡県

試験会場は北九州市の小倉にある西日本総合展示場です。

ヤフオクドーム
福岡市中央区地行浜

※現時点で情報収集できた試験会場です。

『合格できない3つの理由』

介護福祉士の筆記試験を受験する人は、どんな勉強をすれば合格できるか?分かりません。そのため、過去に介護福祉士筆記試験を受験して実際に合格できた人の勉強方法が参考になります。
そこで、このサイトを利用して一発合格を目指して勉強しましょう。そして、最低限試験当日までにやっておかなければならないことを明記します。

1 試験当日試験会場に行けない

当然のことながら試験当日(1月26日)に体調を壊したり、インフルエンザに掛かったりして試験会場に行かない、行けない場合には、そもそも試験を受けていないので合格・不合格を図るものでもありません。
毎年のことですが、インフルエンザで試験が受けられなかったという人がいます。受験する人は介護施設などで仕事をしている人が多いので、感染してしまうリスクがありますが、それぞれ各自が予防しなければいけませんね。

2 試験当日までモチベーションを保てない

介護福祉士試験を受けて介護福祉士になろうと考えている大方の人は、介護の現場でお仕事をされており、仕事と家事、そして育児に追われるなかで勉強の時間が取れない、と頭を抱えて悩んでいるという声を多く聞きます。
私は、仕事をしながら家族の理解を得て家庭を犠牲にして勉強時間を作りました。「介護福祉士の資格を絶対に取る」という一念からのことです。
このように「介護福祉士の資格を絶対に取る」というモチベーションを試験当日まで保てないことも多くありますが、ここが大事な部分です。このモチベーションを保てなかったら合格できません。

3 そもそも勉強をしない

介護福祉士の試験を1週間前から勉強しただけで合格したなんて体験談をネットで見かけますが、これだけの勉強で合格できると思いますか?私は思いません。
勉強が嫌いでも介護福祉士の資格を取らなければ、取りたい!と思って受験の申込をしたことを思い出して、試験当日まで勉強することを自覚しましょう。
介護福祉士の試験勉強は簡単だ!と思うかもしれません(世間の情報)が、やはりご自分のためですから、しっかりと時間を取って中身の充実した勉強で知識をえましょう。

『合格できる3つの理由』

1 試験当日まで勉強を継続する

とにかく、試験当日まで毎日少しずつでも良いので、勉強することを継続しましょう。仕事が休みだからといって、居酒屋に行こうとか、遊びに行こうは、試験当日までなし。試験が終わったら開放的になるのは良いでしょう。

2 試験当日までモチベーションを保つ

試験当日まで「絶対に合格する」というモチベーションを保ち続けましょう。仕事や家事を理由にしてはいけません。試験勉強をするのもあなた、試験を受験するのもあなた、合格するのもあなたなのです。

3 自分を信じる

自分はこれだけ勉強したんだから、介護福祉士の試験に合格できるんだと信じましょう。そのためには後悔しないように勉強を下かと自分で省みても大丈夫だという位に自分を信じましょう。

終わりに

介護福祉士試験会場2022福岡県『合格できない・合格できる3つの理由』

介護福祉士試験2023試験会場愛媛県『合格できない・合格できる3つの理由』

1年に一度のチャンス。
介護福祉士国家試験が2022年の1月30日(日曜日)に行われました。
各都道府県に試験会場はなく、全国で34都道府県でしか試験を受けることが出来ません。

介護福祉試験試験会場

(34試験地)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

介護福祉試験試験会場がない都道府県

(13都道府県)
山形県、茨城県、栃木県、富山県、福井県、山梨県、長野県、三重県、滋賀県、奈良県、山口県、徳島県、佐賀県

公開されていない介護福祉試験試験会場

介護福祉士の試験会場は公開されていません。介護福祉士試験センターを調べても、都道府県内のどこが試験会場か?という情報はありません。そのため、過去に介護福祉士の試験を実際に受験した方からの情報を集めてみました。

介護福祉試験試験会場 愛媛県

アイテム愛媛
〒791-8057 松山市大可賀2丁目1番28号

※現時点で情報収集できた試験会場です。

『合格できない3つの理由』

介護福祉士の筆記試験を受験する人は、どんな勉強をすれば合格できるか?分かりません。そのため、過去に介護福祉士筆記試験を受験して実際に合格できた人の勉強方法が参考になります。
そこで、このサイトを利用して一発合格を目指して勉強しましょう。そして、最低限試験当日までにやっておかなければならないことを明記します。

1 試験当日試験会場に行けない

当然のことながら試験当日(1月26日)に体調を壊したり、インフルエンザに掛かったりして試験会場に行かない、行けない場合には、そもそも試験を受けていないので合格・不合格を図るものでもありません。
毎年のことですが、インフルエンザで試験が受けられなかったという人がいます。受験する人は介護施設などで仕事をしている人が多いので、感染してしまうリスクがありますが、それぞれ各自が予防しなければいけませんね。

2 試験当日までモチベーションを保てない

介護福祉士試験を受けて介護福祉士になろうと考えている大方の人は、介護の現場でお仕事をされており、仕事と家事、そして育児に追われるなかで勉強の時間が取れない、と頭を抱えて悩んでいるという声を多く聞きます。
私は、仕事をしながら家族の理解を得て家庭を犠牲にして勉強時間を作りました。「介護福祉士の資格を絶対に取る」という一念からのことです。
このように「介護福祉士の資格を絶対に取る」というモチベーションを試験当日まで保てないことも多くありますが、ここが大事な部分です。このモチベーションを保てなかったら合格できません。

3 そもそも勉強をしない

介護福祉士の試験を1週間前から勉強しただけで合格したなんて体験談をネットで見かけますが、これだけの勉強で合格できると思いますか?私は思いません。
勉強が嫌いでも介護福祉士の資格を取らなければ、取りたい!と思って受験の申込をしたことを思い出して、試験当日まで勉強することを自覚しましょう。
介護福祉士の試験勉強は簡単だ!と思うかもしれません(世間の情報)が、やはりご自分のためですから、しっかりと時間を取って中身の充実した勉強で知識をえましょう。

『合格できる3つの理由』

1 試験当日まで勉強を継続する

とにかく、試験当日まで毎日少しずつでも良いので、勉強することを継続しましょう。仕事が休みだからといって、居酒屋に行こうとか、遊びに行こうは、試験当日までなし。試験が終わったら開放的になるのは良いでしょう。

2 試験当日までモチベーションを保つ

試験当日まで「絶対に合格する」というモチベーションを保ち続けましょう。仕事や家事を理由にしてはいけません。試験勉強をするのもあなた、試験を受験するのもあなた、合格するのもあなたなのです。

3 自分を信じる

自分はこれだけ勉強したんだから、介護福祉士の試験に合格できるんだと信じましょう。そのためには後悔しないように勉強を下かと自分で省みても大丈夫だという位に自分を信じましょう。

終わりに

介護福祉士試験会場2022愛媛県『合格できない・合格できる3つの理由』

介護福祉士試験2023試験会場島根県『合格できない・合格できる3つの理由』

1年に一度のチャンス。
介護福祉士国家試験が2022年の1月30日(日曜日)に行われました。
各都道府県に試験会場はなく、全国で34都道府県でしか試験を受けることが出来ません。

介護福祉試験試験会場

(34試験地)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

介護福祉試験試験会場がない都道府県

(13都道府県)
山形県、茨城県、栃木県、富山県、福井県、山梨県、長野県、三重県、滋賀県、奈良県、山口県、徳島県、佐賀県

公開されていない介護福祉試験試験会場

介護福祉士の試験会場は公開されていません。介護福祉士試験センターを調べても、都道府県内のどこが試験会場か?という情報はありません。そのため、過去に介護福祉士の試験を実際に受験した方からの情報を集めてみました。

介護福祉試験試験会場 島根県

島根大学
〒690-0823 島根県松江市西川津町1060

※現時点で情報収集できた試験会場です。

『合格できない3つの理由』

介護福祉士の筆記試験を受験する人は、どんな勉強をすれば合格できるか?分かりません。そのため、過去に介護福祉士筆記試験を受験して実際に合格できた人の勉強方法が参考になります。
そこで、このサイトを利用して一発合格を目指して勉強しましょう。そして、最低限試験当日までにやっておかなければならないことを明記します。

1 試験当日試験会場に行けない

当然のことながら試験当日(1月26日)に体調を壊したり、インフルエンザに掛かったりして試験会場に行かない、行けない場合には、そもそも試験を受けていないので合格・不合格を図るものでもありません。
毎年のことですが、インフルエンザで試験が受けられなかったという人がいます。受験する人は介護施設などで仕事をしている人が多いので、感染してしまうリスクがありますが、それぞれ各自が予防しなければいけませんね。

2 試験当日までモチベーションを保てない

介護福祉士試験を受けて介護福祉士になろうと考えている大方の人は、介護の現場でお仕事をされており、仕事と家事、そして育児に追われるなかで勉強の時間が取れない、と頭を抱えて悩んでいるという声を多く聞きます。
私は、仕事をしながら家族の理解を得て家庭を犠牲にして勉強時間を作りました。「介護福祉士の資格を絶対に取る」という一念からのことです。
このように「介護福祉士の資格を絶対に取る」というモチベーションを試験当日まで保てないことも多くありますが、ここが大事な部分です。このモチベーションを保てなかったら合格できません。

3 そもそも勉強をしない

介護福祉士の試験を1週間前から勉強しただけで合格したなんて体験談をネットで見かけますが、これだけの勉強で合格できると思いますか?私は思いません。
勉強が嫌いでも介護福祉士の資格を取らなければ、取りたい!と思って受験の申込をしたことを思い出して、試験当日まで勉強することを自覚しましょう。
介護福祉士の試験勉強は簡単だ!と思うかもしれません(世間の情報)が、やはりご自分のためですから、しっかりと時間を取って中身の充実した勉強で知識をえましょう。

『合格できる3つの理由』

1 試験当日まで勉強を継続する

とにかく、試験当日まで毎日少しずつでも良いので、勉強することを継続しましょう。仕事が休みだからといって、居酒屋に行こうとか、遊びに行こうは、試験当日までなし。試験が終わったら開放的になるのは良いでしょう。

2 試験当日までモチベーションを保つ

試験当日まで「絶対に合格する」というモチベーションを保ち続けましょう。仕事や家事を理由にしてはいけません。試験勉強をするのもあなた、試験を受験するのもあなた、合格するのもあなたなのです。

3 自分を信じる

自分はこれだけ勉強したんだから、介護福祉士の試験に合格できるんだと信じましょう。そのためには後悔しないように勉強を下かと自分で省みても大丈夫だという位に自分を信じましょう。

終わりに

介護福祉士試験会場2022島根県『合格できない・合格できる3つの理由』

PAGE TOP