耳の病気(過去問=試験対策)

加齢性難聴

○老人性難聴とは、加齢が原因の聴覚障害のことであり感音性難聴が多い

○感音性難聴とは、内耳や聴神経、中枢神経など音を感じる部分が障害されて起こる難聴である。

○伝音性難聴とは、外耳と鼓膜及び中耳、つまり音を伝える器官の障害による難聴である。

○補聴器の種類として、携帯用では箱型、耳かけ型、耳穴型がある。

耳の病気の勉強メモ

老人性難聴

老人性難聴とは、加齢に伴い聴力が低下していくことを指す。
高音域から聞こえづらくなり、両側の耳で差があまりないことが特徴。

感音性難聴

感音性難聴とは、内耳や聴神経など「感音器」と呼ばれる部分の障害によって起こる難聴。
感音性難聴の聞こえ方の特徴
①聞こえる範囲の音がせばまる。
②音がぼやける。
③聞こえない成分ができる。
補聴器を使うことで、難聴によって聞き取ることができなくなってしまった小さな音を聞き取るようにすることや、聞き分けられなかった言葉の成分を聞き取ることができるように聞こえる範囲を広げることは可能。

伝音性難聴

伝音性難聴とは、音を伝達する外耳から中耳にかけてどこかに障害があるために起こる難聴です。
ある種の伝音難聴は、簡単な医療処置で治療することができます。
代表的症状は、突発性難聴やメニエール病
感音性難聴では補聴器を使用しても、正常な人と同じ聞こえにすることはできません。

PAGE TOP