ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題39」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題39 感染予防

感染予防について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 手洗いでは,指先,指の間,親指,手首を洗い忘れないようにすることが基本となる。

2 手指消毒の方法としては,流水,石けん,アルコール製剤等によるものがある。

3 あらゆる人の血液,体液,分泌物,排泄物,創傷のある皮膚,粘膜には感染性があると考えて取り扱うのが,標準予防策の基本である。

4 ノロウイルス感染者の嘔吐物の処理の際は,汚染した場所をアルコールで消毒すればよい。

5 手袋の使用後は,手指の消毒の必要はない。

正解は1、2、3

感染症の予防~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題38」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題38 在宅医療管理

次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 喀痰の吸引に必要な吸引器は,介護保険により給付される。

2 膀胱留置カテーテルを留置している場合には,蓄尿バッグは,膀胱より低い位置に置く。

3 人工呼吸療法には,気管切開により行う場合や,口や鼻からマスクにより行う場合などがある。

4 インスリンの自己注射を行っている場合には,低血糖による意識レベルの変化に注意する。

5 人工透析を行っている場合には,シャント側で血圧測定を行う。

正解は2、3、4

ケアマネ試験の過去問で「在宅医療管理」が出題された問題㊙まとめ


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題37」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題37 難病

難病について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 進行性核上性麻痺では,早期から眼球運動障害や認知機能の低下が認められる。

2 脊髄小脳変性症では,運動能力を維持するリハビリテーションや環境整備により,ADLを維持することが重要である。

3 潰瘍性大腸炎は,発症時に重症であっても,経過観察で完治する。

4 後縦靭帯骨化症では,首を強く後ろに反らすことにより症状が悪化する場合があるので,そのような動作は避ける。

5 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は,症状は進行性で,数年で四肢麻痺,摂食障害,呼吸麻痺となり,痛みなどの知覚や記憶力も失う。

正解は1、2、4

在宅医療管理~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題36」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題36 疾病

次の記述について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 パーキンソン病では,安静時の振戦やあらゆる動作が乏しくなる無動,仮面様顔貌などもみられる。

2 慢性硬膜下血腫は,血腫除去術の治療を行っても,ほとんどもとの認知機能レベルには戻らない。

3 閉塞性動脈硬化症では,歩行時に下肢痛が出現し,立ち止まって休んでも痛みが軽減せず持続する。

4 脊髄損傷では,痛みや温度感覚が失われることもあるため,低温熱傷や擦過傷等に注意する。

5 帯状疱疹は,早期に治療を始めると,帯状疱疹後神経痛などの後遺症が少なくなる。

正解は1、4、5

脳・神経の疾患~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題35」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題35 高齢者の精神障害

次の記述について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 せん妄は,さまざまな全身疾患に伴う非特異的な症状として出現する。

2 夜間にせん妄が増悪する場合には,昼間に適度な刺激と散歩などの活動の機会をつくり,夜間に睡眠できるよう配慮する。

3 せん妄は感覚の遮断で改善するので,静かな環境を整備し,眼鏡や補聴器の装着を避ける。

4 アルコール依存症のケアでは,飲酒以外に楽しみのある生活ができるまでは,安易に断酒会には参加させない。

5 うつ症状には,降圧剤などの薬剤に起因するものもある。

正解は1、2、5

高齢者の精神障害~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題34」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題34 終末期ケア

終末期のケアについて,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 呼吸困難や疼痛に対しては,投薬のほか,安楽な体位やマッサージなどで苦痛の緩和を図る。

2 食事については,楽しみや満足感よりも,摂取量や栄養バランスを優先する。

3 緩和ケアは,在宅では行われない。

4 要介護認定の前でも,保険者が必要があると認めた場合には,暫定ケアプランを作成して介護サービスを利用することができる。

5 臨死期において,肩や顎だけが動き,喘いでいるように見えるのは,呼吸停止に至る一連の動きである。

正解は1、4、5

ターミナルケア~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題33」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題33 排泄

排泄について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 日常生活動作の低下による機能性失禁では,排泄に関する一連の日常生活動作の問題点を見極めることが重要である。

2 便失禁は,すべて医学的治療を要する。

3 ポータブルトイレやおむつについては,理学療法士等の多職種と連携し,日常生活動作に適合したものを選択する。

4 切迫性尿失禁には,膀胱訓練よりも骨盤底筋訓練が有効である。

5 排便コントロールには,排便間隔を把握し,食生活や身体活動等を含めた生活リズムを整えることが大切である。

正解は1、3、5

排泄の介護~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題32」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題32 急変時の対応

次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 血圧低下とともに大量の黒色便を認めたが,鮮紅色ではなかったため,問題はないと判断した。

2 飲食物を大量に嘔吐したため,側臥位にして,口の中に残った吐物を取り除いた。

3 激しい下痢が続いたため,水分摂取を控えさせた。

4 一過性ではあったが,明らかな片麻痺を認めたため,医師に報告した。

5 転倒により下肢の骨折が疑われたため,下肢を動かさないようにした。

正解は2、4、5

急変時の対応~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題31」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題31 胃ろう

胃ろうについて,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 経口摂取に移行しようとする場合には,多職種による経口移行計画を作成して行う。

2 半固形栄養剤の使用により,胃食道逆流や下痢を防止できる可能性がある。

3 カテーテルが抜けた場合でも,ろう孔から胃の内容物が漏れなければ,医師に報告する必要はない。

4 チューブ型カテーテルを固定する際には,体表から1~2cm程度の「あそび」を持たせるように外部ストッパーを調整する。

5 胃ろうを造設している場合は,原則として,入浴は禁止されている。

正解は1、2、4

ケアマネ試験の過去問で「在宅医療管理」が出題された問題㊙まとめ


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題30」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」

平成27年問題30 介護保険施設

介護保険施設について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 老人性認知症疾患療養病棟は,BPSD(認知症の行動・心理症状)のために在宅や他の施設での療養生活が難しい要介護者が入院する施設である。

2 介護老人保健施設には,肺炎,尿路感染症又は帯状疱疹について,投薬,検査,注射,処置等を行った場合の加算がある。

3 介護老人保健施設は,在宅復帰を目指す施設であるため,看取りは行わない。

4 介護老人保健施設は,地域の住民やボランティア団体等との交流が制限されている。

5 介護老人保健施設は,要介護度や所得の多寡を理由にサービスの提供を拒否することが禁止されている。

正解は1、2、5

介護保険施設の基準~独学で一発合格


カウントダウンタイマー

PAGE TOP