ケアマネ試験2021年 短期入所療養介護 ユーチューブ解説動画をノートにまとめてみたら分かりやすい!

短期入所療養介護 ユーチューブ解説動画まとめ

短期入所療養介護については、頻出問題です。どんなことをやるのか、短期入所療養介護の内容をしっかりと理解して、試験でも点数を落とさないようにしましょう。
ユーチューブでは、短期入所療養介護について以下の2動画を見つけました。それぞれが7分前後の内容ですが、私なりに内容をまとめてみたらこんな風になりました。

短期入所療養介護

① 老健(みなし指定)
② 療養型(みなし指定)
③ 病院・診療所(特例:療養病棟がある病院・診療所は法人格がなくても良い)

人員基準・設備基準
元々、施設が提供するサービスなので老健などの基準を満たしていれば良い。

運営基準
計画:利用が概ね4日以上の利用者では、作成する。
計画を説明・同意・交付する。
1回の利用が上限30日。(超えると10割負担)
要介護認定の期間の半数を超えての利用はできない。

短期入所療養介護

短期入所療養介護の目的
療養生活の質の向上のため(機能訓練、看護、交流など)
家族の介護負担軽減(レスパイトケア)

短期入所療養介護の提供機関
老健、療養型(2018年3月全廃)・・・(みなし指定)
指定があれば、病院・診療所も可能。

短期入所療養介護の内容
看護、医学的な管理下における介護、機能訓練、必要な医療の提供、
日常生活上の世話など。
社会的リハビリ、医学的リハビリという側面ももつ。

終わりに

私が勉強した時には、あまり動画がアップされていませんでしたが、最近はたくさんの動画解説が出ています。その中で過去問解説も色々な人がアップしていますし、単元ごとの解説もたくさん出ています。しかし、単元ごとの解説は専門的な知識がないとできません。上記のユーチューブ動画と私が要約したノートを見て頂ければ、インプット学習に役立てることが出来るはずです。

ケアマネ試験は、保健医療サービス分野分野、特にそれぞれのサービスを理解するのが大変ですが、単元ごとにユーチューブで解説してくれているので利用するに越したことはありません。私がまとめてみました。

ケアマネ試験の過去問で「短期入所療養介護」が出題された問題㊙まとめ

ケアマネ試験2021年 居宅療養管理指導 ユーチューブ解説動画をノートにまとめてみたら分かりやすい!

居宅療養管理指導 ユーチューブ解説動画まとめ

居宅療養管理指導については、頻出問題です。どんなことをやるのか、居宅療養管理指導の内容をしっかりと理解して、試験でも点数を落とさないようにしましょう。
ユーチューブでは、居宅療養管理指導について以下の2動画を見つけました。それぞれが14分前後の内容ですが、私なりに内容をまとめてみたらこんな風になりました。

居宅療養管理指導

医師・歯科医師は、
居宅サービス計画策定時の情報提供、サービス担当者会議の出席
家族や看護師、ヘルパーへの指導・助言

薬剤師は、
医学的な管理
※薬剤の調剤は含まない。

歯科衛生士は、
口腔ケア(看護師等が行うことも含まれる)

管理栄養士は、
栄養指導

居宅療養管理指導の指定の特例

病院・診療所・薬局は、法人格は必要ない。
医療保険機関であれば、みなし指定。

居宅療養管理指導のポイント
1 医師が点滴を行った・・・✖
2 歯科医師がブラッシングの指導・・・〇
3 看護師が褥瘡の処置・・・✖(訪問看護である)
4 医師がヘルパーに指導・・・〇

居宅療養管理指導

居宅療養管理指導の目的
療養生活の質の向上のため

居宅療養管理指導の提供元
診療所・病院・薬局(みなし指定)
訪問看護ステーション

居宅療養管理指導の提供者
医師・歯科医師・保健師・看護師・薬剤師・歯科衛生士・管理栄養士
訪問頻度の制限
医師・歯科医師:1か月で2回まで
保健師・看護師:6か月で2回まで
診療所・病勤務の薬剤師:1か月で2回まで
薬局勤務の薬剤師:1か月で4回まで
歯科衛生士:1か月で4回まで
管理栄養士:1か月で2回まで

居宅療養管理指導とは、
医師・歯科医師の指示が必要。
指示が出た担当が居宅に訪問して行う。
指導は、家族も含む。
医師・歯科医師は、ケアマネやサービス事業者へ情報提供を行う。
(説明・同意が必要)
情報提供はサービス担当者会議で行う。ただし、文書による情報提供も可能。
※サービス担当者会議は、往診時に行うこともできる。

居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額の対象外である。

終わりに

私が勉強した時には、あまり動画がアップされていませんでしたが、最近はたくさんの動画解説が出ています。その中で過去問解説も色々な人がアップしていますし、単元ごとの解説もたくさん出ています。しかし、単元ごとの解説は専門的な知識がないとできません。上記のユーチューブ動画と私が要約したノートを見て頂ければ、インプット学習に役立てることが出来るはずです。

ケアマネ試験は、保健医療サービス分野分野、特にそれぞれのサービスを理解するのが大変ですが、単元ごとにユーチューブで解説してくれているので利用するに越したことはありません。私がまとめてみました。

ケアマネ2017~居宅療養管理指導~独学で一発合格

ケアマネ試験の過去問で「居宅療養管理指導」が出題された問題㊙まとめ

ケアマネ試験2021年 訪問リハビリテーション ユーチューブ解説動画をノートにまとめてみたら分かりやすい!

訪問リハビリテーション ユーチューブ解説動画まとめ

訪問リハビリテーションについては、頻出問題です。どんなことをやるのか、訪問リハビリテーションの内容をしっかりと理解して、試験でも点数を落とさないようにしましょう。
ユーチューブでは、訪問リハビリテーションについて以下の2動画を見つけました。それぞれが14分前後の内容ですが、私なりに内容をまとめてみたらこんな風になりました。

訪問リハビリテーションの目的

急性期
回復期
維持期・・・介護保険ではこの部分を担当する。

回復期リハビリテーション病棟
発症後、3か月以内(180日以上入院することができない)

訪問リハビリテーションの内容
1 廃用症候群の予防
2 ADLの維持・回復
3 介護負担軽減・・・介護方法の助言
4 福祉用具等の助言・・・住宅改修等も含む

訪問リハビリテーションの指定基準
病院・診療所・介護老人保健施設のみ

PT,OT,STは適当数
設備基準も厳密ではない。

運営基準
・主治医の指示書
・訪問リハビリテーション計画を作成する

訪問看護との兼ね合い
訪問看護にもリハビリテーションという内容がある。

報酬⇒どこから訪問したのか?によって、報酬が変わる。
1 訪問リハビリテーションから・・・訪問リハビリテーション被
2 訪問看護ステーションから・・・訪問看護費

訪問リハビリテーション

リハビリテーションの4領域
1 医学的リハビリテーション
2 教育的リハビリテーション
3 職業的リハビリテーション
4 社会的リハビリテーション

介護保険では、1,4が関わってくる。

訪問リハビリテーションの目的
居宅において生活機能の維持・向上させるため

訪問リハビリテーションの提供元
1 診療所・病院(みなし指定)
2 介護老人保健施設

人員基準・・・特記すべきものなし(適当する)
設備基準・・・特記すべきことなし(必要な設備)
運営基準

※この動画は、12分当たりで途中で説明が中断されていました。

終わりに

私が勉強した時には、あまり動画がアップされていませんでしたが、最近はたくさんの動画解説が出ています。その中で過去問解説も色々な人がアップしていますし、単元ごとの解説もたくさん出ています。しかし、単元ごとの解説は専門的な知識がないとできません。上記のユーチューブ動画と私が要約したノートを見て頂ければ、インプット学習に役立てることが出来るはずです。

ケアマネ試験は、保健医療サービス分野分野、特にそれぞれのサービスを理解するのが大変ですが、単元ごとにユーチューブで解説してくれているので利用するに越したことはありません。私がまとめてみました。

ケアマネ試験の過去問で「訪問リハビリテーション」が出題された問題㊙まとめ

ケアマネ2017~訪問リハビリテーション~独学で一発合格

ケアマネ試験2021年 訪問看護 ユーチューブ解説動画をノートにまとめてみたら分かりやすい!

訪問看護 ユーチューブ解説動画まとめ

訪問看護については、頻出問題です。どんなことをやるのか、訪問看護の内容をしっかりと理解して、試験でも点数を落とさないようにしましょう。
ユーチューブでは、訪問看護について以下の2動画を見つけました。それぞれが14分前後の内容ですが、私なりに内容をまとめてみたらこんな風になりました。

訪問看護

<訪問看護の定義>

訪問看護とは、「居宅要介護者について、その者の居宅において看護師その他厚生労働省令で定める者により行われる療養上の世話又は必要な診療の補助」を言う。

<訪問看護の内容>
1 療養上の世話
2 診療の補助(医師の指示により診療の補助を行う)
3 リハビリテーション
4 家族支援

<訪問看護の視点>

<訪問看護の指定基準>
A:訪問看護ステーションの人員基準
看護職員(保健師、看護師又は准看護師):常勤換算方法で2.5以上
理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士:指定訪問看護ステーションの実情に応じた適当数
管理者:原則として常勤である保健師又は看護師

B:病院又は診療所である指定訪問看護事業所の人員基準
看護職員:相当数、1名は常勤であることが必要

C:訪問看護ステーションの設備基準
事務室:事業の運営を行うための広さを有する専用の事務室
設備及び備品等:指定訪問看護の提供に必要な設備及び備品等

D:病院又は診療所である指定訪問看護事業所の設備基準
区画:事業運営を行うための必要な広さを有する専ら指定訪問看護の事業の用に供する区画
設備及び備品等::必要な設備及び備品等

E:運営基準(抜粋)
管理者の主治医との密接な連携
訪問看護計画書及び訪問看護報告書の作成等
同居家族に対する訪問看護の禁止

<医療保険からの訪問看護>
訪問看護は、介護保険が優先されます。
例外
1 急性増悪期(特別指示書:14日間)
2 末期がんなど(※介護保険の特定疾病と絡む)

訪問看護

目的:療養生活の生活支援
・心身機能の維持・回復
・生活機能の維持・向上

訪問看護ステーション
診療所・病院(みなし指定事業所)

訪問看護ステーションの人員基準
管理者:原則として保健師又は看護師
看護職員:2.5人以上(常勤換算)
※(保健師・看護師・准看護師)
PT・OT・ST:実情に応じて適当数

訪問看護ステーションの設備基準
専用の事務室があれば良い

訪問看護ステーションの運営基準
介護保険で、同居家族への提供禁止
記録保存期間:2年
※(記録:主治医指示書、訪問看護計画書、訪問看護報告書)
※主治医指示書の有効期間:6か月

訪問看護の提供先:利用者の居宅

訪問看護の提供時間:365日24時間

訪問看護とは?
対象者:予防的ケアを必要とする虚弱高齢者

※この動画は、14分当たりで途中で説明が中断されていました。

終わりに

私が勉強した時には、あまり動画がアップされていませんでしたが、最近はたくさんの動画解説が出ています。その中で過去問解説も色々な人がアップしていますし、単元ごとの解説もたくさん出ています。しかし、単元ごとの解説は専門的な知識がないとできません。上記のユーチューブ動画と私が要約したノートを見て頂ければ、インプット学習に役立てることが出来るはずです。

ケアマネ試験は、保健医療サービス分野分野、特にそれぞれのサービスを理解するのが大変ですが、単元ごとにユーチューブで解説してくれているので利用するに越したことはありません。私がまとめてみました。

ケアマネ2017~訪問看護~独学で一発合格~

ケアマネ試験の過去問で「訪問看護」が出題された問題㊙まとめ

ケアマネ試験2021年 一発合格ノート「居宅介護支援の制度とは?」

介護支援分野

居宅介護支援の制度

人員基準

<人員基準>
指定居宅介護支援事業者は、当該指定に係る事業所ごとに1以上の指定居宅介護支援の提供にあたる介護支援専門員であって常勤である者を置かなければならない。
員数の標準は、利用者の数が35又はその端数を増すごとに1とする。
常勤の従業者が勤務すべき時間数は、週32時間を基本とする。

<管理者>
指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援事業所ごとに常勤の管理者を置かなければならない。
管理者は、介護支援専門員でなければならない。
管理者は、専らその職務に従事する者でなければならない。ただし、次に掲げる場合は、この限りではない。
・管理者がその管理する指定居宅介護支援事業所の介護支援専門員の職務に従事する場合。
・管理者が同一敷地内にある他の事業所の職務に従事する場合。

サービスに関する基準

<内容および手続きの説明と同意>
指定居宅介護支援の提供に際し、あらかじめ利用申込者又はその家族に対し、重要事項を記した文書を交付して説明を行い、当該提供の開始について利用申込者の同意を得なければならない。

重要事項:運営規程の概要、介護支援専門員の勤務体制、秘密保持、事故発生時の対応や苦情処理の体制等、分かりやすい説明書やパンフレットなどの文書を交付して説明する。

<提供拒否の禁止>
指定居宅介護支援事業者は、正当な理由なく居宅介護支援の提供を拒んではならない。
サービス提供を拒むことが出来る正当な理由とは、
・当該事業所の現員からは利用申込に応じきれない場合。
・利用申込者の居住地が当該事業所の通常の事業の実施地域外である場合。
・利用申込者が他の指定居宅介護支援事業者にも併せて依頼を行っていることが明らかな場合。

<利用者の受給資格等の確認>
指定居宅介護支援の提供の開始に際し、利用者の提示する被保険者証によって、被保険者資格要介護認定の有無及び要介護認定の有効期間を確認する。

<要介護認定の申請にかかる援助>
被保険者の要介護認定にかかる申請について、利用申込者の意思を踏まえ、必要な協力を行わなければならない。

利用申込者が要介護認定を受けていないことを確認した場合は、要介護認定の申請がすでに行われているかどうかを確認し、申請が行われていない場合は、当該利用申込者の意思を踏まえて、速やかに当該申請が行われるよう必要な援助を行わなければならない。

要介護認定の有効期間を確認したうえ、要介護認定の更新の申請ア遅くとも、有効期間が終了する30日前になされるよう、必要な援助を行わなければならない。

<身分を証明する書類の携行>
指定居宅介護支援事業所の介護支援専門員は、介護支援専門員証を携行し、初回訪問時及び利用者又はその家族から求められたときは、これを提示する必要がある。

<居宅サービス計画作成に関する基準>
①管理者は、介護支援専門員に居宅サービス計画の作成に関する業務を担当させる。

②介護支援専門員は、指定居宅介護支援を懇切丁寧に行うことを旨とし、サービスの提供方法等について理解しやすいように説明を行う。

③介護支援専門員は、居宅サービス計画の作成にあたっては、利用者の自立した日常生活の支援を効果的に行うため、利用者の心身又は家族の状況等に応じ、継続的かつ計画的に指定居宅サービス等の利用が行われるようにしなければならない。

④介護支援専門員は、居宅サービス計画の作成にあたっては、利用者の日常生活全般を支援する観点から、介護給付等対象サービス以外の保健医療サービスまたは福祉サービスなども含めて居宅サービス計画に位置付けることにより、総合的な計画となるよう努力しなければならない。

⑤介護支援専門員は、居宅サービス計画の作成の開始に当たっては、利用者によるサービスの選択に資するよう、当該地域における指定居宅サービス事業者等に関するサービスの内容、利用料等の情報を適正に利用者又はその家族に対して提供する必要がある。

⑥介護支援専門員は、居宅サービス計画の作成に先立ち、利用者の課題分析(アセスメント)を行う。

⑦課題分析に当たっては、利用者の居宅を訪問し、利用者及びその家族に面接して行わなければならない。

⑧居宅サービス計画原案は、利用者の希望及び利用者についてのアセスメントの結果による専門的見地に基づき、りゆおしゃの家族の希望及び当該地域における指定居宅サービス等が提供される体制を勘案し、実現可能なものとする必要がある。

⑨介護支援専門員は、サービス担当者会議の開催により、利用者の状況等に関する情報を担当者と共有するとともに、当該居宅サービス計画の原案の内容について、担当者から専門的な見地から意見を求めるものとする。ただし、やむを得ない理由がある場合については、担当者に対する照会等により意見を求めることができるものとする。

⑩居宅サービス計画原案の作成に当たって、位置付けるサービスやサービス内容についても、利用者の希望を尊重するとともに、作成された居宅サービス計画の原案についても、そのないようについて説明を行ったうえで文書によって利用者の同意を義務付けている。

⑪居宅サービス計画を作成した際には、遅滞なく利用者及び担当者に交付しなければならない(2年間保存)。

⑫居宅サービス計画の作成後においても、居宅サービス計画の実施状況の把握(モニタリング)を行い、必要に応じて居宅サービス計画の変更、指定居宅サービス事業者等との連絡調整その他の便宜の提供を行うものとする。

⑬モニタリングに当たっては、利用者及びその家族、指定居宅サービス事業者等との連絡を継続的に行うこととし、特段の事情のない限り、次に定めるところにより行わなければならない。
少なくとも1月に1回、利用者の居宅を訪問し、利用者と面接すること。
少なくとも1月に1回、モニタリングの結果を記録すること。
(モニタリングの結果も2年間保存)

⑭介護支援専門員は、利用者が要介護状態区分の変更の認定を受けた等の場合には、サービス担当者会議の開催により、居宅サービス計画の変更の必要性について、担当者から専門的見地から意見を求める必要がある。ただし、やむを得ない理由がある場合には、サービス担当者に対する照会等により意見を求めることができる。

⑮省略

⑯介護保険施設等から退院又は退所しようとする要介護者から依頼があった場合には、居宅における生活へ円滑に移行できるよう、居宅での生活を前提とした課題分析を行ったうえで居宅サー眉宇計画を作成する等の援助を行う。

訪問看護訪問リハビリテーション通所リハビリテーション居宅療養管理指導及び短期入所療養介護については、主治の医師又は歯科医師等がその必要性を認めたものに限られる。

過去問に出題されていないため、以下省略します。

居宅介護支援の制度 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

居宅サービスでは、介護支援専門員の標準担当数は、要介護者を35件まで担当することができる。

指定居宅介護支援事業者の管理者は、介護支援専門員でなければならない。

事業所には、常勤の管理者を置かなければならない。

管理者は、専らその職務に従事するものでなければならない。

指定居宅介護支援事業者の運営規定や重要事項の説明は、利用者が事業者を選択するか℃かの判断に資するために行われる。

居宅介護支援の提供開始に際し、内容及び手続の説明を行い同意を得ることが必要である。

正当な理由なく、指定居宅介護支援の提供を拒んではならない。

居宅サービス計画の作成に際し、その作成依頼者た要介護認定を行けている場合は、要介護度を確かめる必要がある。

必要なサービスが地域で不足している場合には、介護支援専門員は当該地域におけるサービス提供体制を整備するよう、自治体等に働きかけることが望ましい。

アセスメントにおいては、要介護者本人と面接し、問題点の抽出及び必要な情報収集をすることが必要となる。

アセスメントは、利用者宅を訪問し、利用者及びその家族に面接して行わなければならない。

結果の記録については、2年間の保管が義務付けられている。

居宅サービス計画原案は、介護支援専門員が作成する。

モニタリングの記録がなければ、減算の対象ととなる。

居宅介護支援の利用者が、他の居宅介護支援事業者の利用を希望する場合には、その利用者に対し、直近の居宅サービス計画と実施状況に関する書類を交付しなければならない。

ケアマネ試験2021年 一発合格ノート「介護支援専門員の基本姿勢とは?」

介護支援分野

介護支援専門員の基本姿勢

基本倫理

人権尊重
介護支援専門員にとっての絶対的な倫理は、要介護者等の人権の尊重である。
介護支援専門員こそ、要介護者等の最も身近な代弁者であることをいつも心に留め置く。

主体性の尊重
支援の過程において、常に心しておかなけらばならないことの一つは、要介護者等の主体性の尊重である。
誤りのない自己決定ができるよう助言する。

公平性
介護支援専門員の倫理としての公平性は、二つの側面をもっている。
・どの人に対しても公平に対応しなければならない。
・サービスの利用援助において、公平な態度をもつこと。

※公平性とは、ニーズの性質や量に応じて適正に利用できるように支援することを言う。

中立性
中立性にも二つの側面がある。
・要介護者等をめぐる関係者の間にあって中立性を保つ。
・要介護者等が必要とするサービスを提供する機関との関係において中立性を保つ。

社会的責任
介護支援専門員は、職業人としての支援者であり、よき隣人ではない。
活動の一つひとつは社会的責任を伴う。
要介護者等の利益のために有効か活動をしなければならない。

個人情報の保護
要介護者等の情報を要介護者等の了解なしに、また問題解決と言う目的のため以外に漏らすことなど決してあったはならない。
サービス担当者会議等において個人情報を用いる場合には、あらかじめ文書において同意を得ておかなければならない。

基本視点

自立支援
高齢者の自立支援
要介護者自身がより自立的に生活できるよう、生活を維持するうえでの自立性を高まるよう支援する。

ノーマライゼーションとQOL
介護支援専門員は、人が通常にいきるということはどういうことなのか、その理念を心に留め置き、現実的な最も適切な支援をする。
QOLの理念を支援の基本に据えておくことが重要。

生涯発達
人間は年齢をとっても、体験し学習することにより、発達を続ける。
高齢者は尊厳される存在である。

介護支援専門員の基本姿勢 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

介護支援専門員は、利用者の自己決定を尊重し対等な関係を維持する。

介護支援専門員は、利用者に対し専門的で的確な会陰所を行うことにより、利用者や地域全体に利益をもたらすよう努力する。

利用者の個人情報を誰かに提供する場合は、必ず本人の了解を得なければならない。

介護サービスを選択すのは、あくまでも利用者自身である。

利用者とその家族が対立する場合には、利用者を擁護する立場にありながらも中立の立場を保持すべきである。

居宅サービス事業者との関係では、中立性を保たなければならない。

人間は、生涯発達する存在であり、高齢者は尊敬される存在である。

ケアマネ試験2021年 一発合格ノート「審査請求とは?」

介護支援分野

審査請求

概説

都道府県に設置された「介護保険審査会」において、不服申立を受理し、審理・裁決を行う。
不服申立:介護保険の場合は、審査請求

審査請求ができる事項

<保険給付に関する処分>
被保険者証の交付の請求に関する処分および要介護認定又は要支援認定に関する処分を含む。
<保険料その他介護保険法の規定による徴収金に関する処分>
ただし、財政安定化基金拠出金、介護給付費・地域支援事業支援納付金及び、その納付金を滞納した場合の延滞金に関する処分を除く。

介護保険審査会

各都道府県にそれぞれ一つずつ、知事の付属機関として設置されている。
その都道府県の区域内に所在する市町村の行った処分に対する審査請求の事件を管轄する。
職務執行上の独立性において知事の指揮監督を受けるべきものではない。

委員

被保険者を代表とする委員及び市町村を代表する委員の各3人と、3人以上の交易を代表する委員の三者構成により組織されている。
介護保険審査会の委員は、非常勤でその身分は特別職に属する地方公務員。
任期は3年。
委員又は委員であった者については、守秘義務が課せられ、違反した場合は罰則が適用される。
介護保険審査会には、公益代表委員のうちから委員が選挙する代表が1人置かれる。

審理・裁決を扱う合議体

保険審査会における審査は、原則として保険審査会が指名する委員で構成する合議体におり行われる。
要介護認定等にかかる審査請求事件:公益代表委員3人からなる合議体で扱う。
要介護認定等を除く処分にかかる審査請求事件:各3人で構成さえる合議体で扱う。

専門委員体

要介護認定等の処分に関する審査請求事件の処理の迅速化、正確化を図るため、都道府県知事の任命により、保険審査会に保健・医療・福祉の学識経験者を専門委員として設置することができる。
その身分は、非常勤特別職の地方公務員で守秘義務が課せられ、罰則が適用される。

訴訟との関係

審査請求の対象となる処分の取り消しを求める訴えは、当該処分についての審査請求に対する解決を経た後でなければ、裁判所に対して提起することが出来ない(審査請求前置主義)。

審査請求 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

不服審査は、都道府県が設置する介護保険審査会が行う。

介護保険の給付や保険料に関する不服に対する不服申立は、都道府県が設置する介護保険審査会に対し審査請求を行う。

要介護認定の不服申立をする窓口は、介護保険審査会である。

介護保険審査会には、保健・医療・福祉に関する学識経験者を専門相談員として置くことができる。

専門調査員は、学識経験者からなり、都道府県知事が任命する。

要介護認定に関する処分に不服がある者は、原則として介護保険審査会の裁決を経た後でなければ裁判所に対して提起することが出来ない。

ケアマネ試験2021年 一発合格ノート「感染症の予防とは?」

保健医療サービス分野

感染症の予防

高齢者によくみられる感染症の治療と対応

呼吸器感染

肺炎、気管支炎、膿胸、肺結核
主症状
咳嗽、喀痰、呼吸困難、チアノーゼ、発熱、頻脈など

高齢期の肺炎は、成壮年期における肺炎と比較した場合、発症は一般に経過をおって憎悪する。
意識障害・ショックなどの症状の急変がみられる。

食欲低下、全身倦怠感など非特異的な初発症状が多い。
せん妄、慶民経口など精神神経症状が前面に出る場合がある。
重要な初期症状として、呼吸数増加、呼吸パターンの変化がある。

尿路感染症
膀胱炎をはじめとする尿路感染症は、高齢者で最も多い感染症である。
主症状
頻尿、排尿時痛、発熱、尿閉など。
重症の場合は、腎不全、敗血症、ショックを来す。

必要な緊急検査は、血液検査で白血球数やCRPを調べる。

褥瘡感染症
敗血症の原因となることもある。

壊死組織は、感染の温床となることがあり、取り除くことが必要。

治療にあたっては、局所だけにとらわれず、全身性因子を改善することが重要。
局所因子:圧迫、ずり圧迫、摩擦、過度の湿潤、温度、感染など。
全身因子:低栄養、貧血、活動性の低下、知覚麻痺、意識障害、失禁、るいそう等。

敗血症
高齢者において非常に重篤な症状である。
主症状
ショック、呼吸困難、乏尿、高熱、悪寒など。

高齢者で敗血症であっても診断時に発熱をみないこともある。
確定診断としては、血液培養を行う必要がある。

高齢者の特徴としては、尿路由来が約30%、次いで胆道感染が多い。

ケアにおける感染予防

感染症の基礎知識

高齢者は、一般成人に比べ、免疫力の低下、抵抗力の低下により感染症を起こしやすい。
感染の予防には、病気や原因となる細菌感染などに抵抗力を持つことが大切。
すなわち、免疫力を高め、栄養をつけ、清潔に保つことが必要。

MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)

MRSAは、薬剤耐性で感染すると治癒しにくい。
治療としては、ベンコマイシン、ST合剤、ミノサイクリrン、ホスホマイシン等の薬剤の併用が行われる。

病院内では、MRSAに感染した患者は個室に隔離する。
ただし、保菌者はこの限りではない。
介護施設、在宅では隔離の必要はない。

肺炎ウィルス

B型肝炎、C型肝炎は、原則敵に血液を介して感染する。
血液に直接触れることが無い限り、感染の心配はない。

疥癬

ヒゼンダニによって起きる皮膚感染症。
皮膚の柔らかい部分にできやすく、指間、腹部、大腿内側、陰部などに起こりやすい。
施設などで時々流行する。

結核

早期発見には、定期的な胸部レントゲン撮影が必要。
2週間以上続く咳や微熱があれば、これを疑い早期発見が重要となる。

常在菌や感染の可能性の低い菌

黄色ブドウ球菌や緑膿菌などの常在菌が普通感染を起こす可能性は低いが、患者や抵抗力が低下した人では、発病する可能性がある。
日頃から体力を維持して、口腔ケアやうがい、手洗いを励行して感染の予防に努める。

予防接種

インフルエンザ

風邪症候群が多くの種類のウィルスなどによる気道感染症の総称。
インフルエンザウィルスによるものは、高熱、関節痛、筋肉痛、呼吸困難などの全身症状を呈しやすく感染力も強い。

特に高齢者では、肺炎を伴いやすく、死亡の原因にもある。
インフルエンザの最も有効な予防法は、ワクチンの接種である。

感染症の予防 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

誤嚥性肺炎は、口腔咽頭粘膜において繁殖した病原菌を多量に含む喀痰・唾液を反復して微少吸引することにより発生する場合がある。

感染症が原因で、せん妄等の精神症状が現れることがある。

高齢者の感染症の場合、咳嗽、発熱、腹痛等の症状が強く出ない場合がある。

高齢者に多い呼吸器感染症は、肺炎、気管支炎、膿胸、肺結核等である。

高齢期の肺炎においては、食欲低下、全身倦怠感など非特異的な初発症状を示すことが少なくない。

尿路感染症の主な症状としては、頻尿、排尿時痛、発熱、尿閉などがあげられる。

尿路感染症で一番必要な検査は、白血球数やCRPである。

褥瘡の全身因子として、ろうそう(栄養失調)がある。

高齢者の敗血症の原因としては、尿路感染や胆道感染に由来するものが多い。

敗血症の確定診断には、血液培養が必要である。

ノロウィルス感染症が疑われる高齢者は、嘔吐物処理に際しては、使い捨ての手袋とマスクを着用する必要がある。

高齢者でMRSAに感染すると、難治性となり予後不良の場合が少なくない。

MRSAは、接触感染することが多い。

MRSAの保菌者は、必ずしも隔離するわけではなく、介護施設や在宅では隔離の必要はない。

B型・C型肝炎は、血液を介して感染するため、リネンや食器を別にする必要はない。

ケアマネ試験2021年 一発合格ノート「在宅での医療管理とは?」

保健医療サービス分野

在宅での医療管理

在宅自己注射

糖尿病患者のインスリン製剤の自己注射
血糖の自己測定、適正にコントロールする必要がある。
食事摂取量の低下による低血糖を生じることが多い。
血糖コントロール不良による高血糖による昏睡もあり得る。

悪性腫瘍疼痛管理

在宅悪性腫瘍疼痛管理法は、診療報酬上、認められている方法である。
ただし、正しくは末期の悪性腫瘍の患者であって、持続性の疼痛であり、鎮痛剤の経口投与では疼痛がコントロールできない場合には、注射による鎮痛剤投与が必要なものと定義されている。

人工透析

人工透析には、血液透析と腹膜透析がある。
血液透析を行う場合、週3回程度の定期的な通院が必要となる。
糖尿病性腎症は、介護保険の特定疾病の一つに指定されている。

在宅酸素療法(HOT)

在宅酸素療法は、高度慢性呼吸不全やチアノーゼ型先天性疾患、肺高血圧症で在宅で酸素投与が必要な患者に行う。
慢性閉塞性肺疾患が最も多く、なかでも肺気腫が多いとされている。
HOTの導入により飛躍的に慢性呼吸不全の患者のQOLが向上し、生命予後も改善された。
在宅酸素療法では、酸素中毒、無気肺、低酸素症、二酸化炭素中毒および上気道感染等の合併症の発生に注意する。

在宅中心静脈栄養療法

経口あるいは経腸摂取できない患者に、水分、電解質、糖質やたんぱく質や資質やビタミンを含む高カロリー液を輸液する方法。
カテーテルを用いた体外式と、ポート型の完全皮下埋め込み式がある。
無菌操作の必要性と概念とを十分に理解できることが必須。

在宅成分栄養経管栄養療法

経管栄養法の導入に際しては、可能な限り経口摂取を続けることが条件であり、とうしても食事摂取量が確保できない場合や嚥下障害が重症の場合に行う。
経鼻・経腸、胃瘻または食道ろうからの経管栄養法がある。

胃瘻造設術(PEG)

高齢者が経口摂取が十分にできない時に行われる。
胃と腹部表面を通過し、栄養を注入する管を通す(内視鏡式)。
適応は、嚥下障害や意識障害のある患者である。

在宅人工呼吸療法

長期にわたり持続的に人工呼吸器に依存せざるを得ず、かつ、安定した病状にある者について在宅において実施する方法。(必要な器具は、患者へ貸与することとなっている)
筋萎縮性側索硬化症、慢性呼吸疾患、パーキンソン病などの神経難病や長期の意識障害、重度の脳梗塞後遺症の患者に使用される。

ネブライザー

ジェット式ネブライザー:気管支拡張症、慢性気管支炎等の喀痰の多い場合に、気道の湿潤化、喀痰の融解を目的として用いられる。
超音波ネブライザー:ジェット式よrも小さな粒子が発生するために、細気管支や肺胞に沈着する可能性が高まる。

在宅自己導尿と留置カテーテル

神経因性膀胱や前立腺肥大症、前立腺がん、膀胱頸部硬化症、尿道狭窄などに適応する。
自然排尿に障害がある場合、導尿または人口膀胱(尿路ストバー)が行われる。
カテーテルを留置する場合、感染症のリスクは高まる。

気管切開

気管切開は、気管内挿管した後、長期になった場合に頸部正中を切開し、人工呼吸器のチューブを挿入するために行われる。
切開口は毎日消毒し、気管カニューレは週1回程度交換する(医師が行う)。
吸引は無菌操作で行う。
室内の湿度の調節を行い、空気を乾燥させない。

在宅での医療管理 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

インスリンの自己注射を行っている場合には、食事摂取量の低下による低血糖に留意する。

末期がんの患者の疼痛緩和を行う場合には、麻薬による疼痛管理が行われる。

血液透析をしている人の食事管理は、たんぱく質、塩分、水分、カロリーの制限がある。

在宅酸素療法が適用される疾患としては、慢性閉塞性肺疾患が最も多く、なかでも肺気腫が多いとされている。

在宅酸素療法を実施している場合は、酸素供給装置は火気から2mは離さなければならないため、禁煙を徹底することも重要である。

在宅酸素療法によって、在宅生活及び外出も可能となり、飛躍的なQOLの向上が望めるようになった。

嚥下障害等により食事の経口摂取ができない状態でも、在宅のおける在宅中心静脈栄養療法などが可能である。

胃瘻造設後のトラブルに、事故抜去(自己抜去、脱落、自然抜去)がある。

胃瘻を造設していても、経口摂取をすることは可能であり、並行して行うことができる。

在宅人工呼吸療法は、主として神経難病や長期の意識障害をもつものに利用される。

膀胱カテーテルの高官は、基本的には医師が行う。

気管内吸引は、無菌操作で行う必要がある。

気管カニューレは、医師によって交換する。

カフエアーは、毎日交換する。

室内の湿度の調整を行い、乾燥しないようにする。

ケアマネ試験2021年 一発合格ノート「精神に障害がある場合の介護とは?」

保健医療サービス分野

精神に障害がある場合の介護

高齢者の精神障害

A:器質性精神障害
・せん妄
・アルツハイマー病(早発型、晩発型)
・血管性認知症
・初老期認知症(ピック病)

B:機能性精神障害
・老年期幻覚妄想状態
・老年期気分障害(老年期躁鬱病)
・老年期神経症
・老年期パーソナリティ障害

せん妄

せん妄とは、意識障害の一種で軽度の意識混濁に加え、錯覚、幻覚、それらに基づく妄想や興奮を伴う病態をいう(病名ではなく、症状名である)。

高齢者では、脳の器質疾患の際に発症することが多い(脳血管障害、認知症疾患、脳腫瘍、頭部外傷など)。また、心疾患、呼吸器疾患、腎疾患、感染症(肺炎、尿路感染症など)、骨折、手術、脱水、栄養失調、薬物などが原因で生じる場合もある。

幻覚の中でも幻視が多い。夜間せん妄も多い。
通常は、2~3から1週間程度で改善するが、長期間持続することもある。

老年期幻覚妄想状態

初老期ありは、老年期に初発し、幻覚や妄想を主症状とする疾患をいう。
幻覚妄想の形成には、身体的・環境的な原因が引き金となることが多い。

比較的急速に発病し、幻覚は幻聴が多く、妄想は、圧倒的に被害・迫害・被毒・関係妄想が多い(妄想の対象者は、ほとんどが近隣の人である)。

老年期気分障害(老年期躁鬱病)

老年期には、躁病が初発することは少ない。
初老期(50~64歳)に好発する。

老年人口の約3~5%に発症し、高齢者の自殺の主要な原因の一つである。
老年期に初発するうつ病では、心理・身体的要因が発病の契機となる。

朝方には気分がすぐれず、夕方になると回復するという、日内変動が特徴。
励ましすることは厳禁。

老年期神経症

男性よりも女性に多い。
特有な性格をもとに心理的原因によっておこる精神および身体の機能障害。
原因としては、身体老化に加えて環境要因、心理的打撃が大きな比重を占める。

・抑うつ神経症
・不安神経症
・心気症

老年期パーソナリティ障害

精神障害や脳器質疾患の存在なしに生じてくる、著しい性格の偏りという。
自己中心的・頑固・猜疑心・非協調性・意地悪・易怒的などの性格特徴に、内閉的、孤立的な性格もみられる(閉じこもり)。

精神に障害がある高齢者の介護

統合失調症>の場合

その人に特有の内的世界を持っている。
内的世界について、あれこれ聞くことは望ましくない。
服薬の継続を支援するかかわりも重要である。

躁鬱病(気分障害)>の場合

躁状態にある時は、些細なことで大声を出したり、攻撃的になったりする場合がある。十分に睡眠ができるように工夫する。
うつ状態の時は、暗い表情で食事や他の日常生活動作もできず動けなくなる。

アルコール依存症>の場合

高齢になってからの飲酒問題の理由としては、自分の体力の低下や定年、さらには自立を契機とした孤独感や、生きがいの喪失、配偶者や家族の死亡等の心理的ストレスがあげられる。

一人暮らしの中で何もすることがなり手持無沙汰から始まる場合もある。
ケアとしては、断酒会やAAの集会への継続参加や楽しみを持てる生活ができるよう支援する。

神経症(ノイローゼ)>の場合

不眠、頭痛や腹痛、身体の違和感等を不定愁訴として訴えたり、不安感の増強に伴い、激しいチックや奇異な行動が生じ日常生活に支障をきたす場合がある。

身体的な不調を頑固に訴える場合でも、検査結果には異常が認められない。
できるだけ本人の話に耳を傾け、「つらさ」を受け止め援助関係を作る必要がある。

知的障害>の場合

その人が理解できる言葉や伝え方を選んで対応する必要がある。
人としての善悪を判断する力や言葉によるコミュニケーション能力を高められるよう対応する。

精神に障害がある場合の介護 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

せん妄は、器質性精神障害である。

せん妄には、軽度の意識の混濁を伴う。

血管性認知症で、せん妄を起こしやすい。

せん妄症状の見られる高齢者の治療には、水分、電解質の補給、脳循環改善薬、少量の向精神薬が用いられる。

高齢者のせん妄は、脱水や感染症が誘因となることがある。

高齢期のうつ病は初老期に好発し、高齢期の自殺の主要な原因の1つになっている。

老年期うつ病では、朝方に症状が悪化しやす。

統合失調症の者の場合、幻覚や妄想などの症状が現れる。服薬に関しては、医師の判断が必要である。

気分障害の場合、睡眠の量や質でも影響を受けるため、十分な睡眠がとれるように配慮することが大切である。

不安神経症では、様々な身体症状を訴える。

知的障害がある者の理解力や日常生活行動の状況は、一人ひとり異なるため、その者が理解できる言葉や伝え方に留意する必要がある。

PAGE TOP