介護福祉士試験 生活支援技術

第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた入浴・清潔保持の介護-合格するための過去問分析

自立に向けた入浴・清潔保持の介護(過去問=試験対策) ○空腹満腹時(食事の1時間前後)は入浴を避けたほうがよい。 ○入浴前は血圧、体温、脈数、呼吸数など普段と変わりないことを確認する。 ○入浴にあたっては脱衣場、浴室は2...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた食事の介護(ビタミン:栄養関係)-合格するための過去問分析

自立に向けた食事の介護(ビタミン:栄養関係)(過去問=試験対策) ○アミノ酸はたんぱく質の基本的成分であるが、そのうち体内で合成されないものを必須アミノ酸という。 ○ビタミンDは消化管からのカルシウムの吸収を助け、骨の形成を促...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた食事の介護①-合格するための過去問分析

自立に向けた食事の介護①(過去問=試験対策) ○脳卒中後遺症などで嚥下障害がある人の食事は、必要な栄養素と十分な水分を同時に摂取できるものがよい。 ○お年寄りは老化により味覚が鈍くなるため、味の濃い食事は好むようになる。 ...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた移動の介護(移乗・移動介助)-合格するための過去問分析

自立に向けた移動の介護(移乗・移動介助)(過去問=試験対策) ○スライディングボードは、ベッド、車いす、ポータブルトイレ、自動車などの間を移乗する時に使う福祉用具である。 ○移乗・移動介助では介護者は、自分の身体をねじらないよ...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた移動の介護(聴覚(言語も含む)障害者)-合格するための過去問分析

自立に向けた移動の介護(聴覚(言語も含む)障害者)(過去問=試験対策) 〇補聴器使用適否の判断は、障害の程度が最も重要になる。 〇補聴器使用に効果が認められるのは、主として伝音性難聴の場合である。 ○聴覚障害でのリハビリ...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた移動の介護(視覚障害者)-合格するための過去問分析

自立に向けた移動の介護(視覚障害者)(過去問=試験対策) ○視力障害のある人の移動では介護者は、利用者の手首を握って誘導する。 ○視力障害のある人とのバスの乗り降りは、階段と同じ要領で、誘導者が一段先に乗降する形で行なう。 ...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた移動の介護(麻痺のある人)-合格するための過去問分析

自立に向けた移動の介護(麻痺のある人)(過去問=試験対策) ○脳血管障害で左片麻痺のある者は、一般的に、左側の対象物を見落としたり、患側の手足のあることを忘れることが多いので、移動介助の際には注意する。 ○脳梗塞で左片麻痺、高...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた移動の介護(車いす)-合格するための過去問分析

自立に向けた移動の介護(車いす)(過去問=試験対策) ○車いす利用者の介助では、急な下り坂では、後ろ向きで下る。 ○車いす利用者の介助では、平地での曲がり角では、車いすの速度をゆるめる。 ○車いす利用者の介助では、段差で...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた移動の介護(杖や歩行器)-合格するための過去問分析

自立に向けた移動の介護(杖や歩行器)(過去問=試験対策) ○杖歩行の介助では、介護者は患側に立つ。 ○杖歩行では、杖は健側に持つ。 ○杖歩行では、杖⇒患⇒健の順で歩行する。 ○ステッキ型杖は、足、腰の状態が弱ってき...
第33回介護福祉士試験(2021年1月)

介護福祉士試験 生活支援技術-自立に向けた身じたくの介護-合格するための過去問分析

自立に向けた身じたくの介護(過去問=試験対策) ○身じたくの目的の一つに「自分らしさの表現することにより生活意欲を高める」ということがある。 ○介護職は、利用者の個別性を尊重しながら身じたくの楽しみが見いだせるよう支援する必要...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました