自分は介護福祉士試験対策で良かったな~と思える7のメリット

実は、介護福祉士試験対策って自分でやるもんなんですよ。
私も受験した時は、やったものです。
今、介護福祉士試験対策が、「熱い」です。

介護福祉士試験対策って自分でやるもん

なぜかというと、あなた自身が受験するからです。
なぜかというと、他人の勉強方法はあなたに合わないからです。
なぜかというと、人が何と言おうと自分に合った勉強をすることです。

自分でやる介護福祉士試験対策って?

そのやり方で、介護福祉士試験対策がうまくいって合格しました。

介護福祉士試験対策で良かったな~と思えるメリット

本格的な勉強は8月頃から始めました。
①このトピック内の全文検索で得たクチコミを元に、本屋で問題集を手に取る。
②「基礎問題集(晶文社)」を購入し1巡目(正答率30%程…)←難しさに落ち込むが、絶対にめげないのがポイント!
③職業能力開発センターの講習(安い!)を受けつつ各テーマのイメージ作り。
④基礎問題集2巡目(正答率50%程)←※繰り返しの効果を実感する!
⑤時間を計って、過去問3年分→解答が怪しいところをテキストと照らし合わせる。
⑥基礎問題集3巡目(正答率70%程)←※3回とも◯だった問題を除外していく楽しさ!頑張れば時短に!
⑦時間を計って、過去問3年分の2巡目。
⑧時間を計って、「模擬問題集(成美堂)3回分」+成美堂の分析を元にヤマを確認。
⑨ヤマのところだけ基礎問題集4巡目。

問題集は「解説が詳しいのを選ぶ」のが基本ですが、その中でも【携帯性】重視で晶文社を選びました。最初は難しいと感じるでしょうが、2巡目からその効果を実感できます。

短期間で繰り返せば繰り返すほど定着していく楽しさこそが「やる気スイッチ」だと気付けば、あとは早いハズ。
介護保険にまったく興味のない私が得点できたのは、このトピックのおかげです。本当にありがとうございました。
・・・といって、実は落ちてたりしてwwww

来年以降受検する方、色々な方のお話を参考にしつつ、自分なりの勉強法を見つけることが大事だと思います。是非がんばってくださいね!

使用教材:
ucanのケアマネジャーはじめてレッスン 入門書として使用。分からないことがあったときはこの本に戻り繰り返し読んでこの本に出ていないことは覚える必要はないと覚悟を決めた。
micの無料CD2枚 通勤時に繰り返し聞いた。
けあじんの過去問5年分(PDFをプリントアウト) 5回転くらいしたかな…
資格サプリ、18回以降の試験には対応してないと書かれていたけど法改正があろうと変わらない部分はあるので全然使えた。1回のチャプターが15分前後だから見やすかった。しかもずっと無料。
あサポの今日の1問1答で時々知識の確認をしたが、け今考えるとやらなくても良かったかも…
法改正はやりだすとドツボにハマりそうだったので特養の入居が要介護3以上、サービス付き高齢者向け住宅が住所地特例の対象になる以外は覚えなかった。

看護師になるときはクエスチョンバンクにお世話になったのでケアマネ2015試験問題解説をを最初に購入したが試験にはでないだろうという部分も多々あったように思ったのと、厚さがあって最後まで終わらなそうと思い思い切って使うのをやめた。本棚の肥やしに…

講習会等の参加なし、摸試受けず…

解答の仕方は消去法

色んな教材を試すと知識が分散するので自分でこれだ!と決めたモノを反復が重要かな…(試験勉強ではよく言われていることなんですがネ…)

試験勉強のために犠牲にしたこともあったけど今思うと充実した日が送れたかな…。まぁ、合格したから言えるんですけどね…

教材
・ユーキャンの速習レッスン→試験範囲の確認、過去問でわからない部分、深めたい部分の確認に使用。また、今年の介護保険改正の確認に使用。
・中央法規の過去問4年分→腕試し、試験の傾向の確認、改正前と改正後で何が具体的に違うのかを把握する為に使用。
・岡野ゼミ、ユーキャンの一問一答→スマホのサイトやアプリでの勉強で、空き時間やちょっとした時間に使ってました。

自分は基本的にこれくらいです。あとはこれまでの介護福祉士としての現場経験、特養とショートの相談員経験と病院でのMSW経験、そして社会福祉士国家試験に向けて数年前に勉強していた経験。
ほとんど経験と知識でやってきましたので、あまり参考にならないと思いますが…ご参考に。

初受験し合格しました!
2月末にユーキャンに申し込み、トータル問題集を3周しました!
ユーキャンは問題集と添削課題と追加で模試もつけたりできるのですが、すべてやりました?

電車で移動する機会が多かったので、電車の中でユーキャンアプリや問題集をやったり、仕事終わりや空いた時間を有効に使いました!

仕事が忙しくスキマ時間で勉強は大変でしたが、絶対合格するという意思と合格後の自分を想像しながら勉強に取り組んでました手(チョキ)

ご参考になればと思います。

3回目のチャレンジでようやく合格できました(支援14点、医療+福祉30点)。
調剤薬局勤務の薬剤師です。
4月から7月からはユーキャンの通信講座、8月からは問題演習がメインでした。
現在の職場は「開業医(耳鼻科クリニック)の門前薬局」でして、昼間の休憩時間が3時間半あります。
この時間を使って図書館に通い、半年間頑張ったところです。
ユーキャンの通信講座は「1日に1レッスン、学習を完了させる」というノルマを自分に課しました。
テキストを読むだけでなく、「チェック&ドリル」まで押さえればレッスン完了です。
これを毎日こなし、添削課題もすべて提出して
7月末でユーキャンのカリキュラムを修了することができました。
8月以降の問題演習のメインは「模擬試験の受験」でした。
全部で5回受けましたが、下記に受けた模試とその内容・特徴について列記します。
・中央法規さん主催の統一模試
2回セットで受験、今回は「大阪での会場受験」を選択しました。
問題の質は確かに良いですね。ただ、「難問続き」の回が時々あります。特に今年は「2回目の医療分野」がそうでしたね(-_-;)
・大阪介護支援専門員協会さん主催の模試
これも大阪まで足を運んで受験しました。
一言でいえば「手作り感のある模擬問題」でしたね(笑)。
解説はあまり詳しくありませんでしたが、「七訂テキスト」の該当ページについてはしっかり掲載されています。

訂テキストに細かく目を通す良い機会を得たことは間違いありません(笑)。
・日本介護福祉士会さん製作の模試
介護福祉士ではありませんが、こちらの模試も受けました。
おそらくほとんどの地域では会員さん、あるいは介護福祉士さん限定の模試かとお察ししますが
県によっては資格を問わず受験できるところもあります。解説が非常に詳しかったですね。
・東京アカデミーさん主催の模試
本試験に一番近い難易度だったと思います。受験者のレベルも高かったですね。
あと、模擬試験は「会場受験」が絶対オススメです!
本番さながらの雰囲気に慣れるだけでなく、
「解答のペース配分」を考える良い機会になるはずです。
つたない経験ですが、ご参考になれば幸いです。

介護支援専門員基本テキスト(今現在は七訂が出ています)を一回さらっと読む。本当にさらっとです。覚えるためにするものじゃなく、どんなことが載ってるのかなーくらいの気軽な気持ちです。

基本テキストを元にして作っている問題集(私は晶文社のを使いました)を解く。
絶対に基本テキスト第◯訂対応って書いてあるやつです。
ひたすら解く。わからなかったり、間違えたら、問題集に基本テキストのどこのページに元の文章が載ってますって書いてあるので、基本テキストを読み直す。

8月に過去問を時間を計ってやる(これは当日の試験のペース配分の確認だったりします)
試験ギリギリまでとにかく問題集を解きまくる。
1日1問でも、解いて基本テキスト振り返るだけで、だいぶ頭に入りました。

私が基本テキストをオススメする理由は、そこから問題が出されること、根拠が載っているからです。

参考程度にしてください\(^o^)/

中央法規出版のワークブックと過去問のみ。
ワークブックは、乱読2回精読3回。
過去問も、乱読2回精読3回。
介護保険法条文5条まで暗記。
試験本番は、正しいものを選べという問題に対しワークブックに載っていたのが誤りの選択肢の知識だったりする問題もあったけど、ワークブックの知識で解ける問題。
過去問よりも、ワークブックの知識を深めて基礎をしっかりさせました。
ワークブックの知識がしっかりしていれば、この問題、ひねってるなぁ、とかが分かります。
僕はガチワークブック派でした。

引用:https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=1828408&id=65793812

終わりに

介護福祉士試験の対策アプリで良かったな~と思える7のメリット!

というわけで、私が良いと思った介護福祉士試験対策をご紹介しました。
この介護福祉士試験対策の中からあなたに合ったものをマネしてみてください。

PAGE TOP
error: Content is protected !!