ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「援助困難事例」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「援助困難事例」は、久しぶりに第23回に出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

援助困難事例への対処方法について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 初回訪問時にクライエントが支援を拒否した場合は、クライエントの意思を尊重し、その後の支援は中止する。

⇒ ✕ 「初回訪問時に支援を拒否されても、緊急性や必要性があると思われる場合には、適切なサービスが確保されるように訪問を重ねて、信頼関係を築くように試みる」

2 サービスの利用を拒むクライエントにその理由を尋ねることは、クライエントの自尊心を傷つける危険性が高いので、行わないほうがよい。

⇒ ✕ 「拒否する理由を聞くことで、対応を検討することができるようになる」

3 家族間の葛藤には複雑な背景があることもあり、多少の助言では改善されないことも多いが、それでも家族関係の調整的な援助を行っていく必要がある。

⇒ 設問通り

4 クライエントに認知症やサービスについての理解や知識が不足している場合でも、その状態を認めることが大切であり、知識や情報の提供は行わない。

⇒ ✕ 「クライエントに認知症やサービスについての理解や知識が不足している場合、その状態を認め、理解出来るように正しい知識や情報を提供していく」

5 サービスに対するクライエントの理解を妨げないように、専門用語や外来語はなるべく使わないようにして情報の提供を行う。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークの視点から、援助困難者への対応として、適切なものはどれか。2つ選べ。

1 本人が自分の状態を正しく理解するために、専門用語を駆使して情報を伝える。

⇒ ✕ 「専門用語を使用せず、わかりやすい言葉で説明することが必要である」

2 本人と家族の関係に関する調整的援助は、本人との信頼関係を失うことにつながるため行うべきではない。

⇒ ✕ 「必要があれば本人と家族の関係に関する調整的援助を行う」

3 攻撃的な人に対しては、距離をおいて見守りながら、個別的ニーズの全体像を把握することが望ましい。

⇒ 設問通り

4 援助を拒否する人に対しては、その自己決定を尊重し、働きかけをしないことが望ましい。

⇒ ✕ 「援助を拒否する人に対しても、支援の必要性について理解を得られるよう継続して働きかけることが重要」

5 本人の生命の危険が予見できる場合には、専門職は強力な介入を試みなければならない。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークの視点から、援助困難な事例への対応について、より適切なものはどれか。3つ選ベ。

1 援助困難な人は、複雑な問題を抱えていることが多いので、専門職だけで支援することが重要である。

⇒ ✕ 「専門職だけでなく、家族やボランティアなどの様々な人材を活用する」

2 援助者の知識・技術の不足が、対応を困難にすることがある。

⇒ 設問通り

3 援助を拒否する人には、その人の自己決定権を尊重しつつも、専門職は働きかけの努力を行う。

⇒ 設問通り

4 心理的な問題を抱えているクライエントに対しては、サービスの利用を勧めるべきではない。

⇒ ✕ 「当事者が本当に求めている援助を考えて利用できるようにアプローチするべきである」

5 家族間の意見の食い違いで援助が困難になっている場合には、専門職による家族関係の調整的援助が重要である。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークの視点から援助困難事例への対応方法について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 認知症のある利用者から、訪問介護員に物を盗られたとの訴えがあったため、最初に警察に相談し助言を求めた。

⇒ ✕ 「まずは本人の訴えをよく聞き、内容を吟味すべき」

2 認知症が疑われる利用者が、保健・医療・福祉の専門家チームが必要と考えるサービスを拒否し援助を打ち切るのは早計たため、やむを得ず居宅介護支援の契約を打ち切った。

⇒ ✕ 「援助を打ち切るのは早計すぎる」

3 家族が認知症からくる行動障害のために介護負担を感じていたため、介護支援専門員の判断で、本人をグループホームに入所させた。

⇒ ✕ 「家族だけでなく本人の意思を尊重することが重要であるため、本人の意向を行く必要があります」

4 買い物や食事などの利用者の抱える切実な問題の解決に具体的に取り組むことも必要である。

⇒ 設問通り

5 攻撃的な利用者に対しては、ときには距離を置いて見守りながら、その自尊心、自立心を傷つけないようにすることも必要である。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークの観点から、 援助困難事例への支援に関して、 より適切なものはどれか。 2つ選べ。

1 精神疾患で長年不衛生な環境に居住している者について、 本人の意向に従い、 支援を行うことを控えた。

⇒ ✕ 「本人の意向を尊重しつつ、サービス利用の必要性などを説明し積極的に働きかける必要がある」

2 家族から無視され、 虐待されているという高齢者からの訴えがあった。 家族は問題視していなかったが、 地域包括支援センターに相談した。

⇒ 設問通り

3 保健・医療・福祉の専門チームがぜひ必要と考えるサービスを家族が拒否したので、 居宅介護支援の提供を断念した。

⇒ ✕ 「家族が拒否した理由をよく聞き、サービスの必要性を納得していただくよう説明をすることが必要です。その上で、家族が受け入れ可能な妥協案を探るなどの工夫をする」

4 家族間の葛藤には複雑な背景があることもあり、 多少の助言では改善されないことも多いので、 調整を行うべきではない。

⇒ ✕ 「さらなる問題に発展させないためにも、調整的援助はマネジメントの一環として重要です」

5 家族介護者に、 老年期の疾患や行動についての知識が不足していたため、 必要な情報の提供や助言を行った。

⇒ 設問通り

支援困難事例への基本的アプローチとして、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 利用者への支援では、取り組みの主体を本人自身におく考え方が重要である。

⇒ 設問通り

2 本人の人生、人生観、生き方、価値観等について、理解をより深めることが重要である。

⇒ 設問通り

3 自尊心が傷つき、敗北感を抱えた人に対しても、本人が現実と向きあい、自分の環境に働きかけられるよう、支えていく必要がある。

⇒ 設問通り

4 利用者自身による問題解決を推し進めるためには、本人の感情表現を促してはならない。

⇒ ✕ 「本人の感情表現を促すことで、問題解決につながる場合がある」

5 本人が決めたことを大事にすることが重要であり、本人が決めるプロセスは考慮しなくてよい。

⇒ ✕ 「本人が決めたことのプロセスを尊重することも大切です」

ソーシャルワークの視点から、支援困難な高齢者に関する記述として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 近隣住民からの「一人暮らしの高齢者宅から異臭がする」との訴えに対し、まずその高齢者に施設への入所を勧める。

⇒ ✕ 「すぐに施設の入所を勧めるのではなく、この場合、行政を含めた多機関・多職種の関わりや近隣住民の見守りなどによって問題の解決を目指します」

2 支援を拒否している高齢者には、信頼できる人を探し、支援につなげることが有効である。

⇒ 設問通り

3 アウトリーチによる対応には、支援のためのネットワークの構築が含まれる。

⇒ 設問通り

4 高齢者が不平・不満を何度も訴えるため、担当の介護支援専門員が地域包括支援センターにスーパービジョンを依頼する。

⇒ 設問通り

5 セルフ・ネグレクトには、親族による介護放棄が含まれる。

⇒ ✕ 「セルフ・ネグレクトとは、高齢者自身が必要な支援を求めないことです。

親族による介護放棄は、ネグレクトでる」

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「援助困難事例」の問題をまとめてみました

PAGE TOP