第33回介護福祉士試験(2021年1月)

第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-目の病気-合格するための過去問分析

目の病気(過去問=試験対策) 白内障 ○白内障とは、ピントを合わせるレンズの役割を持つ水晶体が濁ることで、視界がかすんだり光のまぶしさが増すなどの症状が出る。 ○白内障は、晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼや...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-歯・口腔の病気-合格するための過去問分析

歯・口腔の病気(過去問=試験対策) むし歯・歯周疾患 ○歯垢とは、一般に 歯牙 表面に付着した黄白色を帯びた粘着性の物体のことを指す。 ○虫歯とは、 口の中の細菌が糖を利用して酸を作り、その酸によって歯が溶かされる病気で...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-骨・関節系の病気-合格するための過去問分析

骨・関節系の病気(過去問=試験対策) 骨粗鬆症 ○骨粗鬆症とは、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状をいう。 ○老人性骨粗鬆症では、加齢に伴う腎機能の低下によって生じるビタミンDの産生低...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-その他の生活習慣病-合格するための過去問分析

その他の生活習慣病(過去問=試験対策) 高血圧 ○血圧には、心臓が収縮しているときの収縮期血圧(最高血圧)と、拡張しているときの拡張期血圧(最低血圧)がある。 ○高血圧の基準については、WHOや日本高血圧学会のガイドライ...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-三大生活習慣病-合格するための過去問分析

三大生活習慣病(過去問=試験対策) 脳血管疾患 ○生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされている。 ○死因の上位を占める「脳血管疾患」「がん」「心疾患」を...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者と健康①-合格するための過去問分析

高齢者と健康①(過去問=試験対策) ○高齢者に多い腹痛の原因となる病気は、「腸閉塞」、「消化性潰瘍」、「大腸腫瘍」の3つである。 ○高齢者は、関節か骨の疼痛が問題になるが、主な疾患として「変形性関節症」、「関節リウマチ」、「腰...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-老化に伴うこころとからだの変化と日常生活⑤-合格するための過去問分析

老化に伴うこころとからだの変化と日常生活⑤(過去問=試験対策) ○喪失体験とは、近親者などの喪失や死別が原因で、その喪失感ゆえに心のよりどころを失い、その事実を受け入れられない感情のことである。 ○死別直後の遺族の悲嘆の経験は...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-老化に伴うこころとからだの変化と日常生活④-合格するための過去問分析

老化に伴うこころとからだの変化と日常生活④(過去問=試験対策) 〇高齢期のうつは悲哀の訴えが少なく、気分低下やうつ思考が目立たないのが特徴である。 〇アルツハイマー型認知症は、脳の器質的変化をもたらす。 〇老年期に発病し...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-老化に伴うこころとからだの変化と日常生活③-合格するための過去問分析

老化に伴うこころとからだの変化と日常生活③(過去問=試験対策) ○記憶は、保持時間の長さの違いから、感覚記憶、短期記憶、長期記憶に分けられる。 ○長期記憶には、「意味記憶」と「エピソード記憶」がある。 ○記憶が低下しやす...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 発達と老化の理解-老化に伴うこころとからだの変化と日常生活②-合格するための過去問分析

老化に伴うこころとからだの変化と日常生活②(過去問=試験対策) ○加齢による骨の変化として変形性関節症関節症がある。この骨の変形は全身のどの関節にも発生し、加齢とともに発生頻度は増加するが、高齢者のなかには脊柱が前屈することで猫背に...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました